歯科矯正学分野イメージ

当分野では、発現メカニズムが不明で根本的な治療法が確立されていないブラキシズムと胃食道逆流(胃液が食道内へ逆流する現象)との関連性を立証し、現在、薬物療法ならびに顎口腔と上部消化管との機能的関連性を検討しています。また、歯科矯正用アンカースクリューに関して、その成功率を飛躍的に高める補助装置を開発して、安全かつ確実な治療システムの実用化を目指した臨床研究も行っています。上記研究は、国際的に高く評価されており、これらに関するモデル動物を用いた研究に加え、機械的刺激と骨改造及び細胞受容機構に関する研究等の基礎的な研究も行っています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 健康科学専攻 Health Research Course
大講座 発生発達成育学講座 Developmental Medicine
分野 歯科矯正学分野 Orthodontics and Dentofacial Orthopedics
分野サイト http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/kyousei/clinic/index.html

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-6252 / FAX.099-275-6258

主要研究テーマ

ブラキシズムと胃食道逆流との関連性に関する研究 Relationship between bruxism and gastroesophageal reflex (GER)
閉塞性睡眠時無呼吸等の睡眠障害に関する研究 Sleep disorders such as obstructive sleep apnea
新規骨固定補助装置を用いた矯正治療法の開発 Development of orthodontic treatment using a novel auxiliary skeletal anchorage device
顎口腔機能等に関する研究 Stomatognathic functions
顎発育と咬合育成に関する研究 Craniofacial growth and development of masticatory function
顎関節症に関する研究 Most common temporomandibular  disorders
機械的刺激と骨改造 Mechanical stress and bone remodeling
細胞受容機構に関する研究 Intra cellular signal transduction
ブラキシズムに関するモデル動物を用いた研究 Animal model studies related to bruxism

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 宮脇正一 Shouichi MIYAWAKI
専門分野 歯科矯正学分野
研究テーマ ・ブラキシズムと胃食道逆流との関連性に関する研究
・閉塞性睡眠時無呼吸等の睡眠障害に関する研究
・新規骨固定補助装置を用いた矯正治療法の開発
・顎口腔機能等に関する研究
・顎発育と咬合育成に関する研究
・顎関節症に関する研究
・ブラキシズムに関するモデル動物を用いた研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 前田綾 Aya MAEDA
専門分野 歯科矯正学分野
研究テーマ

・機械的刺激と骨改造および細胞受容機構に関する研究
・口唇口蓋裂治療に関する研究
・ブラキシズムと胃食道逆流との関連性に関する研究
・不正咬合と顎口腔機能に関連に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 大賀泰彦 Yasuhiko OGA
専門分野 歯科矯正学分野
研究テーマ ・ブラキシズムと胃食道逆流との関連性に関する研究
・歯科矯正用アンカースクリューに関する研究
・顎関節症に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 古川みなみ Minami FURUKAWA
専門分野 歯科矯正学分野
研究テーマ ・ブラキシズムと胃食道逆流との関連性に関する研究
・ストレスと咀嚼筋の疼痛に関する動物を用いた研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 石川崇典 Takanori ISHIKAWA
専門分野 歯科矯正学分野
研究テーマ ・骨のリモデンリングに関わるlncRNAに関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 福嶋美佳 Mika FUKUSHIMA
専門分野 歯科矯正学分野
研究テーマ ・ブラキシズムと胃食道逆流との関連性に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 丸谷佳菜子 Kanako MARUTANI
専門分野 歯科矯正学分野
研究テーマ ・ブラキシズムと胃食道逆流との関連性に関する研究
・顎口腔機能等に関する研究
・口唇口蓋裂に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 大石章仁 Akihito OISHI
専門分野 歯科矯正学分野
研究テーマ ・ブラキシズムと胃食道逆流との関連性に関する研究
・顎口腔機能と顎関節症に関連する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 中川祥子 Shoko NAKAGAWA
専門分野 歯科矯正学分野
研究テーマ ・ブラキシズムと胃食道逆流との関連性に関する研究
・不正咬合と顎口腔機能に関連に関する研究
・口唇口蓋裂に関する研究

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績(2019年度以降)

宮脇正一

『原著』

  • Maeda‐Iino A, Fukushima M, Sakoguchi Y, Omure H, Oishi A, Oga Y, Furukawa‐Sainoki M, Kanmura S, Ido A, Miyawaki S. Effects of intra‐esophageal acid infusion and a stress task on masseter muscle activity and autonomic nervous activity in wakefulness. J Oral Rehabil. in press.
  • Kawada-Matsuo M, Watanabe A, Arii K, Oogai Y, Noguchi K, Miyawaki S, Hayashi T, Komatsuzawa H. Staphylococcus aureus Virulence Affected by an Alternative Nisin A Resistance Mechanism. Appl Environ Microbiol. 2020 Apr 1;86(8). pii: e02923-19.
  • Tomonari H, Seong C, Kwon S, Miyawaki S. Electromyographic activity of superficial masseter and anterior temporal muscles during unilateral mastication of artificial test foods with different textures in healthy subjects. Clinical oral investigations. 2019 Sep;23(9):3445-3455.
  • Nakagawa S, Maeda-Iino A, Miyawaki S. Relationships of maxillofacial morphology and malocclusion with handgrip strength in adult women. Orthod Craniofac Res. 2019 Aug;22(3):159-167.
  • Yamashita T, Kawada-Matsuo M, Katsumata T, Watanabe A, Oogai Y, Nishitani Y, Miyawaki S, Komatsuzawa H. Antibacterial activity of disodium succinoyl glycyrrhetinate, a derivative of glycyrrhetinic acid against Streptococcus mutans. Microbiol Immunol. 2019 Jul;63(7):251-260.
  • Oga Y, Tomonari H, Kwon S, Kuninori T, Yagi T, Miyawaki S. Evaluation of miniscrew stability using an automatic embedding auxiliary skeletal anchorage device. Angle Orthod. 2019 Jan;89(1):47-53.

『著書・総説』

  • 前田綾,丸谷佳菜子,中川祥子,渡邉温子,大賀泰彦,宮脇正一.鹿児島大学病院矯  正歯科における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の治療.鹿歯会報.2020;150(729):11-13 ・宮脇正一.(飯田順一郎,葛西一貴,後藤滋巳,末石研二,槇宏太郎,山城隆  編): 歯科矯正学 第6版. 2019: 57-65, 285-289

『症例報告』

  • 小栁宏太郎,前田 綾,石畑清秀,宮脇正一.外科的矯正治療により下顎運動が改善した前歯部叢生と下顎前歯の著しい舌側傾斜を伴う骨格性下顎前突症例.Orthodontic Waves-Japanese Edition 2020 ;79(1):20-26.
  • 丸谷佳菜子,權相豪,友成博,中村典史,宮脇正一.顎間骨整位術と顎裂部への骨移植後に小臼歯の移植を行った両側性不完全唇顎口蓋裂を伴う不正咬合症例.九州矯正歯科学会誌.2020;15(1):51-56.
  • 才ノ木(古川)みなみ,前田綾,國則貴玄,楠元淳也,宮脇正一.歯科矯正用アンカースクリューを用いて下顎歯列の遠心移動を行った骨格性Ⅲ級ローアングル症例.九州矯正歯科学会誌.2020;15(1):40-44.
  • 菅 真有,植田 紘貴,山西 沙祐里,宮脇 正一.舌突出癖とオトガイの偏位を伴う前歯部開咬に対して歯科矯正用アンカースクリューにより下顎臼歯部圧下と遠心移動を行った一治験例.九州矯正歯科学会誌.2019;14(1):25-31.
  • 池森 宇泰, 八木 孝和, 大石 章仁, 池森 由幸, 宮脇 正一. Temporary Anchorage Devices(TADs)によって著しいオーバージェットと開咬及び、狭窄歯列を伴う骨格性II級を改善した症例. 九州矯正歯科学会誌. 2019;14(1):32-38..

前田綾

『原著』

  • Maeda‐Iino A, Fukushima M, Sakoguchi Y, Omure H, Oishi A, Oga Y, Furukawa‐Sainoki M, Kanmura S, Ido A, Miyawaki S. Effects of intra‐esophageal acid infusion and a stress task on masseter muscle activity and autonomic nervous activity in wakefulness. J Oral Rehabil. in press.
  • Nakagawa S, Maeda-Iino A, Miyawaki S. Relationships of maxillofacial morphology and malocclusion with handgrip strength in adult women. Orthod Craniofac Res. 2019 Aug;22(3):159-167.

『著者・総説』

  • 前田綾,丸谷佳菜子,中川祥子,渡邉温子,大賀泰彦,宮脇正一.鹿児島大学病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の治療.鹿歯会報.2020;150(729):11-13

『症例報告』

  • 小栁宏太郎,前田 綾,石畑清秀,宮脇正一.外科的矯正治療により下顎運動が改善した前歯部叢生と下顎前歯の著しい舌側傾斜を伴う骨格性下顎前突症例.Orthodontic Waves-Japanese Edition 2020 ;79(1):20-26.
  • 才ノ木(古川)みなみ,前田綾,國則貴玄,楠元淳也,宮脇正一.歯科矯正用アンカースクリューを用いて下顎歯列の遠心移動を行った骨格性Ⅲ級ローアングル症例.九州矯正歯科学会誌.2020;15(1):40-44.

大賀泰彦

『原著』

  • Maeda‐Iino A, Fukushima M, Sakoguchi Y, Omure H, Oishi A, Oga Y, Furukawa‐Sainoki M, Kanmura S, Ido A, Miyawaki S. Effects of intra‐esophageal acid infusion and a stress task on masseter muscle activity and autonomic nervous activity in wakefulness. J Oral Rehabil. in press.
  • Oga Y, Tomonari H, Kwon S, Kuninori T, Yagi T, Miyawaki S. Evaluation of miniscrew stability using an automatic embedding auxiliary skeletal anchorage device. Angle Orthod. 2019 Jan;89(1):47-53.

『著者・総説』

  • 前田綾,丸谷佳菜子,中川祥子,渡邉温子,大賀泰彦,宮脇正一.鹿児島大学病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の治療.鹿歯会報.2020;150(729):11-13

古川みなみ

『原著』

  • Maeda‐Iino A, Fukushima M, Sakoguchi Y, Omure H, Oishi A, Oga Y, Furukawa‐Sainoki M, Kanmura S, Ido A, Miyawaki S. Effects of intra‐esophageal acid infusion and a stress task on masseter muscle activity and autonomic nervous activity in wakefulness. J Oral Rehabil. in press.
  • Maeda A, Bandow K, Kusuyama J , Kakimoto K, Ohnishi T, Miyawaki S, Matsuguchi T. Induction of CXCL2 and CCL2 by pressure force requires IL-1β-MyD88 axis in osteoblasts. BONE. 2015; 74: 76-82.
  • 才ノ木(古川)みなみ,前田綾,國則貴玄,楠元淳也,宮脇正一.歯科矯正用アンカースクリューを用いて下顎歯列の遠心移動を行った骨格性Ⅲ級ローアングル症例.九州矯正歯科学会誌.2020;15(1):40-44.

石川崇典

『著者・総説』

  • Kubota S, Ishikawa T, Kawata K, Hattori T, Nishida T: Retrotransposons manipulating mammalian skeletal development in chondrocytes, International Journal of Molecular Sciences, Volume 21,Issue 5: Pages1564, 2020

福嶋美佳

『原著』

  • Maeda‐Iino A, Fukushima M, Sakoguchi Y, Omure H, Oishi A, Oga Y, Furukawa‐Sainoki M, Kanmura S, Ido A, Miyawaki S. Effects of intra‐esophageal acid infusion and a stress task on masseter muscle activity and autonomic nervous activity in wakefulness. J Oral Rehabil. in press.

丸谷加奈子

『著者・総説』

  • 前田綾,丸谷佳菜子,中川祥子,渡邉温子,大賀泰彦,宮脇正一.鹿児島大学病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の治療.鹿歯会報.2020;150(729):11-13

『症例報告』

  • 丸谷佳菜子,權相豪,友成博,中村典史,宮脇正一.顎間骨整位術と顎裂部への骨移植後に小臼歯の移植を行った両側性不完全唇顎口蓋裂を伴う不正咬合症例.九州矯正歯科学会誌.2020;15(1):51-56.

大石章仁

『原著』

  • Maeda‐Iino A, Fukushima M, Sakoguchi Y, Omure H, Oishi A, Oga Y, Furukawa‐Sainoki M, Kanmura S, Ido A, Miyawaki S. Effects of intra‐esophageal acid infusion and a stress task on masseter muscle activity and autonomic nervous activity in wakefulness. J Oral Rehabil. in press.

『症例報告』

  • 池森 宇泰, 八木 孝和, 大石 章仁, 池森 由幸, 宮脇 正一. Temporary Anchorage Devices(TADs)によって著しいオーバージェットと開咬及び、狭窄歯列を伴う骨格性II級を改善した症例. 九州矯正歯科学会誌. 2019;14(1):32-38.

中川祥子

『原著』

  • Nakagawa S, Maeda-Iino A, Miyawaki S. Relationships of maxillofacial morphology and malocclusion with handgrip strength in adult women. Orthod Craniofac Res. 2019 Aug;22(3):159-167.

『著者・総説』

  • 前田綾,丸谷佳菜子,中川祥子,渡邉温子,大賀泰彦,宮脇正一.鹿児島大学病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂を伴う患者の治療.鹿歯会報.2020;150(729):11-13

主な研究費取得状況(2019年度以降)

宮脇正一
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2020-2023年度
新たな食道疾患の発症機序の解明:不正咬合と咀嚼筋障害に起因する口腔機能低下の影響
課題番号:20K10232
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2019-2022年度
炎症性メディエーターの動態が食道知覚の変化とブラキシズムの発症に与える影響の解明
課題番号:19K10409
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2019-2022年度
ストレスが食道の知覚過敏と覚醒時ブラキシズムに及ぼす影響の解明
課題番号:19K10390
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2019-2022年度
胃内と口腔内の常在細菌叢、ブラキシズム及び胃食道逆流との関連性の解明
課題番号:19K10389
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2018-2021年度
成長期の矯正治療が睡眠時無呼吸、胃食道逆流及び呼吸器疾患に及ぼす効果の解明
課題番号:15K15758
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2018-2021年度
脳腸モデルによる迷走神経の活性化を応用したブラキシズムの根本療法開発への基盤研究
課題番号:18K09840
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2018-2021年度
脳腸ペプチドによるストレス起因性顎口腔機能異常の改善に対する効果の検証
課題番号:18K09838
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2017-2020年度
消化管運動促進薬とH2ブロッカーによる咀嚼筋障害に対する治療効果の検討
課題番号:17K11946
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2017-2020年度
自動埋入型骨固定装置による顎骨の成長促進が小児の睡眠呼吸障害に及ぼす効果の検討
課題番号:17K11945
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2017-2020年度
カリウムイオン競合型アシッドブロッカーを応用したブラキシズムの根本療法の開発
課題番号:17K11944
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2017-2020年度
マルチセンターリサーチによる日中覚醒時ブラキシズムの診断基準確立への挑戦
課題番号:17H04386
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2016-2020年度
不正咬合に起因する“顎口腔サルコペニア”の実態と内分泌・免疫系因子との関連
課題番号:16K11791
前田綾
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2019-2022年度
炎症性メディエーターの動態が食道知覚の変化とブラキシズムの発症に与える影響の解明
課題番号:19K10409
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2019-2022年度
ストレスが食道の知覚過敏と覚醒時ブラキシズムに及ぼす影響の解明
課題番号:19K10390
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2019-2022年度
胃内と口腔内の常在細菌叢、ブラキシズム及び胃食道逆流との関連性の解明
課題番号:19K10389
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2018-2021年度
脳腸ペプチドによるストレス起因性顎口腔機能異常の改善に対する効果の検証
課題番号:18K09838
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2017-2020年度
マルチセンターリサーチによる日中覚醒時ブラキシズムの診断基準確立への挑戦
課題番号:17H04386
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2016-2020年度
不正咬合に起因する“顎口腔サルコペニア”の実態と内分泌・免疫系因子との関連
課題番号:16K11791
大賀泰彦
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2019-2022年度
炎症性メディエーターの動態が食道知覚の変化とブラキシズムの発症に与える影響の解明
課題番号:19K10409
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2019-2022年
ストレスが食道の知覚過敏と覚醒時ブラキシズムに及ぼす影響の解明
課題番号:19K10390
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2018-2021年度
脳腸モデルによる迷走神経の活性化を応用したブラキシズムの根本療法開発への基盤研究
課題番号:18K09840
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2017-2020年度
消化管運動促進薬とH2ブロッカーによる咀嚼筋障害に対する治療効果の検討
課題番号:17K11946
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2017-2020年度
自動埋入型骨固定装置による顎骨の成長促進が小児の睡眠呼吸障害に及ぼす効果の検討
課題番号:17K11945
古川みなみ
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興科学研究費補助金
若手研究
2019-2021年度
抑制系とシナプス刈り込みを介した咀嚼筋痛障害の原因の解明
課題番号:19K19274
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2019-2022年度
炎症性メディエーターの動態が食道知覚の変化とブラキシズムの発症に与える影響の解明
課題番号:19K10409
日本学術振興科学研究費補助金
研究活動スタート支援
2017-2019年度
幼少期ストレス誘発性筋異常疼痛の治療に対する薬理遺伝学を用いた検討
課題番号:17H06978
石川崇典
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興科学研究費補助金
研究活動スタート支援
2019-2021年度
長鎖非コードRNA「UCA1」の骨形成における機能解析
課題番号:19K24119
福嶋美佳
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2019-2022年度
ストレスが食道の知覚過敏と覚醒時ブラキシズムに及ぼす影響の解明
課題番号:19K10390
丸谷佳菜子
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興科学研究費補助金
基盤研究(C)
2019-2022年度
胃内と口腔内の常在細菌叢、ブラキシズム及び胃食道逆流との関連性の解明
課題番号:19K10389

入局案内

令和2年度 鹿児島大学歯学部歯科矯正学分野入局案内(後期募集)を追加しました

分野サイト