研究テーマ(研究室紹介)

講座イメージ画像講座イメージ画像

沿革

昭和30年7月に皮膚泌尿器科学講座として設立、昭和40年4月に泌尿器科学講座単独となり、平成11年11月からは中川昌之教授のもと、泌尿器科学の診療、研究、教育を中心にさらなる向上を目指しています

臨床

泌尿器癌に関しては、腹腔鏡手術が積極的に導入され、副腎、腎、膀胱、前立腺の悪性腫瘍を中心に手術療法を行っています。また局所浸潤前立腺癌に対しては6ヶ月の内分泌療法と周囲脂肪織を合併切除する拡大前立腺全摘除術を施行し、再発率の低下と生命予後の延長を目指しています。早期前立腺癌の治療では密封小線源療法を行っていますが、症例数も650例を超え、前立腺全摘除術と同様の治療効果を示しています。化学療法は投与可能な分子標的薬も増え、保険適用の治療法に加えて、治験や自主研究も積極的に行っています。
腎移植は着実に件数も増加し、年間25例前後行われ、九州管内でも上位の症例件数になっています。ABO不適合症例も免疫抑制剤の進歩などにより現在では移植可能で、ABO適合例と同等の成績を残しています。
さらに当科の特徴の1つに尿道下裂、膀胱尿管逆流、先天性水腎症などの小児の症例が多いことがあげられますが、国内留学で小児泌尿器科を修練した医局員を中心に治療にあたっています。
血液浄化療法も当科で担当しており、他科疾患で入院中の慢性腎不全患者に対する維持血液透析のみならず、血液吸着、血漿交換などの治療法も駆使し、各科と連携を取りながら日夜努力しております。

研究

当分野では、エピジェネティックな遺伝子発現調節機構に注目しており、マイクロRNAや遺伝子メチル化による分子ネットワークを介した3大泌尿器癌(腎癌、尿路上皮癌、前立腺癌)の発癌、癌進展機序の解明に取り組んでいます。またAcellular Matrix Graftによる膀胱、尿管の再生医療の研究やキノロン耐性大腸菌の抗菌薬耐性機序の研究なども行っています。海外留学は推奨されており、これまでに5名が海外留学を経験し、業績をあげております。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 腫瘍学 Oncology
分野 臨泌尿器科学 Urology
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~urology/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5395 / FAX.099-275-6637

主要研究テーマ

マイクロRNA機能を起点とした泌尿器癌の発生・浸潤・転移機構の解明 Study on the mechanism of tumorigenesis, invasion, and metastasis of urologic cancers on the basis of microRNA function
泌尿器癌における分子標的薬耐性のメカニズム解明 Study on the mechanism of molecular targeting agent resistance in urologic cancers
無細胞化組織片を用いた膀胱の再建・再生の研究 Study on regenerative medicine of the bladder using acellular matrix
尿路感染症における薬剤耐性機構の解明 Study on the mechanism of drug resistance in urinary tract infection

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 中川昌之 Masayuki NAKAGAWA
専門分野 泌尿器癌
研究テーマ ・泌尿器癌進展におけるマイクロRNAの機能の解明
・泌尿器癌における分子標的薬耐性のメカニズム解明

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

准教授
氏名 榎田英樹 Hideki ENOKIDA
専門分野 泌尿器癌、ロボット手術、内視鏡手術
研究テーマ ・泌尿器癌におけるマイクロRNAの機能の解明
・Acelular matrix graftを用いた膀胱・尿管再生

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 山田保俊 Yasutoshi YAMADA
専門分野 腎移植
研究テーマ ・腎移植の効果的な啓発・普及
・腎移植後の線維化のメカニズム

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 鑪野秀一 Shuichi TATARANO
専門分野 泌尿器癌、泌尿器内視鏡手術、ロボット手術、腎移植
研究テーマ ・泌尿器癌におけるマイクロRNAの機能の解明

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 吉野裕史 Hirofumi YOSHINO
専門分野 泌尿器癌、泌尿器内視鏡手術
研究テーマ ・泌尿器癌におけるエクソソームと癌代謝のメカニズムの解明

研究者総覧 リポジトリ

主な特許等(出願中も含む)

名称 / 出願日 マイクロRNA発現プロファイリングに基づく膀胱癌の検出方法 / H27.3.6
発明者等、出願番号 中川昌之(鹿児島大学)、関直彦(千葉大学) / 5704575号、5704576号
名称 / 出願日 miRNA発現プロファイリングに基づく尿路上皮癌の検出方法 / H28.2.19
発明者等、出願番号 中川昌之、榎田英樹(鹿児島大学)、関直彦(千葉大学) / 5884219号
名称 / 出願日 制癌剤  / H5.3.4
発明者等、出願番号 中川昌之 他4名  / 平5-16411
名称 / 出願日 セルソーティングを用いた尿中マイクロRNAに基づく尿路上皮膚癌の検出方法/H28.10.11
発明者等、出願番号 吉野裕史、榎田英樹、中川昌之(鹿児島大学)  / 平28-199849

主な研究費取得状況

中川昌之
事業・種目 / 期間 科研費助成事業 基盤研究(C) / 2019.4.1~2022.3.31
研究 多面的アプローチによる尿路上皮癌における抗癌剤耐性機序の解明
榎田英樹
事業・種目 / 期間 科研費助成事業 基盤研究(B) / 2017.4.1~2020.3.31
研究 ゲノム編集技術による癌促進型マイクロRNAの機能解析と革新的膀胱癌治療法の開発
山田保俊
事業・種目 / 期間 科研費助成事業 基盤研究(C) / 2018.4.1~2021.3.31
研究 高分子ナノミセルに搭載した癌抑制マイクロRNAによる膀胱癌の新規核酸医薬の開発
吉野裕史
事業・種目 / 期間 科研費助成事業 基盤研究(C)/ 2019.4.1~2022.3.31
研究 ユビキチンプロテアソーム経路を標的とした進行性腎細胞癌に対する新規治療戦略の構築
坂口大
事業・種目 / 期間 科研費助成事業 若手研究 / 2019.4.1~2021.3.31
研究 治療抵抗性腎癌におけるブロモドメイン蛋白による制癌機序の解明
米森雅也
事業・種目 / 期間 科研費助成事業 若手研究 / 2019.4.1~2021.3.31
研究 多面的アプローチによる膀胱癌のGCプライマリレジスタンスを予測するマーカーの開発
大迫洋一
事業・種目 / 期間 科研費助成事業 若手研究 / 2020.4.1~2022.3.31
研究 セリン合成経路を標的とした新規膀胱癌治療の可能性とその発現機構の解明

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内