研究テーマ(研究室紹介)

麻酔は呼吸・循環など全身のあらゆる機能に影響を与えるため、細胞レベルから臓器レベルまで麻酔薬の及ぼす作用は、麻酔科の重要な研究課題です。それ以外にも、ショックの病態生理、そしてその治療に関する研究も行っています。また、痛み、とくに術後痛の発生機序に関する基礎的な研究は当教室の主要な研究テーマになっています。
当教室では基礎的なレベルの高い研究を行うために学内の基礎医学講座と連携をとり共同研究も積極的に推進しています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 生体機能制御学 Functional Biology and Pharmacology
分野 侵襲制御学 Anesthesiology and Critical Care Medicine
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ana-ccm/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5430/ FAX.099-265-1642

主要研究テーマ

術後痛と炎症・創傷治癒 Postoperative pain, inflammation and wound healing
周術期における急性腎障害マーカーの探索 Investigation of a marker for perioperative acute renal injury
糖尿病患者の輸液と麻酔の影響 Perioperative transfusion and influence of anesthetics in diabetic patients
肝虚血再潅流障害における麻酔薬の臓器保護作用 The effects of anesthetics on hepatic ischemia and reperfusion injury
匂いの鎮痛作用 Analgesic effects of odor

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 上村裕一 Yuichi KANMURA
専門分野 麻酔蘇生学、小児麻酔学、循環制御学、手術医学
研究テーマ ・麻酔薬の血管平滑筋に及ぼす影響
・ショック時の血管の反応性
・循環制御
・脳蘇生
・手術室の環境整備

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

准教授
氏名 松永明 Akira MATSUNAGA
専門分野 麻酔学、周術期医学、心臓麻酔
研究テーマ ・非侵襲モニタリング

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

准教授
氏名 長谷川麻衣子 Maiko HASEGAWA
専門分野 麻酔蘇生学、疼痛学、手術医学
研究テーマ ・術後痛と炎症・創傷治癒
・手術室清浄度と手術部位感染
・周術期輸液管理とアウトカム

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 森山孝宏 Takahiro MORIYAMA
専門分野 麻酔学
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特例講師
氏名 増田美奈 Mina MASUDA
専門分野 麻酔学
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 國吉保 Tamotsu KUNIYOSHI
専門分野 麻酔学
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 大納哲也 Tetsuya OHNO
専門分野 麻酔学、ペインクリニック、疼痛学
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 今林徹 Touru IMABAYASHI
専門分野 麻酔学、心臓麻酔
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 竹山正治 Masaharu TAKEYAMA
専門分野 麻酔学
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 中原真由美 Mayumi NAKAHARA
専門分野 麻酔蘇生学、集中治療医学
研究テーマ ・肝虚血再潅流障害における麻酔薬の臓器保護作用
・糖尿病における輸液管理

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特任助教
氏名 園田拓郎 Takurou SONODA
専門分野  
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 田代章悟 Syogo TASHIRO
専門分野 麻酔科学、疼痛学
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

上村裕一
  • Hasegawa-Moriyama M, Nakahara M, Saito T, Yamada T, Mukaihara K, Masuda M, Matsunaga A, Kanmura Y. The effects of glucose load on catabolism during remifentanil-based anesthesia in patients with diabetes mellitus: a prospective randomized trial. Open Journal of Anesthesiology, Vol.5, No.7, pp.155-162 (2015).
  • Moriyama T, Matsunaga A, Nagata O, Enohata K, Kamikawaji T, Uchino E, Kanmura Y. Effective method of continuous rocuronium administration based on effect-site concentrations using a pharmacokinetic/pharmacodynamic model during propofol-remifentanil anesthesia. J Anesth. 2015 ahead of print
  • Kuroki C, Godai K, Hasegawa-Moriyama M, Kuniyoshi T, Matsunaga A, Kanmura Y, Kuwaki T. Perfusion index as a possible predictor for postanesthetic shivering. J Anesth 28(1):19-25(2014).
  • Godai K, Hasegawa-Moriyama M, Kurimoto T, Saito T, Yamada T, Sato T, Kojima M, Kanmura Y. Peripheral administration of morphine attenuates postincisional pain by regulating macrophage polarization through COX-2-dependent pathway. Molecular Pain Vol.10, No.1, pp.36 (2014).
  • Kuroki C, Takahashi Y, Ootsuka Y, Kanmura Y, Kuwaki T. The Impact of Hypothermia on Emergence from Isoflurane Anesthesia in Orexin Neuron-Ablated Mice. Anesth Analg 116(5):1001-5 (2013).
  • Hasegawa-Moriyama M, Kurimoto T, Nakama M, Godai K, Kojima M, Kuwaki T, Kanmura Y Peroxisome proliferator-activated receptor-gamma agonist rosiglitazone attenuates inflammatory pain through the induction of heme oxygenase-1 in macrophages PAIN 154:1402-1412 (2013).
  • Nakahara M, Ito T, Kawahara K, Yamamoto M, Nagasato T, Shrestha B, Yamada S, Miyauchi T, Higuchi K, Takenaka T, Yasuda T, Matsunaga A, Kakihana Y, Hashiguchi T, Kanmura Y, Maruyama I. Recombinant thrombomodulin protects mice against histone-induced lethal thromboembolism. PLoS One. 8(9): e75961 (2013).
  • Kakihana Y, Okayama N, Matsunaga A, Yasuda T, Imabayashi T, Nakahara M, Kiyonaga N, Ikoma K, Kikuchi T, Kanmura Y, Oda M, Ohmae E, Suzuki T, Yamashita Y, Tamura M. Cerebral monitoring using near-infrared time-resolved spectroscopy and postoperative cognitive dysfunction. Adv Exp Med Biol. 737:19-24, 2012.
  • Takeyama M, Matsunaga A, Kakihana Y, Masuda M, Kuniyoshi T, Kanmura Y. Impact of skin incision on the pleth variability index. J Clin Monit Comput. 25:215-21, 2011.
  • Imakiire N, Omae T, Matsunaga A, Sakata R, Kanmura Y. Can a NICO monitor substitute for thermodilution to measure cardiac output in patients with coexisting tricuspid regurgitation? J Anesth. 24:511-7, 2010.
  • Kakihana Y, Matsunaga A, Yasuda T, Imabayashi T, Kanmura Y, Tamura M. Brain oxymetry in the operating room: current status and future directions with particular regard to cytochrome oxidase. J Biomed Opt. 13:033001, 2008.
  • Ohmae E, Oda M, Suzuki T, Yamashita Y, Kakihana Y, Matsunaga A, Kanmura Y, Tamura M.  Clinical evaluation of time-resolved spectroscopy by measuring cerebral hemodynamics during cardiopulmonary bypass surgery. J Biomed Opt. 12:062112, 2007.
  • Matsunaga A, Shah PM, Raney AA. Impact of intraoperative echocardiography/surgery team on successful mitral valve repair: a community hospital experience. J Heart Valve Dis. 14:325-331, 2005.
  • Kakihana Y, Matsunaga A, Tobo K, Isowaki S, Kawakami K, Tsuneyoshi I, Kanmura Y, Tamura M. Redox behavior of cytochrome oxidase and neurological prognosis in 66 patients who underwent thoracic aortic surgery. Eur. J. Cardiothorac. Surg. 21:434-439, 2002.
  • Matsunaga A, Nomura Y, Tamura M, Kuroda S, Nishihira J, Yoshimura N. Energy-dependent redox state of heme a+a3 and copper of cytochrome oxidase in perfused rat brain in situ. Am. J. Physiol. 275(Cell Physiol. 44):C1022-C1030, 1998.

主な研究費取得状況

上村裕一
事業・種目研究期間
科学研究費
基盤研究(B)代表者
  2013-2016
長谷川麻衣子
事業・種目研究期間
科学研究費
基盤研究(C)代表者
術後痛と創傷治癒におけるTRPA1チャネルの役割 2014-2017
科学研究費
基盤研究(C)分担
異種GPCR間の相互作用による痛み伝達の制御 2014-2017
森山孝宏
事業・種目研究期間
科学研究費
挑戦的萌芽研究 代表者
  2015-2018
大納哲也
事業・種目研究期間
科学研究費
基盤研究(C)代表者
PACAP-PAC1誘発アストロサイトシグナル伝達を標的とする慢性疼痛治療戦略 2014-2017
黒木千晴
事業・種目研究期間
科学研究費
若手研究(B)代表者
TRPA1による酸素感知の意義 2014-2016
中原真由美
事業・種目研究期間
科学研究費
若手研究(B)代表者
肝虚血再潅流障害における細胞外ヒストンの修飾を介した麻酔薬の臓器保護作用の検討 2014-2016

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内