研究テーマ(研究室紹介)

集合写真

 大正12年の県立鹿児島病院における精神神経科設置以来の歴史を持ち、昭和20年6月に県立鹿児島医学専門学校に神経精神医学が開講され、昭和24年に佐藤幹正が初代教授に就任した。昭和43年に第2代教授として松本啓が鹿児島大学医学部神経精神医学講座を引き継ぎ、平成6年には瀧川守國が第3代教授となり、平成14年からは佐野輝が第4代教授として赴任し、平成15年の大学院部局化からは精神機能病学分野となった。令和2年4月から中村雅之が第5代教授として就任した。
 南九州の精神神経医学を専攻する医師の育成と、研究面でも広く基礎から臨床的テーマまでを持ち進めている。

研究室概要

部局 医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 健康科学専攻 Health Research Course
大講座 社会・行動医学 Social and Behavioral Medicine
分野 精神機能病学 Psychiatry
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~np/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5346 / FAX.099-265-7089

主要研究テーマ

精神神経疾患の分子遺伝学的研究 Molecular genetical study of neuropsychiatryic disorders
精神神経疾患の分子生物学的研究 Molecular biological study of neuropsychiatryic disorders
精神神経疾患の臨床研究 Clinical study of neuropsychiatryic disorders
神経有棘赤血球症の調査・研究 Surveillance study of neuroacanthocytosis

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 中村雅之 Masayuki NAKAMURA
専門分野 生物学的精神医学、臨床精神神経医学、老年精神医学
研究テーマ ・精神神経疾患の分子遺伝学・生物学的研究
・神経有棘赤血球症の調査研究
・精神神経疾患の臨床研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 春日井基文 Motofumi KASUGAI
専門分野 臨床精神医学
研究テーマ ・司法精神医学
・精神神経疾患の臨床研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 新井 薫 Kaoru ARAI
専門分野 臨床精神神経医学
研究テーマ ・精神神経疾患の分子遺伝学・生物学的研究

リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 塩川奈理 Nari SHIOKAWA
専門分野 臨床精神神経医学、生物学的精神医学
研究テーマ  ・精神神経疾患の臨床研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 石塚貴周 Takanori ISHIZUKA
専門分野 生物学的精神医学、臨床精神神経医学、老年精神医学
研究テーマ ・精神神経疾患の分子遺伝学・生物学的研究
・精神神経疾患の臨床研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 佐々木なつき Natsuki SASAKI
専門分野 臨床精神神経医学、生物学的精神医学
研究テーマ ・精神神経疾患の分子遺伝学・生物学的研究
・精神神経疾患の臨床研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 﨑元仁志 Hitoshi SAKIMOTO
専門分野 臨床精神神経医学、生物学的精神医学
研究テーマ ・精神神経疾患の分子遺伝学・生物学的研究
精神神経疾患の臨床研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 浦田 結嘉 Yuka URATA
専門分野 臨床精神神経医学、生物学的精神医学
研究テーマ ・精神神経疾患の分子遺伝学・生物学的研究
・精神神経疾患の臨床研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 寺﨑 茜 Akane TERASAKI 
専門分野  
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 上村 佳代 Kayo KAMIMURA
専門分野 臨床心理学、心理査定
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特任助教
氏名 笠毛 渓 Kei KASAMO
専門分野 臨床精神神経医学、生物学的精神医学
研究テーマ ・精神神経疾患の分子遺伝学・生物学的研究
・精神神経疾患の臨床研究

研究者総覧 リポジトリ

 


staff dummy

特任助教
氏名 齊之平一隆 Kazutaka SAINOHIRA
専門分野 臨床精神神経医学
研究テーマ ・精神神経疾患の臨床研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特任研究員
氏名 樋渡英恵 Hanae HIWATASHI
専門分野  
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特任研究員
氏名 横山泉 Izumi YOKOYAMA
専門分野  
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

中村雅之
  1. The human serotonin transporter gene linked polymorphism (5-HTTLPR) shows ten novel allelic variants, Mol Psychiatry 5: 32-38, 2000
  2. The silencer activity of the novel human serotonin transporter linked polymorphic regions, Neurosci Lett 327: 13-16, 2002
  3. N-terminal proteolysis of full-length mutant huntingtin in an inducible PC12 cell model of Huntington's disease. Cell Cycle 6: 2970-2981, 2007
  4. Expansions of intronic TTTCA and TTTTA repeats in benign adult familial myoclonic epilepsy. Nat. Genet. 50: 581-590, 2018
  5. Novel pathogenic VPS13A gene mutations in Japanese patients with chorea-acanthocytosis. Neurol. Genet., 5: e332, 2019

塩川奈理
  1. Chorein, the protein responsible for chorea-acanthocytosis, interacts with β-adducin and β-actin. Biochem Biophys Res Commun 441: 96-101, 2013

石塚貴周
  1. Familial semantic dementia with P301L mutation in the Tau gene. Dement Geriatr Cogn Disord 31: 334-40, 2011
  2. Different clinical phenotypes in siblings with a presenilin-1 P264L mutation. Dement Geriatr Cogn Disord 33: 132-40, 2012
  3. 認知症症状を呈した高齢初発てんかん4例. 精神科 25: 555-560, 2014.

佐々木なつき
  1. Chorein interacts with α-tubulin and histone deacetylase 6, and overexpression preserves cell viability during nutrient deprivation in human embryonic kidney 293 cells. FASEB J. 30: 3726-3732, 2016

﨑元仁志
  1. 認知症症状を呈した高齢初発てんかん4例. 精神科 25: 555-560, 2014.
  2. A new phenotype of mitochondrial disease characterized by familial late-onset predominant axial myopathy and encephalopathy. Biochem Biophys Res Commun 472: 118-24, 2016

浦田結嘉
  1. Novel pathogenic XK mutations in McLeod syndrome and interaction between XK protein and chorein. Neurol. Genet. 5: e328, 2019
  2. Sleep Disorders in Four Patients With Myotonic Dystrophy Type 1. Front. Neurol. 11:12, 2020

樋渡英恵
  1. 2-Methyl-5-pyridyl 2-(Substituted-phenoxy)-ethyl Esters with Precocious Metamorphosis-Inducing Activity. J Psticide Sci 26: 390-2, 2001

横山泉
  1. Phenotypic abnormalities in a chorea-acanthocytosis mouse model are modulated by strain background. Biochem Biophys Res Commun. 2016 Mar 25;472(1):118-24.
  2. Granulocyte-macrophage colony-stimulating factor neuroprotective activities in Alzheimer’s disease mice Journal of Neuroimmunology. 15 June 2018

主な特許等

名称 ヘムオキシゲナーゼの誘導または誘導促進剤としてのフラバノン誘導体
出願人・特許権者:杏林製薬株式会社 
発明者等 /
出願番号
発明者:宮地弘幸、永楽智彦、石黒英恵
特願2004-170090
出願日 2004年06月08日

主な研究費取得状況

中村雅之
事業・種目 / 期間研究
基盤研究(C)
平成30-32年度
神経有棘赤血球症の共通分子病態の解析
基盤研究(C)
平成27-29年度
特異な中間表現型を有した統合失調症多発家系から同定した責任遺伝子の解析
基盤研究(C)
平成24-26年度
choreinとミトコンドリア関連細胞死の関連について
基盤研究(C)
平成21-23年度
精神疾患と有棘赤血球舞踏病病因遺伝子のコピー数多型解析
基盤研究(C)
平成19-20年度
精神神経疾患におけるミトコンドリア遺伝子異常の解析
石塚貴周
事業・種目 / 期間研究
若手研究
令和元-4年度
成人発症白質脳症における包括的変異解析及び抽出した新規変異の機能解析
若手研究(B)
平成27-28年度
若年認知症関連遺伝子群の包括的変異解析と高齢初発てんかんの特異的臨床症状の抽出
佐々木なつき
事業・種目 / 期間研究
若手研究
平成30-32年度
Choreinの細胞死調整機構への関わりに関する研究
﨑元仁志
 事業・種目 / 期間 研究
若手研究
令和2-5年度
有棘赤血球舞踏病に対するてんかん発作を生じる症状修飾因子の検討

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内