研究テーマ(研究室紹介)

top 

平成29年7月から新しい体制でスタートしました。脳や心臓は、膜電位の変化(電気シグナル)を使って機能します。電気シグナルはどのようなメカニズムで発生し、調節されているでしょうか。脳の神経回路形成において、電気シグナルはどのように使われるでしょうか。膜電位調節に関わるイオンチャネルは、どのような疾患に関与するでしょうか。当分野はこれらの問いに、最先端の分子・電気生理・イメージング・形態学の技術を使って取り組んでいます。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 神経病学 Neurology
分野 神経筋生理学 Physiology
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~physiol2/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5234 / FAX.099-275-5522

主要研究テーマ

大脳の機能的神経回路形成メカニズム

Activity-dependent formation of neural circuits in the cerebral cortex

神経回路再建技術の開発

Restoration of damaged circuits
イオンチャネルの機能と疾患に関する研究 Function and dysfunction of ion channels

スタッフ

tagawa1 

 

教授
氏名 田川 義晃 Yoshiaki TAGAWA
専門分野 神経科学
研究テーマ 大脳神経回路の形成・発達・再生

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

講師
氏名 徐建軍 XU Jianjun
専門分野 イオンチャネルの生理学、分子生物学
研究テーマ ・神経・筋のCaチャネルの調節機構
・イオンチャネルの分子構造、遺伝子に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


minobe1

講師
氏名 蓑部悦子 Etsuko MINOBE
専門分野 イオンチャネルの生理学、分子生物学
研究テーマ ・神経・筋のCaチャネルの調節機構
・イオンチャネルの分子構造、遺伝子に関する研究

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

田川義晃

Control of spontaneous Ca2+ transients is critical for neuronal maturation in the developing neocortex. Cerebral Cortex, 26, 106-117 2016.

Neuronal activity is not required for the initial formation and maturation of visual selectivity. Nature Neuroscience, 18(12), 1780-1788 2015.

Dysfunction of KCNK potassium channels impairs neuronal migration in the developing mouse cerebral cortex. Cerebral Cortex, 24, 1017-1029 2014.

Evidence for activity-dependent cortical wiring: Formation of interhemispheric connections in neonatal mouse visual cortex requires projection neuron activity. Journal of Neuroscience 27(25), 6760-6770, 2007.

Multiple periods of functional ocular dominance plasticity in mouse visual cortex. Nature Neuroscience 8(3), 380-388, 2005.


徐建軍

PKA and phosphatases attached to the Cav1.2 channel regulate channel activity in cell-free patches. American Journal of Physiology Cell Physiology, 310(2), C136-141, 2015.

Calmodulin reverses rundown of L-type Ca2+ channels in guinea pig ventricular myocytes. American Journal of Physiology Cell Physiology, 287(6), C1717-24, 2004.


蓑部悦子

Calmodulin and ATP support activity of the Cav1.2 channel through dynamic interactions with the channel. The Journal of Physiolgy, 595(8), 2465-2477, 2017.

A new phosphorylation site in cardiac L-type Ca2+ channels (Cav1.2) responsible for its cAMP-mediated modulation. American Journal of Physiology Cell Physiology, 307, C999-C1009, 2014.

Calpastatin domain L is a partial agonist of the calmodulin-binding site for channel activation in Cav1.2 Ca2+ channels. The Journal of Biological Chemistry, 286, 39013-39022, 2011.

A region of calpastatin domain L that reprimes cardiac L-type Ca2+ channels. Biochemical and Biophysical Research Communications, 348, 288-294, 2006.

主な共同開発・研究

京都大学、九州大学、東京大学、国立遺伝学研究所、大日本住友製薬

主な研究費獲得状況

田川義晃
事業・種目 / 期間研究

科研費 新学術領域研究公募 代表 2017~2019

自発神経活動に依存した大脳長距離軸索投射の形成・再編・再生

科研費 基盤研究(C) 代表2016~2019

同期・非同期の自発神経活動による大脳皮質神経回路の形成とその障害
科研費 新学術領域研究公募 代表 2013~2015

哺乳期マウスの神経活動操作・記録実験による生後初期神経活動の役割の解明

戦略的創造研究推進事業CREST 分担 2010~2016 大脳皮質の機能的神経回路の構築原理の解明
科研費 基盤研究(C) 代表 2011~2014

活動依存的メカニズムに基づく大脳皮質長距離軸索投射の再建

科研費 新学術領域研究公募 代表 2011~2013 皮質2/3層興奮性細胞の特徴的な形態・機能獲得における神経活動の役割
科研費 若手研究(B) 代表2009~2011 大脳皮質の層特異的回路網構築における神経活動の役割
科研費 若手研究(B) 代表 2006~2009 Cross-modal可塑性における代謝型グルタミン酸受容体の役割の解明
徐健軍
事業・種目 / 期間研究
科研費 基盤研究(C) 一般、分担  2007~2008 L型CaチャネルのCa依存性促進と不活性化の分子機構
蓑部悦子
事業・種目 / 期間研究
科研費 基盤研究(C) 分担
2007~2008
L型CaチャネルのCa依存性促進と不活性化の分子機構
科研費 若手研究(B) 代表
2009~2010
L型Caチャネルの活性制御におけるカルモジュリンの役割とその調節機構
科研費 基盤研究(B) 分担
2009~2011
心筋Caチャネルの調節機構間相互作用
科研費 若手研究(B) 代表
2011~2012
カルモジュリンをリンクさせた変異体を用いたL型Caチャネルの活性調節機構

科研費 基盤研究(C) 代表
2013~2015

カルモジュリンによるL型Caチャネルの活性制御の分子機構の解明
科研費 基盤研究(C) 代表
2016~2018
Cav1.2チャネルの活性とカルモジュリン結合部位との機能的相関の解明

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内