研究テーマ(研究室紹介)

国際離島医療学イメージ

 卒前教育では、離島医療を地域医療の医学教育モデルとして活用しています。開講当時から離島医療実習を担当し、2013年からは当教室員が兼務する離島へき地医療人育成センターに実習実務を移行し、地域医療学分野が中心になり、合同で内容のさらなる充実を図っています。
 研究では、2005年からあまみ島嶼地域と鹿児島県本土地域フィールドにおける生活習慣病予防を目指した分子疫学コーホート研究を展開し、2025年まで追跡調査を行っています。
 国際貢献では、JICAによる大洋州島嶼国における保健医療人育成コースを実施、サポートしています。 。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 健康科学専攻 Health Research Course
大講座 国際島嶼医療学 Island Medicine and International Health
分野 国際離島医療学 International Island and Community Medicine
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~islands/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-6853 / FAX.099-275-6854

主要研究テーマ

あまみ及び本土地域における生活習慣病予防と長寿に関する分子疫学研究 Molecular epidemiological study for lifestyle-related disease prevention and longevity in Amami and Kagoshima mainland regions
タラソテラピーの健康増進効果に関する疫学研究 Epidemiological study for the health effect of thalassotherapy
脂肪肝の進展に関する分子疫学研究 Molecular epidemiological study for the progression of fatty liver

スタッフ

教授:嶽﨑俊郎

教授
氏名 嶽﨑俊郎 Toshiro TAKEZAKI
専門分野 がん疫学
研究テーマ ・島嶼におけるがん予防に関する分子疫学研究
・島嶼における動脈硬化関連疾患に関する分子疫学研究

研究者総覧 リポジトリ


助教:指宿りえ

助教
氏名 指宿りえ Rie IBUSUKI
専門分野 栄養疫学
研究テーマ ・脂肪肝

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

嶽﨑俊郎
  1. Shimoshikiryo I, Ibusuki R, Shimatani R, Nishimoto D, Takezaki T, Nishida Y, Shimanoe C, HishidaA, Tamura T, Okada R, Kubo Y, Ozaki E, Matsui D, Suzuki S, Nakagawa-Senda H, Kuriki K, Kita Y, Takashima N, Arisawa K, Uemura H, Ikezaki H, Furusyo N, Oze I, Koyanagi YN, Mikami H, Nakamura Y, Naito M, Wakai K, for the J-MICC Study Group. Association between alcohol intake pattern and metabolic syndrome components and simulated change by alcohol intake reduction: A cross-sectional study from the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study. Alcohol,2020 (in press).
  2. Shimatani K, Ito H, Matsuo K, Tajima K, Takezaki T. Cumulative cigarette tar exposure and lung cancer risk among Japanese smokers. Jpn J Clin Oncol 50:1009-1017,2020.
  3. Lin Y, Nakatochi M, Hosono Y, Ito H, Kamatani Y, Inoko A, Sakamoto H, Kinoshita F, Kobayashi Y, Ishii H, Ozaka M, Sasaki T, Matsuyama M, Sasahira N, Morimoto M, Kobayashi S, Fukushima T, Ueno M, Ohkawa S, Egawa N, Kuruma S, Mori M, Nakao H, Adachi Y, Okuda M, Osaki T, Kamiya S, Wang C, Hara K, Shimizu Y, Miyamoto T, Hayashi Y, Ebi H, Kohmoto T, Imoto I, Kasugai Y, Murakami Y, Akiyama M, Ishigaki K, Matsuda K, Hirata M, Shimada K, Okusaka T, Kawaguchi T, Takahashi M, Watanabe Y, Kuriki K, Kadota A, Okada R, Mikami H, Takezaki T, Suzuki S, Yamaji T, Iwasaki M, Sawada N, Goto A, Kinoshita K, Fuse N, Katsuoka F, Shimizu A, Nishizuka SS, Tanno K, Suzuki K, Okada Y, Horikoshi M, Yamauchi T, Kadowaki T, Yu H, Zhong J, Amundadottir LT, Doki Y, Ishii H, Eguchi H, Bogumil D, Haiman CA, Le Marchand L, Mori M, Risch H, Setiawan VW, Tsugane S, Wakai K, Yoshida T, Matsuda F, Kubo M, Kikuchi S, Matsuo K. Genome-wide association meta-analysis identifies GP2 gene risk variants for pancreatic cancer. Nat Commun 11:3175,2020.
  4. Kawamura Y, Nakaoka H, Nakayama A, Okada Y, Yamamoto K, Higashino T, Sakiyama M, Shimizu T, Ooyama H, Ooyama K, Nagase M, Hidaka Y, Shirahama Y, Hosomichi K, Nishida Y, Shimoshikiryo I, Hishida A, Katsuura-Kamano S, Shimizu S, Kawaguchi M, Uemura H, Ibusuki R, Hara M, Naito M, Takao M, Nakajima M, Iwasawa S, Nakashima H, Ohnaka K, Nakamura T, Stiburkova B, Merriman TR, Nakatochi M, Ichihara S, Yokota M, Takada T, Saitoh T, Kamatani Y, Takahashi A, Arisawa K, Takezaki T, Tanaka K, Wakai K, Kubo M, Hosoya T, Ichida K, Inoue I, Shinomiya N, Matsuo H. Genome-wide association study revealed novel loci which aggravate asymptomatic hyperuricaemia into gout. Ann Rheum Dis 78:1430-1437,2019.

指宿りえ
  1. Takeuchi K, Naito M, Kawai S, Tsukamoto M, Kadomatsu Y, Kubo Y, Okada R, Nagayoshi M, Tamura T, Hishida A, Nakatochi M, Sasakabe T, Hashimoto S, Eguchi H, Momozawa Y, Ikezaki H, Murata M, Furusyo N, Tanaka K, Hara M, Nishida Y, Matsuo K, Ito H, Oze I, Mikami H, Nakamura Y, Kusakabe M, Takezaki T, Ibusuki R, Shimoshikiryo I, Suzuki S, Nishiyama T, Watanabe M, Koyama T, Ozaki E, Watanabe I, Kuriki K, Kita Y, Ueshima H, Matsui K, Arisawa K, Uemura H, Katsuura-Kamano S, Nakamura S, Narimatsu H, Hamajima N, Tanaka H, Wakai K. Study profile of the Japan Multi-institutional Collaborative Cohort (J-MICC) Study. J Epidemiol doi: 10.2188/jea.JE20200147,2020.
  2. Ibusuki R, Uto H, Arima S, Mawatari S, Setoguchi Y, Iwashita Y, Hashimoto S, Maeda T, Tanoue S, Kanmura S, Oketani M, Ido A, Tsubouchi H. Transgenic expression of human neutrophil peptide-1 enhances hepatic fibrosis in mice fed a choline-deficient, L-amino acid-defined diet. Liver Int 33:1549-1556,2013.

桑原(平佐田)和代 / 大学院生学位論文
  • Hirasada K, Niimura H, Kubozono T, Nakamura A, Tatebo M, Ogawa S, Tsunematsu N, Chiba S, Matsushita T, Kusano K, Miyata M, Takezaki T. Values of cardio-ankle vascular index (CAVI) between Amami islands and Kagoshima mainland among health checkup examinees. J Atheroscler Thromb 19(1):69-80,2012.

高田(中村)昭彦 / 大学院生学位論文
  • Nakamura A, Niimura H, Kuwabara K, Takezaki T, Morita E, Wakai K, Hamajima N, Nishida Y, Turin TC, Suzuki S, Ohnaka K, Uemura H, Ozaki E, Hosono S, Mikami H, Kubo M, Tanaka H. Gene-Gene Combination Effect and Interactions among ABCA1, APOA1, SR-B1, and CETP Polymorphisms for Serum High-Density Lipoprotein-Cholesterol in the Japanese Population. PLOS ONE 8(12):e82046,2013.

Motahareh Kheradmand / 大学院生学位論文
  • Kheradmand M, Niimura H, Kuwabara K, Nakahata N, Nakamura A, Ogawa S, Mantjoro EM, Shimatani K, Nerome Y, Owaki T, Kusano K, Takezaki T. Association of Inflammatory Gene Polymorphisms and Conventional Risk Factors With Arterial Stiffness by Age. J Epidemiol 23(6):457-65,2013.

中畑(常松)典子 / 大学院生学位論文
  • Noriko Tsunematsu Nakahata, Ahikiko Nakamura Takada, Nahomi Imaeda, Chiho Goto, Kazuyo Hirasada Kuwabara, Hideshi Niimura, Yusuke Arai, Katsushi Yoshita, Toshiro Takezaki. Validity of the food frequency questionnaire in a population with high alcohol consumption in Japan. Asia Pac J Clin Nutr 25(1),2016 (in press).

Tara Sefanya Kairupan / 大学院生学位論文
  • Kairupan TS, Ibusuki R, Kheradmand M, Sagara Y, Mantjoro EM, Nindita Y, Niimura H, Kuwabara K, Ogawa S, Tsumematsu-Nakahata N, Nerome Y, Owaki T, Matsushita T, Maenohara S, Yamaguchi K, Takezaki T. Interactions between inflammatory gene polymorphisms and HTLV-I infection for total death, incidence of cancer, and atherosclerosis-related diseases among the Japanese population. J Epidemiol 27:420-427,2017.

主な研究費取得状況

嶽崎俊郎
事業・種目 / 期間研究
文部科学省科学研究費補助金
基盤研究(C)研究代表者
令和2~4年度
HTLV-Iキャリアにおける全死亡リスクに対する防御要因に関する研究
文部科学省科学研究費補助金
新学術領域研究 研究分担者
平成27年度~令和3年度
がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動
文部科学省科学研究費補助金
新学術領域研究 研究分担者
平成22~26年度
がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動
文部科学省科学研究費補助金
特定領域研究 研究分担者
平成17~21年度
分子疫学コーホートの支援に関する研究
文部科学省科学研究費補助金
基盤研究(A)研究分担者
平成27~30年度
生活習慣に影響する遺伝要因の解析とメンデルランダム化による生活習慣病コホート研究
文部科学省科学研究費補助金
基盤研究(C)研究代表者
平成24~26年度
一般住民を対象にした遺伝子多型による運動効果の影響に関する比較疫学研究
文部科学省科学研究費補助金
基盤研究(C)研究分担者
平成22~24年度
あまみ長寿地域における動脈硬化の経時変化に関する環境・宿主要因の研究
文部科学省科学研究費補助金
基盤研究(C)研究分担者
平成19~20年度
あまみ長寿地域における動脈硬化進展予防に関する環境・宿主要因の研究
厚生労働科学研究費補助金
循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業 研究分担者
平成24~26年度
離島・農村地域の効率的、効果的な生活習慣病対策の推進に関する研究
厚生労働科学研究費補助金
循環器疾患・糖尿病等生活習慣病
対策総合研究事業 研究分担者
平成21~23年度
離島・農村地域における効果的な生活習慣病対策の運用と展開に関する研究
厚生労働省 地域医療基盤開発推進研究事業 研究分担者
平成20~22年度
現状に即したへき地等の保健医療を構築する方策および評価指標に関する研究
厚生労働省科学研究費補助金
健康安全確保総合研究 研究分担者
平成17~19年度
持続可能なへき地等における保健医療を実現する方策に関する研究
鹿児島県 受託研究費 研究代表者
平成21~24年度
あまみにおける早世の要因に関する研究
指宿りえ
事業・種目 / 期間研究
文部科学省科学研究費補助金
基盤研究(C)研究代表者
令和元~3年度
NAFLD経過における脂肪肝表現型と肝線維化に関する研究
文部科学省科学研究費補助金
基盤研究(C)研究代表者
平成28~30年度
一般住民における非アルコール性脂肪肝の進展に関する分子疫学研究

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内