研究テーマ(研究室紹介)

講座イメージ画像

放射線診断治療学分野では、CT や MRI、PET などの核医学検査を含む画像診断、画像に基づく低侵襲治療である Interventional Radiology(IVR)、そして放射線治療(Radiation Oncology)の3領域にわたり、幅広い研究を行っています。画像診断領域では、新規診断技術の基礎研究から各疾患への臨床応用まで取り組み、この分野の目覚ましい進歩に貢献しています。IVR 領域では、動物実験による治療法の開発と臨床研究の両方を進めています。放射線治療領域では、先進治療法の臨床研究や画像による治療効果の予測、合併症の軽減法などの研究に取り組んでいます。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 腫瘍学 Oncology
分野 放射線診断治療学 Radiology
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~radiol/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5417 / FAX.099-265-1106

主要研究テーマ

CTやMRIを用いた画像診断 Diagnostic radiology
核医学診断とアイソトープ治療 Nuclear medicine and radionuclide therapy
インターベンショナル・ラジオロジー Interventional radiology
放射線治療(放射線腫瘍学) Radiation therapy (Radiation oncology)

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 吉浦敬 Takashi YOSHIURA
専門分野 放射線診断学
研究テーマ ・中枢神経の画像診断(形態、機能、分子イメージング)

研究者総覧


staff dummy

准教授
氏名 福倉良彦 Yoshihiko FUKUKURA
専門分野 腹部画像診断
研究テーマ ・肝胆膵腫瘍に対する画像診断法の確立
・膵臓癌の画像による予後予測法の確立

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名  谷 淳至 Atsushi TANI
専門分野  核医学全般
研究テーマ

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名  上村清央 Kiyohisa KAMIMURA
専門分野  画像診断
研究テーマ  ・拡散強調像による下垂体の評価
 ・MRIによる神経膠腫の評価

研究者総覧


staff dummy

 助教
氏名 神宮司メグミ Megumi JINGUJI 
専門分野 放射線画像診断学、核医学 
研究テーマ ・RIを用いた分子イメージングの臨床応用(主に内分泌・腫瘍核医学)
・甲状腺癌やバセドウ病、悪性褐色細胞腫などの内照射治療

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 林完勇 Sadao HAYASHI
専門分野 IVR
研究テーマ ・血管塞栓術

研究者総覧


staff dummy

助教
氏名 米山 知秀 Tomohide YONEYAMA
専門分野 画像診断
研究テーマ

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 東龍太郎 Ryutaro HIGASHI
専門分野 放射線治療
研究テーマ ・膵癌に対する化学放射線療法の予後予測 

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

教授
氏名 内匠浩二 Koji TAKUMI
専門分野 画像診断
研究テーマ ・頭頸部腫瘍性病変の画像診断
・胸部画像診断

研究者総覧


staff dummy

特任助教
氏名 伊藤宗一朗 Souichirou ITOU
専門分野 放射線治療全般
研究テーマ ・子宮頸癌・乳癌のIGBT

研究者総覧


staff dummy

助教
氏名 熊谷雄一 Yuichi KUMAGAE
専門分野 腹部画像診断
研究テーマ ・子宮癌病変のMRI診断について(拡散尖度画像、灌流画像など)

研究者総覧


staff dummy

特任助教
氏名 瀬之口 輝寿 Terutoshi SENOKUCHI
専門分野 IVR
研究テーマ

研究者総覧


staff dummy

特任助教
氏名 袴田 裕人 Hiroto HAKAMADA
専門分野 画像診断
研究テーマ ・胸部画像診断

研究者総覧

主な研究実績

吉浦敬
  • Togao O, Yoshiura T, Keupp J, Hiwatashi A, Yamashita K, Kikuchi K, Suzuki Y, Suzuki SO, Iwaki T, Hata N, Mizoguchi M, Yoshimoto K, Sagiyama K, Takahashi M,Honda H.
    Amide proton transfer imaging of adult diffuse gliomas: correlation with histopathological grades.
    Neuro Oncol. 16(3):441-448. 2014.
  • Yoshiura T, Noguchi T, Hiwatashi A, Togao O, Yamashita K, Nakao T, Nagao E, Kumazawa S, Arimura H, Honda H:
    Age-related microstructural changes in subcortical white matter during postadolescent periods in men revealed by diffusion-weighted MR imaging.
    Hum Brain Mapp 30(10):3142-3150, 2009.
  • Yoshiura T, Higano S, Rubio A, Shrier DA, Kwok WE, Iwanaga S, Numaguchi Y:
    Heschl and superior temporal gyri: low signal intensity of the cortex on T2-weighted MR images of the normal brain.
    Radiology 214 (1) : 217-221, 2000.

中別府良昭
  • Nakabeppu Y, Nakajo M.
    Radionuclide therapy of malignant pheochromocytoma with 131I-MIBG.
    Ann Nucl Med 8(4): 259-268, 1994.
  • Naruo T, Nakabeppu Y, Deguchi D, Nagai N, Tsutsui J, Nakajo M, Nozoe S.
    Decreases in blood perfusion of the anterior cingular gyri in Anorexian Nervosa Restricters assessed by SPECT image analysis.
    BMC Psychiatry 1: 2, 2001.
  • Nakabeppu Y, Nakajo M, Gushiken T, Tsuchimochi S, Tani A, Kanmura Y.
    Decreased perfusion of the billateral thalami in patients with chronic pain detected by Tc-99m-ECD SPECT with statistical
    parametric mapping.
    Ann Nucl Med 15(5): 459-463, 2001.

福倉良彦
  • Fukukura Y, Sindo T, Higashi M, Takumi K, Umanodan T, Yoneyama T, Yoshiura T.
    CT and MRI features of lipid-rich neuroendocrine tumors of the pancreas.
    World J Gastroenterol. 21:10008-10017, 2015.
  • Fukukura Y, Takumi K, Higashi M, Shinchi H, Kamimura K, Yoneyama T,Tateyama A.
    Contrast-enhanced CT and diffusion-weighted MR imaging: performance as a prognostic factor in patients with pancreatic ductal adenocarcinoma.
    Eur J Radiol. 83:612-619, 2014.
  • Fukukura Y, Takumi K, Kamimura K, Shindo T, Kumagae Y,Tateyama A,Nakajo M.
    Pancreatic adenocarcinoma: variability of diffusion-weighted MR imaging findings.
    Radiology. 263:732-740, 2012.

上村清央
  • Kamimura K, Fukukura Y, Yoneyama T, Takumi K, Tateyama A, Umanodan A, Shindo T, Kumagae Y, Ueno S,  Koriyama C and Nakajo M.
    Quantitative Evaluation of Liver Function With T1Relaxation Time Index on Gd-EOB-DTPA-Enhanced MRI: Comparison With Signal Intensity-Based Indices.
    J Magn Reson Imaging. 2014;40(10):884-889.
  • Kamimura K, Nagamachi S, Wakamatsu H, Higashi R, Ogita M, Ueno S, Fujita S, Umemura Y, Fujimoto T, Nakajo M.
    Associations between liver 18F fluoro-2-deoxy-D-glucose accumulation and various clinical parameters in a Japanese population: influence of the metabolic syndrome.
    Ann Nucl Med. 2010 Apr; 24(3):157-161.
  • Kamimura K, Fujita S, Nishii R, Wakamatsu H, Nagamachi S, Yano T, Ogita M, Umemura Y, Fujimoto T, Nakajo M.
    An analysis of the physiological FDG uptake in the stomach with the water gastric distention method.
    Eur J Nucl Med Mol Imaging.2007. Nov; 34(11):1815-1818.

林完勇
  • Hayashi S, Baba Y, Senokuchi T, Nakajo M.
    Efficacy of Venous Sac Emobolization for Pulmonary ArteriovanousMalformations:
    Comparison with Feeding Artery Embolization.
    J Vasc Interv Radiol.2012;23 :1566-1577.
  • Hayashi S, Baba Y, Ueno K,M Nakajo.
    Small arteriovenous malformation of the common bile duct causing hemobilia in a patient with hereditary hemorrhagic telangiectasia.
    Cardiovasc Intervent Radiol.31;S131-S134,2008.
  • Hayashi S, Baba Y, Ueno K, Nakajo M, Kubo F, Ueno S, Aikou T, Komokata T, Nakamura N, Sakata R
    Acceleration of primary liver tumor growth rate in embolized hepatic lobe after portal vein embolization.
    ACTA RADIOLOGICA.48(7):721-727,2007.

内匠浩二
  • Takumi K, Fukukura Y, Higashi M, Ideue J, Umanodan T, Hakamada H, Kanetsuki I, Yoshiura T.
    Pancreatic neuroendocrine tumors : Correlation between the contrast-enhanced computed tomography features and the Pathological tumor grade.
    Eur J Radiol. 2015 Aug;84(8):1436-1443. 
  • Takumi K, Fukukura Y, Shindo T, Kumagae Y, Tateyama A, Kamiyama T, Nakajo M.
    Feasibility of a fixed scan delay technique using a previous tracking technique date for dynamic hepatic CT.
    Eur J Radiol. 2012 Nov;81(11):2996-3001.
  • Takumi K, Fukukura Y, Kamiyama T, Nakajo M, Ohori J, Kurono Y, Higashi M.
    Epithelial-myoepithelial carcinoma of the parotid grand : correlation of dynamic magnetic resonance imaging. (18)F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography, and and pathological findings.
    Jpn J Radiol. 2010 Oct;28(8):618-622.

熊谷雄一
  • Kumagae Y, Fukukura Y, Takumi K, Shindo T, Tateyama A, Kamiyama T, Kamimura K, Nakajo M.
    Distinguishing Adrenal Adenomas from Non-adenomas on Dynamic Enhanced CT: A Comparison of 5- and 10-Minute Delays after IV Contrast Injection.
    Clinical Radiology 2013 68(7): 696-703.
  • Kumagae Y, Jinguji M, Tanaka D, Nakajo M.
    An adult case of bilateral true tracheal bronchi associated with hemoptysis.
    J Thorac Imaging. 21(4): 293-295, 2006.

産学連携

福倉良彦
  • 転移性肝癌存在診断におけるガドキセト酸ナトリウム肝造影 MRI 追加施行の有用性に関する後ろ向き研究

主な研究費取得状況

吉浦敬
事業・種目 / 期間 日本学術振興会科学研究費助成事業 基盤研究(B)/ H26-28
研究 pH強調MR画像の開発と急性期脳梗塞における組織予後推定への応用
Chemical exchange saturation transfer MRIに基づいて急性期脳梗塞における局所pHを測定し、組織予後の推定に役立てる方法を開発する
事業・種目 / 期間 日本学術振興会科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究 / H26-27
研究 MR分子イメージングによる脳内アミロイド検出法の開発:PET/MRIを用いた研究
Chemical exchange saturation transfer MRIに基づいて脳内のアミロイドを検出し、アルツハイマー病の診断等に役立てる方法を開発する
事業・種目 / 期間 日本学術振興会科学研究費助成事業 新学術領域 / H22-26
研究 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク
先進的なMRI技術により脳の形態・機能を定量的に評価する研究の推進を支援する
福倉良彦
事業・種目 / 期間 日本学術振興会科学研究費助成事業 基盤研究(C)/ H27-29
研究 酸素代謝強調MR画像による膵癌の放射線・化学療法効果と予後予測法の確立
膵臓癌における嫌気性解糖系の検出を可能とする酸素代謝強調BOLD MR画像法による切除不能膵臓癌の放射線または化学療法効果に対する予測方法を確立する
事業・種目 / 期間 第1回メディポリス医学研究財団研究助成金 / H27
研究 膵臓癌に対する拡散強調MR画像の最適撮像条件および放射線・化学療法治療効果予測法の確立
膵臓癌に対する拡散強調MR画像の最適撮像条件および放射線治療効果の予測法を確立する
上村清央
事業・種目 / 期間 日本学術振興会科学研究費助成事業 基盤研究(C)/ H27-29
研究 パーキンソン病における神経変性を可視化する細胞内タンパクイメージング法の開発
パーキンソン病の早期診断や他の変性疾患との鑑別診断のための画像診断法は確立していない。近年、APTイメージングと呼ばれるMRIによる新たな分子イメージング法により、細胞内タンパクを高感度に検出できることが明らかになりつつある。本研究の目的は、以下の2つである。
  • APTイメージングに基づいてパーキンソン病における神経変性を可視化する細胞内タンパクイメージング法を開発する
  • 細胞内タンパクイメージングを用いて、パーキンソン病の早期診断および他の変性疾患との鑑別を行う方法を確立する
林完勇
事業・種目 / 期間 日本学術振興会科学研究費助成事業 基盤研究(C)/ H26-28
研究 ウサギ脂肪肝モデルを用いた門脈塞栓術の検討
脂肪肝への門脈塞栓術の影響を評価し、最適な塞栓物質を確立する
永里耕平
事業・種目 / 期間 日本学術振興会科学研究費助成事業 若手研究(B) / H27-28
研究  I 型コラーゲンを用いた安全で効果的な経カテーテル治療用新規液状塞栓物質の開発

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内