研究テーマ(研究室紹介)

img 2948

 

鹿児島の心臓血管外科基幹施設、そして研究の中枢施設へ

手術手技習得、患者管理法の習得など、外科治療に関する目標のみならず学術的な目標を個々人が立てて、目標達成に向けて全員が協力しながら取り組むという姿勢が自然に根付いている講座です。心臓血管外科手術全般で豊富な症例数があり、先進的治療も積極的に取り入れています。その経験の中から生じた「臨床的に未解明な事象に対する疑問」を明らかにするための臨床研究、大規模共同研究、in vitroの研究などを行っています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学 Advanced Therapeutics Course
大講座 外科学 Surgery and Science
分野 心臓血管外科学 Cardiovascular Surgery
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~surgery2/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5368 / FAX.099-265-8177

主要研究テーマ

成人心臓血管手術における術前・術後の血小板形質の経時的変化 

重症下肢虚血患者における血管内皮細胞増殖因子、マイクロRNAおよび摘出血栓の解析 

大動脈弁狭窄症における炎症、石灰化、凝固能に関するマイクロRNA、エクソソームの解析

肝部分切除後の肝再生時の血管新生刺激因子としての血小板内のVEGF-Aの役割

Intraplatelet VEGF-A as an inducer of angiogenic phase of liver regeneration after partial hepatectomy in humans

B型大動脈解離に対する急性期、慢性期のステントグラフト治療 

先天性心疾患の外科治療 

スタッフ

staff dummy

教授
氏名

曽我 欣治 Yoshiharu SOGA

専門分野

心臓血管外科

研究テーマ

・虚血性心疾患の外科治療

・弁膜症の外科治療

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名

松本 和久 Kazuhisa MATSUMOTO

専門分野

心臓血管外科

研究テーマ

・虚血性心疾患の外科治療

・弁膜症の外科治療

研究者総覧

 


staff dummy

助教
氏名

今釜 逸美 Itsumi IMAGAMA

専門分野

末梢血管外科 

研究テーマ

・慢性下肢虚血の外科治療

研究者総覧


staff dummy

 助教
氏名

豊川 建二 Kenji TOYOKAWA

専門分野

心臓血管外科

研究テーマ

・大動脈瘤のステントグラフト治療

・大動脈弁の低侵襲治療

研究者総覧

 


staff dummy

 助教
氏名

重久 喜哉 Yoshiya SHIGEHISA

専門分野

心臓血管外科

研究テーマ

・成人先天性心疾患の外科治療

研究者総覧


staff dummy

 助教
氏名

向原 公介 Kosuke MUKAIHARA

専門分野

心臓血管外科

研究テーマ

・弁膜症の外科治療

・虚血性心疾患の外科治療

研究者総覧


staff dummy

 助教
氏名

上田 英昭 Hideaki KANDA

専門分野

心臓血管外科

研究テーマ

・弁膜症の外科治療

・虚血性心疾患の外科治療

・心臓血管外科疾患の分子生物学的検討

・動脈石灰化の分子生物学的解析

研究者総覧


staff dummy

 助教
氏名

川井田 啓介 Keisuke KAWAIDA

専門分野

血管外科

研究テーマ

・下肢血行再建

研究者総覧


staff dummy

 助教
氏名

立岡 修治 Syuji TACHIOKA

専門分野

心臓血管外科

研究テーマ

・補助循環

研究者総覧

主な研究実績 

Kosuke Mukaihara, Munekazu Yamakuchi, Hideaki Kanda, Yoshiya Shigehisa, Kenichi Arata, Kazuhisa Matsumoto, Kazunori Takenouchi, Yoko Oyama, Toyoyasu Koriyama, Teruto Hashiguchi, Yutaka Imoto: Evaluation of VEGF-A in platelet and microRNA-126 in serum after coronary artery bypass grafting. Heart and Vessels. 2021 Apr. DOI: 10.1007/s00380-021-0185-6

Itumi Imagama, Ko-ichi Kawahara, Hikari Ueno, Ikuro Maruyama, Yutaka Imoto: Protective Effects of Recombinant Human Soluble Thrombomodulin on Ischemia Reperfusion Injury of the Spinal Cord in Rabbits. Medical Jornal of Kagoshima University. March, 2021

Hideaki Kanda, Munekazu Yamakuchi, Kazuhisa Matsumoto, Kosuke Mukaihara, Yoshiya Shigehisa, Shuji Tachioka, Masashi Okawa, Kazunori Takenouchi, Yoko Oyama, Teruto Hashiguchi, Yutaka Imoto: Dynamic Changes in platelets caused by shear Stress in aortic valve stenosis. Clin Hemorheol Microcirc. 2020 Sep. 8. DOI: 10.3233/CH-200928.

山本裕之,豊川建二,川津祥和,井本 浩:弓部大動脈瘤に対するK-circuitを用いたtotal debranching TEVAR法-脳保護法-.鹿児島大学医学雑誌.8:12-16, 2020

Bibek Aryal, Munekazu Yamakuchi, Toshiaki Shimizu, Jun Kadono, Akira Furoi, Kentaro Gejima, Teruo Komokata, Chihaya Koriyama, Teruto Hashiguchi, Yutaka Imoto: Predictive Value of Diminished Serum PDGF-BB after Curative Resection of Hepatocellular Cancer. Journal of Oncology. Volume 2019, Article ID 1925315, 8pages. https:// doi.org/10. 1155/2019/1925315(Hindawi)

Bibek Aryal, Munekazu Yamakuchi, Toshiaki Shimizu, Jun Kadono, Akira Furoi, Kentaro Gejima, Kazunori Takenouchi, Teruo Komokata, Teruto Hashiguchi, and Yutaka Imoto: Bivalent property of intra-platelet VWF in liver regeneration and HCC recurrence: A prospective multicenter study. Cancer Biomarkers 26: 51-61, 2019

Bibek Aryal, Munekazu Yamakuchi, Teruto Hashiguchi, Yutaka Imoto: Intra-platelet Serotonin as a Biomarker in HCC Recurrence: When Time Matters. Journal of Cancer. 10(11): 2384-2385, 2019

井本 浩:外科治療に関連する諸問題.小児・育成循環器学.非心臓手術275-276, 2018

Bibek Aryal, Munekazu Yamakuchi, Toshiaki Shimizu, Jun Kadono, Akira Furoi, Kentaro Gejima, Teruo Komokata, Teruto Hashiguchi, Yutaka Imoto: Therapeutic implication of platelets in liver regeneration –hopes and hues. Expert Review of Gastroenterology and Hepatology (2018). https//:doi.org/10.108017474124. 20181533813

Bibek Aryal, Munekazu Yamakuchi, Toshiaki Shimizu, Jun Kadono, Akira Furoi, Kentaro Gejima, Teruo Komokata, Teruto Hashiguchi, Yutaka Imoto: Deciphering platelet kinetics in diagnostic and prognostic evaluation of hepatocellular carcinoma. Canadian Journal of Gastroenterology and Hepatology. https:// doi.org/10.1155/2018/9142672(2018)

Imoto Y, Matsuba T, Kanda H, Shigehisa Y. Post-RV-PA Conduit Repair. Adult Congenital Heart Disease. 127-141, 2017

荒田憲一:日本臨床75巻(増刊号5)動脈・静脈の疾患(上)V動脈・静脈疾患(四肢体幹)6. 急性動脈閉塞症(4)予後 450-452

Bibek Aryal, Toshiaki Shimizu, Jun Kadono, Akira Furoi, Teruo Komokata, Iwao Kitazono, Chihaya Koriyama, Munekazu Yamakuchi, Teruto Hashiguchi, Yutaka Imoto: Post-resection exhaustion of intra-platelet serotonin: Also an indicator of early hepatocellular carcinoma recurrence? Journal of Cancer. 2017; 8(19): 3984-3991

Yutaka Imoto: Surgical Treatment of Coronary Artery Anomalies. Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery. 32(2):122-128, 2016

Bibek Aryal, Toshiaki Shimizu, Jun Kadono, Akira Furoi, Teruo Komokata, Maki Inoue, Shunichiro Ikeda, Yoshihiko Fukukura, Masatoshi Nakamura, Munekazu Yamakuchi, Teruto Hashiguchi, Yutaka Imoto. A Switch in the Dynamics of Intra-Platelet VEGF-A from Cancer to the later Phase of Liver Regeneration after Partial Hepatectomy in Humans. PLOS ONE. 11(3): e0150446, 2016 Mar 1

Bibek Aryal : A Switch In The Dynamics Of Intra-platelet VEGF-A From Cancer To The Later Phase of Liver Regeneration After partial Hepatectomy in Humans. PLOS ONE. 11(3): e0150446, 2016 . (Doctor of Philosophy (PhD))

Kenichi Arata, Itsumi Imagama, Yoshiya Shigehisa, Kousuke Mukaihara, Kenji Toyokawa, Tomoyuki Matsuba, Yutaka Imoto Aortic Fenestration for Type B Chronic Aortic Dissection Complicated with Lower Limb Malperfusion Induced by Walking Exercise,Annals of Vascular Diseases (2015); 8(1) : 29-32

Kazuhisa Matsumoto, Yosuke Hisashi, and Yutaka Imoto. "Replacement of the heavily calcified ascending aorta in aortic valve replacement." Asian Cardiovascular and Thoracic Annals (2014): 23(3):349-352

共同開発・研究

・大動脈末梢動脈救急治療における医療機関連携に関する多施設観察研究

・日本人の人工弁置換術後における抗血小板療法の有効性および安全性に関する臨床研究

・透析患者の大動脈弁置換後の長期予後に関する多施設共同後ろ向き研究

分野サイト

主な研究費習得状況

日本学術振興会科学研究費 基盤研究 (C)

2020年度ー2022年度

大動脈弁狭窄症による全身血管変化の分子機序解明ーずり応力による血小板活性化の役割(研究代表者:上田 英昭)

日本学術振興会科学研究費 基盤研究 (C)

2019年度ー2021年度

小児心臓手術の人工心肺が活性化白血球を介して全身へ与える影響の分子メカニズム解明(研究代表者:井本 浩)

日本学術振興会科学研究費 若手研究

2018年度ー2020年度

大動脈弁狭窄症におけるエクソソームが石灰化、病態に与える影響の解析(研究代表者:上田 英昭)

日本学術振興会科学研究費 特別研究員奨励費

2018年4月ー2019年3月

血小板内在性VEGF-Aを分子標的とする新規大腸癌治療の臨床及び分子生物学的研究(研究代表者:ARYAL BIBEK、受入研究者:井本 浩)

日本学術振興会科学研究費 特別研究員症例費

2016年11月ー2018年3月

血小板内在性VEGF-Aを分子標的とする新規大腸癌治療の臨床及び分子生物学的研究(研究代表者:ARYAL BIBEK、受入研究者:井本 浩)

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内