微生物学スタッフ

当分野では、ヒト感染症の臨床的課題を解決するために、臨床で分離されるさまざまな細菌の病原因子と多様性を明らかにすることを主眼として分子疫学的研究・ゲノム解析の研究を進めています。
また、医療関連感染の制御を目標とした地域連携組織である鹿児島ICTネットワークの事務局として鹿児島県の感染制御レベルの向上に努めるとともに、ワクチンの有効性を明らかにする疫学調査を通じて公衆衛生・予防医学に関わる研究にも取り組んでいます。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 健康科学専攻 Health Research Course
大講座 感染防御学 Infection and Immunity
分野 微生物学 Microbiology
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~bacterio/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5276 / FAX.099-264-5643

主要研究テーマ

細菌の病原因子と多様性 Virulence factors and diversity of bacteria
細菌の分子疫学研究 Molecular epidemiology of bacteria
細菌のゲノム解析 Genome analysis of bacteria
感染制御の地域ネットワーク Local network of infection control
ワクチンの有効性に関する疫学調査 Epidemiological study on vaccine effectiveness

スタッフ

staff01

教授
氏名 西順一郎 Junichiro NISHI
専門分野 臨床微生物学、感染症学、感染制御学
研究テーマ ・下痢原性大腸菌の分子疫学
・腸管凝集性大腸菌の病原因子
・MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の分子疫学
・インフルエンザ菌の病原因子
・医療関連感染の制御
・鹿児島県の侵襲性細菌感染症の疫学
・ロタウイルスワクチンの有効性の評価

研究者総覧 リポジトリ


准教授:吉家清貴

准教授
氏名 吉家清貴 Kiyotaka YOSHIIE
専門分野 細菌学、リケッチア学
研究テーマ ・Bartonella henselae の血管内皮細胞増殖促進因子
・Bartonella henselae の好中球アポトーシス抑制因子
・環境由来細菌の病原・薬剤耐性遺伝子の伝播

研究者総覧 リポジトリ


講師:大岡唯祐

講師
氏名 大岡唯祐 Tadasuke OOKA
専門分野 細菌学、ゲノム微生物学
研究テーマ ・病原細菌の分子疫学
・病原細菌のゲノムおよびゲノム比較解析
・新興病原菌 Escherichia albertii の病原機構
・病原因子の水平伝播機構

研究者総覧 リポジトリ


助教:藺牟田直子

助教
氏名 藺牟田直子 Naoko IMUTA
専門分野 臨床細菌学、分子疫学
研究テーマ ・下痢原性大腸菌の分子疫学
・腸管凝集性大腸菌の病原因子
・MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の分子疫学
・細菌のバイオフィルム形成能

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

西順一郎
  1. Kawamura H, Matsumoto K, Shigemi A, Orita M, Nakagawaa A, Nozima S, Tominaga H, Setoguchi T, Komiya S, MD, Tokuda K, Nishi J. The bundle including active surveillance, contact precaution for carriers, and cefazolin-based antimicrobial prophylaxis prevents methicillin-resistant Staphylococcus aureus infections in clean orthopedic surgery. Am J Infect Control  2015 (in press)
  2. Tajiri H, Nishi J, Ushijima K, Shimizu T, Ishige T, Shimizu M, Tanaka H, Brooks S. A role for fosfomycin treatment in children for prevention of hemolytic uremic syndrome accompanying Shiga toxin-producing Escherichia coli infection Int J Antimicrob Agents 2015 (in press)
  3. Nishi J, Tokuda K, Imuta N, Minami T, Kawano Y. Prospective safety monitoring of Haemophilus influenzae type b and heptavalent pneumococcal conjugate vaccines in Kagoshima, Japan. Jpn J Infect Dis. 2013;66(3):235-237
  4. Kawamura H, Nishi J, Imuta N, Tokuda K, Miyanohara H, Hashiguchi T, Zenmyo M, Yamamoto T, Ijiri K, Kawano Y, Komiya S. Quantitative analysis of biofilm formation of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA) strains from patients with orthopaedic device-related infections. FEMS Immunol Med Microbiol. 2011;63(1):10-15
  5. Tokuda K, Nishi J, Imuta N, Fujiyama R, Kamenosono A, Manago K, Kawano Y. Characterization of typical and atypical enteroaggregative Escherichia coli in Kagoshima, Japan: biofilm formation and acid resistance. Microb Immunol. 2010, 54(6):320-329

吉家清貴
  1. Miyahara E, Nishie M, Takumi S, Miyanohara H, Nishi J, Yoshiie K, Oda H, Takeuchi M, Komatsu M, Aoyama K, Horiuchi M, Takeuchi T. Environmental mutagens may be implicated in the emergence of drug-resistant microorganisms. FEMS f003-01 letters 2011;317:109-116.
  2. Ge Y, Yoshiie K, Kuribayashi F, Lin M, Rikihisa Y. Anaplasma phagocytophilum inhibits human neutrophil apoptosis via upregulation of bfl-1, maintenance of mitochondrial membrane potential and prevention of caspase 3 activation. Cellular f003-01 2005;7:29-38.
  3. Maeno N, Yoshiie K, Matayoshi S, Fujimura T, Mao S, Wahid MR, Oda H. A heat-stable component of Bartonella henselae upregulates intercellular adhesion molecule-1 expression on vascular endothelial cells. Scandinavian journal of immunology 2002;55:366-372.
  4. Yoshiie K, Kim HY, Mott J, Rikihisa Y. Intracellular infection by the human granulocytic ehrlichiosis agent inhibits human neutrophil apoptosis. Infection and immunity 2000;68:1125-1133.
  5. Yoshiie K, Matayoshi S, Fujimura T, Maeno N, Oda H. Induced production of nitric oxide and sensitivity of alveolar macrophages derived from mice with different sensitivity to Coxiella burnetii. Acta virologica 1999;43:273-278.

大岡唯祐
  1. Ooka T, Ogura Y, Katsura K, Seto K, Kobayashi H, Kawano K, Tokuoka E, Furukawa M, Harada S, Yoshino S, Seto J, Ikeda T, Yamaguchi K, Murase K, Gotoh Y, Imuta N, Nishi J, Gomes TA, Beutin L, Hayashi T. Defining the genome features of Escherichia albertii, an emerging enteropathogen closely related to Escherichia coli. Genome Biol. Evol, 2015 (in press)
  2. Ooka T, Tokuoka E, Furukawa M, Nagamura T, Ogura Y, Arisawa K, Harada S, Hayashi T. Human gastroenteritis outbreak associated with Escherichia albertii, Japan. Emerging infectious diseases 2013;19:144-146
  3. Ooka T, Seto K, Kawano K, Kobayashi H, Etoh Y, Ichihara S, Kaneko A, Isobe J, Yamaguchi K, Horikawa K, Gomes TA, Linden A, Bardiau M, Mainil JG, Beutin L, Ogura Y, Hayashi T. Clinical significance of Escherichia albertii. Emerging infectious diseases 2012;18:488-492
  4. Ooka T, Terajima J, Kusumoto M, Iguchi A, Kurokawa K, Ogura Y, Asadulghani M, Nakayama K, Murase K, Ohnishi M, Iyoda S, Watanabe H, Hayashi T. Development of a multiplex PCR-based rapid typing method for enterohemorrhagic Escherichia coli O157 strains. Journal of clinical f003-01 2009;47:2888-2894.
  5. Ooka T, Ogura Y, Asadulghani M, Ohnishi M, Nakayama K, Terajima J, Watanabe H, Hayashi T. Inference of the impact of insertion sequence (IS) elements on bacterial genome diversification through analysis of small-size structural polymorphisms in Escherichia coli O157 genomes. Genome research 2009;19:1809-1816

藺牟田直子
  1. Kawamura H, Tokuda K, Imuta N, Kubota T, Koriyama T, Miyanohara H, Hashiguchi T, Kawano Y, Nishi J. Epidemiological analysis of nosocomial MRSA outbreaks using phage open-reading frame typing in a tertiary-care hospital. Jpn J Infect Dis. 2016 (in press)
  2. Tamai M, Matsushita S, Miyanohara H, Imuta N, Ikeda R, Kawai K, Nishi J, Sakamoto A, Shigihara T, Kanekura T. Antimicrobial effect of an ultrasonic levitation washer disinfector with silver electrolysis and ozone oxidation on methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA). J Dermatol 2013;40(12):1020-1026
  3. Ueno K, Nishi J, Imuta N, Tokuda K, Kawano Y. Presence of multiple copies of capsulation loci in invasive Haemophilus influenzae type b (Hib) strains in Japan before introduction of the Hib conjugate vaccine. Microb Immunol 54(3):160-163, 2010
  4. Imuta N, Nishi J , Tokuda K, Fujiyama R, Manago K, Iwashita M, Sarantuya J, Kawano Y. Escherichia coli efflux pump TolC promotes aggregation of enteroaggregative E. coli 042. Infect Immun 2008;76(3):1247-1256
  5. Wakimoto N, Nishi J, Sheikh J, Nataro JP, Sarantuya J, Iwashita M, Manago K, Tokuda K, Yoshinaga M, Kawano Y. Quantitative biofilm assay using microtiter plate to screen for enteroaggregative Escherichia coli. Am J Trop Med Hyg 2004;71(5):687-690

主な研究費取得状況

西順一郎
事業・種目 / 期間研究
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
平成26~平成28年度
小児由来の腸管凝集性大腸菌のゲノム解析を通じた病原・薬剤耐性遺伝子伝播機構の研究
科学研究費補助金
基盤研究(B)
分担(代表:中島利博)
平成25~平成27年度
中央アジアで蔓延するリウマチ性心疾患総合対策のための分子疫学的研究
厚生労働科学研究費補助金
分担(代表:大石和徳)
平成27年度
新興・再興感染症及び予防接種政策推進研究事業 「成人の重症肺炎サーベイランス構築に関する研究」
日本医療研究開発機構研究費
分担(代表:庵原俊昭)
平成27年度
新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業「Hib、肺炎球菌、HPV及びロタウイルスワクチンの各ワクチンの有効性、安全性並びにその投与方法に関する基礎的・臨床的研究」
科学研究費補助金
基盤研究(C)
分担(代表:徳田)
平成24~平成27年度
ヒブワクチン効果に影響するインフルエンザ菌莢膜遺伝子重複の細菌学的・疫学的研究
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
平成23~平成25年度
下痢症患児由来の大腸菌における病原遺伝子・薬剤耐性遺伝子のパンゲノム解析
科学研究費補助金
基盤研究(B)
分担(代表:竹内 亨)
平成21~平成23年度
環境介入による薬剤耐性菌の発生制御を目指す研究
科学研究費補助金
基盤研究(C)
分担(代表:徳田 浩一)
平成21~平成23年度
ヒブワクチン導入前後のインフルエンザ菌莢膜遺伝子重複と抗体親和力の研究
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
平成20~平成22年度
新興病原菌としての腸管凝集性大腸菌の分子疫学研究とイムノクロマト迅速診断法の開発
科学研究費補助金
基盤研究(C)
分担(代表:野村 裕一)
平成20~平成22年度
炎症と細胞傷害の悪循環に関与する核内蛋白・HMGB1 による新しい川崎病重症度評価
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
平成17~平成19年度
小児遷延性感染症の病原菌におけるバイオフィルム形成能の検討と新規関連遺伝子の同定
科学研究費補助金
基盤研究(B)代表
平成12~平成15年度
腸管出血性大腸菌の腸管粘膜付着を阻止するための粘膜ワクチン開発
科学研究費補助金
挑戦的萌芽 代表
平成10~平成12年度
ラット・マウス全胚培養下の遺伝子制御による心奇形関連遺伝子の研究
吉家清貴
事業・種目 / 期間研究
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
平成17~平成19年度
バルトネラ菌由来血管内皮細胞増殖促進因子の分子生物学的解析と臨床応用
大岡唯祐
事業・種目 / 期間研究
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
平成26~平成28年度
新興病原体 Escherichia albertii の疫学および病原性の解明
科学研究費補助金
基盤研究(C)
分担(代表:西 順一郎)
平成26~平成28年度
小児由来の腸管凝集性大腸菌のゲノム解析を通じた病原・薬剤耐性遺伝子伝播機構の研究
科学研究費補助金
基盤研究(C)
分担(代表:藺牟田 直子)
平成26~平成28年度
腸管凝集性大腸菌の遺伝的多様性の解析に基づく凝集関連因子の同定と新規検査法の開発
公益財団法人 黒住医学研究振興財団
第20回研究助成金 代表
平成24年度
新規病原菌種 Escherichia albertii : ゲノム情報に基づく診断疫学マーカーの確立とヒト及び動物における腸内常在性の解明
科学研究費補助金
若手研究(B)代表
平成23~平成24年度
新規下痢原性病原菌 Escherichia albertii のゲノム及び病原性解析
科学研究費補助金
基盤研究(B)
分担(代表:林 哲也)
平成20~平成22年度
新世代DNA塩基配列決定技術を用いた大腸菌 pan-genome の解明
科学研究費補助金
科若手研究(B)代表
平成20~平成21年度
腸管出血性大腸菌の新規DNA修復機構の同定と機能解析
科学研究費補助金
基盤研究(B)
分担(代表:林 哲也)
平成18~平成19年度
腸管の粘膜表層に常在する細菌群のゲノム解析
科学研究費補助金
特定領域研究
分担(代表:林 哲也)
平成17~平成21年度
腸管出血性大腸菌を中心とした腸管感染菌の病原性ゲノム基盤の解明と臨床応用
藺牟田直子
事業・種目 / 期間研究
科学研究費補助金
基盤研究(C)代表
平成26~平成28年度
腸管凝集性大腸菌の遺伝的多様性の解析に基づく凝集関連因子の同定と新規検査法の開発

分野サイト