研究テーマ(研究室紹介)

 

顎顔面放射線学 スタッフ

当分野においては、臨床面では顎顔面領域の画像診断をはじめ、CT、MRI、核医学といった特殊検査、インプラント検査や造影検査、放射線治療などを行っています。研究面では、顎顔面領域疾患の診断の向上のための研究、活性酸素、ミトコンドリアをターゲットとした様々な疾患の原因解明に関する研究、宇宙放射線や、臨床レベルの放射線に対する人体への影響についての研究などを行っています。教育面では、歯科放射線学や臨床系実習に加え、選択科目において、教官と一緒に文献を読んだり研究活動を行っています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 腫瘍学 Oncology
分野 顎顔面放射線学 Maxillofacial Radiology
分野サイト http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/dentrad/index.html

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-6272 / FAX.099-275-6278

主要研究テーマ

顎顔面領域のCT、MRI 及び核医学診断のコンピュータを用いた研究 Computer-aided diagnostic studies for the dento-maxillo regions using CT, MRI and nuclear imaging
顎関節症の画像診断学的研究 Studies for diagnosis for TMJ disease
癌治療に関する基礎研究 Studies for cancer treatments
宇宙放射線の人体に対する影響の研究 Studies for cosmic-ray exposure effect on human body
活性酸素が関連する疾病の発生機序の解明研究 Studies for mechanism of reactive oxygen related diseases
ミトコンドリアが関連する疾病の発生機序解明研究 Studies for mechanism of mitochondria related diseases

スタッフ

馬嶋秀行 Hideyuki MAJIMA

教授
氏名 馬嶋秀行 Hideyuki MAJIMA
専門分野 放射線学
研究テーマ ・ミトコンドリア学
・MnSODの放射線感受性に及ぼす効果
・宇宙放射線細胞障害

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

准教授
氏名 犬童寛子 Hiroko INDO
専門分野 歯科放射線学、画像診断学
研究テーマ ・CT画像分析、MR画像診断
・酸化ストレスとミトコンドリア

研究者総覧 リポジトリ


末永重明 Shigeaki SUENAGA

講師(病院籍)
診療准教授
氏名 末永重明 Shigeaki SUENAGA
専門分野 顎関節疾患、画像診断学
研究テーマ ・頭頚部腫瘍性疾患の総合画像診断
・顎関節症のMR画像診断
・Mechanical stressに伴う顎関節症およびリウマチ性関節炎の分子機構
・顎関節症とエストロゲン動態

研究者総覧 リポジトリ


松本 邦史 Kunihito MATSUMOTO

講師(病院籍)
氏名 松本邦史 Kunihito MATSUMOTO
専門分野 歯科放射線学
研究テーマ ・顎関節疾患の診断 / 治療
・CBCT画像分析

研究者総覧 リポジトリ

 


川畑義裕 Yoshihiro KAWABAT

助教(病院籍)
氏名 川畑義裕 Yoshihiro KAWABATA
専門分野 画像診断学
研究テーマ ・核医学検査(骨、腫瘍、唾液腺シンチ)

研究者総覧 リポジトリ


nagayama.jpg

助教
氏名 永山知宏 Tomohiro NAGAYAMA
専門分野 画像診断学
研究テーマ ・造影CTの画像診断

研究者総覧 リポジトリ

 


長澤大成 Taisuke NAGASAWA

助教
氏名 長澤大成 Taisuke NAGASAWA
専門分野 画像診断学
研究テーマ ・造影CTの画像診断

研究者総覧 リポジトリ

 


 

主な研究実績

馬嶋秀行
  • ミトコンドリア由来活性酸素消去酵素MnSODが細胞死を抑制することを世界で初めて明らかにした (Majima et al, JBC 1998)。
  • 宇宙に滞在した細胞と地上で生育した細胞の遺伝子発現に違いがあることを明らかにした (Majima et al, Space Utiliz Res 2012)。

犬童寛子
  • 細胞内の活性酸素について、その大部分がミトコンドリア由来であることを明らかにした (Indo et al, Mitochondrion 2007)。
  • 微量放射線照射によって、抗酸化酵素をはじめとする遺伝子の発現が変化することを明らかにした (Indo et al, JCBN 2015)。

末永重明
  • 関節炎病変において、体内濃度のエストロゲン投与により、活性酸素発生や細胞死が抑制されることを明らかにした (Suenaga et al, Nitric Oxide Biology and Chemistry 2010)。

共同開発・研究

  • 医学系: 筑波大学 消化器内科、東京大学 医学部、九州大学 先端融合医療レドックスナビ研究拠点、弘前大学 医学部、農業生物資源研究所、JAXA、放射線医学総合研究所、ケンタッキー大学 マーキー癌研究所 (アメリカ)、Chang Gung University (台湾)、西北工業大学(中国)、Heart Research Institute (オーストラリア) 等
  • 歯学系:日本大学松戸歯学部、日本大学歯学部、鹿児島大学歯科矯正学分野 等

産学連携

馬嶋秀行
  • 文部科学省都市エリア研究産学官連携促進事業 食品成分が持つ健康増進効果の総合的検証システムの開発

主な研究費取得状況

馬嶋秀行
事業・種目 / 期間研究
科研費 基盤研究(C)(分担)
平成25~26年度
口腔癌のリンパ節微小転移に焦点を当てた血流動態変化の流体力学的・画像工学的解析
口腔癌のリンパ節微小転移を、局所末梢血循環のわずかな変化を指標に検出を試みるため、末梢血管循環モデルを作成し実験を行った結果、末梢血液循環変化検出の可能性が実験的に示唆された。
科研費 基盤研究(C)(代表)
平成22~24年度
頭頸部癌治療による口腔粘膜障害低減を目指した内因性酸化ストレス抑制療法の確立
口腔粘膜障害を軽減するため、内因性の酸化ストレスを抑制する因子を調べた。その結果、放射線等の酸化ストレスによって誘導される細胞死が、MnSODで抑制されること、そしてこの抑制は、MnSODがミトコンドリアに局在しなければその効果が無いことを明らかにした。
独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構イノベーション創出基礎的研究推進事業 技術シーズ開発型 (分担)
平成20~23年度
筋肉老化を防ぐ抗ユビキチン化ペプチド及びフラボノイドの開発
ユビキチンリガーゼCbl-bの活性化が筋肉老化の原因の一つとされるが、この活性化を阻害するといわれる植物由来フラボノイドやオリゴペプチドの効果をマウスで検討した結果、タマネギのケルセチンや、プレニル化フラボノイドが強い抗筋萎縮作用があることがわかった。
原子力基礎基盤戦略研究イニシアティブ(分担)
平成20~22年度
クリプトビオシスとリンクした放射線耐性機構の解明研究
100Gy以上の放射線照射にも耐える「クリプトビオシス」という乾燥休眠状態をとることが知られるネムリユスリカを用い、放射線耐性機構を検討した結果、クリプトビオシス前後で大量の活性酸素が発生しDNA損傷が起こるが、これらを抗酸化物質及びDNA修復酵素を作ることで軽減していることがわかった。
科研費 基盤研究(B)(代表)
平成16~17年度
核シグナルによるミトコンドリア由来活性酸素発生の機序解明
細胞が酸化ストレスを受けたときの障害機序の詳細を明らかにするため、細胞に放射線を照射し酸化ストレスを与えると、0.5Gyでミトコンドリア DNA(mtDNA)にdeletionがみられた。また、mtDNA欠失細胞における核DNA関連遺伝子は、正常mtDNAを持つ細胞と比較するとその 18%に発現の変化が見られ、これらのことから、mtDNAに障害が生じることにより、核内の何らかの因子が、このミトコンドリア障害に関与することが示 唆された。
科研費 萌芽研究(代表)
平成15~16年度
ミトコンドリア発生スーパーオキサイドの判定量的検出法の開発
ミトコンドリアから発生する活性酸素について、ESRを用いて半定量的に検出する方法の開発を試みた。その結果、ミトコンドリア由来活性酸素を除去する酵素(MnSOD)の発現を抑えると、ESRにてこの活性酸素を検出することが出来たが、MnSODが多く発現する細胞においてはその検出ができないことがわかった。
科研費 基盤研究(A)(代表)
平成14~15年度
放射線高感受性をきたすミトコンドリア障害関連核内応答遺伝子の同定
放射線感受性が高いミトコンドリアDNA(mtDNA)に障害をもつρ0細胞と、mtDNAが正常な親株(143B)における遺伝子発現変化を調べ、核内 応答遺伝子にどのようなものがあるかを調べた結果、ρ0細胞においてはミトコンドリア関連死遺伝子の発現のみならず、分子シャペロンをはじめとする様々な 発現が変化することを突き止めた。
科研費 基盤研究(C)(代表)
平成12~13年度
ミトコンドリアDNA傷害による放射線感受性決定とその因子の解明
ミトコンドリアDNAに傷害を持ち、放射線感受性が非常に高いρ0細胞に活性酸素を除去する酵素であるMnSODを過剰発現させて放射線感受性の低下が起こるか調べた結果、MnSODがミトコンドリアに局在していない状態では放射性感受性の低下はみられなかった。
犬童寛子
事業・種目 / 期間研究
科研費 基盤研究(C)(代表)
平成23~26年度
28日間宇宙環境に曝露された細胞は細胞死に対して抵抗性を獲得するか?
国際宇宙ステーション(ISS)で14日または28日間培養した細胞について、細胞死等に抵抗性を示すか調べた結果、細胞増殖速度の亢進、活性酸素の増大、抗酸化酵素の活性上昇等が見られ、細胞死に対して抵抗性の獲得が示唆された。
科研費 若手研究(B)(代表)
平成13~14年度
PIXE 分析によるダイナミックMRIと高速螺旋CTでの腫瘍血管、血流の画像評価
MRI検査時に血液を30秒間隔で採取し、Gd造影剤微量混入時のPIXE分析を行ったところ、経時的に血中濃度のGd造影剤が減少しても十分に測定可能であることがわかった。
末永重明
事業・種目 / 期間研究
科研費 基盤研究(C)(代表)
平成22~24年度
エストロゲン依存性疾患の活性酸素種産生に対するエストロゲンレセプター量の役割
ヒト正常繊維芽細胞、ヒト関節滑膜炎細胞、ヒト乳がん由来細胞における、ミトコンドリア由来活性酸素量、脂質の過酸化、細胞死の割合に対するエストロゲン効果はエストロゲンレセプター発現量に依存していた。
科研費 基盤研究(C)(代表)
平成19~20年度
RA滑膜細胞における活性酸素種産生と細胞死に対するミトコンドリアMnSODの効果
RA滑膜細胞における活性酸素発生とMnSODの効果を調べたところ、MnSODはミトコンドリア由来活性酸素を消去する作用があり、細胞障害や、炎症作用を抑制することが示唆された
科研費 基盤研究(C)(代表)
平成16~17年度
エストロゲンレセプター発現細胞におけるNO産生と細胞死に対するエストロゲン効果
リウマチ性関節炎患者の細胞を用い、エストロゲンレセプター発現量によるエストロゲン処理効果を調べた結果、エストロゲンレセプターを高発現している細胞においては、サイトカイン刺激による活性酸素及びNOの発現はエストロゲン処理によって抑制されたが、エストロゲンレセプターをRNAiで抑制した細胞においてはその効果は見られなかった。
科研費 基盤研究(C)(代表)
平成14~15年度
蛍光バイオイメージング法による炎症性滑膜組織内のエストロゲンレセプター動態解析
リウマチ性関節炎患者の細胞を用いエストロゲンレセプター量を蛍光免疫染色し、発現の多寡によるエストロゲン効果を検証した結果、エストロゲン高発現細胞では、サイトカイン刺激による活性酸素、NO産生、アポトーシスの割合がエストロゲン処理により有意に減少していた。
科研費 基盤研究(C)(代表)
平成12~13年度
月経周期でのエストロゲン動態に伴う顎関節症の病変部の分子メカニズムに関する研究
女性顎関節患者における月経周期と疼痛の関連性について検討したところ、月経周期によって痛みの程度に変化があることを明らかにした。さらに、この変化は画像診断による信号強度ともリンクしていた。
科研費 基盤研究(C)(代表)
平成10~11年度
Mechanical Stress に伴う顎関節症の病変部の血管新生に関する研究
顎関節症患者における疼痛と円盤後部組織の造影効果を調べたところ、高い相関が見られた。また、アスピリンで治療を行うとこの造影効果が低下した。この高い造影効果は疼痛発現の原因物質として知られるNOによる血管拡張からの病巣部における血流増加または血管新生によるものであると示唆された。
科研費 基盤研究(C)(代表)
平成7年度
Mechanical Stress に伴う顎関節症の病変部の分子機構に関する研究
顎関節症患者の関節液よりNO濃度を測定し、疼痛、円盤後部組織の造影効果との相関を調べた結果、関節疼痛症例の関節液中のNO濃度は、正常者の血清中濃度に比べ2-3倍と、有意に高い値を示すことがわかった。
科研費 一般研究(C)(代表)
平成5年度
Dynamic MRIによる顎関節円盤後部組織の炎症性病態に関する研究
顎関節症患者に造影剤を用いたDynamic MRIを施行して関節円板後部組織の造影効果を評価したところ、対照群に比べ、疼痛群においては高い造影効果を示すことがわかった。
川畑義裕
事業・種目 / 期間研究
科研費 基盤研究(C)(代表)
平成20~22年度
核医学における放射線耐性薬品輸送タンパク質の腫瘍マーカーとしての可能性の検討
口腔悪性腫瘍患者の病理組織を用いてP-糖蛋白質、Na/K-ATPase、グルコース輸送蛋白、L-アミノ酸輸送蛋白の発現を調べたところ、P-糖蛋白質、Na/K-ATPase、L-アミノ酸輸送蛋白は、腫瘍組織の悪性度組織分化度、放射線薬品の集積度と高い相関を示した。これらの結果は動物実験でも同様の結果が得られたので、放射線薬品輸送蛋白質は腫瘍マーカーとしての可能性が確認された。


分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内