研究テーマ(研究室紹介)

小児歯科学イメージ

当分野では、小児期口腔の形態と機能の発育、呼吸機能と咬合異常との関連、小児期の摂食嚥下機能障害とその対応、乳歯歯髄組織を使用したiPS細胞の樹立などの研究を中心に、学部や大学の枠を超えたネットワークを形成し、協力して研究を進めています。有機的な連携に基づく着実な研究成果を背景に、好調な論文の作成実績と科学研究費助成金の取得実績を維持しています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 健康科学専攻 Course for Health Sciences
大講座 発生発達成育学 Developmental Medicine
分野 小児歯科学 Pediatric Dentistry
分野サイト http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/pedo/index.htm

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-6262 / FAX.099-275-6268

主要研究テーマ

顎顔面形態と口腔機能に関する研究 Studies on maxillofacial form and oral function
上気道流体シミュレーションを用いた小児閉塞性睡眠時無呼吸症候群への取り組み Studies of the childhood obstructive sleep apnoea syndrome using the upper airway computational fluid dynamics
乳歯由来のiPS細胞を用いた再生医療研究 Regenerative therapy studies using iPS cells derived from deciduous tooth

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 山﨑要一 Youichi YAMASAKI
専門分野 小児歯科学,小児顎口腔機能解析,咬合育成
研究テーマ ・乳歯列および混合歯列反対咬合児の開閉口運動の特徴
・小児と成人の側方滑走運動の特徴
・下顎運動時の頭部動態
・下顎滑走運動面の観察
・上顎第一大臼歯異所萌出の早期対応
・混合歯列期小児の歯牙移植

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

准教授
氏名 岩崎智憲 Tomonori IWASAKI
専門分野 小児歯科学,小児閉塞性睡眠時無呼吸症候群
研究テーマ ・小児閉塞性睡眠時無呼吸症候群の通気障害部位の特定方法に関する研究
・気道通気障害と顎顔面形態に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 佐藤秀夫 Hideo SATO
専門分野  
研究テーマ ・障がい児の摂食嚥下に関する研究
・ジルコニアに関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 稲田絵美 Emi INADA
専門分野 小児歯科学
研究テーマ ・小児の口呼吸における関連因子解析と治療法の検討
・顎顔面領域の形態および機能に関する3次元解析

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 窪田直子 Naoko KUBOTA
専門分野 小児歯科学
研究テーマ ・癌幹細胞マーカーに関する研究
・小児の口腔清掃に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 武元嘉彦 Yoshihiko TAKEMOTO
専門分野 小児歯科学
研究テーマ ・口腔機能の三次元動態解析
・通気気道障害と顎顔面形態の関連

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 橋口真紀子 Makiko HASHIGUCHI-SATO
専門分野 小児歯科学
研究テーマ ・舌小帯に関する研究
・ジルコニアに関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 菅北斗 Hokuto SUGA
専門分野 小児歯科学
研究テーマ ・いびき音を用いた睡眠時無呼吸症候群に関する研究
・口唇口蓋裂に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 村上大輔 Daisuke MURAKAMI
専門分野 小児歯科学
研究テーマ ・幼児期の顔面軟組織の3次元解析における基準座標系の検討と成長変化に関する横断的、縦断的研究
・口唇形態と口唇機能の成長発達を総合的に評価する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 森園健 Ken MORIZONO
専門分野 小児歯科学
研究テーマ ・口腔機能の三次元動態解析

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

山﨑要一
  • Yamasaki Y: Functional advantage of early orthodontic treatment in primary and mixed dentition stages, The 7th National Scientific Meeting in Pediatric Dentistry, The Indonesian Association of Dentistry for Children (IADC), Sheraton Surabaya Hotel, Indonesia, 2014.2.8-9.
  • Yamasaki Y: Early treatment of mandibular displacement cases in primary dentition stages, the Lectures 9 (Early Orthodontics), The 24th Congress of International Association of Paediatric Dentistry (IAPD), Coex Seoul Korea, 2013.6.12-15.
  • Yamasaki Y: Early treatment of malocclusion and stomatognathic function in primary and early mixed dentition cases, VI INTERNATIONAL CONGRESS OF IFUNA (International Functional Association), Ichinoseki - Iwate JAPAN, 25-28 Oct, 2012.
岩崎智憲
  • Iwasaki T, Takemoto Y, Inada E, Sato H, Saitoh I, Kakuno E, Kanomi R, Yamasaki Y: Three-dimensional cone-beam computed tomography analysis of enlargement of the pharyngeal airway by the Herbst appliance. American Journal of Orthodontics & Dentofacial Orthopedics, 146(6):776-785, 2014.
  • Iwasaki T, Takemoto Y, Inada E, Sato H, Suga H, Saitoh I, Kakuno E, Kanomi R, Yamasaki Y: The effect of rapid maxillary expansion on pharyngeal airway pressure during inspiration evaluated by computational fluid dynamics. International Journal of Pediatric Otorhinolaryngology, 78:1258-1264, 2014.
  • Iwasaki T, Yamasaki Y: Relation between maxillofacial form and respiratory disorders in children, Sleep and Biological Rhythms. review. 12: 2-11. 2014. (2014 Article Highlights from SBR)
佐藤秀夫
  • Sato H: Dysphagia and respiration disorder rehabilitation for children, The 2nd Annual Conference in Pediatric Dentistry between Gangneung-Wonju National University and Kagoshima University, Oct. 16, 2015, Gangneung, Korea.
  • Sato H, Hashiguchi M, Kitaue M, Yamsaki Y. Dysphagia rehabilitation for infant, child and adolescence in pediatric dentistry, 56th THE COREAN ACADEMY OF PEDIATRIC DENTISTRY ANNUAL CONGRESS 2015. 2015.4.18, 19. Seoul.
  • Sato H, Ban S, Hashiguchi M,Yamasaki Y:Effect of autoclave treatment on bonding strength of dental zirconia ceramics to resin cements, Journal of the Ceramic Society of Japan, 118(6): 508-511, 2010.
稲田絵美
  • Inada E, Saitoh I, Yu Y, Tomiyama D, Murakami D, Takemoto Y, Morizono K, Iwasaki T, Iwase Y, Yamasaki Y: Quantitative evaluation of toothbrush and arm-joint motion during tooth brushing, Clinical Oral Investigations. 19(6):1451-1462, 2015.
  • Inada E, Saitoh I, Murakami D, Kubota N, Takemoto Y, Iwasaki T, Nakakura-Ohshima K, Hayasaki H, Yamasaki Y. Relationship between nasal and skeletal landmarks on lateral cephalograms of adults. Australian Journal of Forensicscience. 46(3): 339-347. 2014.
  • Inada E, Saitoh I, Hayasaki H, Iwase Y, Kubota N, Fukami A, Yamasaki Y: Comparison of Normal Permanent and Primary Dentition Sagittal Tooth-Crown Inclinations of Japanese Females, Journal of Craniomandibular Practice,30(1):41-51, 2012.
窪田直子
  • Murakami D, Inada E, Saitoh I, Takemoto Y, Morizono K, Kubota N, Iwasaki T, Oku T, Yamasaki Y:Morphological differences of facial soft tissue contours from child to adult of Japanese males: a three-dimensional cross-sectional study. Arch Oral Biol. 59(12):1391-1399, 2014.
  • Inada E, Saitoh I, Murakami D, Kubota N, Takemoto Y, Iwasaki T, Nakakura-Ohshima K, Hayasaki H, Yamasaki Y. Relationship between nasal and skeletal landmarks on lateral cephalograms of adults. Australian Journal of Forensicscience. 46(3): 339-347, 2014.
  • Kubota N, Hayasaki H, Saitoh I, Iwase Y, Maruyama T, Inada E, Hasegawa H, Yamada C, Takemoto Y, Matsumoto Y, Yamasaki Y.Jaw motion during gum-chewing in children with primary dentition. Cranio. 28(1):19-29, 2010.
武元嘉彦
  • Iwasaki T, Takemoto Y, Inada E, Sato H, Saitoh I, Kakuno E, Kanomi R, Yamasaki Y: Three-dimensional cone-beam computed tomography analysis of enlargement of the pharyngeal airway by the Herbst appliance. American Journal of Orthodontics & Dentofacial Orthopedics, 146(6):776-785, 2014
  • Iwasaki T, Takemoto Y, Inada E, Sato H, Suga H, Saitoh I, Kakuno E, Kanomi R, Yamasaki Y: The effect of rapid maxillary expansion on pharyngeal airway pressure during inspiration evaluated by computational fluid dynamics. International Journal of Pediatric Otorhinolaryngology, 78:1258-1264, 2014.
  • Takemoto Y, Saitoh I, Iwasaki T, Inada E, Yamada C, Iwase Y, Shinkai M, Kanomi R, Hayasaki H, Yamasaki Y: Cephalometric Comparative Study of Pharyngeal Airway in Children with Prognathism and Normal Occlusion, The Angle Orthodontist, 81(1):77-82, 2011.
橋口真紀子
  • Sato H, Hashiguchi M, Kitaue M, Yamsaki Y: Dysphagia rehabilitation for infant, child and adolescence in pediatric dentistry, 56th THE COREAN ACADEMY OF PEDIATRIC DENTISTRY ANNUAL CONGRESS 2015,2015.4.18,19.Seoul.
  • Hashiguchi M, Sato H, Nishi Y, Ban S, Krnel K, Kocjan A, Kosmac T:Effect of surface treatments on bonding strength of zirconia to dental cements.Key Engineering Materials Vols,396-398:575-578, 2009.
  • Hashiguchi M, Nishi Y, Kanie T, Ban S, Nagaoka E:Bactericidal efficacy of glycine-type amphoteric surfactant as a denture cleaner and its influence onproperties of denture base resins.Dental Material Journal,Vol.28(3):307-314, 2009.
菅北斗
  • Suga H, Mishima K, Nakano H, Nakano A, Matsumura M, Mano T, Yamasaki Y, Ueyama Y: Different therapeutic mechanisms of rigid and semi-rigid mandibular repositioning devices in obstructive sleep apnea syndrome. J Craniomaxillofac Surg. 42(8):1650-1654, 2014.
  • Iwasaki T, Takemoto Y, Inada E, Sato H, Suga H, Saitoh I, Kakuno E, Kanomi R, Yamasaki Y: The effect of rapid maxillary expansion on pharyngeal airway pressure during inspiration evaluated using computational fluid dynamics. Int J Pediatr Otorhinolaryngol. 78(8):1258-1264, 2014.
  • Nakano H, Mishima K, Matsushita A, Suga H, Matsumura M, Mano T, Fukuda T, Hara H, Yamashita H, Ueyama Y: Efficacy of the Silensor for treating obstructive sleep apnea syndrome. Oral Maxillofac Surg. 17(2):105-108, 2013.
村上大輔
  • Inada E, Saitoh I, Yu Y, Tomiyama D, Murakami D, Takemoto Y, Morizono K, Iwasaki T, Iwase Y, Yamasaki Y: Quantitative evaluation of toothbrush and arm-joint motion during tooth brushing. Clin Oral Investig.19(6):1451-1462, 2015.
  • Murakami D, Inada E, Saitoh I, Takemoto Y, Morizono K, Kubota N, Iwasaki T, Oku T, Yamasaki Y: Morphological differences of facial soft tissue contours from child to adult of Japanese males: a three-dimensional cross-sectional study. Arch Oral Biol. 59(12):1391-1399, 2014.
  • Inada E, Saitoh I, Nakakura-Ohshima K, Maruyama T, Iwasaki T, Murakami D, Tanaka M, Hayasaki H, Yamasaki Y: Association between mouth opening and upper body movement with intake of different-size food pieces during eating. Arch Oral Biol. 57(3):307-313, 2012.
森園健
  • Inada E, Saitoh I, Yu Y, Tomiyama D, Murakami D, Takemoto Y, Morizono K, Iwasaki T, Iwase Y, Yamasaki Y: Quantitative evaluation of toothbrush and arm-joint motion during tooth brushing. Clin Oral Investig. 19(6):1451-1462, 2015.
  • Murakami D, Inada E, Saitoh I, Takemoto Y, Morizono K, Kubota N, Iwasaki T, Oku T, Yamasaki Y: Morphological differences of facial soft tissue contours from child to adult of Japanese males: a three-dimensional cross-sectional study. Arch Oral Biol. 59(12):1391-1399, 2014.

主な特許等(出願中も含む)

名称 / 出願日発明者等、出願番号
顎顔面部の流体構造錬成解析を用いた気道通気状態解析システム
国際特許出願中 2015.7.8.
Iwasaki Tomonori JP2015/069666,
診断装置、診断システム、診断方法及びプログラム
特許出願中 2014.7.10.
岩崎智憲 2014-142076,
歯冠の誤飲防止具
特許出願中 2014.4.1
岩崎智憲 2014-075685
気道通気状態検査システム,国立大学法人鹿児島大学知的財産
ノウハウ取得 2009. 2.9.
岩崎智憲 08KOO1

共同開発・研究

  • 医学系:鹿児島大学 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学分野、小児外科学分野、泌尿器科学分野、鹿児島大学 医用ミニブタ・先端医療開発研究センター 遺伝子発現制御学分野、独立行政法人 国立成育医療研究センター研究所 生殖・細胞医療研究部、山梨大学小児科学分野、岡山大学 医学部消化器外科、山口大学 耳鼻咽喉科学分野、藤田保健衛生大学 形成外科学分野、Stanford University School of Medicine
  • 歯学系:新潟大学 小児歯科学分野、大阪大学 顎顔面口腔矯正学教室、鶴見大学 歯科補綴学第一講座、東北大学 小児歯科学分野、金沢大学 歯科口腔外科学分野、山口大学 歯科口腔外科学分野、医療法人社団 カノミ矯正・小児歯科クリニック
  • 工学系:鹿児島大学大学院理工学研究科 機械工学科、茨城工業高等専門学校 電気電子システム工学科

主な研究費取得状況

山﨑要一
事業・種目 / 期間研究
文部科学研究費
挑戦的萌芽 代表
2014年-2015年
上気道通気障害小児の過大吸気陰圧は下顎を後退させる
-流体構造連成解析を用いて-
基盤(B) 代表
2013年-2015年
気道通気障害と口蓋扁桃肥大が小児の咀嚼・嚥下機能におよぼす包括的研究
基盤(B) 代表
2010年-2012年
流体シミュレーション技法による3次元管腔気道形態の通気機能と顎咬合状態の関連評価
岩崎智憲
事業・種目 / 期間研究
文部科学研究費
挑戦的萌芽 代表
2013年-2014年
小児期気道通気障害による吸気時過大陰圧の漏斗胸原因・増悪因子としての機序解明
文部科学研究費
基盤(C) 代表
2010年-2012年
流体シミュレーションによる小児 OSAS の通気障害部位の特定と治療予測モデルの構築
文部科学研究費
基盤(C) 代表
2007年-2009年
基盤研究(C),2007年度~2009年度,コーンビームX線CTによる小児の気道と顎顔面形態の流体力学的研究
佐藤秀夫
事業・種目 / 期間研究
文部科学研究費
基盤(C) 分担
2013年-2015年
未熟児の摂食・嚥下機能の評価  ‐4次元超音波装置を用いた検討‐
文部科学研究費
基盤(B) 分担
2010年-2013年
オールセラミックレストレーション実現のためのジルコニア表面改質法の開発
文部科学研究費
若手(B) 代表
2009年-2010年
ジルコニアナノ界面制御型接着システムの創製
稲田絵美
事業・種目 / 期間研究
文部科学研究費
基盤(C) 代表
2014年-2016年
独自の視点からのヒト歯髄幹細胞の同定、選択的濃縮および特性解析
文部科学研究費
基盤(B) 分担
2013年-2016年
乳歯歯髄由来ヒトiPS細胞からの歯形成細胞への分化誘導制御
文部科学研究費
若手(B) 代表
2011年-2012年
小児の食事動作の発達を運動計測から解明する新たな試み
窪田直子
事業・種目 / 期間研究
文部科学研究費
基盤(C) 分担
2014年-2016年
独自の視点からのヒト歯髄幹細胞の同定、選択的濃縮および特性解析
文部科学研究費
基盤(B) 分担
2013年-2016年
乳歯歯髄由来ヒトiPS細胞からの歯形成細胞への分化誘導制御
文部科学研究費
基盤(C) 代表
2012年-2014年
真の癌幹細胞マーカーは未分化細胞特異的転写因子Oct-3/4であることの証明
武元嘉彦
事業・種目 / 期間研究
文部科学研究費
若手(B) 代表
2015年-2016年
小児における口呼吸が誘発する異常咀嚼・嚥下機能の3次元動態解析
文部科学研究費
若手(B) 代表
2012年-2013年
呼吸様式は「食べ方」に影響するのか?
文部科学研究費
基盤(B) 分担
2010年-2012年
流体シミュレーション技法による3次元管腔気道形態の通気機能と顎咬合状態の関連評価
橋口真紀子
事業・種目 / 期間研究
文部科学研究費
基盤(C) 分担
2009年-2012年
ポリマーブレンドを応用したウレタン系義歯床用材料の開発研究
文部科学研究費
若手(B) 代表
2008年-2009年
ジルコニアを部分床義歯のクラスプに応用するための先駆的研究
菅北斗
事業・種目 / 期間研究
文部科学研究費
若手(B) 代表
2015年-2017年
いびきの音響解析を用いた OSAS 診断のための新たな検査法の開発
文部科学研究費
若手(B) 代表
2013年-2014年
いびきの音響解析を用いた新たな口腔内装置の適応基準の確立
文部科学研究費
研究活動スタート支援 代表
2011年-2012年
いびきの音響解析を用いた睡眠中の気道狭窄部位の診断法の開発

分野サイト

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内