研究テーマ(研究室紹介)

医療関節材料開発講座(京セラメディカル)

臨床研究班(石堂)は、鹿児島県の大腿骨骨折疫学調査と人工関節の研究(バイオメカニクス・材料)をしながら、鹿児島骨バンクを設立・運営しており、基礎研究班(前田)は、骨・軟骨の分化・再生と骨/軟骨肉腫の分化誘導療法を目的として、その分子メカニズムについて生化学的手法を駆使して研究しています。


医療関節材料開発講座医療関節材料開発講座医療関節材料開発講座医療関節材料開発講座

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科  Graduate School of Medical and Dental Sciences
  寄附講座 Endowed Courses
講座 医療関節材料開発講座(京セラ) Medical Joint Materials (KYOCERA)

連絡先

TEL.099-275-5381 / FAX.099-265-4699

主要研究テーマ

SnoNのTGF-βとBMPのシグナル・クロストークを介した軟骨細胞の分化・成熟抑制 SnoN suppresses maturation of chondrocytes by mediating signal cross-talk between transforming growth factor-β and bone morphogenetic protein pathways.
BMPシグナルにより誘導されたSmpd3によるAkt経路抑制を介した軟骨細胞成熟抑制 BMP signaling upregulates neutral sphingomyelinase 2 to suppress chondrocyte maturation via the Akt signaling pathway as a negative feedback mechanism.
Hivep3による骨芽細胞・軟骨細胞の分化制御に重要なAlg2の誘導 Human Immunodeficiency Virus Type I Enhancer Binding Protein 3 is Essential for the Expression of Asparagine-linked Glycosylation 2 in the Regulation of Osteoblast and Chondrocyte Differentiation.
軟骨肉腫細胞の悪性度におけるTGF-βシグナルとPEG10の役割 Roles of TGF-β signaling and PEG10 in malignant phenotypes of chondrosarcoma cells.
脊柱靭帯骨化症原因候補遺伝子の機能解析 Functional analysis of causative candidate genes for ossification of spinal ligament.

スタッフ

小宮節郎Komiya Setsuro

教授(兼務)
氏名 小宮節郎 Setsuro KOMIYA
専門分野 整形外科学、股関節外科学、骨軟部腫瘍学
研究テーマ ・股関節外科
・骨軟部腫瘍の分子制御

研究者総覧 リポジトリ


石堂康弘 Ishidou Yasuhiro

特任准教授
氏名 石堂康弘 Yasuhiro ISHIDOU
専門分野 股関節外科、脊椎外科、脊椎内視鏡
日本整形外科学会認定医・脊椎脊髄病医
脊椎脊髄外科指導医
日本体育協会公認スポーツドクター
研究テーマ ・人工関節、バイメカニクス、人工関節材料
・骨再生、変形性関節症、骨粗鬆症

研究者総覧 リポジトリ


前田真吾 Shingo Maeda

特任准教授
氏名 前田真吾 Shingo MAEDA
専門分野 骨代謝学、軟骨代謝学、分子細胞生物学、整形外科学
研究テーマ ・骨芽細胞・軟骨細胞の分化とTGF-ファミリー・シグナル
・軟骨肉腫細胞の分子制御

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

前田真吾、石堂康弘、小宮節郎
  • SnoN suppresses maturation of chondrocytes by mediating signal cross-talk between transforming growth factor-β and bone morphogenetic protein pathways. Kawamura I, Maeda S (corresponding), Imamura K, Setoguchi T, Yokouchi M, Ishidou Y, Komiya S. J Biol Chem 287(34):29101-29113, 2012.

前田真吾、石堂康弘、小宮節郎
  • BMP signaling upregulates neutral sphingomyelinase 2 to suppress chondrocyte maturation via the Akt signaling pathway as a negative feedback mechanism. Kakoi H, Maeda S (equally first, corresponding), Shinohara N, Matsuyama K, Imamura K, Kawamura I, Nagano S, Setoguchi T, Yokouchi M, Ishidou Y, Komiya S. J Biol Chem 289(12) : 8135-8150, 2014.

前田真吾、石堂康弘、小宮節郎
  • Human Immunodeficiency Virus Type I Enhancer Binding Protein 3 is Essential for the Expression of Asparagine-linked Glycosylation 2 in the Regulation of Osteoblast and Chondrocyte Differentiation. Imamura K, Maeda S (corresponding), Kawamura I, Matsuyama K, Shinohara N, Yahiro Y, Nagano S, Setoguchi T, Yokouchi M, Ishidou Y, Komiya S. J Biol Chem 289(14) : 9865-9879, 2014.

前田真吾
  • Nakajima M, Takahashi A, Tsuji T, 省略, Maeda S (34人中12番目), 省略, Ikegawa S. A genome-wide association study identifies susceptibility loci for ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine. Nat Genet, 46: 1012-1016, 2014.

主な研究費取得状況

前田真吾
事業・種目 / 期間研究
科学研究費補助金
基盤研究(C)
平成27~29年度
骨髄脂肪化原因候補遺伝子Atoh8の骨芽細胞・脂肪細胞分化選別における機能解析
科学研究費補助金
基盤研究(C)
平成23~25年度
癌関連蛋白スノーエヌの変形性関節症制御標的分子としての機能解析
科学研究費補助金
基盤研究(B)
平成21年度
新規骨特異的チャネル分子パネキシン3の骨形成における機能解析
細胞科学研究財団
研究助成
平成25~26年度
間葉系幹細胞からの骨芽細胞・脂肪細胞・軟骨細胞の分化選別におけるインプリンティング遺伝子Peg10の役割の解明
日本股関節研究振興財団
研究助成金
平成24~25年度
変形性関節症予防を目的とした関節軟骨変性とリンクする肥大軟骨細胞分化を制御する標的分子の同定と機能解析
石堂康弘
事業・種目研究 
科学研究費補助金
基盤研究(C)
平成26~28年度
TGF-βとc-Mycの接点Myct1~その軟骨細胞分化・成熟における役割~  
科学研究費補助金
基盤研究(C)
平成23~25年度
骨量規定転写因子シュニュリ3の新規標的遺伝子同定と機能解析  
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内