研究テーマ(研究室紹介)

お知らせ

  • 2019年5月25日(土)~5月26日(日) 第15回GPCR研究会にて特任研究員 河村菜実子先生の研究発表「ニューロンとマイクログリアの相互作用、fractalkine-CX3CR1 signalからみた食事性肥満モデルマウスの学習記憶障害の解析」が、第4回松尾研究奨励賞を受賞しました。 http://gpcrkenkyukai.sakura.ne.jp/~GPCR/YIA_program.html


photo all re  

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 健康科学 Health Research Cource
大講座 社会・行動医学 Social and Behavioral Medicine
分野 心身内科学 Psychosomatic Internal Medicine
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~psm/

分野サイト

連絡先

TEL.099‐275‐5751 / FAX.099‐275‐5749

主要研究テーマ

食欲・体重調節の分子機構 Feeding and body weight regulation
摂食障害の病態と治療 Eating disorders
悪液質のトランスレーショナルリサーチ Translational research in cashexia
癌の統合医療 Integrative medicine for cancer
生活習慣病の予防と治療 Life style related diseases
心身症の心理・行動科学的研究 Behavioral and psychological research on psychosomatic diseases
機能性胃腸症の研究と治療 Functional gastrointestinal disorders
漢方の先端的研究と診療 Japanese Kampo medicine

スタッフ

 

教授
氏名 浅川 明弘  Akihiro ASAKAWA
専門分野 心身内科学
研究テーマ 難治、根治、予防、健康増進、アンチエージング、終末期医療

研究者総覧 リポジトリ


 

講師
氏名 Robert Alan SLOAN
専門分野 Public health
研究テーマ 予防、健康増進

研究者総覧 リポジトリ


 

助教
氏名 福 祐貴  Yuuki FUKU
専門分野 心身内科学
研究テーマ 難治、根治、予防、健康増進、アンチエージング、終末期医療

研究者総覧 リポジトリ


 

客員助教
氏名 園田 拓郎  Takuro SONODA
専門分野 漢方医学
研究テーマ 漢方医学

研究者総覧 リポジトリ


 

特任研究員
氏名 勝浦 五郎  Goro KATSUURA
専門分野 内分泌代謝学
研究テーマ 食欲及び摂食のメカニズムに関する基礎研究、補完医療に関する基礎研究

研究者総覧 リポジトリ


 

特任研究員
氏名 河村 菜実子  Namiko KAWAMURA
専門分野 内分泌代謝学
研究テーマ 食欲及び摂食のメカニズムに関する基礎研
  1. 研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

浅川 明弘
  1. Asakawa A, Inui A, Ueno N, Makino S, Fujino MA, Kasuga M: Urocortin reduces food intake and gastric emptying in lean and ob/ob obese mice. Gastroenterology 116:1287-1292,1999

  2. Asakawa A, Inui A, Kaga T, Yuzuriha H, Nagata T, Ueno N, Makino S, Fujimiya M, Niijima A, Fujino MA, Kasuga M: Ghrelin is an appetite-stimulatory signal from stomach with structural resemblance to motilin. Gastroenterology 120:337-345,2001

  3. Asakawa A, Inui A, Yuzuriha H, Ueno N, Katsuura G, Fujimiya M, Fujino MA, Niijima A, Meguid MM, Kasuga M: Characterization of the effects of pancreatic polypeptide in the regulation of energy balance. Gastroenterology 124:1325-1336,2003

  4. Asakawa A, Inui A, Kaga T, Katsuura G, Fujimiya M, Fujino MA, Kasuga M: Antagonism of ghrelin receptor reduces food intake and body weight gain in mice. Gut 52:947-952,2003

  5. Chen CY, Inui A, Asakawa A, Fujino K, Kato I, Chen CC, Ueno N, Fujimiya M: Des-acyl ghrelin acts by CRF type 2 receptors to disrupt fasted stomach motility in conscious rats. Gastroenterology 129:8-25,2005

  6. Inoue H, Ogawa W, Asakawa A, Okamoto Y, Nishizawa A, Matsumoto M, Teshigawara K, Matsuki Y, Watanabe E, Hiramatsu R, Notohara K, Katayose K, Okamura H, Kahn CR, Noda T, Takeda K, Akira S, Inui A, Kasuga M: Role of hepatic STAT3 in brain-insulin action on hepatic glucose production. Cell Metab 3:267-275,2006

  7. Fujitsuka N, Asakawa A, Hayashi M, Sameshima M, Amitani H, Kojima S, Fujimiya M, Inui A: Selective serotonin reuptake inhibitors modify physiological gastrointestinal motor activities via 5-HT2c receptor and acyl ghrelin. Biol Psychiatry 65:748-759,2009

  8. Urabe H, Kojima H, Chan L, Terashima T, Ogawa N, Katagi M, Fujino K, Kumagai A, Kawai H, Asakawa A, Inui A, Yasuda H, Eguchi Y, Oka K, Maegawa H, Kashiwagi A, Kimura H: Haematopoietic cells produce BDNF and regulate appetite upon migration to the hypothalamus. Nat Commun 4:1526,2013

  9. Takagi K, Legrand R, Asakawa A, Amitani H, François M, Tennoune N, Coëffier M, Claeyssens S, do Rego JC, Déchelotte P, Inui A, Fetissov SO: Anti-ghrelin immunoglobulins modulate ghrelin stability and its orexigenic effect in obese mice and humans. Nat Commun 4:2685,2013

  10. Fujitsuka N, Asakawa A, Morinaga A, Amitani M, Amitani H, Katsuura G, Sawada Y, Sudo Y, Uezono Y, Mochiki E, Sakata I, Sakai T, Hanazaki K, Yada T, Yakabi K, Sakuma E, Ueki T, Niijima A, Nakagawa K, Okubo N, Takeda H, Asaka M, Inui A: Increased ghrelin signaling prolongs survival in mouse models of human aging through activation of sirtuin. Mol Psychiatry 21:1613-1623,2016

主な特許等

名称発明者出願番号等
低栄養症状疾患治療剤  乾明夫、浅川明弘、加賀敏弘

特願 2001-24423

WO2002/060472 A1

糖尿病治療剤 乾明夫、浅川明弘

特願 2002-197582

WO2004/004772 A1

プロスタグランジンD2,プロスタグランジンD2アゴニストおよびプロスタグランジンD2アンタゴニスト 吉川正明、高木恭仁子、大向日耕作、乾明夫、浅川明弘

特願 2004-541206

WO2004/030674 A1

悪液質改善剤 乾明夫、浅川明弘 特許第5692785号
Anti-Ghrelin antibodies and uses thereof (肥満症特異的グレリン自己抗体) Akio Inui, Akihiro Asakawa WO2014/170362 A1

主な研究費取得状況

浅川 明弘
事業・種目 研究
1) 科学研究費助成事業 基盤研究C(代表) 適正体重維持とストレス応答-脳腸相関、脳脂相関、脂腸相関、三軸からのアプローチ          
2) 科学技術振興機構研究成果展開事業(分担) シトルリン欠損症治療へのピルビン酸ナトリウムの応用
3) 国立がん研究センターがん研究開発費(分担) 基礎と臨床の橋渡しのための研究  個別化医療実現のためのトランスレーショナル研究の推進
4) 科学研究費助成事業 基盤研究C(代表) 終末期における生活の質の向上-アシルグレリンシグナルからのアプローチ-
5) 厚生労働科学研究委費 地域医療基盤開発推進事業(代表) 統合医療(機能性食品、運動療法、アロマテラピー、精神療法)による肥満症治療の有効性・作用機序の検討
6) 日本学術振興会国際交流事業二国間交流事業オープンパートナーシップ共同研究(代表) サルコペニアの病態解明と治療法の開発 ‐新規筋由来ペプチドからのアプローチ‐
7) 科学研究費助成事業 基盤研究C(代表) 新たな骨髄-脳相関・骨髄由来細胞を標的とした癌性悪液質・サルコペニアの治療法開発
8) 日本医療研究開発機構 「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業(代表) アロマ芳香浴の有効性・作用機序・安全性の検討-ストレス関連疾患の治療・予防からのアプローチ-
9) 日本医療研究開発機構 「統合医療」に係る医療の質向上・科学的根拠収集研究事業(代表) 不安障害罹患者におけるアロマ芳香浴の有効性・安全性の検討-多施設無作為化比較試験
10) 科学研究費助成事業 基盤研究C(代表) 食行動異常のメカニズム解明・新規治療法開発‐骨髄由来細胞からのアプローチ‐
 

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内