研究テーマ(研究室紹介)

pic01歯科保存学分野ではこれまで、抗菌性レジンの開発、新規漂白剤の検討、根面う蝕抑制作用を有する歯磨剤の臨床研究、3Dプリンターの寸法精度などを報告している。
最近では、抗MMPs活性を有する接着システムの開発や新規覆髄剤の開発、歯質接着分野へのナノテクノロジーの応用、コンポジットレジンの色調研究、グラスアイオノマーセメントの臨床研究、MTAの臨床応用など積極的に研究活動を行っている。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Developmental Therapeutis Course
大講座 顎顔面機能再建学 Oral and Maxillofacial Rehabilitation
分野 歯科保存学 Restorative Dentistry and Endodontology
分野サイト  

分野ページ

連絡先

TEL.099-275-6192 / FAX.099-275-6192

主要研究テーマ

歯質と修復用レジンの接着 A study on the dental adhesives
象牙質再生療法の開発 Development of dentin regeneration and reconstruction therapy
新規覆髄材の開発・臨床研究  
ハイドロキシアパタイト等を用いた接着耐久性の向上  
歯髄細胞の炎症治療に関わる因子の分子生物学的研究  
MTAを用いた歯牙保存の臨床応用 The clinical application of dental preservation using MTA
根面う蝕抑制作用を持つ歯磨剤の臨床研究  
グラスアイオノマー臨床研究  

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 西谷佳浩 Yoshihiro NISHITANI
専門分野 保存修復学、歯内治療学、再生歯科医学、
歯科審美学、歯科理工学
研究テーマ ・象牙質歯髄複合体の再生メカニズムの解明と象牙質再生療法の開発
・歯科高分子材料の歯質との接着機構の解明

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 星加知宏 Tomohiro HOSHIKA
専門分野 保存修復学、歯内治療学
研究テーマ ・ハイドロキシアパタイトとコラーゲン架橋剤等を用いた接着界面耐久性向上の研究
・歯科高分子材料の歯質との接着機構の解明
・歯科用3Dによる寸法

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 達山祥子 Shoko TATSUYAMA
専門分野 保存修復学、歯内治療学
研究テーマ ・歯の硬組織再生を誘導する新規材料の分子生物学的研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 西谷登美子 Tomiko NISHITANI
専門分野 保存修復学、歯内治療学
研究テーマ ・歯質とレジンの接着に関する研究
・抗がん剤の副作用による嚥下障害とその改善

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 髙裕子 Yuko TAKASHI
専門分野 保存修復学、歯内治療学
研究テーマ ・がん細胞由来細胞を用いた薬物耐性機構の解明

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 伊藤誠之 Masayuki ITO
専門分野 保存修復学、歯内治療学
研究テーマ ・コンポジットレジンのカメレオン効果の検証
・新規グラスアイオノマーセメントによる根面う蝕修復の予後評価

研究者総覧 リポジトリ


主な研究実績

 

  • 井波千鶴,岩崎小百合,西谷佳浩,伊津野真一.トリブチルボランを重合開始剤とする新規レジン複合型mineral trioxide aggregate(MTA)系材料の辺縁封鎖性に関する検討.日本歯科保存学雑誌.63(1): 52-60, 2020.2.29
  • 西谷佳浩,星加知宏:接着技術を応用した歯内治療関連材料開発への取り組みについて,日本歯内療法学会雑誌,40巻2号:76-79,2019.6.15
  • 勝俣愛一郎,西谷佳浩.根管治療と外科的歯内療法.鹿児島県歯科医師会報TEETHFUL.vol.146 no.725:9-11,2019.9.6(査読なし)
  • Hosaka K, Tichy A, Ikeda M, Nakagawa K, Sadr A, Tagami J, Takahashi M, Sato K, Nishitani Y, Klein-Junior CA, Pashley DH, Nakajima M. Ultra-high-speed videography of resin-dentin interface failure dynamics under tensile load. Dent Mater. 2019 Jul;35(7):e153-e161. doi: 10.1016/j.dental.2019.04.006. Epub 2019 May 9.
  • Yamashita T, Kawada-Matsuo M, Katsumata T, Watanabe A, Oogai Y, Nishitani Y, Miyawaki S, Komatsuzawa H. Antibacterial activity of disodium succinoyl glycyrrhetinate, a derivative of glycyrrhetinic acid against Streptococcus mutans.Microbiol Immunol. 2019 Jul;63(7):251-260. doi: 10.1111/1348-0421.12717. Epub 2019 Jun 29
  • Tomita K,Takashi Y, Ouchi U, Kuwahara Y,Igarashi K, Nagasawa T, Nabika H, Kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T. Lipid peroxidation increases hydrogen peroxide permeability leading to cell death in cancer cell lines that lack mtDNA. Cancer Sci 110(9) 2856-2866 2019.7.17 (equally contribute)
  • Chidzuru Inami, Yoshihiro Nishitani, Naoki Haraguchi, Shinichi Itsuno.Evaluation of the Solubility, Calcium-Release Ability, and Apatite-Forming Ability of a Novel Chemically Curable Mineral Trioxide Aggregate Material.Journal of Hard Tissue Biology 28(3)273-280; 2019.7.31
  • 保坂啓一,米倉和秀,田口啓太,アントニーンティヒー,久野裕介,永野大樹,荒岡大輔,畑山貴志,佐藤健人,高橋真広,西谷佳浩,池田正臣,中島正俊,田上順次.タッチキュアがセルフエッチシステムの深部根管壁象牙質接着性能に及ぼす効果. 日本歯科保存学雑誌.62(1): 39-46, 2019.2.28
  • 星加 知宏, 勝俣 愛一郎, 丁 群展, 西谷 登美子, 髙 裕子, 勝俣 環, 根本 章, 伊藤 誠之, 岩田 知幸, 林 宏昌, 永山 雅大, 永山 祥子, 西谷 佳浩.新規覆髄剤の細胞増殖ならびに象牙質剪断接着強さへの影響について.日本歯科保存学雑誌.62(4): 208-214, 2019.8.31
  • Yuko T, Kazuo T, Yoshikazu K, Akihiro K, Manabu F, Yoshihiro N, Tomoaki S. Oxidative stress sensitivity of cancer cells could be altered by plasma membrane status. ATLAS of Science; 2018.3.19
  • Yamamoto K, Yamaguchi S, Matsushita T, Mori S, Hirata A, Kato-Kogoe N, Nakano H, Nakajima Y, Nishitani Y, Nagatsuka H, Ueno T. Osteogenic capacity of mixed-acid and heat-treated titanium mesh prepared by a selective laser melting technique. RSC Advances; 2018.7.11
  • Yuko Takashi, Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Hideki Nabika, Kento Igarashi, Taisuke Nagasawa, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato. Data on the aquaporin gene expression differences among ρ0,clinically relevant radioresistant, and the parental cells of humancervical cancer and human tongue squamous cell carcinoma. Data in Brief 20(2018)402-410; 2018.8.20
  • Tomita K, Kuwahara Y, Takashi Y, Igarashi K, Nagasawa T, Nabika H, Kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T. Clinically relevant radioresistant cells exhibit resistance to H2O2 by decreasing internal H2O2 and lipid peroxidation. Tumor Biology; 2018.09.07
  • Kazuo Tomita, Yoshikazu Kuwahara, Yuko Takashi, Takao Tsukahara, Akihiro Kurimasa, Manabu Fukumoto, Yoshihiro Nishitani, Tomoaki Sato. Sensitivity of Mitochondrial DNA Depleted ρ0 Cells to H2O2 Depends on the Plasma Membrane Status. Biochemical and Biophysical Research Communications. 490(2) 330-335, 2017.6.13 (IF2.466)
  • 分担執筆 西谷佳浩 星加知宏,他 23名: MUST OF INITIAL TREATMENT 第4章 03)密着性シーラーと接着性シーラー, 144-147,株式会社デンタルダイヤモンド社, 2018.9.1
  • 分担執筆 西谷佳浩 星加知宏,他 85名: 保存修復学21 第5版、第8章 コンポジットレジン修復 4)臨床上の注意点, 170-172,株式会社永末書店, 2017.3.7
  • 分担執筆 西谷佳浩 星加知宏,他 89名: 保存修復学専門用語集 第2版,日本歯科保存学会, 医歯薬出版株式会社 , 2017.3.25.
  • Aiichiro KATSUMATA, Tamaki KATSUMATA, Shuhei HOSHIKA, Tomohiro HOSHIKA, Tomiko NISHITANI, Takehiro YAJIMA, Tadasu SATO, Hiroyuki ICHIKAWA, Hidehiko SANO, and Yoshihiro NISHITANI. Dentin Bond Strength of the Universal Adhesives using the Colloidal Platinum Nanoparticles. Journal of Oral Tissue Engineering. 15(1), 11-17, 2017
  • Aiichiro KATSUMATA, Pipop SAIKAEW, Shihchun Ting, Tamaki KATSUMATA, Tomohiro HOSHIKA, Hidehiko SANO, Yoshihiro NISHITANI. Microtensile Bond Strength Bonded to Dentin of a Newly Universal Adhesive. Journal of Oral Tissue Engineering. 15(1), 18-24, 2017

  • Sato K, Hosaka K, Takahashi M, Ikeda M, Tian F, Komada W, Nakajima M, Foxton R, Nishitani Y, Pashley DH, Tagami J. Dentin Bonding Durability of Two-step Self-etch Adhesives with improved of Degree of Conversion of Adhesive Resins. J Adhes Dent 2017; 19(1): 31-37.
  • 清水裕久,星加知宏,西谷佳浩,吉山昌宏. 各種象牙質知覚過敏抑制材の象牙細管封鎖性について 象牙質および外来刺激が及ぼす影響の検討. 日本歯科保存学雑誌.59(3): 249-258, 2016.

  • Tseng YC, Ting CC, Du JK, Chen CM, Wu JH, Chen HS: Insertion torque, resonance frequency, and removal torque analysis of microimplants. Kaohsiung J Med Sci. 2016 Sep;32(9):469-74. doi: 10.1016/j.kjms.2016.07.007.

  • Hoshika T, Nishitani Y, Takahashi K, Ogata H, Ohara N, Kajihara T, Yoshiyama M. Mineralization of resin using experimental adhesives. Journal of Oral Tissue Engineering 2015;13(2) :85-95

主な研究費取得状況

西谷佳浩
事業・種目 / 期間研究
科学研究費
基盤研究(C)
平成25~27年
象牙質内因性マトリックスメタロプロテアーゼ活性を抑制する接着修復法の開発
科学研究費
基盤研究(A)
平成25~27年
歯質表面損失症候群の診断法の確立と接着技法を応用した治療法の開発
科学研究費
基盤研究(C)
平成29~31年
接着性覆髄剤を応用した新たなコンポジットレジン修復法の開発
星加知宏
事業・種目 / 期間研究
科学研究費
若手研究(B)
平成27~29年
MMP活性抑制剤を配合した新規接着剤の研究
髙裕子
事業・種目 / 期間研究
科学研究費
基盤研究(C)
平成30~令和元年
放射線耐性は膜の状態によって規定されるか?-臨床的治療耐性細胞によるアプローチ-

分野ページ

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内