研究テーマ(研究室紹介)

 atl-1

当分野では、生化学的手法、分子生物学的手法、細胞生物学的手法、そしてバイオインフォマティクス的手法を駆使して、成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)の分子病態の解明と新規制御方法の開発を推進しています。

研究室概要

部局 ヒトレトロウイルス学共同研究センター Joint Research center for Human Retrovirus infection
専攻 健康科学専攻 Health Research Course
大講座 感染防御学 Infection and Immunity
分野 HTLV-1/ATL病態制御学分野 Division of HTLV-1/ATL Carcinogenesis and Therapeutics
分野サイト https://ccvd.kufm.kagoshima-u.ac.jp/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-6656/ FAX.099-275-6656

主要研究テーマ

ATLの予防・診断・治療における基礎的研究 Basic research that contributes to prevention, diagnosis, and treatment for adult T-cell leukemia/lymphoma (ATLL)

スタッフ

 0054医歯 xlarge

教授
氏名 中畑新吾 Shingo NAKAHATA
専門分野 生化学、分子生物学
研究テーマ ・成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)の発症機構と分子病態
・ATLの新規治療薬開発

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

 
氏名  
専門分野  
研究テーマ

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

 
氏名  
専門分野  
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

 
氏名  
専門分野  
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績


中畑新吾

Nakahata S#, Syahrul C#(co-first author), Nakatake A, Sakamoto K, Yoshihama M, Nishikata I, Ukai Y, Matsuura T, Kameda T, Shide K, Kubuki Y, Hidaka T, Kitanaka A, Ito A, Takemoto S, Nakano N, Saito M, Iwanaga M, Sagara Y, Mochida K, Amano M, Maeda K, Sueoka E, Okayama A, Utsunomiya A, Shimoda K, Watanabe T, Morishita K. Clinical significance of soluble CADM1 as a novel marker for adult T-cell leukemia/lymphoma. Haematologica. 2021;106:532-542.

Nakahata S#, Ichikawa T#(co-first author), Maneesaay P, Saito Y, Nagai K, Tamura T, Manachai N, Yamakawa N, Hamasaki M, Kitabayashi I, Arai Y, Kanai Y, Taki T, Abe T, Kiyonari H, Shimoda K, Ohshima K, Horii A, Shima H, Taniwaki M, Yamaguchi R, Morishita K. Loss of NDRG2 expression activates PI3K-AKT signalling via PTEN phosphorylation in ATLL and other cancers. Nat Commun. 2014;5:3393.

Nakahata S, Saito Y, Marutsuka K, Hidaka T, Maeda K, Hatakeyama K, Shiraga T, Goto A, Takamatsu N, Asada Y, Utsunomiya A, Okayama A, Kubuki Y, Shimoda K, Ukai Y, Kurosawa G, Morishita K. Clinical significance of CADM1/TSLC1/IgSF4 expression in adult T-cell leukemia/lymphoma. Leukemia. 2012;26:1238-1246.

Hidaka T#, Nakahata S#(co-first author), Hatakeyama K#, Hamasaki M, Yamashita K, Kohno T, Arai Y, Taki T, Nishida K, Okayama A, Asada Y, Yamaguchi R, Tsubouchi H, Yokota J, Taniwaki M, Higashi Y, Morishita K. Down-regulation of TCF8 is involved in the leukemogenesis of adult T-cell leukemia/lymphoma. Blood. 2008;112:383-393.


 

 

 

 


研究費取得状況

中畑新吾
事業・種目 / 期間研究
科研費 基盤研究(C) 
令和4-6年度
「HTLV-1感染細胞の免疫回避戦略と発がん促進機構に関する研究」
科研費 基盤研究(C)
令和1-3年度
「腸内細菌叢解析に基づいた成人T細胞白血病(ATL)発症機構の解明」
科研費 基盤研究(C)
平成28-30年度 
「成人T細胞白血病(ATL)における低酸素ストレス応答機構の解析」
公益財団法人武田科学振興財団  医学系研究奨励 
平成27年
「ATLにおけるBCL11B遺伝子の発現異常の分子機構とその生理的意義の解明」
 公益信託 日本白血病研究基金  一般研究賞
平成26年
「成人T細胞白血病(ATL)におけるPTENリン酸化異常の分子機構の解明とその阻害剤の開発」
公益財団法人持田記念医学薬学振興財団 平成26年度研究助成金
平成26年
「成人T細胞白血病(ATL)におけるPTENリン酸化異常の分子機構の解明とその阻害剤の開発」

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内