研究テーマ(研究室紹介)

口腔生化学スタッフ

生命の根源的な特性として恒常性(ホメオスタシス)があり、私達の健康維持にも必須のものです。しかし周囲の環境は常に変化するため、恒常性の維持は細胞内外の常に動的な変化によってのみ維持することが可能になります。古い細胞は新しい細胞に置き換えられ、細菌やウィルスなどの外敵の侵入にも備えなければなりません。
私達の口腔生化学講座は、生命の恒常性に関わる①細胞分化と②免疫応答に焦点をあて、その分子メカニズムを明らかにすることを目標にしています。新たな分子機構の解明は、病気の予防や治療のための分子標的の発見に繋がります。私達は、生命現象の分子機構に興味があり、一緒に研究できる大学院生(博士&修士課程)を募集しています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 健康科学専攻 Health Research Course
大講座 発生発達成育学 Developmental Medicine
分野 口腔生化学 Oral Biochemistry
分野サイト http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/seika/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-6131 / FAX.099-275-6138

主要研究テーマ

免疫担当細胞のシグナル伝達機構 Signal transduction of immune cells
口腔内疾患の生化学的病態解析 Molecular pathogenesis of oral diseases
骨芽細胞分化の分子メカニズム Molecular mechanisms of osteoblast differentiation
メカニカルストレスの細胞受容機構 Cellular reception of mechanical stresses
肝細胞増殖因子の生理的役割 Physiological roles of hepatocyte growth factor (HGF)

スタッフ

教授:松口徹也

教授
氏名 松口徹也 Tetsuya MATSUGUCHI
専門分野 生化学、分子生物学、免疫学
研究テーマ ・免疫応答の細胞内シグナル伝達機構
・硬組織細胞の分化機構

研究者総覧 リポジトリ


准教授:大西智和

准教授
氏名 大西智和 Tomokazu OHNISHI
専門分野 生化学、細胞分子生物学
研究テーマ ・細胞増殖因子が関わる炎症
・エネルギー代謝と骨芽細胞分化

研究者総覧 リポジトリ


100006572

助教
氏名 千葉紀香 Norika CHIBA
専門分野 生化学、分子生物学、免疫学
研究テーマ ・免疫応答の分子生物学、細胞生物学
・硬組織細胞の分化機構

研究者総覧 リポジトリ




主な研究実績

松口徹也
  1. Kusuyama J, Bandow K, Shamoto M, Kakimoto K, Ohnishi T, and Matsuguchi T. Low Intensity Pulsed Ultrasound (LIPUS) Influences the Multilineage Differentiation of Mesenchymal Stem and Progenitor Cell Lines through ROCK-Cot/Tpl2-MEK-ERK Signaling Pathway. J. Biol. Chem. 289:10330-44, 2014.
  2. Matsuguchi T. Mast Cells as Critical Effectors of Host Immune Defense against Gram-negative Bacteria. Curr Med Chem. 19: 1432-1442, 2012.
  3. Musikacharoen T, Bandow K, Kakimoto K, Kusuyama J, Onishi T, Yoshikai Y, Matsuguchi T. Functional involvement of dual specificity phosphatase 16 (DUSP16), a c-Jun N-terminal kinase-specific phosphatase, in the regulation of T helper cell differentiation. J Biol Chem. 2011 Jul 15;286(28):24896-905, 2011.
  4. Matsuguchi T, Chiba N, Bandow K, Kakimoto K, Masuda A, Ohnishi T. JNK activity is essential for Atf4 expression and late-stage osteoblast differentiation. J Bone Miner. Res. 24, 398-410, 2009.
  5. Musikacharoen T, Oguma A, Yoshikai Y, Chiba N, Masuda A, Matsuguchi T.: Interleukin-15 induces IL-12 receptor beta1 gene expression through PU.1 and IRF 3 by targeting chromatin remodeling. Blood 105, 711-720, 2005
  6. Sugimoto K, Ohata M, Miyoshi J, Ishizaki H, Tsuboi N, Masuda A, Yoshikai Y, Takamoto M, Sugane K, Matsuo S, Shimada Y, Matsuguchi T.: A serine/threonine kinase, Cot/Tpl2, modulates bacterial DNA-induced IL-12 production and Th cell differentiation. J. Clin. Invest. 114, 857-866, 2004
  7. Hermoso MA, Matsuguchi T, Smoak K, Cidlowski JA.: Glucocorticoids and tumor necrosis factor alpha cooperatively regulate toll-like receptor 2 gene expression. Mol. Cell. Biol. 24, 4743-4756, 2004
  8. Matsuguchi, T., Masuda, A., Sugimoto, K., Nagai, Y., Yoshikai, Y. : JNK-interacting protein 3 associates with Toll-like receptor 4 and is involved in LPS-mediated JNK activation. EMBO J., 22, 4455-4464, 2003
  9. Matsuguchi, T.., Musikacharoen, T., Johnson, T.. R., Kraft, A. S., Yoshikai, Y.: A Novel MAP Kinase Phosphatase is an Important Negative Regulator of LPS-mediated JNK activation in Mouse Macrophage Cell Lines. Mol. Cell. Biol., 21, 6999-7009, 2001
  10. Matsuguchi, T.., Takagi, K., Musikacharoen, T., Yoshikai, Y.: Gene expressions of lipopolysaccharide receptors, toll-like receptors 2 and 4, are differently regulated in mouse T lymphocytes. Blood 95, 1378-1385, 2000.

大西智和
  1. Ohnishi T, Bandow K, Kakimoto K, Kusuyama J, Matsuguchi T; Long-time treatment by low-dose N-acetyl-L-cysteine enhances proinflammatory cytokine expressions in LPS-stimulated macrophages. PLoS One2014; 9: e87229
  2. Ohnishi T., Bandow K., Matsuguchi T. Involvement of Cot/Tpl2 in bone loss during periodontitis. J Dental Res 2010 89 192-197.
  3. Ohnishi T, Bandow K, Matsuguchi T Oxidative stress causes alveolar bone loss in metabolic syndrome model mice with type 2 diabetes. J Periodontal Res. 2009; 44(1):43-51.
  4. Ohnishi T., Kakimoto K. Bandow, Lowenstein C. J., Daikuhara Y, Matsuguchi T. Mature hepatocyte growth factor / scatter factor on the surface of human granulocytes is released by a mechanism involving activated factor Xa. J Immunology. 176(11):6945-6953
  5. Padalko E, Ohnishi T, Matsushita K, Sun H, Fox-Talbot K, Bao C, Baldwin WM 3rd, Lowenstein CJ. Peroxynitrite inhibition of Coxsackievirus infection by prevention of viral RNA entry. Proc Natl Acad Sci U S A. 2004 Aug 10;101(32):11731-6.
  6. Ohnishi T., Daikuhara Y, Hepatocyte growth factor/scatter factor in development, inflammation and carcinogenesis: its expression and role in oral tissues. Arch Oral Biol, 48, 797-804, 2003
  7. Ohnishi T., Daikuhara Y, Hepatocyte growth factor in oral biology Dentistry in Japan, 39, 48-51, 2003,
  8. Ohnishi T., Kakimoto K, Hashida S, Fujii M, Hirono S, Nishiyama K, Amita Y, Ishikawa E, Tsubouchi H, Daikuhara Y. Development of highly sensitive enzyme-linked immunosorbent assays for hepatocyte growth factor/scatter factor (HGF/SF): determination of HGF/SF in serum and urine from normal human subjects. J Immunol Methods, 244, 163-173, 2000
  9. Ohnishi T., Suwa, M. Oyama T., Arakaki N., Torii M., Daikuhara Y., Prostaglandin E2 predominantly induces production of hepatocyte Growth factor/scatter factor in human dental pulp in acute inflammation. J Dent Res, 79, 784-755, 1999
  10. Ohnishi T., Nakamura O., Arakaki N., Daikuhara Y. Effect of phosphorylated rat fetuin on the growth of hepatocytes in primary culture in the presence of human hepatocyte-growth factor. Evidence that phosphorylated fetuin is modulator of hepatocyte-growth factor. Eur J Biochem, 243, 753-761, 1997.

千葉紀香
  1. Ray S, Chiba N, Yao C, Guan X, McConnell AM, Brockway B, Que L, McQualter JL, Stripp BR, Rare SOX2+ airway progenitor cells generate KRT5+ cells that repoplulate damaged alveolar parenchyma following influenza virus infection.  Stem Cell Reports, 7 (5): 817-825, 2016
  2. Chiba N, Shimada K, Chen S, Jones HD, Alsabeh R, Slepenkin AV, Peterson E, Crother TR, Arditi M,  Mast cells play an important role in Chlamydia pneumoniae lung infection by facilitating immune cell recruitment into the airway.  J Immunol., 194 (8): 3840-3851, 2015
  3. Lee YH, Schulte DJ, Shimada K, Chen S, Crother TR, Chiba N, Fishbein MC, Lehman TJA, Aridit M,  Interleukin-1b is crucial for the induction of coronary artery inflammation in a mouse model of Kawasaki disease.  Circulation, 125 (12): 1542-1550, 2012
  4. Shimada K, Crother TR, Karlin J, Dagvadrj J, Chiba N, Chen S, Rmanujan VK, Wolf AJ, Vergnes L, Ojcius DM, Rentsendorj A, Vargas M, Guerrero C, Wang, Y, Fitzgerald KA, Underhill DM, Town T, Arditi M, Oxidized mitochondrial DNA activates the NLRP3 inflammasome during apoptosis.  Immunity, 36 (3): 401-414, 2012
  5. Shimada K, Crother TR, Karlin J, Chen S, Chiba N, Ramanujan VK, Vergnes L, Ojcius DM, Arditi M, Caspase-1 dependent IL-1b secretion is critical for host defense in a mouse model of Chlamydia pneumoniae lung infection.  PLoS ONE, 6 (6): e21477, 2011
  6. Chiba N, Kakimoto K, Masuda A, and Matsuguchi T, Functional roles of Cot/Tpl2 in mast cell responses to lipopolysaccharide and FceRI-clustering.  Biochem Biophys Res Commun., 402 (1): 1-6, 2010
  7. Kakimoto K, Musikacharoen T, Chiba N, et al., Cot/Tpl2 regulates IL-23 p19 expression in LPS-stimulated macrophages through ERK activation.  J Physiol Biochem., 66 (1): 47-53, 2010
  8. Matsuguchi T, Chiba N, Bandow K, Kakimoto K, Masuda A, Ohnishi T, JNK activity is essential for ATF4 expression and late-stage osteoblast differentiation.  J Bone Mineral Res., 24 (3): 398-410, 2009
  9. Chiba N, Masuda A, Yoshikai Y and Matsuguchi T,  Ceramide inhibits LPS-induced production of IL-5, IL-10, and IL-13 from mast cells.  J Cell Physiol.,  213 (1): 126-136, 2007

共同開発・研究

  • 低出力超音波パルス(LIPUS)を用いた骨代謝制御(帝人ファーマ株式会社との共同研究)
  • 力学的ストレスによる歯の移動メカニズム(本研究科歯科矯正学分野との共同研究)

主な研究費取得状況

松口徹也
事業・種目 / 期間研究
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2017~2019年度
アイソフォーム特異的な新たなJNKシグナル制御機構の解明
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2014年~2016年度
細胞分化コントロールによる新たな骨疾患治療法開発を目指す基礎研究
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2013年~2015年度
歯周病増悪因子Cot/Tpl2を分子標的とした治療法を探る
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2011~2013年度
ヘルパーT細胞の異常が引き起こす肥満の病態解析
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2008~2010年度
骨代謝に対する組織レニン‐アンギオテンシン系の影響
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2011~2013年度
LPSで誘導される高OPN骨芽細胞の骨免疫学的解析
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2011~2013年度
免疫監視システム制御に関わる新規シグナル分子機構の解明
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(B)
2007~2008年度
骨芽細胞の免疫調節機能に及ぼす細胞分化とメカニカルストレスの影響
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(B)
2005~2006年度
MAPキナーゼフォスファターゼによる生体内ヘルパーT細胞分化調節の分子機構
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2005~2006年度
TLR-4を介するシグナル伝達系の口腔癌発生への関与
文部科学省 科学研究費補助金
特別研究員奨励費
2004~2005年度
抗原特異的免疫反応の分子制御機構の解明
文部科学省 科学研究費補助金
難治性疾患克服研究事業
2003~2005年度
難治性自己免疫性肝疾患の画期的治療法の開発に関する臨床研究
文部科学省 科学研究費補助金
特定領域研究(2)
2004年度
Th1/Th2分化におけるIL-12レセプターβ1遺伝子プロモーター機能の役割
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2003~2004年度
JNK選択的新規MKPのT細胞分化における役割と腫瘍・感染免疫における意義
大西智和
事業・種目 / 期間研究
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2017~2019年度
歯周炎における調節性T細胞のシグナル伝達
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2014年~2016年度
細胞分化コントロールによる新たな骨疾患治療法開発を目指す基礎研究
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2013年~2015年度
歯周病増悪因子Cot/Tpl2を分子標的とした治療法を探る
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2011~2013年度
ヘルパーT細胞の異常が引き起こす肥満の病態解析
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2008~2010年度
骨代謝に対する組織レニン‐アンギオテンシン系の影響
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2011~2013年度
LPSで誘導される高OPN骨芽細胞の骨免疫学的解析
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2011~2013年度
免疫監視システム制御に関わる新規シグナル分子機構の解明
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(B)
2007~2008年度
骨芽細胞の免疫調節機能に及ぼす細胞分化とメカニカルストレスの影響
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2005~2006年度
TLR-4を介するシグナル伝達系の口腔癌発生への関与 
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2002~2003年度
歯周炎における肝細胞増殖因子(HGF)と一酸化窒素(NO)の血管新生作用 
文部科学省 科学研究費補助金
奨励研究(A)
1999~2000年度
肝細胞増殖因子の舌癌増殖抑制におけるシグナル伝達系の解析 
文部科学省 科学研究費補助金
奨励研究(A)
1997~1998年度
Fetuin/α_2-HS糖タンパク質結合因子の同定 
千葉紀香
事業・種目 / 期間研究
文部科学省 科学研究費補助金
基盤研究(C)
2018~2020年度
抗アレルギー治療新規ターゲット分子としてのMAPキナーゼホスファターゼの解析
文部科学省 科学研究費補助金
若手研究(B)
2008~2009年度
骨免疫疾患におけるマスト細胞の役割の解析

 

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内