研究テーマ(研究室紹介)

血管代謝病態解析学

教室の標語:サイエンスとの出会い・喜びと希望・叶える夢・培う豊かな感性と心
当分野は旧臨床検査医学講座であり、鹿児島大学病院の検査部運営を統括する役割を果たすとともに、分子細胞生物学を基盤として、基礎と臨床のトランスレーショナルリサーチを行っています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 循環器・呼吸器病学 Cardiovascular and Respiratory Disorders
分野 血管代謝病態解析学 Laboratory and Vascular Medicine
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~lab/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5437 / FAX.099-275-2629

主要研究テーマ

臨床検査医学 Clinical Pathology
血管生物学 Vascular Biology
止血・血栓 Thrombosis and Hemostasis
AIDS 研究 AIDS research

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 橋口照人 Teruto HASHIGUCHI
専門分野 臨床検査医学、血管生物学、止血・血栓学、AIDS 研究
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

准教授
氏名 山口宗一 Munekazu YAMAKUCHI
専門分野 臨床検査医学
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 清水利昭 Toshiaki SHIMIZU
専門分野 臨床検査医学
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特任助教
氏名 大山陽子 Yoko OYAMA
専門分野 臨床検査医学
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

山口宗一

血管新生は様々な生命現象におけるインフラストラクチャーとしての役割を果たします。血管新生の鍵分子である血管内皮細胞増殖因子(VEGF-A)活性の多様性の解析、エピジェネティクスの中心的役割を果たすmiRNAの解析を血管内皮細胞、血小板において世界に先駆けて行っています。


清水利昭

核内タンパク質で転写調節因子として知られていたHMGB1(High-Mobility Group box 1)が近年、細胞外に放出されることにより様々な生命現象に関わっていることが解明されてきました。そこでHMGB1と動脈硬化や糖尿病、血栓症などの病態との関連性を解析し、特にメタボリック症候群の病態形成におけるHMGB1の果たす生理的役割を研究しています。


大山陽子

HMGB1は急性、慢性炎症の増幅にも関与していることが明らかとなってきており、腎臓の慢性炎症モデルを用い、HMGB1の炎症における更なる働きの解明に取り組んでいます。また、炎症に対する漢方薬の治療効果についても研究を行っています。


竹之内和則

VEGF-Aは血管以外の様々な組織にその受容体を有することから、血管以外の組織・臓器への作用を研究しています。その一つとして、内臓平滑筋由来のVEGF-Aが膵臓に対してどのような作用を示すかについて、内臓平滑筋からVEGF-Aを発現するトランスジェニックマウスを用いて、内臓平滑筋由来のVEGF-Aによる膵β細胞の増殖促進作用と糖代謝に関する研究を進めています。

主な特許等(出願中は除く)

名称発明者等、出願番号 / 出願日
糖尿病性腎症患者の病態把握方法 谷口尚大郎、他 2007-56041
2007/3/6

主な研究費取得状況

橋口照人
事業種目期間
科学研究費補助金 基盤研究(B) 平成25年~27年
科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 平成24年~26年
科学研究費補助金 基盤研究(B) 平成22年~24年
科学研究費補助金  基盤研究(B) 平成19年~21年
科学研究費補助金  基盤研究(C)(2) 平成17年~18年
山口宗一
事業種目期間
科学研究費補助金 基盤研究(B) 平成26年~28年
科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 平成27年~28年
清水利昭
事業種目期間
科学研究費補助金 基盤研究(C) 平成25年~27年

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内