研究テーマ(研究室紹介)

小児科学

小児科学は子どもの疾患の全領域を対象とするため、一つの分野で網羅することはできません。当分野では鹿児島県の医療状況を踏まえ、下記のような領域に的を絞って研究を進めています。その中で、リサーチマインドを持った臨床医を養成することを念頭に、臨床現場から出てくる疑問を医学的に解明することを目指しています。少ない人的・物的資源を有効に活用しながら、常に理論的に考える習慣を身につけ治療に役立つ研究を実践し、病気を持つ子ども達に明るい未来を提供することが使命です。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 健康科学専攻 Health Research Course
大講座 発生発達成育学講座 Developmental Medicine
分野 小児科 Pediatrics
分野サイト https://pediatricskagoshima.jp/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5354 / FAX.099-265-7196

主要研究テーマ

血液・腫瘍学 Hemato-Oncology
循環器学 Cardiology
膠原病学 Rheumatology
神経学 Neurology
腎臓病学 Nephrology
内分泌学 Endocrinology
アレルギー学 Allergy
新生児学 Neonatology

スタッフ

 

 

岡本康裕

教授
氏名 岡本康裕 Yasuhiro OKAMOTO
専門分野 血液・腫瘍学
研究テーマ ・造血幹細胞移植
・白血病
・送血幹細胞移植におけるウイルス感染症の早期診断
・リンパ管腫の治療

研究者総覧


西川拓朗

講師
氏名 西川拓朗 Takurou NISHIKAWA
専門分野 血液・腫瘍学
研究テーマ ・ブスルファン(BU)TDMおよびグルタチオン S-トランスフェラーゼ(GST)遺伝子多型を用いた造血幹細胞移植前処置の安全性確立
・シクロフォスファミド(CY)代謝物測定およびチトクロームP450(CYP)遺伝子多型を用いた造血幹細胞移植前処置の安全性確立
・シクロフォスファミド心筋障害ならびにその予防に関する研究
・小児における移植後シクロフォスファミドを用いたHLAハプロ末梢血幹細胞移植
・ベンゼン発がん研究

研究者総覧


staff07

講師
氏名 児玉祐一 Yuichi KODAMA
専門分野 血液・腫瘍学
研究テーマ ・造血幹細胞の加齢
・造血幹細胞移植
・白血病

研究者総覧


staff05

講師
氏名 上野健太郎 Kentarou UENO
専門分野 循環器学
研究テーマ

・川崎病血管炎の病態解明
・川崎病血管炎におけるHMG-CoA還元酵素の役割
・先天性心疾患術後のデクスメデトミジン有害事象の評価、安全な使用方法についての研究
・感染性心内膜炎の治療・予防に関する研究
・QT延長症候群、QT短縮症候群
・心筋症の管理、治療に関する研究

研究者総覧


staff06

助教
氏名 丸山慎介 Shinsuke MARUYAMA
専門分野 神経学
研究テーマ

・West症候群の治療に関する研究
・結節性硬化症に関する病因と治療に関する研究
・抗てんかん薬の薬理作用に関する研究

研究者総覧


山﨑雄一

講師
氏名 山﨑雄一 Yuichi YAMASAKI
専門分野 膠原病学
研究テーマ ・関節型若年性特発性関節炎の長期寛解予測・治療中止基準の検討
・自己炎症性疾患の鑑別方法の検討・鑑別マーカーの検索
・家族性地中海熱におけるコルヒチン作用機序の解明

研究者総覧

 

宮園明典

助教
氏名 宮園明典 Akinori MIYAZONO
専門分野 腎臓病学
研究テーマ ・ネフローゼ症候群におけるmicroRNA増殖因子の腎足細胞機能に及ぼす影響の解析

 

 


米衛先生

助教
氏名 米衛ちひろ Chihiro YONEE
専門分野 神経学
研究テーマ Duchenne型筋ジストロフィーの長期予後に関する研究

研究者総覧

主な研究実績

Abematsu T, Nishikawa T, Nakagawa S, Kodama Y, Okamoto Y, Kawano Y. Successful Salvage of Very Early Relapse in Pediatric Acute Lymphoblastic Leukemia With Inotuzumab Ozogamicin and HLA-haploidentical Peripheral Blood Stem Cell Transplantation With Posttransplant Cyclophosphamide. J Pediatr Hematol Oncol. 2021 Jan 27. Online ahead of print.

Kawamura J, Ueno K, Taimura E, Matsuba T Imoto T, Jinguji M, Kawano Y. 18 F-FDG PET-CT for Diagnosing Prosthetic Device-Related Infection in an Infant With CHD. Front Pediatr . 2021 Mar 8;9:584741. doi: 10.3389/fped.2021.584741. eCollection 2021.

Nakamura T, Kakimoto H, Morita S, Mizota M, Iwamoto J. Subacute thyroiditis presenting with creeping in a 6-year-old boy. Clin Pediatr Endocrinol 2021;30(1):75-78. doi: 10.1297/cpe.30.75. Epub 2021 Jan 5.

Yamasaki Y, Norimoto Kobayashi, Shinji Akioka, Kazuko Yamazaki, Shunichiro Takezaki, Haruna Nakaseko, Asami Ohara, Kenichi Nishimura, Yutaka Nishida, Satoshi Sato, Takayuki Kishi, Motomu Hashimoto, Masaaki Mori, Yuka Okazaki, Masataka Kuwana, Akiko Ohta. Clinical impact of myositis-specific autoantibodies on long-term prognosis of juvenile idiopathic inflammatory myopathies: multicenter study. Rheumatology (Oxford). 2021 Feb 5;keab108. doi: 10.1093/rheumatology/keab108. Online ahead of print.

Horinouchi K, Ueno K, Nakae K, Kawamura J, Kawano Y. Successful treatment of pulmonary hypertension with unilateral absent pulmonary artery. Pediatr Int. 2020 Sep;62(9):1117-1118

Imakiire R, Nishikawa T, Tominaga H, Tawaratsumida H, Imuta N,  Koriyama T, Nishi J, Taniguchi N, Kawano Y. Bacillus Calmette-Guérin-associated cervical spondylitis in a 3-year-old immunocompetent girl. Pediatr Infect Dis J. 2020 Dec;39(12):e466-e469.doi: 10.1097/INF.0000000000002893

Kawabata T, Tenokuchi Y, Yamakuchi H, Sameshima H, Katayama H, Ota T, Tokunaga M, Takezaki T, Tamae S, Nakamura T, Chang B, Kodama Y, Imuta N, Ooka T, Okamoto Y, Suga S, Nishi J. Concurrent Bacteremia Due to Non-vaccine Serotype 24F Pneumococcus in Twins: A Rapid Increase in Serotype 24F-invasive Pneumococcal Disease and its High Invasive Potential. Pediatr Infect Dis J. 2020 Jan;39(1):85-87

Kusuda M, Hazeki D, Maruyama S, Ueno K, Kawano Y. Right-ventricular outflow tract obstruction by adrenocorticotrophic hormone therapy for infantile spasms after Norwood operation Pediatr Int. 2020 Jan;62(1):96-97

Mitsunobu T, Nishikawa T, Kusuda M, Nakagawa S, Kodama Y, Okamoto Y, Kawano Y. Brentuximab Vedotin and High-dose Methotrexate Administrated Alternately for Refractory Anaplastic Large-cell Lymphoma With Central Nervous System Disease. J Pediatr Hematol Oncol. 2020 Aug;42(6):e456-e458

Nakagawa S, Kato M, Imamura T, Imai C, Koh K, Kawano Y, Shimomura Y, Watanabe A, Kikuta A, Saito A, Horibe K, Manabe A, Ohara A, Okamoto Y. In-Hospital Management Might Reduce Induction Deaths in Pediatric Patients With Acute Lymphoblastic Leukemia: Results From a Japanese Cohort. J Pediatr Hematol Oncol. 2020 Aug 26.doi: 10.1097 /MPH. 0000000000001926. Online ahead of print.

Nishikawa T, Okamura K, Moriyama M, Watanabe K, Ibusuki A, Sameshima S, Masamoto I, Yamazaki I, Tanita K, Kanekura T, Kanegane H, Suzuki T, Kawano Y. Novel AP3B1 compound heterozygous mutations in a Japanese patient with Hermansky-Pudlak syndrome type 2. J Dermatol 2020 Feb;47(2):185-189

Okamoto Y. Acute lymphoblastic leukemia in Down syndrome. Pediatric Acute Lymphoblastic Leukemia. Kato M ed. 101-108、Springer、2020

Okamoto Y. Japan Children’s Cancer Group: International collaborations and plans. Pediatric Hematology Oncology Journal, in press, 2020

Okamoto Y, Nakazawa Y, Inoue M, Watanabe K, Goto H, Yoshida N, Noguchi M, Kikuta A, Kato K, Hashii Y, Atsuta Y, Kato M. Hematopoietic Stem Cell Transplantation in Children and Adolescents with Non-Remission Acute Lymphoblastic Leukemia. Pediat Blood Cancer, 2020 Dec;67(12):e28732

Takei S, Iwata N, Kobayashi I, Igarashi T, Yoshinaga Y, Matsubara N, Sunaga N, Ito A, Yokota S. Safety and effectiveness of adalimumab in Japanese patients with juvenile idiopathic arthritis: Results from a real-world post-marketing study. Mod Rheumatol 2020 May 18;1-10. doi: 10.1080/14397595.2020.1761075. Online ahead of print.

Ueno K, Kawamura J, Kawano Y. Letter to the Editor (Author comments) “Determining risk factors of acute kidney injury after neonatal cardiac surgery” Clin Exp Nephrol. 2020 Jul;24(7):648-649.

Ueno K, Shiokawa N, Takahashi Y, Nakae K, Kawamura J, Imoto Y, Kawano Y. Kidney Disease: Improving Global Outcomes in neonates with acute kidney injury after cardiac surgery.  Clin Exp Nephrol 2020 Feb;24(2):167-173

Yamasaki Y, Kubota T, Takei S, Imanaka H, Nonaka Y, Kawano Y. A case of cryopyrin-associated periodic fever syndrome during canakinumab administration complicated by inflammatory bowel disease. Clin Rheumatol 2020 Jul 5. doi: 10.1007/s10067-020-05267-1. Online ahead of print.

 

 

 

主な研究費取得状況

期間 / 研究者研究
 2021年度  

岡本康裕(代表)基盤研究(C)「COX-2阻害薬によるリンパ管奇形に対する新しい治療法の開発」
岡本康裕(分担)基盤研究(C)「腫瘍優先的にP53応答を引き出す小児白血病の新たな分子標的治療戦略」
根路銘安仁(代表)基盤研究(C)「多視点から明らかにする小児死亡の予防策とグリーフケアの現状課題と対策」
根路銘安仁(分担)基盤研究(C)「糖尿病患者のスキーマ変容を目指した自己管理促進プログラムの開発-離島での効果検証」
根路銘安仁(分担)基盤研究(C)「サポートファイルを活用した発達障害児の包括的・継続的支援体制の構築」
根路銘安仁(分担)基盤研究(C)「医療的ケア児支援を可能にする現職訪問看護師育成プログラムの開発」
根路銘安仁(分担)基盤研究(C)「3歳児健康診査における簡易屈折スクリーニング機器の基準確立と眼科介入効果の証明」
根路銘安仁(分担)基盤研究(C)「助産師教育における地域志向型学生育成プログラムの開発」
根路銘安仁(分担)基盤研究(C)「妊娠期からの産後うつ病・虐待予防のための支援システム開発」
西川拓朗(代表)基盤研究(C)「アクロレイン除去によるシクロフォスファミド心筋障害予防法の研究」
上野健太郎(代表)基盤研究(C)「川崎病急性期におけるHMGB-1の制御を目的とした分子標的治療の開発」
上野健太郎(分担)基盤研究(C)「小児心臓手術の人工心肺が活性化白血球を介して全身へ与える影響の分子メカニズム解明」
山﨑雄一(代表)若手研究「若年性皮膚筋炎の全国前向きコホート研究」
川村順平(代表)基盤研究(C)「フォンタン循環における肺動静脈瘻の機序解明」
中川俊輔(代表)若手研究「核小体ストレス応答を利用した革新的な小児白血病治療の開発」
宮原恵弥子(代表)若手研究「DNAアルキル化剤による肝類洞閉塞症候群(SOS)発症の機序解明とその予防」

   

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内