Kagoshima University Graduate School of Medical and Dental Sciences

 2007.12.10から学位論文公開審査に出席し、審査委員(主査)に出席証明書にサインをもらい、学務課 医歯学大学院係へ提出すると医歯学研究講義の
出席回数にカウントされます。
※但し、休学者は除く。
なお、出席証明書は各自ダウンロードし、持参するようお願いいたします。

2017.11.16 更新 

No開催日
時間
論文題目主査申請者
研究分野
開催場所
25 1.11(木)
15:00~
『Efficient Use of Diagnostic Imaging and Objective Evaluation of Work that Reflects Patient Condition』
(患者状態を考慮した画像検査装置の効率性と客観的業務評価の研究)
吉浦  敬
教授
信太 圭一
(医療システム情報学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
24 1.9(火)
15:00~
『Identification of a novel variant of the RET
proto-oncogene in a novel family with Hirschsprung’s disease.』
(特異な遺伝形式を持つ家族性ヒルシュスプルング病の遺伝子解析)
河野 嘉文
教授
川野 孝文
(小児外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
23 12.20(水)
15:00~
『Prophylactic efficacy of enteral miconazole administration for neonatal intestinal perforation and its potential mechanism.』
(新生児消化管穿孔に対する予防的経口ミコナゾール投与の有効性とその作用メカニズムに関する研究)
小林 裕明
教授
鳥飼 源史
(小児外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
22 12.14(木)
16:00~
『Odour-induced analgesia mediated by hypothalamic orexin neurons in mice』
(マウスにおける匂い誘発性鎮痛には視床下部オレキシン神経が関与する)
乾 明夫
教授
田代 章悟
(侵襲制御学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
21 11.13(月)
17:30~
『Neonatal maternal separation delays the GABA excitatory-to-inhibitory functional switch by inhibiting KCC2 expression』
(新生児母子分離はKCC2の発現を抑制することで、GABAの興奮性から抑制性への機能スイッチを遅らせる)
後藤 哲哉
教授
古川 みなみ
(歯科矯正学)
第3示説室
(歯学部研究棟9階)
20 11.13(月)
17:00~
『Long-term outcome after endovascular treatment of cavernous sinus dural arteriovenous fistula and a literature review』
(海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の血管内治療後の長期成績 ならびに文献レビュー)
吉浦 敬
教授
西牟田 洋介
(脳神経外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
19 10.30(月)
11:00~
『Finite element analysis of cementless femoral stems based on mid- and long-term radiological evaluation』
(中期的X線学的評価に基づいたセメントレスステムの
有限要素解析と長期的X線学的評価の検証)
菊地 聖史
教授
松山 金寛
(整形外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
18 10.18(水)
15:30~
『The novel preventive effect of Daikenchuto (TJ-100), a Japanese herbal drug, against neonatal necrotizing enterocolitis (NEC) model in rats.』
(新生児壊死性腸炎ラットモデルに対する大建中湯の予防効果に関する検討)
河野 嘉文
教授
新山 新
(小児外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
17 10.11(水)
17:00~
『Differences between the chewing and non-chewing sides of the mandibular first molars and condyles in the closing phase during chewing in normal subjects』
(健常者の下顎第一大臼歯と下顎頭における作業側と平衡側の咀嚼運動経路の違い)
山﨑 要一
教授
權 相豪
(歯科矯正学)
第3示説室
(歯学部研究棟9階)
16 9.20(水)
18:00~
『Interleukin-33 induces growth-regulated oncogene-α expression and secretion in human umbilical vein endothelial cells』
(Interleukin-33はヒト臍帯静脈内皮細胞において  growth-related oncogene-αの発現及び分泌を誘導する)
大石  充
教授
山本 将義
(生理活性物質制御学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
15 9.1(金)
16:00~
『The utility of apoptosis inhibitor of macrophages as a possible diagnostic marker in patients with Crohn’s disease.』
(クローン病におけるアポトーシス抑制因子AIMの臨床的意義)
※6/21開催日時が変更になりました。
夏越 祥次
教授
小野 陽平
(消化器疾患・生活習慣病学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
14 9.1(金)
14:00~
『The microRNA expression signature of pancreatic ductal adenocarcinoma by RNA sequencing: anti-tumour functions of the microRNA-216 cluster』
(次世代シーケンスを用いた膵癌におけるマイクロRNA発現プロファイルの作成;マイクロRNA-216クラスターの腫瘍抑制効果について)
中川 昌之
教授
米盛 圭一
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
13 8.7(月)
15:00~
『As a Novel Prognostic Marker, Cysteine/histidine-rich1(CYHR1) is a Therapeutic Target in Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma』
(食道扁平上皮癌患者においてCystein/Histidine-rich1(CYHR1)は新しい予後因子となるだけではなく治療標的になり得る)
古川 龍彦
教授
出先 亮介
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
12 8.7(月)
18:30~
『Deteriorated glucose metabolism with a high-protein, low-carbohydrate diet in db mice, an animal model of type 2 diabetes, may be due to insufficient insulin secretion』
(高たんぱく低炭水化物食での悪化する糖代謝は、不十分なインスリン分泌によるかもしれない:2型糖尿病モデルdb マウスでの検討)
※8/4台風のため開催時間が変更になりました。
西尾 善彦
教授
Wijang Pralampita Pulong
(衛生学・健康増進医学)
カンファレンスルーム
(医系基礎棟2階)
11 7.31(月)
15:00~
『A feasibility study of a hybrid breast-immobilization system for early breast cancer in proton beam therapy』
(陽子線治療における早期乳癌に対するハイブリッド式乳房固定システムの実用性研究)
夏越 祥次
教授
有村 健
(放射線診断治療学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
10 7.18(火)
18:00~
『Establishment of Disseminated Intravascular Coagulation (DIC) Model by a Single iv Administration of E. coli-derived Lipopolysaccharide (LPS) to Cynomolgus Monkeys and Evaluation of its Pathophysiological Status』
(カニクイザルを用いた大腸菌由来リポポリサッカライド(LPS)投与による播種性血管内凝固症候群(DIC)モデル作製及びその病態解析)
橋口 照人
教授
蓑毛 博文
(生体情報薬理学)
201講義室
(共通教育棟2階)
9 7.7(金)
16:00~
『Intra-rater and inter-rater reliability of gait analysis using portable gait rhythmogram for post-stroke hemiparetic patients』
(脳卒中片麻痺患者における携帯型歩行分析計による歩行解析-評価者内および評価者間信頼性の検討-)
髙嶋 博
教授
宮田 隆司
(リハビリテーション医学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
8 6.30(金)
15:00~
『Ghrelin improves intestinal mucosal atrophy during parenteral nutrition: An experimental study An experimental study.』
(経静脈栄養管理ラットモデルにおける小腸粘膜委縮に対するグレリンの効果)
乾  明夫
教授
山田 和歌
(小児外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
7 6.30(金)
13:00~
『Combined Fibrinogen and Neutrophil-Lymphocyte Ratio as a Prognostic Marker of Advanced Esophageal Squamous Cell Carcinoma』
(進行食道扁平上皮癌において、FibrinogenとNeutrophil-Lymphocyte Ratioを組み合わせたF-NLR scoreは予後予測のマーカーとなる)
橋口 照人
教授
貴島 孝
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
6 6.12(月)
16:00~
『Impairment of iodine-123-metaiodobenzylguanidine (123I-MIBG) uptake in patients with pulmonary artery hypertension』
(肺動脈性肺高血圧庄患者における肺MIBG取り込み低下)
吉浦 敬
教授
肥後 建樹郎
(心臓血管・高血圧内科学)
カンファレンスルーム
(医系基礎棟2階)
5 5.31(水)
17:00~
『Human neutrophil peptide-1 promotes alcohol-induced hepatic fibrosis and hepatocyte apoptosis』
(ヒト好中球ペプチド(human neutrophil peptide; HNP)-1  は、アルコールによる肝線維化と肝細胞アポトーシスを促進する)
堀内 正久
教授
指宿 りえ
(消化器疾患・生活習慣病学)
502講義室
(共通教育棟5階)
4 5.10(水)
11:00~
『Filamin C promotes lymphatic invasion and lymphatic metastasis and increases cell motility by regulating Rho GTPase in esophageal squamous cell carcinoma』
(食道扁平上皮癌においてFilaminCはRho GTPaseを調節して細胞運動を増加させリンパ管侵襲とリンパ節転移を促進させる。)
有田 和徳
教授
田辺 寛
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
3 5.8(月)
16:00~
『Clinical Significance of Circulating Tumor Cells in Peripheral Blood of Patients with Esophageal Squamous Cell Carcinoma.』
(食道扁平上皮癌における末梢血中の遊離癌細胞の検出の臨床的意義の検討)
古川 龍彦
教授
松下 大輔
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
2 4.17(月)
16:00~
『The combination therapy of Fenofibrate and Ezetimibe improved lipid profile and vascular function compared with statins in patients with type 2 diabetes』
(2型糖尿病患者におけるフェノフィブラート・エゼチミブ併用療法はスタチン治療と比較し脂質プロファイルと血管機能を改善させる)
大石 充
教授
新中須 敦
(糖尿病・内分泌内科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
4.3(月)
11:00~
『Impact of a Single Nucleotide Polymorphism Upstream of the IL28B Gene in Patients Positive for Anti-HCV Antibody in an HCV Hyperendemic Area in Japan』
(HCV高感染地区におけるIL28B遺伝子一塩基多型のHCV感染に与える影響)
堀内 正久
教授
小田 耕平
(消化器疾患・生活習慣病学)
 大学院講義室
(医系基礎棟2階)