小児科学

小児科学は子どもの疾患の全領域を対象とするため、一つの分野で網羅することはできません。当分野では鹿児島県の医療状況を踏まえ、下記のような領域に的を絞って研究を進めています。その中で、リサーチマインドを持った臨床医を養成することを念頭に、臨床現場から出てくる疑問を医学的に解明することを目指しています。少ない人的・物的資源を有効に活用しながら、常に理論的に考える習慣を身につけ治療に役立つ研究を実践し、病気を持つ子ども達に明るい未来を提供することが使命です。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 健康科学専攻 Health Research Course
大講座 発生発達成育学講座 Developmental Medicine
分野 小児科 Pediatrics
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ped/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5354 / FAX.099-265-7196

主要研究テーマ

血液・腫瘍学 Hemato-Oncology
循環器学 Cardiology
膠原病学 Rheumatology
神経学 Neurology
腎臓病学 Nephrology
内分泌学 Endocrinology

スタッフ

河野嘉文

教授
氏名 河野嘉文 Yoshifumi KAWANO
専門分野 小児科学、小児血液腫瘍学、造血細胞移植学
研究テーマ ・造血幹細胞移植術の安全性向上と効率化
・造血幹細胞の加齢
・へき地・離島における小児医療

研究者総覧 リポジトリ


岡本康裕

准教授
氏名 岡本康裕 Yasuhiro OKAMOTO
専門分野 血液・腫瘍学
研究テーマ ・造血幹細胞移植
・白血病
・送血幹細胞移植におけるウイルス感染症の早期診断
・リンパ管腫の治療

研究者総覧 リポジトリ


田邊貴幸

助教
氏名 田邊貴幸 Takayuki TANABE
専門分野 血液・腫瘍学
研究テーマ ・造血幹細胞移植
・白血病

研究者総覧 リポジトリ

 

 

 


西川拓朗

講師
氏名 西川拓朗 Takurou NISHIKAWA
専門分野 血液・腫瘍学
研究テーマ ・ブスルファン(BU)TDMおよびグルタチオン S-トランスフェラーゼ(GST)遺伝子多型を用いた造血幹細胞移植前処置の安全性確立
・シクロフォスファミド(CY)代謝物測定およびチトクロームP450(CYP)遺伝子多型を用いた造血幹細胞移植前処置の安全性確立
・シクロフォスファミド心筋障害ならびにその予防に関する研究
・小児における移植後シクロフォスファミドを用いたHLAハプロ末梢血幹細胞移植
・ベンゼン発がん研究

研究者総覧 リポジトリ


上野健太郎

講師
氏名 上野健太郎 Kentarou UENO
専門分野 循環器学
研究テーマ ・川崎病血管炎の病態解明
・川崎病血管炎におけるHMG-CoA還元酵素の役割
・先天性心疾患術後のデクスメデトミジン有害事象の評価、安全な使用方法についての研究
・感染性心内膜炎の治療・予防に関する研究
・QT延長症候群、QT短縮症候群
・心筋症の管理、治療に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


丸山慎介

助教
氏名 丸山慎介 Shinsuke MARUYAMA
専門分野 神経学
研究テーマ ・West症候群の治療に関する研究
・結節性硬化症に関する病因と治療に関する研究
・抗てんかん薬の薬理作用に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


児玉祐一

助教
氏名 児玉祐一 Yuichi KODAMA
専門分野 血液・腫瘍学
研究テーマ ・造血幹細胞の加齢
・造血幹細胞移植
・白血病

研究者総覧 リポジトリ


山﨑雄一

助教
氏名 山﨑雄一 Yuichi YAMASAKI
専門分野 膠原病学
研究テーマ ・関節型若年性特発性関節炎の長期寛解予測・治療中止基準の検討
・自己炎症性疾患の鑑別方法の検討・鑑別マーカーの検索
・家族性地中海熱におけるコルヒチン作用機序の解明

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

児玉祐一
  • Kodama Y, Fukano R, Noguchi M, Okamura J, Inagaki J. Folinic acid after MTX as prophylaxis for GVHD in pediatric bone marrow transplantation. Int J Hematol 2015; 101: 92-8
  • Manabe A, Kawasaki H, Shimada H, Kato I, Kodama Y, Sato A, Matsumoto K, Kato K, Yabe H, Kudo K, Kato M, Saito T, Saito AM, Tsurusawa M, Horibe K. Imatinib use immediately before stem cell transplantation in children with Philadelphia chromosome-positive acute lymphoblastic leukemia: Results from Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group (JPLSG) Study Ph(+) ALL04. Cancer Med. 2015; 4(5): 682-9
  • Inagaki J, Kodama Y, Fukano R, Noguchi M, Okamura J. Mycophenolate mofetil for treatment of steroid-refractory acute graft-versus-host disease after pediatric hematopoietic stem cell transplantation. Pediatr Transplant 2015; 19(6): 652-658

西川拓朗、児玉祐一
  • Nishimura M, Kodama Y, Fukano R, Okamura J, Ogaki K, Sakaguchi Y, Migita M, Inagaki J. Meralgia Paresthetica as a Presentation of Acute Appendicitis in a Girl With Acute Lymphoblastic Leukemia. J Pediatr Hematol Oncol 2015; 37: e182-e183

上野健太郎、江口太助、河野嘉文
  • Ueno K, Nomura Y, Morita Y, Eguchi T, Masuda K, Kawano Y. Circulating Platelet-Neutrophil Aggregates Play a Significant Role in Kawasaki Disease. Circulation Journal 2015; 79(6): 1349-1356
  • Nakae K, Ueno K, Kawamura J, Yanagimoto K, Eguchi T, Nomura Y, Kakihana Y,Kawano Y. Mechanical circulatory support as a potentially useful strategy in patients with severe cyclophosphamide-induced cardiotoxicity.Med J Kagoshima Univ 2015; 11: 41-50
  • 中﨑奈穗,上野健太郎,江口太助,野村裕一,河野嘉文,奥 章三.学校心臓検診でスクリーニングされた肺高血圧症を伴う先天性右肺動脈欠損の1例.小児科臨床 2015; 68(3): 451-456

西川拓朗、田邊貴幸、岡本康裕、河野嘉文
  • Nishikawa T, Miyahara E, Kurauchi K, Watanabe E, Ikawa K, Asaba K, Tanabe T, Okamoto Y, Kawano Y.Mechanisms of Fatal Cardiotoxicity followingHigh-Dose Cyclophosphamide Therapy and a Method for Its Prevention. PLoS ONE 2015; 10(6): e0131394

岡本康裕、児玉祐一、西川拓朗、田邊貴幸、河野嘉文
  • Abematsu T, Okamoto Y, Nakagawa S, Kurauchi K, Kodama Y, Nishikawa T, Tanabe T, Shinkoda Y, Mukai M, Kaji T, Kawano Y. Rectosigmoid colon venous malformation successfully treated with propranolol and celecoxib. J Pediatric Surgery Case Reports 2015; 3: 331-333

河野嘉文
  • Tomizawa D,Watanabe T,Hanada R,Horibe K,?Horikoshi Y,Iwamoto S,Kinoshita A, Moritake H,Nakayama H,Shimada A,Taga T,Takahashi H,Tawa A,Terui K,Hori H,Kawano Y,Kikuta A, Manabe A,Adachi S. Outcome of adolescent patients with acute myeloid leukemia treated with pediatric protocols. Int J Hematol 2015.July01 DOI 10.1007/s12185-015-1825-x

丸山慎介、河野嘉文
  • 馬場悠生,丸山慎介,中村達郎,棈松貴成,小川結実,宮園明典,橋口昭大,樋口逸郎,河野嘉文.走るのが遅いことをやる気の問題と教育現場で誤解を受けたネマリンミオパチーの1例.小児科臨床 2015; 68(7): 1379-1383

山﨑雄一、河野嘉文
  • 赤池治美,今中啓之,根路銘安仁,久保田知洋,山遠 剛,山﨑雄一,野中由希子,嶽崎智子,是松聖悟,河野嘉文,武井修治.妊娠・出産をした若年性特発性関節炎の2例.小児リウマチ 2015; 6(1):43-48

岡本康裕
  • Wang R, Yoshida K, Toki T, Sawada T, Uechi T, Okuno Y, Sato-Otsubo A, Kudo K, Kamimaki I, Kanezaki R, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Terui K, Sato T,Iribe Y, Ohga S, Kuramitsu M, Hamaguchi I, Ohara A, Hara J, Goi K, Matsubara K, Koike K, Ishiguro A, Okamoto Y, Watanabe K,Kanno H, Kojima S, Miyano S, Kenmochi N, Ogawa S, Ito E. (2015) Loss of function mutations in RPL27 and RPS27 identified by whole-exome sequencing in Diamond-Blackfan anaemia. Br J Haematol 2015;168: 854-864
  • Ishida H, Adachi S, Hasegawa D, Okamoto Y, Goto H, Inagaki J, Inoue M, Koh K, Yabe H, Kawa K, Kato K, Atsuta Y, Kudo K. (2015) Comparison of a fludarabine and melphalan combination-based reduced toxicity conditioning with myeloablative conditioning by radiation and/or busulfan in acute myeloid leukemia in Japanese children and adolescents. Pediatr Blood Cancer 2015; 62: 883-889
  • Kato K, Kato M, Hasegawa D, Kawasaki H, Ishida H, Okamoto Y, Katsuyoshi K,Innoue M, Inagaki J, Kato K, Sakamaki H, Yabe H, Kawa K, Suzuki R, Atsuta Y. (2015) Comparison of transplantation with reduced and myeloablative conditioning for children with acute lymphoblastic leukemia. Blood 2015; 125: 1352-1354
  • 岡本康裕.小児がんにおける症候と臨床像.小児血液腫瘍学 p78-79,診断と治療社,2015

丸山慎介
  • Fukasawa T, Kubota T, Negoro T, Maruyama S, Honda R, Saito Y, Itoh M,Kakita A, Sugai K, Otsuki T, Kato M, Natsume J, Watanabe K. Two siblings with cortical dysplasia: Clinico-electroencephalographic features. Pediatr Int 2015; 57(3): 472-475

岡本康裕、児玉祐一、河野嘉文
  • Wakiguchi H, Okamoto Y, Matsunaga M, Kodama Y, Miyazono A, Seki S, Ikeda N, Kawano Y. Multiple Renal and Splenic Lesions in a Child with Cat Scratch Disease. Jap J Infect Dis 2015; DOI:10.7883/yoken.JJID.2015.362

西川拓朗、児玉祐一、田邊貴幸、岡本康裕、河野嘉文
  • Watanabe E, Nishikawa T, Ikawa K, Yamaguchi H, Abematsu T, Nakagawa S,Kurauchi K, Kodama Y, Tanabe T, Shinkoda Y, Matsumoto K, Okamoto Y, Takeda Y, Kawano Y. Trough level monitoring of intravenous busulfan to estimate the area under the plasma drug concentration-time curve in pediatric hematopoietic stem cell transplant recipients. Int J Hematol 2015; 102(5): 611-616

主な研究費取得状況

期間 / 研究者研究
2014年~
河野嘉文
造血幹細胞の加齢に関する研究ー移植による変化ー
2014年~
野村裕一
多周波数インピーダンス法を応用した硬性浮腫の客観的評価導入による川崎病重症度評価
2014年~
岡本康裕
WT1蛋白を標的とするナノ粒子を用いた白血病の高感度MRD診断法の確立
2014年~
西川拓朗
シクロフォスファミドの心筋障害のメカニズムと発症予防法の探求
2014年~
上野健太郎
川﨑病血管炎における冠動脈後遺症発症の機序の解明
2014年~
武井修治
自己炎症疾患とその類縁疾患に対する新規診療基盤の確立
2014年~
武井修治
今後の小児慢性特定疾患治療研究事業のあり方に関する研究
2014年~
岡本康裕
再発小児・AYA(Adolescent and Young Adult)世代固形腫瘍に対する2剤併用化学療法についての多施設共同臨床研究
2014年~
岡本康裕
『転移性肝芽腫に対する薬剤開発戦略としての国際共同臨床試験』班

分野サイト