研究テーマ(研究室紹介)

医療関節材料開発講座(京セラメディカル)

 

臨床研究班(藤元)は、股関節・人工関節、骨粗鬆症、骨関節感染症の研究をしながら、鹿児島骨バンクを設立・運営しています。人工関節、骨切り術による骨バイオニクス解析を研究しています。
 


医療関節材料開発講座医療関節材料開発講座医療関節材料開発講座

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科  Graduate School of Medical and Dental Sciences
  寄附講座 Endowed Courses
講座 医療関節材料開発講座(京セラ) Medical Joint Materials (KYOCERA)

連絡先

TEL.099-275-5381 / FAX.099-265-4699

主要研究テーマ

SnoNのTGF-βとBMPのシグナル・クロストークを介した軟骨細胞の分化・成熟抑制 SnoN suppresses maturation of chondrocytes by mediating signal cross-talk between transforming growth factor-β and bone morphogenetic protein pathways.
BMPシグナルにより誘導されたSmpd3によるAkt経路抑制を介した軟骨細胞成熟抑制 BMP signaling upregulates neutral sphingomyelinase 2 to suppress chondrocyte maturation via the Akt signaling pathway as a negative feedback mechanism.
Hivep3による骨芽細胞・軟骨細胞の分化制御に重要なAlg2の誘導 Human Immunodeficiency Virus Type I Enhancer Binding Protein 3 is Essential for the Expression of Asparagine-linked Glycosylation 2 in the Regulation of Osteoblast and Chondrocyte Differentiation.
軟骨肉腫細胞の悪性度におけるTGF-βシグナルとPEG10の役割 Roles of TGF-β signaling and PEG10 in malignant phenotypes of chondrosarcoma cells.
脊柱靭帯骨化症原因候補遺伝子の機能解析 Functional analysis of causative candidate genes for ossification of spinal ligament.

スタッフ

 

教授(兼務) 

taniguchinoboru

氏名 谷口 昇 Noboru TANIGUCHI
専門分野 肩関節外科、肘関節外科
研究テーマ 肩関節変性疾患
変形性関節症
関節リウマチ

研究者総覧 リポジトリ


 

特任講師 

dr.fujimoto.jpg

氏名 藤元 祐介 Yusuke FUJIMOTO
専門分野 股関節外科
研究テーマ 変形性股関節症
大腿骨頭壊死症
股関節のバイオメカニクス

研究者総覧 リポジトリ


 

特任助教

dr.ijyuin

氏名 伊集院 俊郎 Toshiro Ijuin
専門分野 股関節外科
研究テーマ 変形性関節症

研究者総覧 リポジトリ

主な研究費取得状況

谷口 昇
事業・種目 / 期間研究
科学研究費
基盤(C)代表者
2018-2021
筋内脂肪浸潤と異所性骨化を決定するメカニズムの解明
科学研究費
基盤(C)代表者
2015-2018
肩関節変性疾患の病態解明
科学研究費
基盤(C)代表者
2012-2015
加齢依存性変形性関節症に関わる新規クロマチン蛋白
新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内