研究テーマ(研究室紹介)

当講座では、主に膵神経内分泌腫瘍に対する予後関連マーカーの探索やCT・オクトレオスキャン等を用いた画像解析・治療予測について解析を進めています。
また、炎症性腸疾患領域において複数の治験に参加する等、他分野の協力も得ながら研究を進めています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
  寄附講座 Endowed Courses
講座 地域医療・健康医学講座 Community Medicine and Health Care

連絡先

TEL.099-275-5326 / FAX.099-264-3504

主要研究テーマ

膵神経内分泌腫瘍 (PanNEN) に対するExtraceller volume fractionを用いた予後解析 Prognostic analysis using Extraceller volume fraction for PanNEN
クローン病のインフリキシマブ効果減弱例に対する強化療法の有効性の検討 Infliximab therapy intensification based on endoscopic activity suppresses treatment discontinuation in patients with Crohn’s disease

スタッフ

staff dummy

兼任教授
氏名 井戸 章雄
専門分野 消化器病学、肝臓病学
研究テーマ ・肝再生、肝発癌、消化管粘膜の再生・修復

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特任助教
氏名 岩屋 博道
専門分野 消化器病学、胆膵内視鏡診断・治療
研究テーマ ・超音波内視鏡下穿刺吸引法 (EUS-FNA)を用いた膵癌ゲノム解析
・膵神経内分泌腫瘍の画像解析、予後関連マーカーの探索

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特任助教
氏名 小牧 祐雅
専門分野 消化器病学、炎症性腸疾患領域
研究テーマ ・炎症性腸疾患における各生物学的製剤での予後予測・解析

研究者総覧 リポジトリ


主な研究実績


岩屋 博道

Iwaya H, Hijioka S, Mizuno N, Kuwahara T, Okuno N, Tajika M, Tanaka T, Ishihara M, Hirayama Y, Onishi S, Ito A, Kuraoka N, Matsumoto S, Polmanee P, Shimizu Y, Yatabe Y, Niwa Y, Tamada K, Ido A, Hara K.
Usefulness of septal thickness measurement on endoscopic ultrasound as a predictor of malignancy of branched-duct and mixed-type intraductal papillary mucinous neoplasm of the pancreas. Dig Endosc. 31(6):672-681, 2019


小牧 祐雅

Komaki Y, Kanmura S, Sasaki F, Maeda H, Oda K, Arima S, Tanoue S, Nasu Y,Hashimoto S, Mawatari S, Tsubouchi H, Ido A.
Hepatocyte growth factor facilitates esophageal mucosal repair and inhibits the submucosal fibrosis in a rat model of esophageal ulcer.
Digestion. 99(3):227-238, 2019


主な研究費取得状況

井戸 章雄
事業・種目/期間詳細
文部科学研究費補助金 基盤研究(C) / 平成30年度~令和2年度 障害肝の修復におけるマクロファージの代謝スイッチと線維形成・吸収の制御機構の解明
新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内