研究テーマ(研究室紹介)

講座イメージ画像

歯科材料や歯科機器は、今日の歯科医療に不可欠であり、それらの進歩が歯科医療の進歩を支えていると言っても過言ではありません。
当分野は、歯科医療で用いられる様々な材料や機器に関する基礎研究と教育を通して歯科医療へ貢献することを目指しています。特に、歯科用CAD/CAMシステムやCAD/CAM用材料、インプラント材料、骨代替材料など、先進歯科治療に資する先端機材に関する研究に力を入れています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutic Course
大講座 顎顔面機能再建学講座 Field of Oral and Maxillofacial Rehabilitation
分野 歯科生体材料学分野 Department of Biomaterials Science
分野サイト http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/admission/overview/about/organization/biomate.html

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-6172

主要研究テーマ

次世代歯科用CAD/CAMシステムの開発 Development of the next-generation dental CAD/CAM systems
CAD/CAM用歯科材料の開発と評価 Development and evaluation of dental materials for dental CAD/CAM systems
バイオセラミックスの開発と評価 Development and evaluation of bioceramics
インプラント材料の開発と評価 Development and evaluation of implant materials
骨代替材料の開発 Development of bone substitute materials
バイオセラミックを用いたDDSの開発 Development of drug delivery system using bioceramics

スタッフ

菊地聖史 Masafumi KIKUCHI

教授
氏名 菊地聖史 Masafumi KIKUCHI
専門分野 歯科生体材料学、歯科理工学
研究テーマ ・歯科用CAD/CAMシステム
・CAD/CAM用材料

研究者総覧 リポジトリ


河野博史 Hiroshi KONO

講師
氏名 河野博史 Hiroshi KONO
専門分野 歯科生体材料学、歯科理工学
研究テーマ ・歯科用ジルコニア
・リン酸カルシウム質生体材料

研究者総覧 リポジトリ


 pic.jpg

助教
氏名 大塚裕太 Yuta OTSUKA
専門分野 歯科生体材料学、歯科理工学
研究テーマ ・骨代替材料
・バイオセラミックスを用いたドラッグデリバリーシステム
・ケモメトリックス

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

菊地聖史
  • Takahashi M, Kikuchi M, Takada Y. Grindability of Ti−Nb−Cu alloys for dental machining application. Metals. 2022; 12(5).
  • Kono H, Kikuchi M.  Analysis of orthodontic wire springback to simplify wire bending. Orthodontic Waves. 2020; 79(1): 57-63.
  • Arikawa H, Minesaki Y, Muraguchi K, Kono H. Kikuchi M. Thermochromism of restorative composite resins. Dent Mater J.2019; 38(2): 329-36.
  • Takahashi M, Kikuchi M, Takada Y. Mechanical properties and microstructures of dental cast Ti-6Nb-4Cu, Ti-18Nb-2Cu, and Ti-24Nb-1Cu alloys. Dent Mater J 35(4): 564-70.
  • Takahashi M, Kikuchi M, Takada Y. Mechanical properties of dental Ti-Ag alloys with 22.5, 25, 27.5, and 30 mass% Ag. Dent Mater J.2015; 34(4): 503-7.
  • Miyawaki S, Tomonari H, Yagi T, Kunirori T, Oga Y, Kikuchi M. Development of a novel spike-like auxiliary skeletal anchorage device to enhance miniscrew stability. Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2015; 148(2) 338-44.
  • Inagaki R, Kikuchi M, Takahashi M, Takada Y, Sasaki K. Machinability of an experimental Ti-Ag alloy in terms of tool life in a dental CAD/CAM system. Dent Mater J. 2015; 34(5): 679-85.
  • Nakajo K, Takahashi M, Kikuchi M, Takada Y, Okuno O, Sasaki K, Takahashi N. Inhibitory effect of Ti-Ag alloy on artificial biofilm formation. Dent Mater J. 2014; 33(3): 389-93.
  • Kikuchi M et al. Geometric design method for occlusal outlines of complex class I and class II inlay cavities. Dent Mater J. 2011; 30(5): 648-54.
  • Kikuchi M. Geometric design method for class I inlay cavity. Dent Mater J. 2010; 29(6): 637-41.
  • Kikuchi M. The use of cutting temperature to evaluate the machinability of titanium alloys. Acta Biomater. 2009; 5(2): 770-5.

河野博史
  • Kono H et al. Bioactive apatite coating on titanium using an alternate soaking process. Dent Mater J. 2007; 26(2):186-93.
  • Kono H et al. Relationship between firing temperature and mechanical properties of zirconia. Archives of BioCeramics Res. 2010; 10: 98-101.
  • Kono H et al. An Analysis of Background Factors Influencing Selection of Residency Facility for Dental Students in Universities Located in Rural Areas in Japan. Open Dent J. 2015; 9:159-67.

大塚裕太
  • Otsuka Y et al. Effect of carbon dioxide on self-setting apatite cement formation from tetracalcium phosphate and dicalcium phosphate dihydrate;
    ATR-IR and chemoinformatics analysis. Collo Poly Sci. 2015; 293(10): 2781-2788.
  • Otsuka Y et al. Effect of amino acid on calcium phosphate phase transformation: Attenuated total reflectance-infrared spectroscopy and chemometrics. Collo Poly Sci. 2019; 297(1): 155-163.
  • Ito A, Otsuka Y et al. Mechanochemical synthesis of chloroapatite and its characterization by powder X-ray diffractometory and attenuated total reflection-infrared spectroscopy. Collo Poly Sci. 2017; 295(10): 2011-2018.

主な研究費取得状況

菊地聖史
事業・種目 / 期間研究
基盤研究(C)研究代表者
2022年度~2025年度
医療DXに向けた歯科治療ロボットシステムの構築と評価
基盤研究(C)研究代表者
2019年度~2022年度
Software-Defined Dentistryに向けた歯科治療ロボット開発
基盤研究(C)研究代表者
2015年度~2017年度
歯科CAD/CAMシステムのフルデジタル化
―特に形成の自動化について―

河野博史
事業・種目 / 期間研究
基盤研究(C)研究代表者
2022年度~2025年度
ランタノイド錯体による持続的抗菌性を付与した高透光性ジルコニアの開発
基盤研究(C)研究代表者
2016年度~2019年度
バイオミメティクスに基づく高機能ジルコニアインプラントの開発
基盤研究(C)研究代表者
2012年度~2015年度
骨再生誘導能を付与したジルコニアインプラント体の創出

 大塚裕太
 事業・種目 / 期間研究 研究
若手研究 研究代表者
2020年度~2023年度
医薬品情報と分子科学情報に基づく機械学習を用いた深共晶探索法の開発と製剤化
研究活動スタート支援 研究代表者
2019年度~2020年度
共結晶化による製剤物性向上を目的とした医薬品情報からの共結晶探索法の研究

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内