医歯学研究講義

2007.12.10から学位論文公開審査に出席し、審査委員(主査)に出席証明書にサインをもらい、学務課医歯学大学院係へ提出すると博士課程共通コア科目「医歯学研究講義」の出席回数にカウントされます。
※但し、休学者は除く。
なお、出席証明書は各自ダウンロードし、持参するようお願いいたします。

2020.2.19更新

No開催日
時間
論文題目主査申請者
研究分野
開催場所
53 3.5(木)
14:00~
『Regional differences of choroidal structure determined by wide-field optical coherence tomography』
(広角の光干渉断層計で観察された脈絡膜構造の部位による変化)
吉浦 敬
教授
柿内 奈保子
(眼科学)
402講義室
(共通教育棟4階)
52 2.20(木)
14:00~
『Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide in the Ventromedial Hypothalamus is Responsible for Food-Intake Behavior by Modulating the Expression of Agouti-Related Peptide in Mice』 浅川 明弘
教授
NGUYEN THANH TRUNG
(生体情報薬理学)
201講義室
(共通教育棟2階)
51 2.17(月)
17:00~
『Formin-like 1 (FMNL1) Is Associated with Glioblastoma Multiforme Mesenchymal Subtype andIndependently Predicts Poor Prognosis』
(Formin-like 1 (FMNL1)は膠芽腫のmesenchymal subtypeに関連し、独立した予後不良因子である)
谷本 昭英
教授
比嘉 那優大
(脳神経外科学)
総合臨床研修センターセミナー室
(大学病院C棟8階)
50 2.7(金)
18:00~
『Atypical immunohistochemical patterns can complement the histopathological diagnosis of oral premalignant lesions』
(口腔前癌病変の病理診断を補完可能な免疫組織化学染色の異型発現パタン)
中村 典史
教授
池田 幹人
(口腔病理解析学)
第7カンファレンス室
(医歯学研究科棟1・7階)
49 2.7(金)
15:00~
『Nonalcoholic fatty liver disease is associated with both subcutaneous and visceral adiposity -A cross-sectional study-』
(非アルコール性脂肪性肝疾患は皮下および内臓肥満と
関連する‐横断研究‐)
西尾 善彦
教授
呉 建
(消化器疾患・生活習慣病学)
マルチメディア情報演習室
(共通教育棟6階)
48 2.3(月)
14:00~
『Tranilast enhances the effect of anticancer agents in osteosarcoma』
(Tranilastは骨肉腫の抗がん剤の効果を増強する)
河野 嘉文
教授
中島 隆之
(整形外科学)
整形外科学 図書室
(臨床研究棟 6階)
47 1.30(木)
17:30~
『Relationship between lip motion detected with a compact 3D camera and swallowing dynamics during bolus flow swallowing in Japanese elderly men』
(小型3Ⅾカメラを応用した日本人高齢男性の口唇動作と嚥下動態の関連性の解明)
南   弘 之
教  授
山本  祐士
(小児歯科学)
第2会議室
(歯科診療棟4階)
46 1.29(水)
17:30~
『Primary Site Identification in children With Obstructive Sleep Apnea by Computational Fluid Dynamics Analysis of the Upper Airway』
(上気道流体シミュレーションを用いた小児閉塞性睡眠時無呼吸症の原因部位特定方法の確立)
杉村 光隆
教授
柳澤 彩佳
(小児歯科学)
第3示説室
(歯学部研究棟9階)
45 1.28(火)
16:00~
『Clinical Features of Breast Cancer Patients with Human T-Cell Lymphotropic Virus Type-1 Infection』
(乳癌患者におけるHTLV-1感染の臨床的意義)
郡山 千早
教授
平田 宗嗣
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
502講義室
(共通教育棟5階)
44 1.27(月)
17:00~
『EFFECTS OF LANDIOLOL IN
LIPOPOLYSACCHARIDE-INDUCED ACUTE KIDNEY
INJURY IN RATS AND IN VITRO』
(Lipopolysaccharide誘発性急性腎障害モデルラットと
in vitro実験におけるランジオロールの効果)
垣花 泰之
教授
清永 夏絵
(侵襲制御学)
201講義室
(共通教育棟2階)
43 1.23(木)
16:00~
『Orexin Receptor Blockade-Induced Sleep Preserves the Ability to Wake in the Presence of Threat in Mice』
(オレキシン受容体拮抗薬で睡眠誘導されたマウスは、
睡眠中においても危機的状況下では覚醒能力を
保持することができる)
橋口 照人
教授
岩川 昌平
(侵襲制御学)
502講義室
(共通教育棟5階)
42 1.23(木)
15:00~
『Linalool Odor-Induced Anxiolytic Effects in Mice』
(マウスにおいて、リナロール香気は抗不安効果を示す)
浅川 明弘
教授
原田 浩輝
(侵襲制御学)
502講義室
(共通教育棟5階)
41 1.22(水)
16:00~
『Contralateral cerebral hemoglobin oxygen saturation changes in patients undergoing thoracotomy with general anesthesia with or without paravertebral block: a randomized controlled trial』
(胸腔鏡下肺切除術における脳血流変化の検討—全身麻酔単独と傍脊椎ブロック併用下全身麻酔の比較—)
垣花 泰之 
教授
向原 桂香
(侵襲制御学)
502講義室
(共通教育棟5階)
40 1.21(火)
16:00~
『Clinical significance of primary tumor score determined by tumor depth and size in patients with resectable gastric cancer』
(切除可能な胃癌に対する深達度と腫瘍径から測定されるPrimary Tumor Scoreの臨床的意義)
大脇 哲洋
教授
原口 尚士
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
502講義室
(共通教育棟5階)
39 1.20(月)
17:00~
『Association of risk factors for atherosclerosis,including high-sensitivity C-reactive protein,with carotid intima-media thickness, plaque score and pulse wave velocity in male population』
(男性おける高感度CRPを含めた動脈硬化の危険因子と頸動脈内膜中膜複合体厚, 頸動脈プラークスコア及び上腕足首脈波伝播速度との関連)
西尾 善彦
教授
小島 聡子
(心臓血管・高血圧内科学)
503講義室
(共通教育棟5階)
38 1.20(月)
16:00~
『Downregulation of matrix metalloproteinase 14 by the antitumor miRNA, miR‑150‑5p, inhibits theaggressiveness of lung squamous cell carcinoma cells』
(癌抑制型マイクロRNA(miR-150-5p)はmatrix metalloproteinase 14 を制御して肺扁平上皮癌の増悪  を抑制する)
古川 龍彦
教授
末次 隆行
(呼吸器内科学)
第3講義室
(医学部臨床講義棟1階)
37 1.17(金)
13:00~
『Combined neutrophil-lymphocyte ratio and platelet-lymphocyte ratio predicts chemotherapy response and prognosis inpatients with advanced gastric cancer』
(NLR-PLRスコアは、進行胃癌に対する化学療法の
治療効果と予後を予測する)
橋口 照人
教授
平原 徹志
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
第4講義室
(医学部臨床講義棟2階)
36 1.17(金)
11:00~
『Neurotensin receptor 1 is a new therapeutic target for human undifferentiated pleomorphic sarcoma growth』
(Neurotensin receptor 1は未分化多形肉腫に対する新しい治療標的である)
橋口 照人
教授
徳本 寛人
(整形外科学)
整形外科学 図書室
(臨床研究棟 6階)
35 1.16(木)
16:00~
『Use of Proton Pump Inhibitors is Associated with an Increase in Adverse Cardiovascular Events in Patients with Hemodialysis: Insight from the KIDS Registry
(維持透析患者においてプロトンポンプ阻害薬の服用は
有害心血管イベント増加と関連する)
中川 昌之 
教授
小瀬戸 一平
(心臓血管・高血圧内科学)
502講義室
(共通教育棟5階)
34 12.26(木)
16:00~
『Molecular pathogenesis of triple-negative breast cancer based on microRNA expression signatures: antitumor miR-204-5p targets AP1S3』
(マイクロRNA発現プロファイルに基づくトリプルネガティブ乳癌の分子病態:腫瘍抑制型miR-204-5pとその標的遺伝子AP1S3)
谷本 昭英
教授
戸田 洋子
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
201講義室
(共通教育棟2階)
33 12.16(月)
16:30~
『Impact and characteristics of two- and three-dimensional forceps manipulation using laparoscopic hepaticojejunostomy mimicking a disease-specific simulator: A comparison of pediatric surgeons with gastrointestinal surgeons』
(疾患特異的肝管空腸吻合シミュレーターを用いた2次元及び3次元視野における鉗子操作の特性と影響:小児外科医と消化器外科医の比較)
佐藤 雅美
教授
山田 耕嗣
(小児外科学)
201講義室
(共通教育棟2階)
32 12.3(火)
16:00~
『A PRIMPOL mutation and variants in multiple genes may contribute to phenotypes in a familial case with chronic progressive external ophthalmoplegia symptoms』
(PRIMPOL変異と複数の遺伝子バリアントが表現型に関与すると考えられた慢性進行性外眼筋麻痺症候を呈した家系)
髙嶋 博
教授
笠毛 渓
(精神機能病学)
501講義室
(共通教育棟5階)
31 11.25(月)
15:00~
『Regulation of KIF2A by Antitumor miR-451a Inhibits Cancer Cell Aggressiveness Features in Lung Squamous Cell Carcinoma』
(肺扁平上皮癌において癌抑制型miR-451aKIF2Aを制御して肺癌細胞の進展を抑制する)
橋口 照人
教授
内田 章文
(呼吸器内科学)
第3講義室
(医学部臨床講義棟1階)
30 11.25(月)
14:00~
『The optimal cutoff level of D-dimer during pregnancy to exclude deep vein thrombosis, and the association between D-dimer and postpartum hemorrhage in Cesarean section patients』
(帝王切開術前の深部静脈血栓症に対するD-dimerのカットオフ値およびD-dimerと帝王切開術中出血量の関与についての検討)
橋口 照人
教授
折田 有史
(生殖病態生理学)
201講義室
(共通教育棟2階)
29 11.19(火)
15:00~
『Synergistic effect of arsenic trioxide, vismodegib and temozolomide on glioblastoma』 古川 龍彦
教授
Bureta Costansia Anselim
(整形外科学)
整形外科学 図書室
(臨床研究棟 6階)
28 11.18(月)
17:00~
『A high-fructose diet induces epithelial barrier dysfunction and exacerbates the severity of dextran sulfate sodium-induced colitis』
(高フルクトース食は腸管上皮のバリア機能を障害し、
DSS腸炎を悪化させる)
浅川 明弘
教授
川畑 活人
(消化器疾患・生活習慣病学)
第3講義室
(医学部臨床講義棟1階)
27 11.13(水)
17:00~
『Effects of glycemic control and hypoglycemia on Thrombus formation assessed using automated microchip flow chamber system: an exploratory observational study』
(マイクロチップ式血流下自動解析システムを用いて評価した血栓形成に対する血糖コントロールと低血糖の影響:探索的観察研究)
橋口 照人
教授
山元 聖明
(糖尿病・内分泌内科学)
504講義室
(共通教育棟5階)
26 11.11(月)
17:00~
High filamin-C expression predicts enhanced invasiveness and poor outcome in glioblastoma multiforme
『高フィラミンC発現は多形性膠芽腫における侵襲性の増強と転帰不良を予測する』
中川 昌之
教授
Muhammad Kamil
(脳神経外科学)
201講義室
(共通教育棟2階)
25 11.8(金)
17:00~
『Antibacterial activity of disodium succinoyl glycyrrhetinate, a derivative of “glycyrrhetinic acid” against Streptococcus mutans
(グリチルレチン酸誘導体であるサクシニルグリチルレチン酸二ナトリウムのStreptococcus mutansに対する抗菌効果について)
於保 孝彦
教授
山下 剛史
(口腔微生物学)
第3示説室
(医歯学総合研究科棟1 9階)
24 11.5(火)
17:00~
『Association between changes in the mRNA expression of platelet-activating factor receptor in peripheral blood mononuclear cells and progression of diabetic nephropathy.』 橋口 照人
教授
Sahar Ghavidel Darestani
(糖尿病・内分泌内科学)
504講義室
(共通教育棟5階)
23 10.30(水)
16:00~
『Objective evaluation of size and shape of superficial foveal avascular zone in normal subjects by optical coherence tomography angiography』
(OCT angiographyによる正常眼の黄斑部無血管野の大きさと形状の定量評価)
黒野 祐一
教授
椎原 秀樹
(眼科学)
401講義室
(共通教育棟4階)
22 10.29(火)
15:00~
『Gene regulation by antitumor miR-130b-5p in pancreatic ductal adenocarcinoma: the clinical significance of oncogenic EPS8』
(癌抑制型マイクロRNA(miR-130b-5p)が制御する膵臓癌・機能性ネットワークの探索:癌遺伝子EPS8の臨床的重要性)
橋口 照人
教授
福久 はるひ
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
402講義室
(共通教育棟4階)
21 10.16(水)
16:00~
『The Protective Effects of Carbon Monoxide Against Hepatic Warm Ischemia-Reperfusion Injury in MHC-Inbred Miniature Swine 』
(MHC確立クラウン系ミニブタにおける肝臓温肝虚血再灌流障害に対する一酸化炭素の保護効果)
田川 義晃
教授
室川 剛廣
(臓器置換・異種移植外科)
502講義室
(共通教育棟5階)
20 9.19(木)
16:00~ 
『Dynamics of soluble thrombomodulin and circulating miRNAs  in patients with atrial fibrillation undergoing radiofrequency catheter ablation』
(高周波カテーテルアブレーション治療を施行した心房細 動患者における可溶性トロンボモジュリンと循環miRNAの動態)
林  敬人
教授
波野 史典
(血管代謝病態解析学)
502講義室
(共通教育棟5階)
19 9.19(木)
15:00~
『Expression of gremlin1 in gastric cancer and its clinical significance』
(胃癌におけるGremlin1の発現と臨床病理学的意義に関する考察)
谷本 昭英
教授
山﨑 洋一
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
402講義室
(共通教育棟4階)
18 9.10(火)
16:00~
『 Influences of estrogen-dependent diseases, premature oophorectomy and anti-cancer chemotherapy on skin age in Japanese women』
(エストロゲン依存性疾患、外科的去勢および抗がん剤の  肌年齢に及ぼす影響(日本人女性での検討) )
金蔵 拓郎
教授
劉 水策
(生殖病態生理学)
502号講義室
(共通教育棟5階)
17 9.5(木)
15:00~
『Expression of gremlin1 in gastric cancer and its clinical significance』
(胃癌においてProgrammed death-ligand 1は腫瘍悪性度や予後の予測のための有用な血液マーカーである)
池田 正徳
教授
天辰 仁彦
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
402講義室
(共通教育棟4階)
16 8.29(木)
17:00~
『Potential tumor-suppressive role of microRNA-99a-3p in sunitinib-resistant renal cell carcinoma cells throughthe regulation of RRM2』
(スニチニブ耐性腎細胞癌におけるRRM2の制御を介したmiR-99a-3pの腫瘍抑制効果の可能性)
橋口 照人
教授
大迫 洋一 
(泌尿器科学)
502講義室
(共通教育棟5階)
401講義室
(共通教育棟4階)
15 8.19(月)
18:00~
『BMP9 Directly Induces Rapid GSK3β Phosphorylation in a Wnt-independent Manner through Class I PI3 Kinase-Akt Axis in Osteoblasts.』
(BMP9は骨芽細胞においてクラスI PI3キナーゼ-Akt経路を介してWnt非依存的に急速なGSK3βのリン酸化を誘導する)
後藤 哲哉
教授
榮樂 菜保子
(歯周病学)
 第4セミナー室
(歯学部研究棟4階)
14 8.19(月)
17:00~
『Estrogen-SIRT1 Axis Plays a Pivotal Role in Protecting Against Menopause-induced Senescence and Atherosclerosis』
(エストロゲン-SIRT1は閉経に伴う血管老化・動脈硬化に対して保護的役割を果たす)
谷本 昭英
教授
佐々木 雄一
(心臓血管・高血圧内科学)
502講義室
(共通教育棟5階)
13 7.29(月)
15:00~
『Novel pathogenic XK mutations in McLeod syndrome and interaction between XK protein and chorein』
(McLeod症候群のXK新規変異とXKタンパクとchoreinの相互作用)
髙嶋 博  
教授
浦田 結嘉 
(精神機能病学)
501講義室
(共通教育棟5階)
12 7.29(月)
14:00~
『Novel pathogenic VPS13A gene mutations in Japanese patients with chorea-acanthocytosis』
(日本人有棘赤血球舞踏病患者におけるVPS13A遺伝子の新規疾患変異)
髙嶋 博  
教授
西田 佳晃 
(精神機能病学)
501講義室
(共通教育棟5階)
11 7.25(木)
17:00~
『Correlation of Right Ventricular Wall Stress with Plasma   B- Type Natriuretic Peptide Levels in Patients  with Pulmonary Hypertension』 
 (肺高血圧症例における右室壁応力と血漿BNP濃度の相関)
垣花 泰之  
教授
内山 奈美
(心臓血管・高血圧内科学)
402講義室
(共通教育棟4階)
10 7.23(火)
11:00~
『Gene Regulation by Antitumor miR-204-5p in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma: The Clinical Significance of Direct RACGAP1 Regulation』
(癌抑制型マイクロRNA(miR-204-5p)が制御する膵臓癌:RACGAP1の臨床的意義)
古川 龍彦
教授
Khalid Muhammad
(消化器・乳腺甲状腺外科学)

402講義室
(共通教育棟4階)
9 7.22(月)
17:00~
Evaluation of the effect of oral appliance treatment on upper-airway ventilation conditions in obstructive sleep apnea using computational fluid dynamics
(流体力学解析を用いた閉塞性睡眠時無呼吸の上気道通気状態に対する口腔内装置の治療効果に関する研究)
宮脇 正一
教授
菅 北斗
(小児歯科学)
第3示説室
(歯学部研究棟9階)
8 6.21(金)
8:50~
『Helicobacter pylori Vacuolating cytotoxin A causes anorexia and anxiety via hypothalamic Urocortin 1 in mice』
(Helicobacter pyloriが産生する外毒素VacAは
Ucn1-CRF受容体軸を介して摂食を抑制し、不安様行動を惹起する)
佐藤 友昭
教授
鈴木 甫 
(口腔顎顔面外科学)
第3示説室
(歯学部研究棟9階)
7 6.19(水)
16:00~
『HRAS as a potential therapeutic target of salirasib RAS inhibitor in bladder cancer』
(膀胱癌におけるRAS阻害剤Salirasibを介した治療標的としてのHRAS)
古川 龍彦
教授
杉田 智
(泌尿器科学)
502講義室
(共通教育棟5階)
6 6.12(水)
17:00~
『Predictors of Exercise-Induced Pulmonary Hypertension in Patients with Connective Tissue Disease』
(膠原病患者における運動誘発性肺高血圧症の予測因子の検討)
井本 浩
教授

宮永 直
(心臓血管・高血圧内科学)
301講義室
(共通教育棟3階)
5 6.11(火)
16:00~
『Clinical significance of altering epithelial-mesenchymal transition (EMT) in metastatic lymph nodes of gastric cancer』
(胃癌の転移リンパ節における、上皮間葉性転換が与える臨床的意義)
谷本 昭英
教授
大久保 啓史
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
402講義室
(共通教育棟4階)
4 6.5(水)
17:30~
『The protective effect of fish oil lipid emulsions on intestinal failure-associated liver disease in a rat model of short-bowel syndrome.』
(短腸症候群ラットモデルにおける腸管不全合併肝障害に対する魚油由来脂肪乳剤の保護効果)
河野 嘉文
教授
町頭 成郎
(小児外科学)
鹿児島大学病院C棟8階 総合臨床研修センター 
セミナー室
3 5.13(月)
15:00~
『Prior treatment with anti-high mobility group box-1 antibody boosts human neural stem cell transplantation-mediated functional recovery after spinal cord injury』
(抗HMGB1抗体治療は脊髄損傷に対する神経幹細胞移植の治療効果を増強させる 〜脊髄損傷の新たな治療法開発に期待〜)
宮田 篤郎
教授
上薗 直弘
(整形外科学)
整形外科学 図書室
(臨床研究棟 6階)
2 4.22(月)
17:30~
『The effects of music listening during extraction of the impacted mandibular third molar on the autonomic nervous system and psychological state』
(下顎埋伏智歯抜歯中の音楽聴取が自律神経系と心理状態に与える影響)
中村 典史
教授
山下 薫
(歯科麻酔全身管理学)
第3示説室
(歯学部研究棟9階)
1 4.10(水)
17:00~
『Relationships of maxillofacial morphology and malocclusion with handgrip strength in adult women』
(成人女性の顎顔面形態および不正咬合と握力との関係)
山﨑 要一
教授
中川 祥子
(歯科矯正学)
9階会議室
(医歯学総合研究科棟1)

 

 

広角の光干渉断層計で観察された

脈絡膜構造の部位による変化

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内