研究テーマ(研究室紹介)

当分野は2015年4月に分子細胞病理学分野と人体がん病理学分野とが統合されて出来ました。分子細胞病理学の研究テーマである乳癌と動脈硬化、人体がん病理学分野の研究テーマであるムチン、それぞれの分野の持ち味を活かしつつ、更なる発展を目指しています。従来の病理組織学的手法を基盤に、動物モデルや分子生物学的手法を駆使して研究を行っています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 腫瘍学 Oncology
分野 病理学 Pathology

連絡先

TEL.099-275-5263 / FAX.099-264-6348

主要研究テーマ

乳癌の予後判定因子の研究 Prognostic factor of breast cancer
ラット乳癌モデルの研究 Rat model for analyzing breast cancer
新しい粥状動脈硬化モデルの開発 New animal model of arteriolosclerosis
動脈硬化と関連する炎症因子の分子生物学的研究 Molecular biology for inflammatory factor associated with arteriosclerosis
ムチン分子発現を利用した癌早期診断システムの開発 Development early diagnostic method of cancer used by mucin expression

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 谷本昭英 Akihide TANIMOTO
専門分野 外科病理学、心血管病理学
研究テーマ ・血管細胞生物学
・動脈硬化

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

准教授
氏名 畑中一仁 Kazuhito HATANAKA
専門分野 外科病理学
研究テーマ ・血管細胞生物学
・肺病理学

研究者総覧 


staff dummy

准教授
氏名 東美智代 Michiyo HIGASHI
専門分野 病理学
研究テーマ ・ムチン抗原
・膵胆管系腫瘍

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特任准教授
氏名 川口博明 Hiroaki KAWAGUCHI
専門分野 実験動物学、実験病理学
研究テーマ ・マイクロミニピッグ
・動脈硬化

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 横山勢也 Seiya YOKOYAMA
専門分野 分子生物学
研究テーマ ・ムチンとエピジェネティクス

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 平木翼 Tsubasa HIRAKI
専門分野 外科病理学
研究テーマ ・皮膚、循環器

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 後藤優子 Yuko GOTO
専門分野 外科病理学
研究テーマ ・膵管内乳頭粘液性腫瘍

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 北薗育美 Ikumi KITAZONO
専門分野 外科病理学
研究テーマ ・婦人科腫瘍

研究者総覧 


staff dummy

特任研究員
氏名 濵田大治 Taiji HAMADA
専門分野 分子生物学
研究テーマ ・乳癌の分子細胞病理学

研究者総覧 リポジトリ

 

主な研究実績

  • Noguchi M, Miura N, Ando T, Kubota C, Hobo S, Kawaguchi H, Tanimoto A. Profiles of reproductive hormone in the microminipig during the normal estrous cycle. In Vivo. 2015; 29: 17-22
  • Higashi M, Yokoyama S, Yamamoto T, Goto Y, Kitazono I, Hiraki T, et al. Mucin expression in endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration specimens is a useful prognostic factor in pancreatic ductal adenocarcinoma. Pancreas. 2015l;44(5):728-34.
  • Tsutsui M, Tanimoto A, Tamura M, Mukae H, Yanagihara N, Shimokawa H, Otsuji Y. Significance of nitric oxide synthases: Lessons from triple nitric oxide synthases null mice. J Pharmacol Sci. 2015; 127: 42-52
  • Hamada T, Souda M, Yoshimura T, Sasaguri S, Hatanaka K, Tasaki T, et al. Anti-apoptotic effects of PCP4/PEP19 in human breast cancer cell lines: a novel oncotarget. Oncotarget. 2014; 5: 6076-608
  • Kawaguchi H, Miura N, Ayaori M, Ikegawa M, Noguchi M, Tanimoto A, et al. Rapid Development of Atherosclerosis in the World's Smallest Microminipig fed a high-fat/high cholesterol diet: A Useful Animal Model Because of its Size and Similarity to Human Pathophysiology. J Atheroscler Thromb. 2014; 21: 186-203.
  • Noguchi H, Yamada S, Nabeshima A, Guo X, Tanimoto A, Wang KY, at al. Depletion of apoptosis signal-regulating kinase 1 prevents bile duct ligation-induced necro-inflammation and subsequent peribiliary fibrosis. Am J Pathol. 2014; 184: 644-661.
  • Yamada S, Wang KY, Tanimoto A, Sasaguri Y. Novel function of histamine signaling in hyperlipidemia-induced atherosclerosis: Histamine H1 receptors protect and H2 receptors accelerate atherosclerosis. Pathol Int. 2015; 65: 67-80.
  • Yamaguchi T, Kawaguchi H, Tanimoto A, Iwao H, Yoshiyama M, Izumi Y, et al. A noninvasive metabolic syndrome model using an extremely small minipig, the microminipig. J Pharmacol Sci. 2014; 126: 168-171.
  • Yokoyama S, Kitamoto S, Higashi M, Goto Y, Hara T, Ikebe D, et al. Diagnosis of pancreatic neoplasms using a novel method of DNA methylation analysis of mucin expression in pancreatic juice. PloS one. 2014;9(4):e93760.

主な特許等(出願中も含む)

名称 / 期間 ムチン1(MUC1)タンパク質に対する抗体及びその用途 / 平成23年
発明者等 / 出願番号 米澤傑、横山勢也 / 特許第5660486号(日本国)
名称 / 期間 新規なDNAメチル化解析方法 / 平成23年4月21日
発明者等 / 出願番号 米澤傑、横山勢也 / 特許第5765586号(日本国)

共同開発・研究

  • 医歯学総合研究科・医学系:環境医学分野、放射線診断治療学分野
  • 共同獣医学部:附属動物病院、農学部:家畜生産学
  • 学外:大阪大学、産業医科大学、琉球大学、東京工科大学、東京海洋大学、博愛会相良病院、産総研

主な研究費取得状況

谷本昭英
事業・種目 / 期間 科研費 基盤研究(C) / 2012~2014年
研究 骨・血管連関と新しいヒスタミンの機能:閉経後の動脈硬化石灰化と骨粗鬆症
事業・種目 / 期間 科学技術振興機構 A-Step / 2010~2013年
研究 医療用SPFブタ生産技術
事業・種目 / 期間 厚労科研費 創薬基盤推進研究事業  / 2010~2013年
研究 高脂肪食による非侵襲性マイクロミニピッグ脳梗塞・心筋梗塞モデルの開発
事業・種目 / 期間 科研費 基盤研究(C) / 2008~2010年
研究 動脈硬化血管における新しいヒスタミンの機能
事業・種目 / 期間 喫煙科学研究財団研究助成 / 2007〜2009年
研究 喫煙と動脈硬化:ヒスタミンを介した炎症反応による動脈硬化の進展
畑中一仁
事業・種目 / 期間 (財)交通・予防医学研究財団 平成8年度助成事業研究 / 1996年
研究  
東美智代
事業・種目 / 期間 基盤研究(C) / 2015〜2017年
研究 膵胆管系腫瘍における早期診断システム確立及び治療に対する反応性予測に関する試み
事業・種目 / 期間 基盤研究(C) / 2012〜2014年
研究 膵胆管系腫瘍ー難治性腫瘍ーの早期診断システム開発
事業・種目 / 期間 基盤研究(C) /  2009〜2011年
研究 膵胆道腫瘍における予後因子の解明
川口博明
事業・種目 / 期間 基盤研究(C) / 2013〜2016年
研究 医療機器開発のための動脈硬化マイクロミニピッグの作出
横山勢也
事業・種目 / 期間 若手研究(B) / 2015〜2017年度
研究 膵腫瘍悪性度診断モデルの予測力評価と早期診断への応用
事業・種目 / 期間 若手研究(B) / 2012〜2014年
研究 肺がんを標的とした早期診断・治療応用を目指した基礎的研究
新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内