研究テーマ(研究室紹介)

遺伝子治療・再生医学分野講座スタッフ

 当分野では、遺伝子治療と再生医療を中心とした生命科学研究とバイオ技術開発を行っており、その成果の産業・臨床応用化も目指しています。本年から、First-in-Humanの医師主導治験を開始しました。
 幅広い研究をテーマに、ウイルスベクターやヒトES/iPS細胞などの特殊技術に加え、分子細胞生物学、形態学、前臨床動物実験などの研究手法を用いて取り組んでいます。また、学内・学外(国内外)との共同研究も進めております。熱意のある若手研究者(大学院生、ポストドク)に対しては、文科省「頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム」等での海外一流施設への留学、あるいは特任研究員併任など経済的援助とキャリアパス支援も行っています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 運動機能修復学 Neuro-musculoskeletal disorder
分野 遺伝子治療・再生医学 Gene Therapy and Regenerative Medicine
分野サイト https://www3.kufm.kagoshima-u.ac.jp/anatomy2/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5219 / FAX.099-265-9721

主要研究テーマ

革新的な癌への遺伝子・ウイルス治療の独自開発と実用化に繋がる医師主導治験 Development and translational research of original and innovative gene-viro-therapy for cancer
難治性疾患への新規遺伝子治療の開発 Development of novel gene therapy for intractable diseases
増殖因子HB-EGFによる生体内再生医薬の開発と関連分子機構の解明 Development of Heparin-Binding EGF-like Growth Factor (HB-EGF) for in vivo regenerative medicine (drug) and elucidation of the molecular mechanism
ES・iPS細胞での再生医療の腫瘍化を阻止するウイルスベクター技術の開発 Development of viral vectors that eliminate ES/iPS cell-derived tumor in regenerative medicine
ダイレクトリプログラミングによる新規再生医療の開発 Development of direct reprograming for novel regenerative medicine
エピジェネティック遺伝子の新規機能の解明 Elucidation of novel mechanism of an epigenetic gene

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 小戝健一郎 Ken-ichiro KOSAI
専門分野 遺伝子治療、再生医学、分子細胞生物学
研究テーマ ・独自ベクターと新規遺伝子治療法の開発
・ES・iPS 細胞での発生・再生医学
・増殖因子と関連分子での生体内再生医学
・血管新生抑制分子の解明と応用
・エピジェネティック遺伝子
・トランスレーショナル・リサーチ(医師主導治験)

研究者総覧


staff dummy

准教授
氏名 三井薫 Kaoru MITSUI
専門分野 再生医学、遺伝子治療
研究テーマ ・改良型アデノウイルスベクターの多能性幹細胞への応用

研究者総覧


staff dummy

助教
氏名 松田恵理子 Eriko MATSUDA
専門分野 再生医学、遺伝子治療
研究テーマ ・増殖因子と関連分子での生体内再生医学

研究者総覧

 

 


 

 

主な研究実績

小戝健一郎

総説

  • Maki Watanabe, Nishikawaji Yuya, Hirotaka Kawakami, Ken-ichiro Kosai. Adenpvirus Biology, Recombinant Adenovirus, and adenovirus Usage in Gene Therapy. Viruses. 13(12):2502 doi:10.3390/v13122502, 2021
  • 渡邉真季、西川路侑耶、小戝健一郎、腫瘍溶解性アデノウイルスの作製・調整法と次世代のがん免疫治療への応用・展望、創薬研究者がこれだけは知っておきたい最新のウイルス学(技術情報協会). 397-403, 2021
  • Mitsui K, Ide K, Takahashi T, Kosai K. Viral Vector-Based Innovative Approaches to Directly Abolishing Tumorigenic Pluripotent Stem Cells for Safer Regenerative Medicine. Mol Ther Methods Clin Dev. 5: 51-58, 2017
  • 三井薫、小戝健一郎、iPS細胞培養からがん化の恐れのある細胞を死滅させる方法、 PHARMSTAGE. 15(12),10-15,2016.
  • 三井薫、小戝健一郎、多能性幹細胞の腫瘍化原因細胞をがん特異的制限増殖型アデノウイルスにより特異的に除去する新技術 BIO INDUSTRY. 33(2),11-18,2016
  • 小戝健一郎、多因子増殖制御型アデノウイルスの開発と実用化の展望:独自開発の技術を本邦発の革新医薬へ、 実験医学. 34 (1), 19-25, 2016

原著<英文>

  • Kaoru Mitsui, Tomoyuki Takahashi, Kanako Ide, Eriko Matsuda, Ken-ichiro Kosai.  Optimization of Adenoviral Gene Transfer in Human Pluripotent Stem Cells. Biochem Biophys Res Commun. 541:78-83. doi:10.1016/j.bbrc.2021.01.009, 2021
  • Eriko Matsuda, Yuki Obama, Ken-ichiro Kosai. Safe and low-dose but therapeutically e!ective adenovirus-mediated hepatocyte growth factor gene therapy for type 1 diabetes in mice. Life Sci. 268:119014. doi:10.1016/j.lfs.2020.119014, 2021
  • Suzuki S, Kofune H, Uozumi K, Yoshimitsu M, Arima N, Ishitsuka K, Ueno S and Kosai K. A survivin-responsive, conditionally replicating adenovirus induces potent cytocidal effects in adult T-cell leukemia/lymphoma. BMC Cancer. 19(1):516. doi: 10.1186/s12885-019-5730-1, 2019
  • Ide K, Mitsui K, Irie R, Matsushita Y, Ijichi N, Toyodome S, Kosai K. A Novel Construction of Lentiviral Vectors for Eliminating Tumorigenic Cells from Pluripotent Stem Cells. Stem Cells. 36:230-239, 2018(※Featured article & Best of Japan)
  • Sakamoto K, Khai NC, Wang Y, Irie R, Takamatsu H, Matsufuji H, Kosai K.: Heparin-Binding Epidermal Growth Factor–Like Growth Factor and Hepatocyte Growth Factor Inhibit Cholestatic Liver Injury in Mice via Different Actions. Int J Mol Med. 38(6):1673-1682, 2016
  • Goto K, Takemura G, Takahashi T, Okada H, Kanamori H, Kawamura I, Watanabe T, Morishita K, Tsujimoto A, Miyazaki N, Ushikoshi H, Kawasaki M, Mikami A, Kosai K, Minatoguchi S. Intravenous administration of endothelial colony-forming cells overexpressing integrin b1 augments angiogenesis in ischemic legs. Stem Cells Transl Med. 5(2):218-26, 2016(※Cover)
  • Mitsui K, Ide K, Takayama A, Wada T, Irie R, Kosai K.: Conditionally replicating adenovirus prevents pluripotent stem cell-derived teratoma by specifically eliminating undifferentiated cells. Mol Ther Methods Clin Dev.  2, 15026; doi:10.1038, 2015 (※Featured article & Editorial)
  • Tanoue K, Wang Y, Ikeda M , Mitsui K, Irie R , Setoguchi T, Komiya S, Natsugoe S, Kosai K.: Survivin-responsive conditionally replicating adenovirus kills rhabdomyosarcoma stem cells more efficiently than their progeny. J Trans Med .12:27.doi: 10.1186 / 1479-5876-12-27, 2014 (※JSGT Meeting Award)
  • Hino S, Sakamoto A, Nagaoka K, Anan K, Wang Y, Mimasu S, Umehara T, Yokoyama S,   Kosai K, and Nakao M.: FAD-dependent lysine-specific demethylase-1 regulates cellular energy expenditure. Nat. Commun. 3:758.doi:10.1038 /ncomms1755, 2012
  • Kamisasanuki T, Wang Y, Tokushige S, Terasaki H, Khai NC, Wang Y, Sakamoto T, Kosai K; Targeting CD9 produces stimulus-independent antiangiogenic effects predominantly in activated endothelial cells during angiogenesis: A novel antiangiogenic therapy. Biochem. Biophys. Res. Commun. 413(1): 128-35, 2011
  • Horikawa Y, Wang Y, Nagano S, Kamizono J, Ikeda M, Komiya S, Kosai K.:Assessment of an altered E1B promoter on the specificity and potency of triple-regulated conditionally replicating adenoviruses (CRA) ⎯Implications for the generation of ideal m-CRAs. Cancer Gene Ther 18(10):724-33, 2011
  • Khai NC, Takahashi T, Ushikoshi H, Nagano S, Yuge K, Esaki M, Kawai T, Goto K, Murofushi Y, Fujiwara T, Fujiwara H, Kosai K.: In vivo hepatic HB-EGF gene transduction inhibits Fas-induced liver injury and induces liver regeneration in mice: A comparative study to HGF. J. Hepatol. 44(6): 1046-1054, 2006
  • Kamizono J, Nagano S, Murofushi Y, Komiya S, Fujiwara H, Matsuishi T, Kosai K.: Survivin-responsive conditionally replicating adenovirus exhibits cancer-specific and efficient viral replication. Cancer Res.65(12): 5284-5291, 2005
  • Nagano S, Oshika H, Fujiwara H, Komiya S, Kosai K.: An Efficient Construction of Conditionally Replicating Adenoviruses that Target Tumor Cells with Multiple Factors. Gene Ther .12(18): 1385-1393, 2005
  • Miyado K, Yamada G, Yamada S, Hasuwa H, Nakamura Y, Ryu F, Suzuki K, Kosai K, Inoue K, Ogura A, Okabe M, Mekada E: Requirement of CD9 on the egg plasma membrane for fertilization. Science. 287(5451): 321-324, 2000
  • Kosai K, Matsumoto K, Funakoshi H, Nakamura T.: Hepatocyte growth factor prevents endotoxin-induced lethal hepatic failure in mice. Hepatology. 30(1): 151-159, 1999
  • Chen S-H, Chen XHL, Wang Y, Kosai K, Finegold MJ, Rich S, Woo SL.: Combination gene therapy for liver metastases of colon carcinoma in vivo. Proc. Natl. Acad. Sci. USA.92 (7):2477-2581, 1995

三井薫

総説

  • Mitsui K, Ide K, Takahashi T, Kosai K. Viral Vector-Based Innovative Approaches to Directly Abolishing Tumorigenic Pluripotent Stem Cells for Safer Regenerative Medicine. Mol Ther Methods Clin Dev. 5:51-58 , 2017

 

原著論文

  • Kaoru Mitsui, Tomoyuki Takahashi, Kanako Ide, Eriko Matsuda, Ken-ichiro Kosai.  Optimization of Adenoviral Gene Transfer in Human Pluripotent Stem Cells. Biochem Biophys Res Commun. 541:78-83. doi:10.1016/j.bbrc.2021.01.009, 2021
  • Ide K, Mitsui K, Irie R, Matsushita Y, Ijichi N, Toyodome S, Kosai K. A Novel Construction of Lentiviral Vectors for Eliminating Tumorigenic Cells from Pluripotent Stem Cells. Stem Cells. 36:230-239, 2018(※Featured article & Best of Japan)
  • Mitsui K, Ide K, Takayama A, Wada T, Irie R, Kosai K. Conditionally replicating adenovirus prevents pluripotent stem cell-derived teratoma by specifically eliminating undifferentiated cells. Molecular Therapy — Methods & Clinical Development 2,15026, 2015(査読有)
  • Tanoue K, Wang Y, Ikeda M, Mitsui K, Irie R, Setoguchi T, Komiya S, Natsugoe S, Kosai K. Survivin-responsive conditionally replicating adenovirus kills rhabdomyosarcoma stem cells more efficiently than their progeny. J Transl Med. 12:27, 2014(査読有)
  • Mitsui K, Suzuki K, Aizawa E, Kawase E, Suemori H, Nakatsuji N, Mitani K, Gene targeting in human pluripotent stem cells with adeno-associated virus vectors. , Biochem Biophys Res Commun.,Vol.388,No.4,pp.711-717 , 2009
  • Kawasaki T, Saito K, Mitsui K, Ikawa M, Yamashita M, Taniguchi Y, Takeda S, Mitani K, Sakai N., Introduction of a foreign gene into zebrafish and medaka cells using adenoviral vectors., Zebrafish, Vol.6, No.3, pp.253-258, 2009
  • Suzuki K, Mitsui K, Aizawa E, Hasegawa K, Kawase E, Yamagishi T, Shimizu Y, Suemori H, Nakatsuji N, Mitani K., Highly efficient transient gene expression and gene targeting in primate embryonic stem cells with helper-dependent adenoviral vectors., Proc Natl Acad Sci U S A, Vol.105, No.37, pp.13781-13786, 2008
  • Tokuzawa Y, Kaiho E, Maruyama M, Takahashi K, Mitsui K, Maeda M, Niwa H, Yamanaka S., Fbx15 is a novel target of Oct3/4 but is dispensable for embryonic stem cell self-renewal and mouse development., Mol Cell Biol., Vol.23, No.8, pp.2699-2708, 2003
  • Mitsui K, Tokuzawa Y, Itoh H, Segawa K, Murakami M, Takahashi K, Maruyama M, Maeda M, Yamanaka S., The homeoprotein Nanog is required for maintenance of pluripotency in mouse epiblast and ES cells.,Cell.,Vol.113, No.5,pp.631-642, 2003
  • Takahashi K, Mitsui K, Yamanaka S., Role of ERas in promoting tumour-like properties in mouse embryonic stem cells.,Nature.,Vol.423,No.6939,pp.541-545, 2003

主な特許等(出願中も含む)

各特許の内容についてはお問い合わせください。

国内
出願 22題
特許取得 13題

国際

出願 34題
特許取得 米 7題
欧 4題

※JST特許支援事業採択 4題

主な研究費取得状況

小戝健一郎
事業・種目研究

期間

日本医療研究開発機構研究費(AMED)
「革新的がん医療実用化研究事業」
(研究代表者)小戝健一郎
独自開発・革新性能の増殖制御型アデノウイルスの骨腫瘍(希少・難治性がん)承認への第Ⅱ相医師主導治験

令和3
~5年度

日本医療研究開発機構研究費(AMED)
「橋渡し研究プログラム」
 シーズpreF(京都大学)
(研究代表者)小戝健一郎
難治性癌まで制圧可能な第二世代『腫瘍溶解性ウイルス・免疫療法』の非臨床開発

令和4
~5年度

日本医療研究開発機構研究費(AMED)
「橋渡し研究プログラム」
 シーズA(九州大学)
(研究代表者)小戝健一郎
1型糖尿病への革新的な増殖因子・遺伝子治療の開発

令和4年度

日本医療研究開発機構研究費(AMED)
「橋渡し研究プログラム」
 シーズA(京都大学)
(研究代表者)小戝健一郎
第4世代Surv.m-CRAの開発

令和4年度

日本学術振興会 科学研究費補助金
 基盤研究(B)
(研究代表者)小戝健一郎
骨軟部腫瘍を制圧できる全身性癌免疫誘導の革新的な免疫遺伝子・ウイルス治療の開発

令和2
~4年度

日本学術振興会 学術研究助成基金助成金
 挑戦的研究(萌芽)
(研究代表者)小戝健一郎
増殖型ウイルス/CAR-T融合による革新的な癌免疫遺伝子・細胞治療技術の創出 令和2
~3年度
日本医療研究開発機構研究費(AMED)
「橋渡し研究戦略的推進プログラム」
 新規開発シーズA(九州大学)
(研究代表者)小戝健一郎
抗細胞死・抗線維化・再生誘導の革新作用で難治性疾患治療のHB-EGF蛋白医薬品の実用化開発 令和2年度
日本医療研究開発機構研究費(AMED)
「革新的がん医療実用化研究事業」
(研究代表者)小戝健一郎
独自開発の革新的な増殖抑制型アデノウイルスの肉腫への承認申請を目指した医師主導治験 平成30
~令和2年度
日本医療研究開発機構研究費(AMED)
「橋渡し研究戦略的推進プログラム」
 革新的医療技術創出拠点プロジェクト
 シーズB(京都大学)
(研究代表者)小戝健一郎
独自開発の全身性の腫瘍溶解性・免疫療法の非臨床開発 平成29
~令和元年度
日本学術振興会 科学研究費補助金
 基盤研究(B)
(研究代表者)小戝健一郎
骨軟部肉腫への腫瘍溶解・免疫誘導・癌幹細胞制圧の革新的な遺伝子ウイルス治療の開発 平成29
~令和元年度
日本医療研究開発機構研究費(AMED)
「橋渡し研究戦略的推進プログラム」
 医療機関推進事業補助金
 シーズA(京都大学)
(研究代表者)小戝健一郎
多能性幹細胞の腫瘍化根絶に向けた革新的ベクター技術の開発と応用 平成29年度
日本医療研究開発機構研究費(AMED)
「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」
 研究開発施設共用等促進費補助金
 シーズA(京都大学)
(研究代表者)小戝健一郎
転移がんを制圧する独自の免疫ウイルス薬の開発と実用化への取り組み 平成28年度

日本医療研究開発機構研究費(AMED)
「革新的がん医療実用化研究事業」
(研究代表者)小戝健一郎

肉腫への革新医薬実用化を目指した独自開発の増殖制御型アデノウイルスの医師主導治験 平成27
~29年度
日本医療研究開発機構研究費(AMED)
「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」
 研究開発施設共用等促進費補助金
 シーズA(九州大学)
(研究代表者)小戝健一郎
HB-EGF医薬の難治性疾患への適応拡大による実用化推進 平成27年度
日本医療研究開発機構研究費(AMED)「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」
 研究開発施設共用等促進費補助金
 シーズC(京都大学)
(研究代表者)小戝健一郎
独自開発の増殖制御型ウイルス医薬の難治癌への医師主導治験 平成26年度
日本医療研究開発機構研究費(AMED)「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」
 研究開発施設共用等促進費補助金
 シーズA(九州大学)
(研究代表者)小戝健一郎
難治性肝疾患を治療するHB-EGF再生医薬の実用化 平成26年度
日本医療研究開発機構研究費(AMED)「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」
 研究開発施設共用等促進費補助金
 シーズA(京都大学 / 探索医療研究助成)
(研究代表者)小戝健一郎
難治癌を標的治療する新規の癌溶解性ウイルス医薬の前臨床研究 平成26年度
日本学術振興会 科学研究費補助金
 基盤研究(B)
(研究代表者)小戝健一郎
正常と癌の幹細胞の分子機構解明による小児癌への革新的m-CRA治療薬の開発 平成25
~28年度
日本学術振興会 学術研究助成基金助成金  挑戦的研究(萌芽)
(研究代表者)小戝健一郎
ES/iPS細胞の腫瘍化を克服し再生医療応用を実現するベクター技術の開発 平成25
~26年度
「がん対策推進総合研究事業」
(革新的がん医療実用化研究事業)※平成26年度より名称変更
 難病・がん等の疾患分野の医療の実用化研究事業(がん関連研究分野)
(研究代表者)小戝健一郎
難治癌を標的治療できる完全オリジナルのウイルス遺伝子医薬の実用化のための前臨床研究 平成24
~26年度

 

 

 

三井薫
事業・種目研究期間
日本学術振興会 学術研究助成基金助成金
 基盤研究(C)
(代表研究者)三井薫
心筋分化特異的miRNAによる心筋分化転換法の確立と心筋分化調節機構の解明 令和4
~6年度 
日本学術振興会 学術研究助成基金助成金
 基盤研究(C)
(代表研究者)三井薫
miRNAを用いた効率的な心筋ダイレクトリプログラミング法の確立と分子基盤の解明 令和元
~3年度 
日本学術振興会 学術研究助成基金助成金
 基盤研究(C)
(代表研究者)三井薫
ヒトES/iPS細胞由来心筋細胞の腫瘍化克服のための革新的な高純度単離技術の開発 平成24
~26年度 

 

 
 
松田恵理子
事業・種目研究期間
日本学術振興会 学術研究助成基金助成金
 若手研究
(代表研究者)松田恵理子
分化課程の経時的遺伝子発現解析による成熟膵β細胞への新たな分化転換法の確立 平成30
〜令和2年度

 

 

 

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内