医歯学総合研究科について

大学院教育では、学生の研究能力が国際的な評価に耐える研究を計画・実施できるレベルに到達することを目的としています。また、高度の研究能力を持つとともに、共同研究をコーディネートできる協調性と広い視野を持ち、研究の社会的な意味を常に問い続け、医の倫理観を備えた生命医療領域の研究者と教育者の育成を目指します。

健康科学専攻(博士課程)Health Research Course(Doctoral course)

生命現象の基礎的理解に基づき疾病に関する個体の問題(生活習慣など)、個体と環境の関係、社会の諸問題などに関する疾病予防を中心に基礎研究と臨床研究を統合して総合的に病因・病態を明らかにし、育成・予防法、診断・治療体系や技術体系の開発を推進する。

先進治療科学専攻(博士課程)Advanced Therapeutics Course(Doctoral course)

医学と歯学における基礎医学と臨床医学を有機的に連携し、急速に進歩する基礎医学の成果をトランスレーショナル・リサーチとして臨床医学に取り入れ、先端医療技術の開発・臨床応用を推進し、これを担う人材を育成することを目的とする。

医科学専攻(修士課程)Medical Sciences Course(Master course)

生命倫理観に基づいた医学及び歯学に関する知識と技術のエッセンスを体系的、効率的、集中的に教育することにより、医科学及びライフサイエンス分野の専門的知識を備えた、多様な分野で活躍できる人材の育成を目的とする。

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内