Kagoshima University Graduate School of Medical and Dental Sciences

 2007.12.10から学位論文公開審査に出席し、審査委員(主査)に出席証明書にサインをもらい、学務課 医歯学大学院係へ提出すると医歯学研究講義の
出席回数にカウントされます。
※但し、休学者は除く。
なお、出席証明書は各自ダウンロードし、持参するようお願いいたします。

2018.6.22 更新 

No開催日
時間
論文題目主査申請者
研究分野
開催場所
12 8.20(月)
15:00~
『A Comparison of the Characteristics and Precision of Needle Driving for Right-handed Pediatric Surgeons between Right and Left Driving Using a Model of Infant Laparoscopic Diaphragmatic Hernia Repair』
(右利きの小児外科医における右手と左手の運針の特性、正確性の比較―横隔膜ヘルニアの腹腔鏡下手術モデルを用いた検討―)
夏越 祥次
教授
池江 隆正
(小児外科学)
医歯学総合研究科 会議室
(臨床研究棟3 病理学分野教室横の会議室)
11 8.8(水)
15:00~
『Quantitative analysis of factors related to anxiety and depression in patients with retinitis pigmentosa』
(網膜色素変性患者における不安およびうつに関連する要因の質的解析)
浅川 明弘
教授
齊之平 真弓
(眼科学)
第4講義室
(医学部臨床講義棟2階)
10 8.2(木)
15:00~
『Risk factors for radiation pneumonitis after stereotactic radiation therapy for lung tumours : clinical usefulness of the planning target volume to total lung volume ratio』
(肺腫瘍に対する定位放射線治療における放射線肺炎のリスク因子に関する研究:肺体積に占める計画標的体積の割合の臨床的有用性)
佐藤 雅美
教授
上山 友子
(放射線診断治療学)
301講義室
(共通教育棟3階)
9 7.30(月)
15:00~
『The Administration of Ghrelin Improved Hepatocellular Injury Following Parenteral Feeding in A Rat Model of Short Bowel Syndrome』
(グレリンの経静脈投与は大量腸管切除+完全静脈栄養モデルラットにおける肝障害を抑制する)
夏越 祥次
教授
大西 峻
(小児外科学)
医歯学総合研究科 会議室
(臨床研究棟3 病理学分野教室横の会議室)
8 7.3(火)
16:00~
『Whole-tumor apparent diffusion coefficient (ADC) histogram analysis to differentiate benign peripheral neurogenic tumors from soft tissue sarcomas.』
(良性末梢神経腫瘍と軟部肉腫の鑑別における腫瘍全体の見かけの拡散係数(ADC)ヒストグラム解析)
谷本 昭英
教授
中條 正典
(放射線診断治療学)
放射線診断治療学分野 ミーティングルーム
(医歯学総合研究科棟③ 6階)
7 7.2(月)
13:00~
『Correlation Between Biomarker Candidate Proteins with the Effect of Neoadjuvant Chemoradiation Therapy on Esophageal Squamous Cell Carcinoma』
(食道扁平上皮癌におけるバイオマーカー候補蛋白と
術前化学放射線療法の効果との関連)
谷本 昭英
教授
野田 昌宏
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
501講義室
(共通教育棟5階)
6 6.21(木)
15:00~
『Inhibition of Inflammatory Cytokines and Induction of Myeloid-Derived Suppressor Cells by the Effects of Granulocyte and Monocyte Adsorption Apheresis』
(顆粒球除去療法による炎症性サイトカインの抑制と
骨髄由来免疫抑制細胞の誘導)
橋口 照人
教授
坂ノ上 正直
(皮膚科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
5 6.20(水)
14:00~
『Silk fibroin produced by transgenic silkworms overexpressing the Arg-Gly-Asp motif accelerates cutaneous wound healing in mice.』
(Transgenic RGD シルクフィブロインは創傷治癒を促進する)
宮田 篤郎
教授
馬場 淳徳
(皮膚科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
4 6.19(火)
16:00~
『Phenylephrine does not improve oxygenation during one-lung ventilation:A randomized, double-blind, cross-over study』
(フェニレフリンは片肺換気において酸素化を改善しない:ランダム化二重盲検クロスオーバー臨床試験)
佐藤 雅美
教授
五代 幸平
(侵襲制御学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
3 6.15(金)
16:00~
『Transplantation Tolerance: Allo-recognition and Regulatory T Cells』
(移植と免疫寛容:抗原特異的識別と制御性T細胞の関連性)
堀内 正久
教授
富田 祐介
(臓器置換・異種移植外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
2 6.11(月)
16:00~
『Inolvement of orexin neurons in fasting- and central adenosine- induced hypothermia』
(飢餓およびアデノシン誘発低体温へのオレキシン神経の関与)
上村 裕一
教授
二木 貴弘
(救急・集中治療医学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
1 4.5(木)
15:00~
『Early prediction for over two years efficacy of the first biologic agent for polyarticular juvenile idiopathic arthritis: A multi-institutional study in Japan』
(多関節型若年性特発性関節炎に対して初回導入した生物学的製剤における2年間以上の治療有効性の早期予測に関する研究:本邦多施設共同研究) 
石塚 賢治
教授 
久保田 知洋
(小児科学) 
大学院講義室
(医系基礎棟2階)