研究テーマ(研究室紹介)

 当分野では、ヒト感染症の臨床的課題を解決するために、臨床で分離されるさまざまな細菌の病原因子と多様性を明らかにすることを主眼として分子疫学的研究・ゲノム解析の研究を進めています。
 また、医療関連感染の制御を目標とした地域連携組織である鹿児島感染制御ネットワークの事務局として鹿児島県の感染制御レベルの向上に努めるとともに、ワクチンの有効性を明らかにする疫学調査を通じて公衆衛生・予防医学に関わる研究にも取り組んでいます。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 健康科学専攻 Health Research Course
大講座 感染防御学 Infection and Immunity
分野 微生物学 Microbiology
分野サイト https://nishi16.wixsite.com/microbiology

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5276 / FAX.099-264-5643

主要研究テーマ

細菌の病原因子と多様性 Virulence factors and diversity of bacteria
細菌の分子疫学研究 Molecular epidemiology of bacteria
細菌のゲノム解析 Genome analysis of bacteria
感染制御の地域ネットワーク Local network of infection control
ワクチンの有効性に関する疫学調査 Epidemiological study on vaccine effectiveness

スタッフ

staff01

教授
氏名 西順一郎 Junichiro NISHI
専門分野 臨床微生物学、感染症学、感染制御学
研究テーマ ・下痢原性大腸菌の分子疫学
・腸管凝集性大腸菌の病原因子
・MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の分子疫学
・医療関連感染の制御
・鹿児島県の侵襲性細菌感染症の疫学
・ワクチンの有効性の評価

研究者総覧 リポジトリ


大尾唯祐先生

准教授
氏名 大岡唯祐 Tadasuke OOKA
専門分野 細菌学、ゲノム微生物学
研究テーマ ・病原細菌の分子疫学
・病原細菌のゲノムおよびゲノム比較解析
・新興病原菌 Escherichia albertii の病原機構
・病原因子の水平伝播機構

研究者総覧 リポジトリ


タイトルなし

助教
氏名 藺牟田直子 Naoko IMUTA
専門分野 臨床細菌学、分子疫学
研究テーマ ・下痢原性大腸菌の分子疫学
・腸管凝集性大腸菌の病原因子
・MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の分子疫学
・細菌のバイオフィルム形成能

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

西順一郎
  1. Kawabata T, Tenokuchi Y, Yamakuchi H, Sameshima H, Katayama H, Ota T, Tokunaga M, Takezaki T, Tamae S, Nakamura T, Chang B, Kodama Y, Imuta N, Ooka T, Okamoto Y, Suga S, Nishi J. Concurrent bacteremia due to non-vaccine serotype 24f pneumococcus in twins: a rapid increase in serotype 24f-invasive pneumococcal disease and its high invasive potential. Pediatr Infect Dis J 39(1):85-87, 2020
  2. Otake S, Yamaguchi T, Imuta N, Nishi J, Kasai M. A case of polymicrobial bacteremia due to lung abscess after respiratory syncytial virus infection. Pediatr Int 62(8):994-996, 2020
  3. Imashioya T, Kodama Y, Ooka T, Nakagawa S, Nishikawa T, Tanabe T, Okamoto Y, Imuta N, Kirishima M, Tanimoto A, Koriyama T, Nishi J, Kawano Y. Liver abscess due to Sterigmatomyces halophilus in a boy with acute lymphoblastic leukemia. J Infect Chemother 25(12):1047-1049, 2019
  4. Kato H, Yamaguchi H, Ito Y, Imuta N, Nishi J, Kasai M. Escherichia coli O157 Enterocolitis Followed by Non-diarrheagenic Escherichia coli Bacteremia. Indian J Pediatr 86(8):750, 2019
  5. Naito S, Takeuchi N, Ohkusu M, Takahashi-Nakaguchi A, Takahashi H, Imuta N, Nishi J, Shibayama K, Matsuoka M, Sasaki Y, Ishiwada N. Clinical and Bacteriologic Analysis of Nontypeable Haemophilus influenzae Strains Isolated from Children with Invasive Diseases, Japan, 2008-2015. J Clin Microbiol 56(7), 2018

大岡唯祐

 原著

  1. Ooka T, Seto K, Ogura Y, Nakamura K, Iguchi A, Gotoh Y, Honda M, Etoh Y, Ikeda T, Sugitani W, Konno T, Kawano K, Imuta N, Yoshiie K, Hara-Kudo Y, Murakami K, Hayashi T, Nishi J. O-antigen biosynthesis gene clusters of Escherichia albertii: their diversity and similarity to E. coli gene clusters and the development of an O-genotyping method. Microb. Genom, 5(11). doi: 10.1099/mgen.0.000314, 2019.
  2. Masuda K, Ooka T, Akita H, Hiratsuka T, Takao S, Fukada M, Inoue K, Honda M, Toda J, Sugitani W, Narimatsu H, Ishioka T, Hirai S, Sekizuka T, Kuroda M, Morita Y, Hayashi T, Kimura H, Oishi K, Ohnishi M, Fujimoto S, Murakami K. Epidemiological Aspects of Escherichia albertii Outbreaks in Japan and Genetic Characteristics of the Causative Pathogen. Foodborne Pathog. Dis, doi: 10.1089/fpd.2019.2654. 2019.
  3. Akter A,#, Ooka T#, Gotoh Y, Yamamoto S, Fujita H, Terasoma F, Kida K, Taira M, Nakadouzono F, Gokuden M, Hirano M, Miyashiro M, Inari K, Shimazu Y, Tabara K, Toyoda A, Yoshimura D, Itoh T, Kitano T, Sato MP, Katsura K, Mondal SI, Ogura Y, Ando S, Hayashi T: Extremely low genomic diversity of Rickettsia japonica distributed in Japan. Genome Biol. Evol, 9:124-133, 2016. (#: These authors contributed equally to this work.)
  4. Ooka T, Ogura Y, Katsura K, Seto K, Kobayashi H, Kawano K, Tokuoka E, Furukawa M, Harada S, Yoshino S, Seto J, Ikeda T, Yamaguchi K, Murase K, Gotoh Y, Imuta N, Nishi J, Gomes TA, Beutin L, Hayashi T. Defining the genome features of Escherichia albertii, an emerging enteropathogen closely related to Escherichia coli. Genome Biol Evol 7:3170-3179, 2015
  5. Ooka T, Tokuoka E, Furukawa M, Nagamura T, Ogura Y, Arisawa K, Harada S, Hayashi T. Human gastroenteritis outbreak associated with Escherichia albertii, Japan. Emerging infectious diseases 2013;19:144-146
  6. Ooka T, Seto K, Kawano K, Kobayashi H, Etoh Y, Ichihara S, Kaneko A, Isobe J, Yamaguchi K, Horikawa K, Gomes TA, Linden A, Bardiau M, Mainil JG, Beutin L, Ogura Y, Hayashi T. Clinical significance of Escherichia albertii. Emerging infectious diseases 2012;18:488-492
  7. Ooka T, Terajima J, Kusumoto M, Iguchi A, Kurokawa K, Ogura Y, Asadulghani M, Nakayama K, Murase K, Ohnishi M, Iyoda S, Watanabe H, Hayashi T. Development of a multiplex PCR-based rapid typing method for enterohemorrhagic Escherichia coli O157 strains. Journal of clinical f003-01 2009;47:2888-2894
  8. Ooka T, Ogura Y, Asadulghani M, Ohnishi M, Nakayama K, Terajima J, Watanabe H, Hayashi T. Inference of the impact of insertion sequence (IS) elements on bacterial genome diversification through analysis of small-size structural polymorphisms in Escherichia coli O157 genomes. Genome res 2009;19:1809-1816

 総説

  1. 大岡唯祐. 新興下痢症起因菌 Escherichia albertiiの特徴. 食品衛生研究 10月号 2020
  2. Gomes TA, Ooka T, Hernandes R, Yamamoto D, Hayashi T. Escherichia albertii pathogenesis. EcoSAL plus 9(1): doi: 10.1128/ecosalplus.ESP-0015-2019, 2020
  3. 大岡唯祐. 個別菌ゲノム解析(PacBioの利用,annotationやその他の問題点を含む). 化学療法の領域 33(7):44-50, 2017
  4. 大岡唯祐. 新興下痢症原因菌 Escherichia albertii. 日本食品微生物学会誌34(3):151-157, 2017

藺牟田直子
  1. Imuta N, Ooka T, Seto K, Kawahara R, Koriyama T, Kojyo T, Iguchi A, Tokuda K, Kawamura H, Yoshiie K, Ogura Y, Hayashi T, Nishi J. Phylogenetic Analysis of Enteroaggregative Escherichia coli (EAEC) Isolates from Japan Reveals Emergence of CTX-M-14-Producing EAEC O25:H4 Clones Related to Sequence Type 131. J Clin Microbiol 54(8):2128-2134, 2016
  2. Naito S, Takeuchi N, Ohkusu M, Takahashi-Nakaguchi A, Takahashi H, Imuta N, Nishi J, Shibayama K, Matsuoka M, Sasaki Y, Ishiwada N. Clinical and Bacteriologic Analysis of Nontypeable Haemophilus influenzae Strains Isolated from Children with Invasive Diseases, Japan, 2008-2015. J Clin Microbiol 56(7), 2018
  3. Kanno K, Yamaguchi H, Imuta N, Nishi J, Kasai M. Non-typeable Haemophilus influenzae purulent pericarditis in a healthy child. Pediatr Int 60(9):886-887, 2018
  4. Kawamura H, Tokuda K, Imuta N, Kubota T, Koriyama T, Miyanohara H, Hashiguchi T, Kawano Y, Nishi J. Epidemiological Analysis of Nosocomial MRSA Outbreaks Using Phage Open-Reading Frame Typing in a Tertiary-Care Hospital. Jpn J Infect Dis 2016;69(6):523-524
  5. Imuta N, Nishi J , Tokuda K, Fujiyama R, Manago K, Iwashita M, Sarantuya J, Kawano Y. Escherichia coli efflux pump TolC promotes aggregation of enteroaggregative E. coli 042. Infect Immun 2008;76(3):1247-1256
  6. Wakimoto N, Nishi J, Sheikh J, Nataro JP, Sarantuya J, Iwashita M, Manago K, Tokuda K, Yoshinaga M, Kawano Y. Quantitative biofilm assay using microtiter plate to screen for enteroaggregative Escherichia coli. Am J Trop Med Hyg 2004;71(5):687-690

主な研究費取得状況

西順一郎
事業・種目 / 期間研究
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
令和2年度~令和4年度
小児腸管内バイオフィルム形成大腸菌が薬剤耐性遺伝子の水平伝播を促進する機構の解明
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
平成29年度~令和元年度
小児腸管由来大腸菌における病原遺伝子・ESBL遺伝子の水平伝播に関する研究
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
平成26年度~平成28年度
小児由来の腸管凝集性大腸菌のゲノム解析を通じた病原・薬剤耐性遺伝子伝播機構の研究
厚生労働科学研究費補助金
分担(代表:大石和徳)
令和2年度
成人の侵襲性細菌感染症サーベイランスの充実化に資する研究
日本医療研究開発機構研究費
分担(代表:菅 秀)
令和2年度
ワクチンの実地使用下における基礎的・臨床的研究及びワクチンの評価・開発に資する研究
基盤研究(B)(海外学術調査)
分担(代表:中島利博)
平成28年度~令和元年度
キルギスでのリウマチ熱蔓延の危険因子の分子疫学的解析と拠点集落でのその制圧の試み
大岡唯祐
事業・種目 / 期間研究
厚生労働科学研究費補助金
分担(代表:工藤由起子)
令和3年度~令和5年度
食中毒原因細菌の検査法の整備のための研究(食品の安全確保推進研究事業)
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
令和2年度~令和4年度
Escherichia albertii の感染・増殖機構の解明
厚生労働科学研究費補助金
分担(代表:工藤由起子)
平成30年度~令和2年度
食品中の食中毒細菌の制御法の確立のための研究(食品の安全確保推進研究事業)
厚生労働科学研究費補助金
分担(代表:大西 真)
平成29年度~令和元年度
食品由来が疑われる有症事案に係る調査(食中毒調査)の迅速化・高度化に関する研究(食品の安全確保推進研究事業)
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
平成28年度~平成30年度
新興病原菌Escherichia albertiiの種特性と病原機構の解明
公益信託 児玉記念基礎医学助成基金
平成28年度助成金
平成28年度
新興下痢起因菌Escherichia albertiiのヒトに対する感染リスクの解析と病原株鑑別法の開発
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
平成25年度~平成27年度
新興病原体 Escherichia albertii の疫学および病原性の解明
藺牟田直子
事業・種目 / 期間研究
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
平成26~平成28年度
腸管凝集性大腸菌の遺伝的多様性の解析に基づく凝集関連因子の同定と新規検査法の開発

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内