研究テーマ(研究室紹介)

分野イメージ

当分野では、(1)重要臓器(脳および腹腔内臓器)酸素化状態を無侵襲的かつ連続的に検出するための光(近赤外線)を用いた新たな測定法の開発とその応用。
(2)脳蘇生の指標としての近赤外線分光法の有用性の検討。
(3)敗血症性ショックの病態解析と治療戦略 (薬物療法とメディエータ制御)の研究。等に関して、基礎・臨床の両面から研究を行っています。
また、国内・外の施設と協力して共同研究を行っています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 生体機能制御学 Functional Biology and Pharmacology
分野 救急・集中治療医学 Emergency and Intensive Care Medicine
分野サイト https://com.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~icu/ 

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5646 / FAX.099-275-5654

主要研究テーマ

光を用いた無侵襲的脳(および腹腔内臓器)酸素化状態モニタリング法の開発研究 Developmental research of non-invasive monitoring system for cerebral oxygenation with near infrared spectroscopy
近赤外線分光法と蘇生率との関係に関する検討 Research for near infrared spectroscopy monitoring in resuscitation
敗血症の病態解析と治療戦略 (薬物療法とメディエータ制御) Pathophysiological analysis and treatment strategy in septic shock (drug intervention and control of mediators)
   

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 垣花泰之 Yasuyuki KAKIHANA
専門分野 光を用いた脳酸素化状態モニタリング
研究テーマ ・光を用いた無侵襲的脳(および腹腔内臓器)酸素化状態モニタリング法の開発研究
・近赤外線分光法と蘇生率との関係に関する検討
・敗血症の病態解析と治療戦略 (薬物療法とメディエータ制御)

研究者総覧 リポジトリ


准教授(病院籍)

氏名 新山修平  Shuuhei NIIYAMA
専門分野 麻酔学, 救急・集中治療医学
研究テーマ ・敗血症および敗血症関連脳症

研究者総覧 リポジトリ


講師(病院籍)

氏名 安田智嗣 Tomotsugu YASUDA
専門分野 麻酔学, 救急・集中治療医学
研究テーマ ・光を用いた無侵襲的脳(および腹腔内臓器)酸素化状態モニタリング法の開発研究
・敗血症の病態解析と治療戦略 (薬物療法とメディエータ制御)

研究者総覧 リポジトリ


助教(病院籍)

氏名 二木貴弘 Takahiro FUTATSUKI
専門分野  麻酔学, 救急・集中治療医学
研究テーマ ・炎症と血栓形成のクロストーク

研究者総覧


特任助教(病院籍)

氏名 古別府裕明 Hiroaki FURUBEPPU
専門分野  総合診療医学, 救急医学
研究テーマ ・虚血再灌流障害の病態解析

研究者綜覧


特任助教(病院籍)

氏名 江口智洋 Tomohiro EGUCHI
専門分野 救急・集中治療医学
研究テーマ ・近赤外線分光法と蘇生時との関係に関する検討

研究者綜覧


特任助教(病院籍)

氏名 中弁護 Bengo ATARI
専門分野 救急・集中治療医学
研究テーマ ・血小板輸血の臨床判断を補助するための多角的止血機能評価法の構築

研究者綜覧


医員(病院籍)

氏名 政所祐太郎 Yutaro MADOKORO
専門分野 救急・集中治療医学
研究テーマ ・敗血症におけるテトラヒドロビオクラリル

研究者綜覧


特任助教

氏名 上國料千夏 Chinatsu KAMIKOKURYO
専門分野 敗血症の病態解析
研究テーマ ・DAMPsの作用機序

研究者総覧


特任講師(奄美プロジェクト)

氏名 望月礼子 Reiko MOCHIZUKI
専門分野 救急 災害医療 医学教育 

 


主な研究実績

主な論文(2014年度~)

2019
    1. Miyamoto S, Ito T, Terada S, Eguchi T, Furubeppu H, Kawamura H, Yasuda T, Kakihana Y. Fulminant myocarditis associated with severe fever with thrombocytopenia syndrome: a case report. BMC Infect Dis. 2019 Mar 18;19(1):266.
    2. Yokoyama Y, Ito T, Yasuda T, Furubeppu H, Kamikokuryo C, Yamada S, Maruyama I, Kakihana Y. Circulating histone H3 levels in septic patients are associated with coagulopathy, multiple organ failure, and death: a single-center observational study. Thromb J. 2019 Jan 14;17:1.
    3. 垣花泰之. 【血圧】臓器から見る血圧 腸管. LiSA 別冊 2019;(19)71-75.
2018
    1. Ito T, Nakahara M, Masuda Y, Ono S, Yamada S, Ishikura H, Imaizumi H, Kamikokuryo C, Kakihana Y, Maruyama I. Circulating histone H3 levels are increased in septic mice in a neutrophil-dependent manner: preclinical evaluation of a novel sandwich ELISA for histone H3. J Intensive Care. 2018 Nov 26;6:79.
    2. Arishima T, Ito T, Yasuda T, Yashima N, Furubeppu H, Kamikokuryo C, Futatsuki T, Madokoro Y, Miyamoto S, Eguchi T, Haraura H, Maruyama I, Kakihana Y. Circulating activated protein C levels are not increased in septic patients treated with recombinant human soluble thrombomodulin. Thromb J. 2018 Sep 28;16:24.
    3. Kakihana Y, Kamikokuryo C, Furubeppu H, Madokoro Y, Futatsuki T, Miyamoto S, Haraura H, Hatanaka K, Eguchi T, Saitoh Y, Miura N, Suzuki H, Ueda Y, Yasuda T, Ito T. Monitoring of Brain Oxygenation During and After Cardiopulmonary Resuscitation: A Prospective Porcine Study. Adv Exp Med Biol. 2018;1072:83-87.
    4. Nishida O, Ogura H, Egi M, Fujishima S, Hayashi Y, Iba T, Imaizumi H, Inoue S, Kakihana Y, Kotani J, Kushimoto S, Masuda Y, Matsuda N, Matsushima A, Nakada TA, Nakagawa S, Nunomiya S, Sadahiro T, Shime N, Yatabe T, Hara Y, Hayashida K, Kondo Y, Sumi Y, Yasuda H, Aoyama K, Azuhata T, Doi K, Doi M, Fujimura N, Fuke R, Fukuda T, Goto K, Hasegawa R, Hashimoto S, Hatakeyama J, Hayakawa M, Hifumi T, Higashibeppu N, Hirai K, Hirose T, Ide K, Kaizuka Y, Kan'o T, Kawasaki T, Kuroda H, Matsuda A, Matsumoto S, Nagae M, Onodera M, Ohnuma T, Oshima K, Saito N, Sakamoto S, Sakuraya M, Sasano M, Sato N, Sawamura A, Shimizu K, Shirai K, Takei T, Takeuchi M, Takimoto K, Taniguchi T, Tatsumi H, Tsuruta R, Yama N, Yamakawa K, Yamashita C, Yamashita K, Yoshida T, Tanaka H, Oda S.The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2016 (J-SSCG 2016).Acute Med Surg. 2018 Feb 5;5(1):3-89.
    5. Nishida O, Ogura H, Egi M, Fujishima S, Hayashi Y, Iba T, Imaizumi H, Inoue S, Kakihana Y, Kotani J, Kushimoto S, Masuda Y, Matsuda N, Matsushima A, Nakada TA, Nakagawa S, Nunomiya S, Sadahiro T, Shime N, Yatabe T, Hara Y, Hayashida K, Kondo Y, Sumi Y, Yasuda H, Aoyama K, Azuhata T, Doi K, Doi M, Fujimura N, Fuke R, Fukuda T, Goto K, Hasegawa R, Hashimoto S, Hatakeyama J, Hayakawa M, Hifumi T, Higashibeppu N, Hirai K, Hirose T, Ide K, Kaizuka Y, Kan'o T, Kawasaki T, Kuroda H, Matsuda A, Matsumoto S, Nagae M, Onodera M, Ohnuma T, Oshima K, Saito N, Sakamoto S, Sakuraya M, Sasano M, Sato N, Sawamura A, Shimizu K, Shirai K, Takei T, Takeuchi M, Takimoto K, Taniguchi T, Tatsumi H, Tsuruta R, Yama N, Yamakawa K, Yamashita C, Yamashita K, Yoshida T, Tanaka H, Oda S.The Japanese Clinical Practice Guidelines for Management of Sepsis and Septic Shock 2016 (J-SSCG 2016).J Intensive Care. 2018 Feb 2;6:7.
    6. Futatsuki T, Yamashita A, Ikbar KN, Yamanaka A, Arita K, Kakihana Y, Kuwaki T.Involvement of orexin neurons in fasting- and central adenosine-induced hypothermia.Sci Rep. 2018 Feb 9;8(1):2717.
    7. 宮本昇太郎,垣花泰之.【エキスパートに学ぶSepsis敗血症バンドル】 Q&A トピックス編 敗血症ホットライン 敗血症に対するステロイド療法.救急・集中治療 2018;30(5)820-824.
    8. 政所祐太郎,垣花泰之.【理解を深めよう! ICUでよくみるおもな疾患・病態】.Clinical Engineering 2018;30(1)16-21.
    9. 宮本昇太郎,寺田晋作,上國料千夏,伊藤隆史,中村隼人,谷口淳一郎,松葉智之,垣花泰之.ヘパリン起因性血小板減少症の1症例を振り返り、早期診断の可能性を探る.日本集中治療医学会雑誌 2018;25(4)259-260.
    10. 中村隼人,川村英樹,寺田晋作,二木貴弘,谷口淳一郎,柳元孝介,安田智嗣,垣花泰之.急性呼吸促迫症候群を呈したヒト・メタニューモウイルス感染症の一例.日本集中治療医学会雑誌 2018;25(2)139-140.
    11. 垣花泰之.循環器救急の最前線-初期診療と循環管理を極める】循環管理を要する特殊病態へのアプローチ 敗血症 敗血症性ショックの病態と循環管理のポイント.循環器ジャーナル 2018;66(4)660-666.
    12. 政所祐太郎,安田智嗣,二木貴弘,宮本昇太郎,江口智洋,寺田晋作,谷口淳一郎,垣花泰之.小児劇症型心筋炎に対するVA-ECMO早期導入と下肢虚血予防の工夫.日本集中治療医学会雑誌 2018;25(5)383-388.
    13. 西田 修, 小倉 裕司, 井上 茂亮, 射場 敏明, 今泉 均, 江木 盛時, 垣花 泰之, 久志本 成樹, 小谷 穣治, 貞広 智仁, 志馬 伸朗, 中川 聡, 中田 孝明, 布宮 伸, 林 淑朗, 藤島 清太郎, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 織田 成人, 田中 裕, 近藤 豊, 坂本 壮, 櫻谷 正明, 原 嘉孝, 福田 龍将, 安田 英人, 矢田部 智昭, 山川 一馬, 山下 和人.日本版敗血症診療ガイドライン2016の使用に関する実態調査報告.日本集中治療医学会雑誌 2018;25(4) 271-277.
    14. 垣花泰之.集中治療管理 心臓・大血管術後管理.集中治療医学レビュー.2018;(2018-19)32-37.
    15. 西田 修, 小倉 裕司, 井上 茂亮, 射場 敏明, 今泉 均, 江木 盛時, 垣花 泰之, 久志本 成樹, 小谷 穣治, 貞広 智仁, 志馬 伸朗, 中川 聡, 中田 孝明, 布宮 伸, 林 淑朗, 藤島 清太郎, 升田 好樹, 松嶋 麻子, 松田 直之, 織田 成人, 田中 裕, 近藤 豊, 坂本 壮, 櫻谷 正明, 原 嘉孝, 福田 龍将, 安田 英人, 矢田部 智昭, 山川 一馬, 山下 和人.日本版敗血症診療ガイドライン2016の使用に関する実態調査報告.日本救急医学会雑誌 2018;29(7) 175-182.
    16. 垣花泰之.【エキスパートに学ぶショック管理のすべて】Introduction ショックの歴史的概観.救急・集中治療 2018;30(3)317-321.
2017
    1. Hiroaki Furubeppu, Tomotsugu Yasuda,Takahiro Futatsuki,Shotaro Miyamoto,Yutaro Madokoro,Takafumi Ito and Yasuyuki Kakihana:Fatal chlorfenapyr poisoning:A case report.中毒研究 2017;30:379-82.
    2. 八島望,伊藤隆史,垣花泰之,丸山征郎.【感染と凝固障害】 敗血症における血栓形成の生理と病理. 日本外科感染症学会雑誌 2017;14(6) 705-711.
    3. 原田浩輝,二木貴弘,宮本昇太郎,川村英樹,谷口淳一郎,林田真衣子,柳元孝介,垣花泰之.深在性真菌症を併発した重症熱性血小板減少症候群の1症例.日本集中治療医学会雑誌 2017;.24(5):567-8.
    4. 垣花泰之.エキスパートに学ぶ輸液管理のすべて.救急・集中治療 2017;29(11.12):881-9.
    5. 垣花泰之.【重症感染症の集中治療-成功に導く管理ポイント】 循環管理のポイント.日本医事新報 2017;4866:48-52.
    6. 中村隼人,垣花泰之.【ER・ICUにおける手技の基本と実際-ベテランに学ぶトラブル回避法-】 穿刺とドレナージ術 腹腔穿刺と腹腔ドレナージ.救急・集中治療 2017;29(臨時増刊号):68-e74.
    7. 垣花泰之.集中治療 呼吸・循環管理.麻酔科学レビュー 2017;2017:274-80
    8. 西田修,小倉裕司, 井上茂亮, 射場敏明, 今泉均, 江木盛時, 垣花泰之, 久志本成樹, 小谷穣治, 貞広智仁, 志馬伸朗, 中川聡, 中田孝明, 布宮伸, 林淑朗, 藤島清太郎, 升田好樹, 松嶋麻子, 松田直之, 織田成人, 田中裕, 青山和由, 小豆畑丈夫, 井手健太郎, 大嶋清宏, 大沼哲, 小野寺 睦雄, 海塚安郎, 川崎達也, 神應知道, 黒田浩光, 後藤孝治, 近藤豊, 齋藤伸行, 坂本壮, 櫻谷正明, 笹野幹雄, 佐藤格夫, 澤村淳, 清水健太郎, 白井邦博, 角由佳, 滝本浩平, 武居哲洋, 竹内宗之, 巽博臣, 谷口巧, 鶴田良介, 土井研人, 土井松幸, 長江正晴, 橋本悟, 長谷川隆一, 畠山淳司, 早川峰司, 林田敬, 原嘉孝, 東別府直紀, 一二三亨, 平井克樹, 廣瀬智也, 福田龍将, 藤村直幸, 福家良太, 松田明久, 松本正太朗, 安田英人, 矢田部智昭, 山川一馬, 山下和人, 山下千鶴, 山直也, 吉田健史,日本版敗血症診療ガイドライン2016作成特別委員会:日本版敗血症診療ガイドライン2016、日本救急医学会雑誌 2017;28(S1) S1-S232
    9. 黒田泰弘, 相引眞幸, 内野博之, 木下浩作, 小畑仁司, 永山正雄, 澤村淳, 三宅康史, 坂本哲也, 山下進, 有元秀樹, 久保山一敏, 櫻井 淳, 守谷俊, 垣花泰之, 野々木宏, 日本集中治療医学会JRC蘇生ガイドライン2015ALS部門作業部会:JRC蘇生ガイドライン2015 成人の二次救命処置 心拍再開後の集中治療、予後評価、日本集中治療医学会雑誌 2017;24(2): 151-183.
2016
    1. Kiyoshi Kikuchi, Kentaro Setoyama,中略, Naoki Miura,中略, Chinatsu Kamikokuryo,中略, Takashi Ito and Maruyama I. Edaravone, a Synthetic Free Radical Scavenger, Enhances Alteplase-Mediated Thrombolysis.Oxidative Medicine and Cellular Longevity 2017; Article ID 6873281
    2. Ito T, Kakihana Y, Maruyama I.Thrombomodulin as an intravascular safeguard against inflammatory and thrombotic diseases.Expert Opin Ther Targets 2016;20(2):151-8.
    3. Kakihana Y, Ito T, Nakahara M, Yamaguchi K, Yasuda T.Sepsis-induced myocardial dysfunction: pathophysiology and management.J Intensive Care 2016;23(4):22.
    4. Yasuda T,Yamaguchi K,Futatsuki T,Furubeppu H,Nakahara M,Eguchi T,Miyamoto S,Madokoro Y,Terada S,Nakamura K,Harada H,Junichiro T,Yanagimoto K,Kakihana Y.Non-invasive Monitoring of Hepatic Oxygenation Using Time-Resolved Spectroscopy.Adv Exp Med Biol. 2016;876:407-12.
    5. Iba T, Ito T, Maruyama I, Jilma B, Brenner T, Müller MC, Juffermans NP, Thachil J. Potential diagnostic markers for disseminated intravascular coagulation of sepsis Blood Rev 2016;30(2):149-155.
    6. Liaw P, Ito T, Iba T, Thachil J, Zeerleder S. DAMP and DIC: The role of extracellular DNA and DNA-binding proteins in the pathogenesis of DIC. Blood Rev 2016;30(4):257-61.
    7. 垣花泰之,岩倉雅佳,谷口賢二郎.「重症病態における栄養管理」肝不全.外科と代謝・栄養 2016;50(6):327-333. 2015
    8. Keiji Yamaguchi,Takahiro Futatsuki, Jumpei Ushikai,Chiharu Kuroki,Toshiaki Minami,Yasuyuki Kakihana,Tomoyuki Kuwaki.Intermittent but not sustained hypoxia activates orexin-containing neurons in mice.Respiratory Physiology & Neurobiology 2015;206:11-14.
    9. 垣花泰之.感染症、炎症、多臓器不全.ICUの理学療法 2015;57-67.
    10. 中江広治,上野健太郎, 川村順平, 柳元孝介, 江口太助, 野村裕一, 垣花泰之, 河野嘉文.シクロフォスファミドに伴う重症心筋障害を合併した患者に対する補助循環装置の有用性について(Mechanical Circulatory Support as a Potentially Useful Strategy in Patients with Severe Cyclophosphamide-induced Cardiotoxicity)(英語).鹿児島大学医学雑誌 2015;67(1-3) :41-50.
    11. 伊藤隆史,垣花泰之.敗血症性disseminated intravascular coagulation(DIC)におけるヒストンのnet effect.日本集中治療医学会雑誌 2015;22(6) :499-504.
    12. 垣花泰之.sepsis・SIRS-その常識は正しいか?-】 初期輸液と循環作動薬 初期蘇生はearly goal-directed therapyで行う.救急・集中治療 2015;27(11-12):877-883.
    13. 垣花泰之.【病態ごとの輸液管理-その常識は正しいか?-】 敗血症ショックの輸液管理 その常識は正しいか?.救急・集中治療 2015;27(9-10): 697-703.
    14. 垣花泰之.【ER・ICUで知りたい 薬の選択と投与のタイミング】 循環作動薬の作用機序(基礎編).月刊レジデント 2015;8(8): 6-13.
    15. 垣花泰之,安田智嗣,山口桂司,二木貴弘,谷口淳一郎,柳元孝介.【日本版重症敗血症診療ガイドライン2016作成にむけて】 初期蘇生 最近の話題と動向.ICUとCCU 2015;39:463-69
    16. 垣花泰之,岩倉雅佳,谷口賢二郎.【重症病態の栄養治療-最新の知識とその実践-】 病態別栄養治療 急性肝不全の栄養治療.救急・集中治療 2015;27(7-8) :650-5.
    17. 垣花泰之,安田智嗣,山口桂司,二木貴弘,谷口淳一郎,柳元孝介.ショックのモニタリング ベットサイドにおける適正指標とは?.救急医学 2015;39(5): 541-7.
    18. 垣花泰之.集中治療 呼吸・循環管理.麻酔科学レビュー 2015;2015: 267-73.
2014
  1. Kawano H, Ito T, Yamada S, Hashiguchi T, Maruyama I et al. Toxic effects of extracellular histones and their neutralization by vitreous in retinal detachment. Lab Invest 2014;94(5):569-85.
  2. Sadamura-Takenaka Y, Ito T, Noma S, Oyama Y, Yamada S, et al. HMGB1 promotes the development of pulmonary arterial hypertension in rats. PLoS One 2014;9(7):e102482.
  3. Kawano H, Sakamoto T, Ito T, Miyata K, Hashiguchi T, Maruyama I. Hyaluronan protection of corneal endothelial cells against extracellular histones after phacoemulsification. J Cataract Refract Surg 2014;40(11):1885-93. Ito T. PAMPs and DAMPs as triggers for DIC.J Intensive Care 2014;2(1):67.
  4. 垣花泰之.敗血症disseminated intravascular coagulation(DIC)とトロンボモジュリン.日本集中治療医学会雑誌 2014;21(6): 593-4.
  5. 垣花泰之,安田智嗣,山口桂司,谷口淳一郎,二木貴弘,柳元孝介,古別府裕明,中村健太郎.鎮痛・鎮静が侵襲制御および体液・代謝において果たす役割-特に侵襲における心筋障害へのアプローチについて-.体液・代謝管理 2014;30:47-55.
  6. 垣花泰之.近赤外分光法(near-infrared spectroscopy:NIRS)の原理とICUでの応用.ICUとCCU 2014;38:657-64.
  7. 二木貴弘, 垣花泰之, 中村健太郎, 平川愛, 山口桂司, 安田智嗣.高侵襲手術の麻酔と周術期管理(術後集中治療)】 脊椎インスツルメンテーション、脊椎固定術.麻酔 2014;63(5): 522-7.
  8. 垣花泰之.高気圧酸素治療の基礎と臨床.安全協会ニュース 2014;42:23-29.
  9. 垣花泰之,安田智嗣,山口桂司.膠質液による蘇生.救急・集中治療 2014;26(7・8): 1066-1072.
  10. 垣花泰之.SIRS(全身性炎症反応症候群)とDIC.成人病と生活習慣病 2014;44(8):964-70.
  11. 垣花泰之,安田智嗣,山口桂司,二木貴弘,中村健太郎,平川愛.初期輸液蘇生.化学療法の領域 2014;30(4):86-93.
  12. 垣花泰之,安田智嗣,山口桂司,二木貴弘,中村健太郎,平川愛.周術期および重症患者管理におけるデクスメデトミジンの役割.臨床麻酔 2014;臨時増刊号:381-90.
  13. 垣花泰之.ICUにおける周術期管理.救急・集中治療医学レビュー 2014;2014-'15:307-11.
  14. 垣花泰之.集中治療 呼吸・循環管理.麻酔科学レビュー 2014;2014:260-5.
  15. 垣花泰之,安田智嗣,山口桂司,中村健太郎,ニ木貴弘真,中原真由美.1-2)初期蘇生~ガイドラインの日本での活用~.肺血症(セプシス)救命救急の最前線 2014:100-8.

共同開発・研究

  • 侵襲制御学分野、システム血栓制御学講座

主な研究費取得状況

垣花泰之
事業・種目研究期間
科学研究費 基盤研究(C) NIRSによる心停止時の適切な胸骨圧迫を評価する生理学的モニタリング法の構築 2019~2021年
科学研究費 基盤研究(C) 蘇生後脳症に対するチトクロームaa3酸化状態による脳モニタリング法の構築 2016~2018年
科学研究費 挑戦的萌芽研究 腹部急性疾患に対する時間分解分光システムを用いた新たな測定法の開発 2011〜2013年
科学研究費 基盤研究(B) 近赤外時間分解分光システムを用いた周術期脳障害モニタリング法の開発 2009〜2011年
科学研究費 基盤研究(C) 体外循環後脳障害に対する集中治療室での軽度脳低体温療法の有用性に関する検討 2005〜2006年
科学研究費 基盤研究(C) 近赤外分光法を用いた体外循環後脳障害における新たな脳保護療法の検討 2002〜2003年
科学研究費 基盤研究(C) 近赤外光計測法による脳酸素状態モニタリング 2000〜2001年
科学研究費 基盤研究(C) 近赤外分光法を用いた肝酸素化状態のモニタリングの王体への応用 1997〜1998年
科学研究費 奨励研究(A) 近赤外光計測法および微小循環システムを用いた脳蘇生法の検討 1995年
新山修平
事業・種目研究期間
科学研究費 基盤研究(C) メラトニンシグナルを標的とした新たな敗血症関連脳症治療法の確立) 2018~2020年
安田智嗣
事業・種目研究期間
科学研究費 基盤研究(C) NOSの補酵素テトラヒドロビオプテリンの敗血症における動態と治療標的としての検討 2018~2020年
科学研究費 基盤研究(C) 時間分解分光システムを用いた肝組織の酸素化状態の無侵襲的評価法の確立 2013〜2016年
二木貴弘
事業・種目研究期間
科学研究費 若手研究 科学研究費 若手研究・ECMO回路閉塞における炎症と凝固の包括的制御戦略 2019~2021年
古別府裕明
事業・種目研究期間
科学研究費 若手研究(B) 科学研究費 若手研究・下肢虚血再灌流障害における DAMPs(ヒストン、HMGB) 2017~2019年
江口智洋
事業・種目研究期間
科学研究費 若手研究 近赤外時間分解分光法を用いた非侵襲的リアルタイム脳酸素代謝モニタリング法の構築 2018~2020年
中弁護
事業・種目研究期間
科学研究費 若手研究 血小板輸血の臨床判断を補助するための多角的止血機能評価法の構築 2019~2021年
政所祐太郎
事業・種目研究期間
科学研究費 若手研究 水素ガス吸入療法による薬剤性肝障害に対する新規治療法の開発とそのメカニズムの解明 2019~2021年
上國料千夏
事業・種目研究期間
科学研究費 基盤研究(C) 敗血症関連脳症におけるテトラヒドロビオプテリンの関与とその治療標的としての検討 2019~2021年

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内