研究テーマ(研究室紹介)

当研究室ではHIV-1やHTLV-1などのヒトレトロウイルスによる感染症の病態と治療法に関する研究、特に新規抗エイズ薬の同定と開発に関する基礎研究、成人T細胞白血病(ATL)治療薬の探索、ナノテクノロジーを応用した抗ウイルスワクチンアジュバントの開発などを行っています。さらに、HBVやHCVなどに対する抗ウイルス肝炎薬に関する研究も進行中です。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
  附属研究施設 Institute of Research
  ヒトレトロウイルス学共同研究センター Institute of Research center for Human Retrovirus Infection
分野 抗ウイルス化学療法研究分野 Division of Antiviral Chemotherapy
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ccvd/retro/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5931 / FAX.099-275-5932

主要研究テーマ

新規抗HIV-1薬の同定と開発 Identification and development of novel anti-HIV-1 agents
エイズおよびHIV-1 感染に対する遺伝子治療 Gene therapy for AIDS and HIV-1 infection
ATLの治療に関する研究 Study on anti-ATL therapy
新規抗肝炎ウイルス(HBV,HCV)薬に関する探索 Search for novel anti-hepatitis virus (HBV, HCV) agents
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関する研究 Research on severe fever with thrombocytepenia syndrome (SFTS)

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 馬場昌範 Masanori BABA
専門分野 ウイルス学、化学療法学
研究テーマ ・抗ウイルス薬に関する基礎および応用研究
・ナノテクノロジーを応用したワクチンアジュバントに関する研究
・HTLV-1およびATLに関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

准教授
氏名 岡本実佳 Mika OKAMOTO
専門分野 ウイルス学
研究テーマ ・新規抗HIV-1薬の同定と開発
・エイズおよびHIV-1 感染に対する遺伝子治療
・ATLの治療に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特任助教
氏名 外山政明 Masaaki TOYAMA
専門分野 ウイルス学
研究テーマ ・抗ウイルス薬及び抗ATL薬に関する研究
・In silico screeningを用いた薬剤候補化合物の探索

リポジトリ

主な研究実績

馬場昌範

レトロウイルス感染症の病態と治療法に関する研究において、いくつかの新規抗エイズ薬を発見し、それらを製薬企業との共同研究により、臨床試験まで導いた。また、新規生分解性ナノ粒子にワクチンのアジュバント効果があることを明らかにした(大阪大学との共同研究)。(平成14年)Thomson-Reuter HighlyCited Researcher(Microbiology category)、(平成25年)国際抗ウイルス学会賞「エリオン賞」、(平成26年)日本エイズ学会賞「シミック賞」などを受賞。


岡本実佳

主に、様々な宿主因子及びウイルス因子が関与する病態に着目して、レトロウイルス疾患の治療法の研究及び開発を行ってきた。その中で、タカラバイオ株式会社とエイズ遺伝子治療法に関する共同研究の成果は米国での臨床試験に繋がった。他、新規成人T細胞白血病治療法及びHIV-1感染細胞殺傷療法の開発研究を行い、その成果について現在、特許出願中である。上原記念生命化学財団ポストドクトラルフェローシップ受賞(平成11年)。第6回ECC山口メモリアルエイズ研究奨励賞受賞(平成17年)。


外山政明

新規候補化合物の探索に関する研究において、選択的抗ATL効果を有する新規薬剤及び新規抗HBV薬を同定することに成功した。

主な特許等

名称 / 出願番号発明者等 / 出願日
疎水化ポリ(γ-グルタミン酸)からなるナノ粒子の製造方法
特許第5131680号
明石 満、馬場昌範、赤木隆美、船木隆文、加藤真哉
2007/05/21
複素芳香族化合物を有効成分とする抗ウイルス剤
特許第5526339号
馬場昌範、橋本祐一、青山洋史、迫久美子、佐藤伸一、永井勝幸
2008/10/22
ジフェニルメタン誘導体を有効成分とする抗ウイルス剤
特許第5327744号
馬場昌範、岡本実佳、後藤志典、Mohammed Taha Ahmed Salim、橋本祐一、青山洋史、細田信之介
2009/03/13
成人T細胞白血病治療薬
特許第5516894号
(米国)US8,765,719
馬場昌範、橋本祐一
2009/08/20
疎水化ポリアミノ酸からなるポリイオンコンプレックスとその用途
特許第5522486号
(米国)US8,853,354
(中国)ZL201080014140.4
馬場昌範、宇都倫史、明石 満、赤木隆美、野崎周英、上仲一義
2010/03/26
抗HIV薬とその用途
特許第5641436号
馬場昌範、濱崎隆之
2011/02/28
抗HCV薬
特許第5672496号
馬場昌範、Mohammed Taha Ahmed Salim、下茂徹朗、武次祐樹
2011/05/09
新規ピラノンカルボキサミド誘導体及びその抗C型肝炎ウイルス薬としての用途
特願2013-148716、PCT/JP2014/068880
馬場昌範、Ashoke Sharon、Chandralata Bal、Ananada Kumar Konreddy
2013/07/17
2014/07/16(PCT)
抗B型肝炎ウイルス薬
特願2013-254236
特願2013-254238
馬場昌範、濱崎隆之、Ashoke Sharon、Chandralata Bal、Anandarajan Thiyagarajan、Mohan Kasula、
2013/12/09
成人T細胞白血病治療薬
特願2014-186177
岡本実佳、馬場昌範
2014/09/12
成人T細胞白血病治療薬
特願2014-186180
岡本実佳、馬場昌範
2014/09/12
HIV-1感染細胞殺傷剤及びその用途
特願2015-011506
岡本実佳、馬場昌範
2015/01/23
抗B型肝炎ウイルス薬
特願2015-138773
馬場昌範、外山政明
2015/07/10
HIV-1感染細胞殺傷剤及びその用途
特願2015-119111
岡本実佳、馬場昌範
2015/06/12

共同開発・研究

  1. 岡本実佳(大学側研究代表者).RNA分解酵素を発現する新規レトロウイルスベクターを用いた抗HIV-1効果の検証.タカラバイオ株式会社(平成21-27年度).
  2. 馬場昌範(大学側研究代表者).ナノ粒子を用いた免疫応答制御に関する研究.大鵬薬品工業株式会社(平成21年度).
  3. 馬場昌範(大学側研究代表者).HIV-1の遺伝子発現を標的とした新規抗ウイルス薬の開発研究.オンコリスバイオファーマ株式会社(平成24年度).
  4. 馬場昌範(大学側研究代表者).レトロウイルス検査法に関する研究.株式会社新日本科学(平成25-26年度).
  5. 馬場昌範(大学側研究代表者).新規抗ウイルス薬の創製に関する研究.オンコリスバイオファーマ株式会社(平成26-27年度).

主な研究費取得状況

馬場昌範
事業・種目 / 期間研究
科学技術振興機構
地域イノベーション創出総合支援事業
重点地域研究開発プログラム(シーズ発掘試験)
研究代表者
平成19年度
BVDV を用いた新規抗フラビウイルス薬の同定と開発
文部科学省・日本学術振興会
科学研究費補助金
基盤研究(B)(一般)
研究代表者
平成19-21年度
表面糖鎖を標的とした成人T細胞白血病に対する抗体療法に関する研究
科学技術振興機構
戦略的創造研究推進事業(研究領域)ナノ粒子を基盤した革新的製造技術の創製
分担研究者・研究代表者:明石満(大阪大学)
平成20-24年度
免疫制御能を有する高分子ナノ粒子ワクチンの製造
科学技術振興機構
地域イノベーション創出総合支援事業
重点地域研究開発プログラム(育成研究)
研究代表者
平成20-22年度
C型肝炎に対する治療薬の研究開発
科学技術振興機構
地域イノベーション創出総合支援事業
重点地域研究開発プログラム(研究開発資源活用型)
分担研究者・研究代表者:坪内博仁(鹿児島大学)
平成20-22年度
発症危険度判別による ATL発症リスク診断システムの開発(研究代表者:坪内博仁)
厚生労働科学研究費補助金
エイズ対策研究事業
分担研究者・ 研究代表者:滝口雅文(熊本大学)
平成21-23年度
難治性 HIV 感染症に対する治療法開発の基礎的研究
厚生労働科学研究費補助金
医療機器開発推進研究事業
分担研究者・ 研究代表者:隅田泰生(鹿児島大学)
平成21-23年度
シュガーチップと糖鎖固定化金ナノ粒子を用いたウイルス性疾患の超早期検査・診断法の開発
日本学術振興会・科学研究費助成事業
学術研究助成基金助成金
挑戦的萌芽研究
研究代表者
平成23-24年度
HIV 潜伏感染細胞の活性化を標的としたエイズの病態制御に関する研究
厚生労働科学研究費補助金
エイズ対策研究事業
分担研究者・研究代表者:滝口雅文(熊本大学)
平成24-26年度
HIV-1 の薬剤・免疫耐性変異獲得機序の解明と新規治療法を目指した基盤的研究
厚生労働科学研究費補助金
B型肝炎創薬実用化等研究事業/国立研究開発法人日本医療研究開発機構
感染症実用化研究事業
肝炎等克服実用化研究事業
分担研究者・研究代表者:脇田隆字(国立感染症研究所)
平成24-28年度
B型肝炎ウイルスの感染複製機構の解明に関する研究
科学技術振興機構
研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
FSステージ シーズ顕在化タイプ
研究代表者・相手方企業:オンコリスバイオファーマ株式会社
平成25年度
重症感染症ウイルス治療薬を目指した γ-カルボリン化合物の開発
日本学術振興会
科学研究費助成事業
学術研究助成基金助成金
基盤研究(C)
研究代表者
平成26-28年度
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に有効な抗ウイルス薬の探索研究
岡本実佳
事業・種目 / 期間研究
文部科学省/日本学術振興会
科学研究費補助金・ 若手研究(B)
研究代表者
平成16-18年度
HTLV-1 感染特異的神経障害機構に基づくHTLV-1 関連脊髄症発症機構の解明
文部科学省/日本学術振興会
科学研究費補助金・基盤研究(B)
分担研究者・研究代表者:出雲周二(鹿児島大学)
平成19-21年度
レトロウイルスによる神経傷害機序:HAM とエイズ脳症患者試料を用いた多角的解析
厚生労働科学研究費補助金
医療機器開発推進研究事業
分担研究者・研究代表者:隅田泰生(鹿児島大学)
平成21-23年度
シュガーチップと糖鎖固定化金ナノ粒子を用いたウイルス性疾患の超早期検査・診断法の開発
日本学術振興会
科学研究費助成事業
学術研究助成基金助成金・挑戦的萌芽研究
分担研究者・研究代表者:馬場昌範(鹿児島大学)
平成23-24年度
HIV 潜伏感染細胞の活性化を標的としたエイズの病態制御に関する研究
科学技術振興機構橋渡し研究
新規開発シーズ(シーズA)
研究代表者
平成27年度
HIV-1 慢性感染細胞を選択的に殺傷する新規薬剤の同定と開発

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内