研究テーマ(研究室紹介)

all300work300

令和4年度発足。 治癒を導く有効な既存治療法がない運動器障害について、損傷組織を新生組織で置換する「運動器組織の再生」による治療法開発の為の研究を行い、その結果を臨床に還元する事を目的とする。

運動器は、加齢や酷使(スポーツや労働)による変性や、外傷、さらには自己免疫疾患や遺伝子異常、感染症でも傷害される。運動器構成要素はどれも基本的に再生能力に乏しい。本寄附講座は、運動器疾患の治癒阻害因子を追求するのではなく、現状で治癒困難な運動器障害を細胞エンジニアリングで治療するための、運動器再生の学問と研究を主軸に活動する。

研究課題

(ア) 運動器構成細胞再生のための増殖と分化の方法論の開発

(イ) 再生足場の開発

研究結果は、マウスなど小動物から検証を開始し、有効なものはミニブタなど大動物や運動器解剖がヒトに近い霊長類での確認に移行し、臨床応用を目指す。

 

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
  寄附講座 Endowed Courses
講座 運動器再生学講座 Department of Locomotory Organ Regeneration

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5381 / FAX.099-265-4699

主要研究テーマ 

 サルコペニアの分子メカニズム解明と
筋肉再生法の開発
Research of molecular mechanisms underlying sarcopenia and development of therapeutic approaches in the muscle regeneration.
腱板損傷関節症の分子メカニズム解明と
軟骨下骨再生法の開発
Research of molecular mechanisms underlying cuff tear arthropathy and development of therapeutic approaches in the humeral head subchondral bone regeneration
加齢による腱板変性(tendinopathy)の
分子メカニズム解明と腱板再生法の開発
Research of molecular mechanisms underlying ageing-related rotator cuff tendinopathy and development of therapeutic approaches in regeneration of the rotator cuff and the enthesis.

スタッフ

 

教授
dr.taniguchi氏名 谷口 昇 Noboru TANIGUCHI
専門分野 肩関節外科、肘関節外科
研究テーマ ・肩関節変性疾患
・変形性関節症
・関節リウマチ

研究者総覧 リポジトリ


 

特任助教
dr.masuda氏名 増田 裕介 Yusuke MASUDA
専門分野 筋肉代謝学、骨軟部腫瘍学
研究テーマ ・サルコペニアの分子メカニズム解明と筋肉再生法の開発
・腱板損傷関節症の分子メカニズム解明と軟骨下骨再生法の開発
・加齢による腱板変性(tendinopathy)の分子メカニズム解明と腱板再生法の開発

研究者総覧 リポジトリ


主な研究実績[令和2年度以降]


Yahiro Y, Maeda S, Morikawa M, Koinuma D, Jokoji G, Ijuin T, Komiya S, Kageyama R, Miyazono K, Taniguchi N.

BMP-induced Atoh8 attenuates osteoclastogenesis by suppressing Runx2 transcriptional activity and reducing the Rankl/Opg expression ratio in osteoblasts. Bone Res. 2020, 8:32.

 


Jokoji G, Maeda S, Oishi K, Ijuin T, Nakajima M, Tawaratsumida H, Kawamura I, Tominaga H, Taketomi E, Ikegawa S, Taniguchi N.

CDC5L promotes early chondrocyte differentiation and proliferation by modulating pre-mRNA splicing of SOX9, COL2A1, and WEE1. J. Biol. Chem. 97:100994, 2021. 

 

研究費取得状況

令和2年度以降
谷口 昇
研究名・財団名など 科学研究費 基盤(C)代表者
詳細 筋内脂肪浸潤と異所性骨化を決定するメカニズムの解明                                 
期間 2018-2021
谷口 昇
研究名・財団名など 科学研究費 基盤(C)代表者
詳細 HMGB1とHMGB2の骨リモデリングにおける機能解析~炎症加齢と骨粗鬆症~
期間 2022-2024

 

分野サイト

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内