研究テーマ(研究室紹介)

講座イメージ画像

歯科補綴治療は、歯が欠けたり、失ったりした場合に冠や義歯などの人工物で補う治療ですが、歯学の発展に伴いその領域は大きく広がっています。再生医学、分子生物学、生体材料学などの進歩により、従来の人工物で補う治療から、積極的に生体そのものを補う治療へと進化しています。口腔顎顔面補綴学分野では、顎骨の再生治療に向けた研究や口腔インプラントを有効に取り入れた補綴治療、さらには高齢者歯科治療に対応できる人材の輩出に向けて日々研究、臨床、教育に取り組んでいます。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 顎顔面機能再建学 Oral and Maxillofacial Rehabilitation
分野 口腔顎顔面補綴学(有床義歯補綴学) Oral and Maxillofacial Prosthodontics
(Removable Prosthodontics)
分野サイト http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/prostho2/index.htm

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-6222 / FAX.099-275-6228

主要研究テーマ

間葉系幹細胞を用いた顎骨再生医療の開発 Augmentation of atrophic jaw bone using mesenchymal stem cells
高齢者歯科と摂食・嚥下障害への対応 Gerodontology and management of dysphagia
顎顔面補綴と口腔乾燥への対応 Maxillofacial prosthesis and management of dry mouth

スタッフ

西村正宏 Masahiro NISHIMURA

教授
氏名 西村正宏 Masahiro NISHIMURA
専門分野 口腔インプラント学、歯科補綴学、再生医学
研究テーマ ・顎骨骨髄由来間葉系幹細胞を用いた骨増生医療の開発
・新規人工骨と骨造成用膜の開発

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

准教授
氏名 西恭宏 Yasuhiro NISHI
専門分野 高齢者歯科学、摂食嚥下リハビリテーション学、顎顔面補綴学
研究テーマ ・有床義歯の維持と管理に関する研究
・歯科補綴における摂食と栄養に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 村上格 Mamoru MURAKAMI
専門分野 有床義歯補綴学、顎顔面補綴学
研究テーマ ・口腔乾燥と保湿剤に関する研究
・顎顔面補綴の治療法に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 石井正和 Masakazu ISHII
専門分野 再生医学、血管生物学
研究テーマ ・間葉系幹細胞を用いた骨・脈管再生研究

研究者総覧 


staff dummy

助教
氏名 末廣史雄 Fumio SUEHIRO
専門分野 有床義歯補綴学、口腔インプラント学
研究テーマ ・顎骨再生治療に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 益崎与泰 Tomohiro MASUZAKI
専門分野 有床義歯補綴学、口腔インプラント学
研究テーマ ・顎骨再生治療に関する研究
・口腔インプラントに関する研究

研究者総覧 


staff dummy

助教
氏名 橋口千琴 Chikoto HASHIGUCHI
専門分野 有床義歯補綴学
研究テーマ ・糖尿病と口腔インプラントに関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 藤島慶 Kei FUJISHIMA
専門分野 有床義歯補綴学
研究テーマ ・組織再生部位における口腔細菌の関与について
・う蝕原生菌Streptococcus mutansの病原性発現因子について
・義歯形態からみたCandida albicans 臨床分離株の病原性発現について

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 下田平直大 Naohiro SHIMOTAHIRA
専門分野 有床義歯補綴学
研究テーマ ・口腔内細菌と細胞との関連性について

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績 

西村正宏

原著論文

  1. Ishii M, Shibata R, Kondo K, Kambara T, Shimizu Y, Tanigawa T, Bando-Kureishi, Y, Nishimura M, Ouchi N, Murohara T. Vildagliptin stimulates endothelial cell network formation and ischemia-induced revascularization via an endothelial nitric oxide synthase-dependent mechanism. Journal of Biological Chemistry 2014; 289(39): 27235-27245.(4.6)

総説

  1. Kaku M, Akiba Y, Akiyama K, Akita D, Nishimura M. Cell-based Bone Regeneration for Alveolar Ridge Augmentation -Cell Source, Endogenous Cell Recruitment and Immunomodulatory Function-. Journal of Prosthodontic Research 2015; 59: 96-112.
  2. 西村正宏、西 恭宏、鎌下祐次、村上 格、丸山浩美、葛西貴行、田中帝臣、橋口千琴. 顎骨骨髄間葉系幹細胞を用いた顎堤増生治療の開発. 鹿児島県歯科医師会報 2014.1.9; 112(691): 11-13.
  3. 西村正宏. 顎骨骨髄間葉系幹細胞を用いた顎堤増生医療の開発. 鹿児島大学歯学部紀要 2014.3.25; 34: 53-64.
  4. 西村正宏. 一歩進んだスキルを身につける 可撤性補綴装置支台としてのインプラント活用術②補綴学的な観点から見たインプラント支台による可撤性補綴の適応-可撤性義歯の支持・維持・把持の役に立つインプラントの使い方とは?. 歯界展望 2015.2.15; 125(2): 252-259.

症例報告

  1. Murakami M, Nishi Y, Umezono M, Kamashita Y, Nishimura M. Fabrication of a Movable Obturator Following Maxillary Reconstruction with Slit-Shaped Fenestration. Journal of Prosthodontics 2014; doi: 10.1111/jopr.12199. (0.905)
  2. Shimizu T, Mizushiri M, Fukunishi K, Taniike N, Takenobu T, Nishimura M, Murata H. Full Mouth Reconstruction with Dental Implants for a Patient with Conservative Treatment for Bilateral Condylar Fractures: A Case Report. Journal of Oral Implantology 2015.2.1; 41(1): 89.(1.148)

著書

  1. 西村正宏、嶺崎良人. クラウンブリッジ補綴学. 矢谷博文・三浦宏之・細川隆司・小川匠 編,III埋没・鋳造・熱処理・研磨,C 鋳造用金属,医歯薬出版株式会社 2014.12.20; 第5版 : 203-211.

学会発表

国際学会

  1. Suehiro F, Sakai Y, Ishii M, Nishimura M. Novel culture method of alveolar bone marrow stromal cells for alveolar ridge augmentation. Asian Academy of Osseointegration, 2014. 2014. 7.4,Sapporo.
  2. Hashiguchi C, Kawamoto S, Nishi Y, Nishimura M. The influence of an anti-diabetic drug on bone formation around titanium implants in type 2 diabetic rats. Asian Academy of Osseointegration 2014, 2014.7.4, Sapporo.

国内学会 特別講演,シンポジウム

  1. 西村正宏. 可綴性義歯の支持・把持・維持に役立つインプラントの有効な使い方とは. 第123回日本補綴歯科学会(臨床スキルアップセミナー).2014.5.23,仙台.
  2. 西村正宏. 顎骨の増生治療に向けた現状と課題. 平成26年度日本歯科理工学会九州支部夏期セミナー(特別講演).2014.8.9,鹿児島.
  3. 西村正宏. 顎骨再生のために幹細胞と組み合わせる最適な骨補填材のデザインとは?. (公社)日本セラミックス協会 第27回秋季シンポジウム(招待講演).2014.9.9,鹿児島.
  4. 西村正宏. インプラント補綴の最近の潮流. 平成26年度鹿児島大学歯学部公開講座 2015.2.8,鹿児島.
  5. 西村正宏. インプラント補綴の最近の潮流. 平成26年度鹿児島市歯科医師会後期学会 2015.2.28,鹿児島.

西恭宏

原著論文

  1. Nishi Y, Seto K, Kamashita Y, Kaji A, Kurono A, Nagaoka E. Survival of microorganisms on complete dentures following ultrasonic cleaning combined with immersion in peroxide-based cleanser solution. Gerodontology 2014; 31(3): 202-209.(0.806)
  2. Hashiguchi C, Kawamoto S, Kasai T, Nishi Y, Nagaoka E. Influence of an antidiabetic drug on biomechanical and histological parameters around implants in type 2 diabetic rats. Implant Dent 2014; 23(3): 264-269.(1.110)
  3. Murakami M, Nishi Y, Kamashita Y, Nagaoka E. Comparison of a saliva wetness tester and a moisture-checking device in patients with maxillary obturator prostheses. Gerodontology 2014; 31(2): 83-88.(0.806)
  4. 村田比呂司、志賀 博、大久保力廣、渋谷友美、近藤尚知、櫻井 薫、田中順子、松香芳三、水口俊介、鱒見進一、大川周治、西 恭宏、越野 寿、佐々木啓一、赤川安正、川良美佐雄、菊谷 武、吉田光由、古谷野 潔. 平成24年度採択プロジェクト研究 B. 高齢者の栄養障害に対する歯科的アプローチに関するプロジェクト研究 高齢者の栄養障害に義歯装着がもたらす効果と高齢義歯装着者への摂食・栄養指導のガイドラインに関するプロジェクト研究. 日本歯科医学会誌 2015; 34: 54-58.

総説

  1.  西村正宏、西 恭宏、鎌下祐次、村上 格、丸山浩美、葛西貴行、田中帝臣、橋口千琴. 顎骨骨髄間葉系幹細胞を用いた顎堤増生治療の開発. 鹿児島県歯科医師会報 2014.1.9; 112(691): 11-13.

症例報告

  1. Murakami M, Nishi Y, Umezono M, Kamashita Y, Nishimura M. Fabrication of a Movable Obturator Following Maxillary Reconstruction with Slit-Shaped Fenestration. Journal of Prosthodontics 2014; doi: 10.1111/jopr.12199. (0.905)

学会発表

国際学会

  1. Hashiguchi C, Kawamoto S, Nishi Y, Nishimura M. The influence of an anti-diabetic drug on bone formation around titanium implants in type 2 diabetic rats. Asian Academy of Osseointegration 2014, 2014.7.4, Sapporo.
  2. Kimura-Ono, Kuboki T, Ichikawa T, Baba K, Hideshima M, Sato Y, Sawase T, Nishi Y, Nagao K, Sakurai K, Masumi S, Minagi S, Tsuga K, Tamaki K, Sato H, Wake H, Ohyama T, Akagawa Y, Hirai T, Sasaki K, Koyano K, Yatani H. Minimal Important Difference of Japanese Version of Oral Health Impact Profile in Prosthodontically Treated Patients.. The 9th International Dental Collaboration of The Mekong River Region congerss 2014, 2014.11.4, Bali.

村上格

原著論文

  1. Murakami M, Nishi Y, Kamashita Y, Nagaoka E. Comparison of a saliva wetness tester and a moisture-checking device in patients with maxillary obturator prostheses. Gerodontology 2014; 31(2): 83-88.(0.806)

総説

  1. 西村正宏、西 恭宏、鎌下祐次、村上 格、丸山浩美、葛西貴行、田中帝臣、橋口千琴. 顎骨骨髄間葉系幹細胞を用いた顎堤増生治療の開発. 鹿児島県歯科医師会報 2014.1.9; 112(691): 11-13.

症例報告

  1. Murakami M, Nishi Y, Umezono M, Kamashita Y, Nishimura M. Fabrication of a Movable Obturator Following Maxillary Reconstruction with Slit-Shaped Fenestration. Journal of Prosthodontics 2014; doi: 10.1111/jopr.12199. (0.905)

石井正和

原著論文

  1. Tanigawa T, Shibata R, Ouchi N, Kondo K, Ishii M, Katahira N, Kambara T, Inoue Y, Takahashi R, Ikeda N, Kihara S, Ueda H, Murohara T. Adiponectin deficiency exacerbates age-related hearing impairment. Cell Death and Disease 2014; 5: e1189.(5.177)
  2. Ishii M, Shibata R, Shimizu Y, Yamamoto T, Kondo K, Inoue Y, Ouchi N, Tanigawa T, Kanemura N, Ito A, Honda H, Murohara T. Multilayered adipose-derived regenerative cell sheets created by a novel magnetic tissue engineering method for myocardial infarction. International Journal of Cardiology 2014; 175(3): 545-553.(6.175)
  3. Hao CN, Shintani S, Shimizu Y, Kondo K, Ishii M, Wu H, Murohara T. Therapeutic Angiogenesis by Autologous Adipose-Derived Regenerative Cells: Comparison With Bone Marrow Mononuclear Cells. American Journal of Physiology. Heart and Circulatory Physiology 2014; 307(6): H869-H879.(4.012)
  4. Ishii M, Shibata R, Kondo K, Kambara T, Shimizu Y, Tanigawa T, Bando-Kureishi, Y, Nishimura M, Ouchi N, Murohara T. Vildagliptin stimulates endothelial cell network formation and ischemia-induced revascularization via an endothelial nitric oxide synthase-dependent mechanism. Journal of Biological Chemistry 2014; 289(39): 27235-27245.(4.6)

橋口千琴

原著論文

  1. Hashiguchi C, Kawamoto S, Kasai T, Nishi Y, Nagaoka E. Influence of an antidiabetic drug on biomechanical and histological parameters around implants in type 2 diabetic rats. Implant Dent 2014; 23(3): 264-269.(1.110)

総説

  1. 西村正宏、西 恭宏、鎌下祐次、村上 格、丸山浩美、葛西貴行、田中帝臣、橋口千琴. 顎骨骨髄間葉系幹細胞を用いた顎堤増生治療の開発. 鹿児島県歯科医師会報 2014.1.9; 112(691): 11-13.

主な特許等(出願中も含む)

名称 / 出願日 血管新生促進剤 / 2015.5.14
発明者等 / 番号 西村正宏、石井正和ほか / 特願2015-099488
名称 / 出願日 生体再生カプセル / 2007.2.27
発明者等 / 番号 西村正宏ほか / 特許第5140804号
名称 / 出願日 間葉系幹細胞の骨化及び/又は軟骨化促進剤と骨化及び/又は軟骨化促進方法 / 2005.1.28
発明者等 / 番号 西村正宏ほか / 特許第4388483号
名称 / 出願日 THERAPEUTIC AGENTS AND THERAPEUTIC METHODS FOR TREATING INJURED TISSUE / 2004.3.31
発明者等 / 番号 西村正宏ほか / US 8,119,397 B2
名称 / 出願日 Agent imparting resistance to external stimuli / 2000.11.15
発明者等 / 番号 西村正宏ほか / US 6,992,178 B2
名称 / 出願日 動物幹細胞培養用無血清培地 / 2005.8.1
発明者等 / 番号 西村正宏ほか / 特許第4745750号
名称 / 出願日 マイクロ波照射によりナノ銀粒子を坦持させるナノ銀坦持方法,及びその義歯 / 2014.12.8
発明者等 / 番号 西 恭宏ほか / 特開2014-227345

共同開発・研究

  • 丸善製薬株式会社:天然由来成分の血管新生効果の検討
  • 富士ソフト株式会社:間葉系幹細胞を用いた骨増生治療法の開発

主な研究費取得状況

西村正宏
事業・種目 / 期間研究
独立行政法人日本学術振興会
基盤研究(B)/ H26-28
脈管再生能を主体とする顎堤増生治療の開発
橋渡し研究加速ネットワークプログラム・A-MED橋渡し研究・新規開発シーズA / H27 ソウハクヒ成分含有剤による褥瘡・皮膚潰瘍治療効果の検討
独立行政法人日本学術振興会 挑戦的萌芽
H26-27
自発的骨膜挙上能をもつ骨補填材の開発
西恭宏
事業・種目 / 期間研究
独立行政法人日本学術振興会
基盤研究(C)/ H27-29
ケアの負担軽減に繋げるための義歯に付与するプラーク付着抑制能の検討
村上格
事業・種目 / 期間研究
独立行政法人日本学術振興会
基盤研究(C)/ H27-29
コンビネーション保湿による新規保湿方法の開発とその有効性に関する多軸的評価
石井正和
事業・種目 / 期間研究
独立行政法人日本学術振興会
基盤研究(C)/ H27-29
老化に伴う骨組織再生能低下と脈管再生との関連性の解明
末廣史雄
事業・種目 / 期間研究
独立行政法人日本学術振興会
基盤研究(C)/ H25~H27
顎骨骨髄由来間質細胞を用いた歯槽骨再生のための骨分化能診断法の開発
益﨑与泰
事業・種目 / 期間研究
独立行政法人日本学術振興会
基盤研究(C)/ H26~28
表面改質によるプラークフリーインプラントアバットメントの開発
橋口千琴
事業・種目 / 期間研究
独立行政法人日本学術振興会
若手研究(B)/ H27-29
2型糖尿病ラットへの抗糖尿病薬投与が骨インプラント結合に与える影響について
下田平直大
事業・種目 / 期間研究
独立行政法人日本学術振興会
若手研究(B)/ H26~H28
Aaによる歯周病とアテローム性動脈硬化症の発症への関与について
藤島慶
事業・種目 / 期間研究
独立行政法人日本学術振興会
若手研究(B)/ H26-28
全身疾患に影響を及ぼすStreptococcus mutans 新規病原性因子の探索
グラクソ・スミスクライン社
GSK 研究助成金 / H26-27
口腔カンジダ症発症抑制因子含有の新規保湿剤開発

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内