研究テーマ(研究室紹介)

hone2020

令和2年度発足の運動器研究専門講座です。
基礎研究班(前田)は、骨・軟骨・腱enthesisの分化・再生や骨代謝疾患、そして変形性関節症について、動物モデルを駆使して現象論を展開し、そこから得た分子メカニズムの仮説をin vitroで検証するアプローチを基本として、臨床に還元する骨・関節基礎医学を目指しています。
臨床研究班(篠原)は、悪性腫瘍骨転移患者の予後予測因子検索と適切な手術療法選択に関する研究を行っています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
  寄附講座 Endowed Courses
講座 骨関節医学講座(出水市病院事業) Department of Bone and Joint Medicine (Izumi City Hospital Enterprise)

連絡先

TEL.099-275-5381 / FAX.099-265-4699

主要研究テーマ

BMP/TGF-βシグナルの骨軟骨代謝における役割 Roles of BMP/TGF-βsignaling in bone and cartilage metabolism.
腱板損傷・凍結肩の分子メカニズム解明と治療法開発 Research of molecular mechanisms and development of therapeutic approaches in rotator cuff tear or frozen shoulder.
サルコペニアの分子メカニズム解明と治療法開発 Research of molecular mechanisms and development of therapeutic approaches in sarcopenia.
悪性腫瘍骨転移患者の予後予測マーカー開発 Development of prognosis prediction marker in cases of malignant tumor bone metastasis.

スタッフ

谷口 昇

教授(兼務)
氏名 谷口 昇 Noboru TANIGUCHI
専門分野 肩関節外科、肘関節外科
研究テーマ ・肩関節変性疾患
・変形性関節症
・関節リウマチ

研究者総覧 リポジトリ


前田 真吾

特任准教授
氏名 前田 真吾 Shingo MAEDA
専門分野 骨代謝学、軟骨代謝学、分子細胞生物学 (TGF-βファミリー・シグナル)
研究テーマ ・骨芽細胞分化の選別と成熟の制御
・軟骨細胞分化成熟と変形性関節症の制御
・脊椎後縦靭帯骨化症原因候補遺伝子解析
・TGF-βファミリー・シグナル制御因子の同定と機能解析
・腱enthesisの分子制御

研究者総覧 リポジトリ


篠原 直弘

特任講師
氏名 篠原 直弘 Naohiro SHINOHARA
専門分野 骨軟部腫瘍学
研究テーマ ・悪性腫瘍骨転移患者の予後予測マーカー開発

研究者総覧 リポジトリ


主な研究実績

令和2年度以降

Yahiro Y, Maeda S (equally first, corresponding), Morikawa M, Koinuma D, Jokoji G, Ijuin T, Komiya S, Kageyama R, Miyazono K, Taniguchi N. BMP-induced Atoh8 attenuates osteoclastogenesis by suppressing Runx2 transcriptional activity and reducing the Rankl/Opg expression ratio in osteoblasts. Bone Res. 2020, 8:32.


研究費取得状況

令和2年度以降

谷口 昇
事業・種目/期間詳細
科学研究費
基盤(C)代表者
2018-2021
筋内脂肪浸潤と異所性骨化を決定するメカニズムの解明
前田 真吾
事業・種目/期間詳細
科学研究費
基盤(C)代表者
2020-2022
肩腱板enthesis再生のためのSox9/Scx標的遺伝子検索と機能解析

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内