研究テーマ(研究室紹介)

pic01

「働く人の健康をまもる(衛)」産業保健について、科学的なエビデンス確立と実践的な社会の仕組みを提言する教室です。具体的には、健診に利用可能な新規診断法や、健診・医療連携の新しい仕組みづくりや医薬品によらない新しい介入法(特に栄養を用いた)の開発を行いたいと思います。実験的・疫学的研究で得られたエビデンスを基に、健康保持増進・疾病予防に役立つ提言を行っていきたいと思います。aa

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 健康科学専攻 Health Research Course
大講座 人間環境学 Human and Environmental Sciences
分野 衛生学・健康増進医学分野 Hygiene and Health Promotion Medicine
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~eisei001/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5291 / FAX.099-265-8434

主要研究テーマ

産業保健および環境医学 Occupational and Environmental medicine
健康科学 Health sciences
栄養と疾病予防 Nutrition and its prevention of diseases
生活習慣病・
メンタルヘルス予防戦略の構築
Proposal of preventive approaches on lifestyle diseases including mental health disorders

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 堀内正久 Masahisa HORIUCHI
専門分野 健康科学・医科栄養学
研究テーマ ・栄養と健康
・環境と生体応答
・産業保健

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 小牧祐雅 Yuga KOMAKI
専門分野 消化器内科学・産業衛生学・予防医学
研究テーマ ・炎症性腸疾患に関する予防医学

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 牛飼美晴 Miharu USHIKAI
専門分野 衛生学・実験動物学
研究テーマ ・栄養と疾患予防
・疾患発症の分子病態解析

研究者総覧 リポジトリ


主な研究業績

堀内正久
  • Horiuchi M, Kanesada H, Miyata T, Watanabe K, Nishimura A, Kokubo T, Kirisako T. Ornithine ingestion improved sleep disturbances but was not associated with correction of blood tryptophan ratio in Japanese Antarctica expedition members during summer. Nutr Res. 2013; 33(7): 557-64. doi:10.10136/j.nutres.2013.05.001.
  • Arimura E, Horiuchi M, Kawaguchi H, Miyoshi N, Aoyama K, Takeuchi T. Low-protein diet improves blood and urinary glucose levels and renal manifestations of diabetes in C57BLKS-db/db mice. Eur J Nutr. 2013; 52(2): 813-24. doi: 10.1007/s00394-012-0387-4.

牛飼美晴
  • Marchianti AC, Arimura E, Ushikai M, Horiuchi M. Voluntary exercise under a food restriction condition decreases blood branched-chain amino acid levels, in addition to improvement of glucose and lipid metabolism, in db mice, animal model of type 2 diabetes. Environ Health Prev Med. 2014; 19(5): 339-47. doi: 10.1007/s12199-014-0400-z.
  • Ushikai M, Horiuchi M, Kobayashi K, Matuda S, Inui A, Takeuchi T, Saheki T. Induction of PDK4 in the heart muscle of JVS mice, an animal model of systemic carnitine deficiency, doses not appear to reduce glucose utilization by the heart. Mol Genet Metab. 2011; 102(3)349-55. doi: 10.1016/j.ymgme.2010.11.167.
  • Ushikai M, Asakawa A, Sakoguchi T, Tanaka C, Inui A. Centrally administered urocortin 3 inhibits food intake and gastric emptying in mice. Endocrine. 2011; 39(2): 113-7. doi: 10.1007/s12020-010-9420-7.

小牧祐雅
  • Komaki Y, Kanmura S, Yutsudo K, Kuwazuru K, Komaki F, Tanaka A, Nishimata N, Sameshima Y, Sasaki F, Ohi H, Nakamura Y, Tokushige K, Sameshima Y, Ido A. Infliximab therapy intensification based on endoscopic activity is related to suppress treatment discontinuation in patients with Crohn disease: A retrospective cohort study. Medicine (Baltimore). 2021; 100(6): e24731. doi: 10.1097/MD.0000000000024731.
  • Komaki Y, Komaki F, Yamada A, Micic D, Ido A, Sakuraba A. Risk of Cancers in Patients with Pediatric Inflammatory Bowel Diseases: A Systematic Review and Meta-Analysis. J Pediatr. 2021; 229: 102-117.e36. doi: 10.1016/j.jpeds.2020.08.087.
  • 堀内正久, 沖田信夫, 牛飼美晴, 有村恵美, 小牧祐雅. メンタルヘルスケアに資する栄養学的観点. 産業医学レビュー 32(3): 181-190, 2020

主な研究費取得状況

堀内正久
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興会 科学研究費
基盤研究(C)一般、分担
平成27~平成29年度(予定)
カルニチン投与は何を起こしているのか?全身の代謝と中枢神経系におよぼす持続的効果 
日本学術振興会 科学研究費
挑戦的萌芽研究 分担
平成27~平成29年度(予定)
プロポフォール注入症候群の機序解明とカルニチンによる抑制効果
日本学術振興会 科学研究費
基盤研究(C)一般、分担
平成27年度
科学的根拠に基づく新規糖尿病網膜症栄養指導法の開発
牛飼美晴
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興会 科学研究費
基盤研究(C)一般、代表
平成24~平成26年度
シトリン欠損症における糖質摂取忌避と食欲低下の機構
日本学術振興会 科学研究費
基盤研究(C)一般、分担
平成21~平成23年度
適正体重維持とストレス応答-脳腸相関、脳脂相関、脂腸相関、三軸からのアプローチ
日本学術振興会 科学研究費
基盤研究(C)一般、分担
平成24~平成26年度
モデルマウスを用いるシトリン欠損症の治療法と発症予防法の開発
小牧祐雅
事業・種目 / 期間研究

日本学術振興会 科学研究費
若手研究
令和3~5年度

カルニチン欠乏モデルマウスにおける脂肪酸毒性評価と腸管への影響の検討

 

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内