研究テーマ(研究室紹介)

神経内科・老年病学スタッフ

当分野では、鹿児島の地で世界最先端の医療を提供することを目的としています。そのため、当科の研究は南九州地域の患者の抱える疾患についての研究であり、すなわち Patient-oriented research です。

研究分野はこの地域に多いHAM(HTLV-I関連脊髄症)、脊髄小脳変性症、筋疾患、ミトコンドリア病、遺伝性ニューロパチー、認知症、脳炎脳症です。これらの疾患を、遺伝子学的、免疫学的、感染洋学的、組織学的、分子生物学的な実験手法を駆使して解明します。

当科ではこれまで多くの病気の原因を明らかにしてきました。最近ではこの地域の認知症を呈した患者様たちから世界で初めての古細菌の感染症を発見し論文報告しています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 神経病学 Neurology
分野 神経内科・老年病学 Neurology and Geriatrics
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~intmed3/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5332 / FAX.099-265-7164

主要研究テーマ

神経筋疾患の原因究明および革新的治療法開発に関する研究
難治性疾患等実用化研究事業 日本医療研究開発機構(H26~H28)
HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究
難治性疾患等実用化研究事業 日本医療研究開発機構(H26~H28)
免疫性ニューロパチーの治療反応性予測に基づく有効な治療戦略の構築
難治性疾患等実用化研究事業 日本医療研究開発機構(H27~H28)
シャルコー・マリー・トゥース病の診療向上に関するエビデンスを構築する研究
難治性疾患等実用化研究事業 日本医療研究開発機構(H26~H28)
希少性難治性疾患-神経・筋難病疾患の進行抑制治療効果を得るための新たな医療機器、生体電位等で随意コントロールされた下肢装着型補助ロボット(HAL-HN01)に関する医師主導治験の実施研究
難治性疾患等実用化研究事業 日本医療研究開発機構(H27~H28)
ミトコンドリア病診療の質を高める、レジストリシステムの構築、診断基準・診療ガイドラインの策定および診断システムの整備を行う臨床研究
難治性疾患等実用化研究事業 日本医療研究開発機構(H26~H28)
多系統萎縮症の治療法開発研究 難治性疾患等実用化研究事業 日本医療研究開発機構(H26~H28)

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 高嶋博 Hiroshi TAKASHIMA
専門分野 遺伝性末梢神経障害・シャルコーマリートゥース病
研究テーマ ・遺伝性末梢神経障害の遺伝子解析
・ミトコンドリア疾患

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 渡邊修 Osamu WATANABE
専門分野 神経内科学、神経免疫学、臨牀神経生理
研究テーマ ・Isaacs症候群
・自己免疫性脳炎

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 松浦英治 Eiji MATSUURA
専門分野 神経免疫学、神経病理・分子病理
研究テーマ ・HAM
・HTLV-1関連希少疾患
・多発性硬化症

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 岡本裕嗣 Yuji OKAMOTO
専門分野 分子生物学、遺伝性神経疾患
研究テーマ ・Charcot-Marie-Tooth病
・ミトコンドリア病

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 荒田仁 Hitoshi ARATA
専門分野 神経内科学
研究テーマ ・プリオン病
・HPVワクチン脳症

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 橋口昭大 Akihiro HASHIGUCHI
専門分野 遺伝性末梢神経障害、筋疾患、神経変性疾患・認知症
研究テーマ ・遺伝性末梢神経障害の遺伝子解析
・筋病理

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特任助教
氏名 東桂子 Keiko HIGASHI
(地域医療支援センター)
専門分野 神経内科学、頭痛、地域医療
研究テーマ ・頭痛 プリオン病
・地域医療

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特任助教
氏名 道園久美子 Kumiko MICHIZONO
(地域医療連携センター)
専門分野 神経内科学、地域医療
研究テーマ ・病診連携

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

高嶋博
  • Matsuura E, Kubota R, Tanaka Y, Takashima H, Izumo S. Visualization of HTLV-1-specific cytotoxic T lymphocytes in the spinal cords of patients with HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. J Neuropathol Exp Neurol. 2015 Jan;74(1):2-14.(査読あり)
  • Matsuura E, Yoshimura A, Nozuma S, Higuchi I, Kubota R, Takashima H. Clinical presentation of axial myopathy in two siblings with HTLV-1 associated myelopathy/tropical spastic paraparesis (HAM/TSP). BMC Neurol. 2015 Feb 28;15:18. doi: 10.1186/s12883-015-0275-7(査読あり)
  • Sakiyama Y, Kanda N, Higuchi Y, Yoshimura M, Wakaguri H, Takata Y, Watanabe O, Yuan J, Tashiro Y, Saigo R, Nozuma S, Yoshimura A, Arishima S, Ikeda K, Shinohara K, Arata H, Michizono K, Higashi K, Hashiguchi A, Okamoto Y, Hirano R, Shiraishi T, Matsuura E, Okubo R, Higuchi I, Goto M, Hirano H, Sano A, Iwasaki T, Matsuda F, Izumo S, Takashima H. New type of encephalomyelitis responsive to trimethoprim/sulfamethoxazole treatment in Japan. Neurol Neuroimmunol Neuroinflamm. 2015 Aug 13;2(5):e143. (査読あり)
  • Nozuma S, Matsuura E, Matsuzaki T, Watanabe O, Kubota R, Izumo S, Takashima H. Familial clusters of HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. PLoS One. 2014 May 6;9(5):e86144. (査読あり)
  • Hiramatsu Y, Wakita M, Matsuoka H, Kasuya J, Hamada R, Takashima H. Cerebral infarction associated with accessory middle cerebral arteries: two case reports. Intern Med. 2014;53(12):1381-4. Epub 2014 Jun 15. (査読あり)
  • Yuan J, Ando M, Higuchi I, Sakiyama Y, Matsuura E, Michizono K, Watanabe O, Nagano S, Inamori Y, Hashiguchi A, Higuchi Y, Yoshimura A, Takashima H. Partial deficiency of emerin caused by a splice site mutation in EMD. Intern Med. 2014;53(14):1563-8. Epub 2014 Jul 15. (査読あり)
  • Hashiguchi A, Higuchi Y, Nomura M, Nakamura T, Arata H, Yuan J, Yoshimura A, Okamoto Y, Matsuura E, Takashima H. Neurofilament light mutation causes hereditary motor and sensory neuropathy with pyramidal signs J Peripher Nerv Syst. 2014 Dec;19(4):311-6.   (査読あり)
  • Yuan J, Higuchi Y, Nagado T, Nozuma S, Nakamura T, Matsuura E, Hashiguchi A, Sakiyama Y, Yoshimura A, Takashima H. Novel mutation in the replication focus targeting sequence domain of DNMT1 causes hereditary sensory and autonomic neuropathy IE. J Peripher Nerv Syst. 2013 Mar;18(1):89-93. (査読あり)
  • Yuan J, Matsuura E, Higuchi Y, Hashiguchi A, Nakamura T, Nozuma S, Sakiyama Y, Yoshimura A, Izumo S, Takashima H. Hereditary Sensory and Autonomic Neuropathy Type IID caused by an SCN9A Mutation. Neurology 2013 Apr 30;80(18):1641-9.
    (査読あり)
  • Yuan JH, Sakiyama Y, Higuchi I, Inamori Y, Higuchi Y, Hashiguchi A, Higashi K, Yoshimura A, Takashima H Mitochondrial myopathy with autophagic vacuoles in patients with the m.8344A>G mutation. J Clin Pathol. 2013 Aug;66(8):659-64(査読あり)
  • Nakamura T, Hashiguchi A, Suzuki S, Uozumi K, Tokunaga S, Takashima H. Vincristine exacerbates asymptomatic Charcot-Marie-tooth disease with a novel EGR2 mutation. Neurogenetics. 2012 Feb;13(1):77-82. (査読あり)
  • Inamori Y, Higuchi I, Inoue T, Sakiyama Y, Hashiguchi A, Higashi K, Shiraishi T, Okubo R, Arimura K, Mitsuyama Y, Takashima H. Inclusion body myositis coexisting with hypertrophic cardiomyopathy: An autopsy study. Neuromuscul Disord. 22(8), 747-54, 2012 (査読あり)
  • Tokunaga S, Hashiguchi A, Yoshimura A, Maeda K, Suzuki T, Haruki H, Nakamura T, Okamoto Y, Takashima H. Late-onset Charcot-Marie-Tooth disease 4F caused by periaxin gene mutation. Neurogenetics. 2012 13(4):359-65.2011
  • SakiyamaY, Okamoto Y, Higuchi I, Inamori Y, Sangatsuda Y, Michizono K, Watanabe O, Hatakeyama H, Goto Y, Arimura K, Takashima H. A new phenotype of mitochondrial disease characterized by familial late-onset predominant axial myopathy and encephalopathy. Acta Neuropathol 2011 121:775-783. (査読あり)
  • Okamoto Y, Higuchi I, Sakiyama Y, Tokunaga S, Watanabe O, Arimura K, Nakagawa M, Takashima H A new mitochondria-related disease showing myopathy with episodic hyper-CKemia Ann Neurol 70(3) 486-92, 2011(査読あり)

主な研究費取得状況

高嶋博
事業名・期間など研究名
23年度 100,000千円
24年度 100,000千円
25年度 80,000千円
次世代遺伝子解析技術を用いた希少難治性疾患の原因究明及び病態解明に関する研究
主任研究者 高嶋博
平成26-27年度
厚生労働科学研究費補助金
AMED難治性疾患実用化研究事業
26年度 40,000千円
27年度 34,000千円
神経筋疾患の原因究明および革新的治療法開発に関する研究
代表研究者 高嶋博
文部科学省科学研究費・基盤(B)
(平成25-27年度)
研究経費 総額:18,330千円
次世代遺伝子解析による新型脳炎の原因究明及び神経感染症診断システムの構築
研究代表者 高嶋博

分野サイト

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内