研究テーマ(研究室紹介)

当分野では、脳の高次機能解析(記憶、GABA作動性神経系障害に注目したストレスに対する情動変化評価)、腫瘍に対する薬剤効果とストレス応答機構に関する研究、ステロイドホルモン受容体に関する研究、神経細胞障害に対して保護作用をもつ薬物の検索・研究、破骨細胞の極性獲得・維持に関する研究、口腔カンジダ症に有効な薬物・食品のリサーチ、がん細胞における過酸化水素、各種抗がん薬や放射線耐性獲得に関する研究など、主に薬理学的手法を用い、口腔領域の分野に限らず幅広く研究を行っています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 生体機能制御学 Functional Biology and Pharmacology
分野 歯科応用薬理学 Applied Pharmacology
分野サイト http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/yakuri/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-6162 / FAX.099-275-6168

主要研究テーマ

神経化学伝達物質の遊離調節機構 Mechanism for the control of neurotransmitter release
細胞障害と記憶 / 学習に関する研究 Studies on cell damage and memory/learning
生体酸化と老化の関連性 Relationship between aging and oxidative damage
破骨細胞の分化と機能の分子機構 Molecular mechanisms of osteoclastic differentiation
がん細胞における各種抗がん薬や放射線耐性獲得に関する研究 Studies on various anti-cancer drug resistance and radioresistance acquisition in cancer cells
抗真菌薬に関する研究 Study on antifugal drugs

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 佐藤友昭 Tomoaki SATO (D.D.S., Ph.D.)
専門分野 薬理学、歯科薬理学、神経薬理学
研究テーマ ・神経化学伝達物質の遊離調節機構
・細胞障害と記憶/学習に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 富田 和男 Kazuo TOMITA (Ph.D.)
専門分野  分子生物学、歯科薬理学
研究テーマ ・破骨細胞分化制御
・酸化ストレスと細胞応答
・薬剤/放射線耐性細胞の耐性メカニズムの解析

研究者総覧 リポジトリ

 


staff dummy

助教
氏名 五十嵐 健人 Kento IGARASHI (Ph.D.)
専門分野  分子生物学、歯科薬理学
研究テーマ ・神経系成熟とイオンの関連
・酸化ストレスの可視化

 


staff dummy

客員研究員
氏名 桑原義和 Yoshikazu KUWAHARA (Ph.D.)
専門分野  がん、ミトコンドリア学
研究テーマ ・放射線耐性細胞
・薬剤とストレス応答

 


 

主な研究実績


教科書

・佐藤友昭 (分担執筆)
 歯科漢方医学.
 歯科漢方医学教育協議会 2018.

・佐藤友昭 (分担執筆)
 現代歯科薬理学 第6版.
 医歯薬出版株式会社 2018.


論文・その他

・Furukawa M, Yamanishi S, Igarashi K, Tomita K, Miyawaki S, Sato T.
 Delay of GABA switch due to early – life stress leads to developmental disorder
 Atlas of Science 2018

・Kuwahara Y, Tomita K, Urushihara U, Sato T, Kurimasa A, Fukumoto M. Sato T.
 Association between radiation-induced cell death and clinically relevant radioresistance
 Histochemistry and Cell Biology, 2018 in press

・Tomita K, Kuwahara Y, Takashi Y, Igarashi K, Nagasawa T, Nabika H, Kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y,
    Sato T.
 Clinically Relevant Radioresistant Cells Exhibit Resistance to H2O2 by Decreasing Internal H2O2 and Lipid
    Peroxidation
 Tumor biology, 40(9) 2018. doi: 10.1177/1010428318799250

・Takashi Y, Tomita K, Kuwahara Y, Nabika H, Igarashi K, Nagasawa T, Kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y,
    Sato T.
 Data on the aquaporin gene expression differences among ρ0, clinically relevant radioresistant, and the
    parental cells of human cervical cancer and human tongue squamous cell carcinoma
 Data in Brief, 20 402-410 2018. 

・Takashi Y, Tomita K, Kuwahara Y, kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T.
 Oxidative stress sensitivity of cancer cells could be altered by plasma membrane status
 Atlas of Science 2018

・桑原義和、富田和男、漆原佑介、齋藤陽平、佐藤友昭、栗政明弘、福本学
 2Gy/日のX線分割照射に抵抗性を示すがん細胞の樹立と解析.
 東北医科薬科大学研究誌 64 39-48 2017.

・富田和男、桑原義和、高裕子、並河英紀、西谷佳浩、漆原佑介、山西沙祐里、古川みなみ、宮脇正一、
 栗政明弘、福本学、山本文彦、栗政明弘、福本学、佐藤友昭
 ミトコンドリア障害細胞における酸化ストレス感受性と細胞膜動態.
 東北医科薬科大学研究誌 64 49-55 2017.

・Kuwahara Y, Roudkenar MH, Urushihara Y, Saito Y, Tomita K, Roushandeh AM, Sato T, Kurimasa A,
  Fukumoto M. 
 X-Ray Induced Mutation Frequency at the Hypoxanthine Phosphoribosyltransferase Locus in Clinically
  Relevant Radioresistant Cells
 International Journal of Medical Physics Clinical Engineering and Radiation Oncology 6 377-391 2017.

・Kuwahara Y, Roudkenar MH, Urushihara Y, Saito Y, Tomita K, Roushandeh AM, Sato T, Kurimasa A,
  Fukumoto M. 
 Clinically relevant radioresistant cells: a simple model to understand cancer radioresistance
 Med Mol Molphol 50(4) 195-204 2017.

・Furukawa M, Tsukahara T, Tomita K, Iwai H, Sonomura T, Miyawaki S, Sato T. 
 Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2
  expression
 BBRC 493(3)1243-1249 2017.

・Tomita K, Kuwahara Y, Takashi Y, Tsukahara T, kurimasa A, Fukumoto M, Nishitani Y, Sato T. 
 Sensitivity of Mitochondrial DNA Depleted ρ0 Cells to H2O2 Depends on the Plasma Membrane Status.
 BBRC  490(2) 330-335 2017.

・桑原義和、鈴木正敏、漆原佑介、齋藤陽平、山本由美、富田和男、佐藤友昭、山本文彦、栗政明弘、福本学
 放射線で誘発される細胞死:アポトーシス、オートファジー、ネクロプトーシス.
 東北医科薬科大学研究誌 63 63-70 2016.

・Masuhara M, Tsukahara T, Tomita K, Furukawa M, Miyawaki S, Sato T. 
 A relation between osteoclastogenesis inhibition and membrane-type estrogen receptor GPR30.
 Biochemical and Biophysic Reports 8 389-394 2016.

共同開発・研究

  • 医歯学総合研究科・歯学系:歯科矯正学分野、歯科保存学分野、顎顔面疾患制御学分野、歯科機能形態学分野
  • 学外:東北医科薬科大学、山形大学、東京医科大学、兵庫医療大学、兵庫医科大学、朝日大学 他
新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内