研究テーマ(研究室紹介)

講座イメージ画像

当分野では、口唇口蓋裂、口腔がん、外傷、顎骨のう胞などの患者様の手術における麻酔管理、心身障がい児(者)の歯科治療における麻酔管理、高血圧、糖尿病、心筋梗塞後や狭心症、心臓弁膜症などの心疾患、歯科治療恐怖症などの患者様の歯科治療における全身管理や、口腔顎顔面領域の慢性疼痛に対する治療を行っています。研究面では、広く全身管理、気道管理、術後管理、疼痛管理に関連するトピックスの研究を行い、患者様に安全で快適な歯科治療を提供することを目標としています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 顎顔面機能再建学 Oral and Maxillofacial Rehabilitation
分野 歯科麻酔全身管理学 Dental Anesthesiology
分野サイト http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/masui/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-6288 / FAX.099-275-6288

主要研究テーマ

口唇口蓋裂児の気道管理に関する研究 Airway management of pediatric patients with cleft lip and palate
歯科治療時の自律神経機能に関する研究 Function of the autonomic nervous system during dental treatment
指尖容積脈波解析を利用した急性ストレス時の血圧反応の予測 Prediction of blood pressure responses to acute stress using the finger photoplethysmogram indices
全身麻酔薬が周術期の血管内皮機能に及ぼす影響 Effect of general anesthetics on vascular endothelial function during perioperative period
強化インスリン療法が口腔外科長時間手術後の予後に与える影響 Efficacy of intraoperative glycemic control using glucose-insulin infusion on postoperative outcomes in major oral and maxillofacial surgery
単一細胞標識法による視床後核群ニューロンの軸索分岐に関する研究

Morphological analysis of thalamocortical axon fibers of rat posterior thalamic nuclei using a single neuron tracing study with viral vectors

三叉神経領域の痛覚日内変動機構の解明 ‐効果的な時間薬物療法の確立に向けて‐ Circadian variation in nociception of the trigeminal area  - the effective pharmacotherapy based on the chronobiology -

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 杉村光隆 Mitsutaka SUGIMURA
専門分野 歯科麻酔学
研究テーマ ・Cry1、Cry2KOマウスを用いた三叉神経領域の痛覚日内変動機構の解明
・卵巣摘出動物における口腔顔面領域の神経障害性疼痛の制御機構の解明
・低酸素症が自律神経機能に及ぼす影響

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

准教授
氏名 糀谷 淳 Atsushi KOHJITANI
専門分野 歯科麻酔学
研究テーマ ・指尖容積脈波解析を利用した急性ストレス時の血圧反応の予測
・全身麻酔薬が血管内皮機能に及ぼす影響

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 眞鍋庸三 Yozo MANABE
専門分野 歯科麻酔学
研究テーマ ・口腔外科手術患者の気道管理に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 大野 幸 Sachi OHNO
専門分野 歯科麻酔学
研究テーマ ・単一細胞標識法による視床後核群ニューロンの軸索分岐に関する研究
・全身麻酔薬が周術期の血管内皮機能に及ぼす影響

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 遠矢明菜 Akina TOHYA
専門分野 歯科麻酔学
研究テーマ ・強化インスリン療法が口腔外科長時間手術後の予後に与える影響
・全身麻酔薬が周術期の血管内皮機能に及ぼす影響

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 是枝清隆 Kiyotaka KORE-EDA
専門分野 歯科麻酔学
研究テーマ ・口腔外科手術患者の気道管理に関する研究

研究者総覧

主な研究実績

杉村光隆
  • Yamagata K, Sugimura M, Yoshida M, Sekine S, Kawano A, Oyamaguchi A, Maegawa H, Niwa H. Estrogens Exacerbate Nociceptive Pain via Up-Regulation of TRPV1 and ANO1 in Trigeminal Primary Neurons of Female Rats. Endocrinology (2016) 157:4309-4317.
  • Sugimura M, Kudo C, Hanamoto H, Oyamaguchi A, Morimoto Y, Boku A, Niwa H. Considerations during intravenous sedation in geriatric dental patients with dementia. Clin Oral Investig. (2015) 19:1107-14.
  • Hanamoto H, Sugimura M, Morimoto Y, Kudo C, Boku A, Niwa H. Cough reflex under intravenous sedation during dental implant surgery is more frequent during procedures in the maxillary anterior region. J Oral Maxillofac Surg. (2013) 71(4):e158-63.
  • Hanamoto H, Sugimura M, Morimoto Y, Kudo C, Boku A, Niwa H. Small bolus of esmolol effectively prevents sodium nitroprusside-induced reflex tachycardia without adversely affecting blood pressure. J Oral Maxillofac Surg. (2012) 70:1045-51.
  • Morimoto Y., Sugimura M., Hanamoto H., Niwa H., Risk Factors for Hyperketonemia in Cleft Lip and Palate Infants During General Anesthesia, Journal of Maxillofacial Surgery, (2012) 70:1449-55.
  • Morimoto Y., Sugimura M., Hanamoto H., Niwa H., Limited mouth opening following induction of anesthesia in two patients with masticatory muscle tendon-aponeurosis hyperplasia, Journal of Clinical Anesthesia, (2011) 23; 598-600.
  • Sugimura M, Hanamoto H, Boku A, Morimoto Y, Taki K, Kudo C, Niwa H. Influence of Acute Hypoxia Combinedwith Nitrous Oxide on Cardiovascular Variability in Conscious Hypertensive Rats. Autonomic Neuroscience: Basic and Clinical. (2010) 156:73-81.
  • Boku A, Sugimura M, Morimoto Y, Hanamoto H and Niwa H, Hemodynamic and autonomic response to acute hemorrhage in streptozotocin-induced diabetic rats, Cardiovascular Diabetology, (2010) 9:78doi:10.1186/1475-2840-9-78.
  • Sugimura M, Hirose Y, Hanamoto H, Okada K, Boku A, Morimoto Y, Taki K, Niwa H. Influence of Acute    Progressive Hypoxia on Cardiovascular Variability in Conscious Spontaneously Hypertensive Rats. Autonomic Neuroscience: Basic and Clinical. (2008) 141: 94-103.
  • Morimoto Y, Sugimura M, Hirose Y, Taki K, Niwa H. Nasotracheal intubation under curve-tipped suction catheter guidance reducesepistaxis, Can J Anaesth,  (2006) 53: 295-8.
  • Sugimura M, Kitayama S, Morita K, Imai Y, Irifune M, Takarada T, Kawahara M, Dohi T, Effects of GABAergic agents on anesthesia induced by halothane, isoflurane, and thiamylal in mice, Pharmacol. Biochem. Behav, (2002) 72: 111-116.
  • Niwa H, Sugimura M, Satoh Y, Tanimoto A, Cardiovascular response to epinephrine-containing local anesthesia in patients with cardiovascular disease, Oral Surgery Oral Medicine Oral Pathology, (2001) 92, 610-616.
  • Sugimura M, Kitayama S, Morita K, Irifune M, Takarada T, Kawahara M, Dohi T, Effects of volatile and intravenous anesthetics on the uptake of GABA, glutamate and dopamine by their trnsporters heterologously expressed in COS cells and in rat brain synaptosomes, Toxicology Letters, (2001) 123: 69-76.
  • Irifune M, Sugimura M, Takarada T, Maeoka K, Shimizu Y, Dohi T, Nishikawa T and Kawahara M, Propofol anaesthesia in mice is potentiated by muscimol and reversed by bicuculline, Br. J. Anaesth. (1999) 83,: 665-667.
  • Sugimura M, Hirota Y, Shibutani T, Niwa H, Hori T, Kim Y and Matsuura H, An echocardiographic study of interactions between     pindolol and epinephrine contained in a local anesthetic solution, Anesth Prog. (1995) 42, 29-35.

糀谷 淳
  • Kohjitani A, Miyata M, Iwase Y, Ohno S, Tohya A, Manabe Y, Hashiguchi T, Sugiyama K. Associations between the autonomic nervous system and the second derivative of the finger photoplethysmogram indices. J Atheroscler Thromb (2014) 21:501-8.
  • Kohjitani A, Miyawaki T, Miyawaki S, Nakamura N, Iwase Y, Nishihara K, Ohno S, Shimada M, Sugiyama K. Features of lateral cephalograms associated with difficult laryngoscopy in Japanese children undergoing oral and maxillofacial surgery. Pediatr Anesth (2013) 23:994-1001.
  • Kohjitani A, Miyata M, Iwase Y, Sugiyama K. Responses of the second derivative of the finger photoplethysmogram indices and hemodynamic parameters to anesthesia induction. Hypertens Res (2012) 35:166-72.

大野 幸
  • Ohno S, Kuramoto E, Furuta T, Hioki H, Tanaka YR, Fujiyama F, Sonomura T, Uemura M, Sugiyama K, Kaneko T. A morphological analysis of thalamocortical axon fibers of rat posterior thalamic nuclei: a single neuron tracing study with vial vectors. Cereb Cortex (2012) 2840-57.
  • Ohno S, Miyata M, Kohjitani A, Tohya A, Ohishi M, Sugiyama K. Associations between blood pressure responses to acute stress and impaired renal function and serum uric acid level. Clin Exp Hypertens (2015) (in press).

主な研究費取得状況

杉村光隆
事業・種目 / 期間 科学研究費補助金 基盤研究(C) / 2016年4月~2019年3月
研究 三叉神経領域の痛覚日内変動機構の解明 ‐効果的な時間薬物療法の確立に向けて‐
事業・種目 / 期間 科学研究費補助金 基盤研究(C) / 2013年4月~2016年3月
研究  卵巣摘出動物における神経障害性疼痛の制御機構の解明
事業・種目 / 期間 科学研究費補助金 基盤研究(C) / 2010年10月~2013年3月
研究  卵巣摘出動物における口腔顔面領域の神経因性疼痛の制御機構の解明
事業・種目 / 期間 科学研究費補助金 基盤研究(C) / 2003年4月~2005年3月
研究  低酸素症が自律神経機能に及ぼす影響 - 自律神経活性と脳内ホルモン動態に関する検討 -
糀谷 淳
事業・種目 / 期間 科学研究費補助金 基盤研究(C) / 2013年4月~2016年3月
研究 血管内皮機能と指尖容積脈波からみた理想的な全身麻酔法の開発
事業・種目 / 期間 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 / 2008年4月~2010年3月
研究 スタチンによる手術後認知機能低下の予防に関する基礎的研究
大野 幸
事業・種目 / 期間 科学研究費補助金 若手研究(B) / 2014年4月~2016年3月
研究 単一ニューロン標識法による痛覚神経回路の解析
事業・種目 / 期間 科学研究費補助金 研究活動スタート支援 / 2012年8月~2014年3月
研究 単一ニューロン標識法による痛覚神経回路のボトムアップ的解析
遠矢明菜
事業・種目 / 期間 科学研究費補助金 若手研究(B) / 2015年4月~2017年3月
研究 手術中強化インスリン療法による Protein sparing effect の導入

分野サイト

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内