口腔微生物学分野イメージ

当分野では、細菌と宿主との関連性について主に細菌側からの観点で病原性発現解析や宿主への影響について口腔内細菌および院内感染菌に関する研究を行っています。

私たちの研究は最終的には細菌感染症の発症機序の解明を行うことで、種々の細菌感染症に対する治療、診断、予防などにつながることを目的としています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 健康科学専攻 Health Research Course
大講座 発生発達成育学 Developmental Medicine
分野 口腔微生物学 Oral Microbiology
分野サイト http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/saikin/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-6156 / FAX.099-275-6158

主要研究テーマ

口腔内常在細菌叢解析 Research on oral commensal flora
抗菌性ペプチド解析 Research on antimicrobial peptides
黄色ブドウ球菌の抗菌剤耐性機構の解明 Resistance to antibacterial agents in S. aureus
歯周病原因菌の病原性解析 Research on virulence factors in periodontal bacteria
ミュータンス菌の口腔内定着機構の解明 Research on mechanism of S. mutans adaptation to oral cavity

スタッフ

教授:小松澤 均

教授
氏名 小松澤均 Hitoshi KOMATSUZAWA
専門分野 細菌学、口腔細菌学
研究テーマ ・細菌の病原性因子解析
・細菌の抗菌性因子耐性機構

研究者総覧 リポジトリ


講師:松尾美樹

准教授
氏名 松尾美樹 Miki MATSUO
専門分野 細菌学、口腔細菌学
研究テーマ ・口腔細菌の二成分制御系に関する研究
・バクテリオシンに関する研究
・細菌の糖代謝に関する研究

研究者総覧 リポジトリ


助教:大貝悠一

助教
氏名 大貝悠一 Yuichi OOGAI
専門分野 口腔微生物学、細菌学
研究テーマ ・黄色ブドウ球菌の生体由来因子中における病原性解析
・歯周病原因菌のsmall RNAおよび表層タンパクの解析

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 神原賢治 Kenji KANBARA
専門分野 ウイルス学、免疫学
研究テーマ ・口腔感染症と全身疾患

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

小松澤均
  1. Khung R, Shiba H, Kajiya M, Kittaka M, Ouhara K, Takeda K, Mizuno N, Fujita T, Komatsuzawa H, Kurihara H. LL37 induces VEGF expression in dental pulp cells through ERK signalling. Int Endod J. 2015 Jul;48(7):673-9.
  2. Kukita K, Kawada-Matsuo M, Oho T, Nagatomo M, Oogai Y, Hashimoto M, Suda Y, Tanaka T, Komatsuzawa H. Staphylococcus aureus SasA is responsible for binding to the salivary agglutinin gp340, derived from human saliva. Infect Immun. 2013;81(6):1870-9.
  3. Mazda Y, Kawada-Matsuo M, Kanbara K, Oogai Y, Shibata Y, Yamashita Y, Miyawaki S, Komatsuzawa H. Association of CiaRH with resistance of Streptococcus mutans to antimicrobial peptides in biofilms. Mol Oral Microbiol. 2012: 27(2):124-35.
    M. Kawada-Matsuo, Y. Yoshida, N. Nakamura, H. Komatsuzawa, Role of two-component systems in the resistance of Staphylococcus aureus to antibacterial agents., Virulence., 2011, 1;2(5): 427-30.

松尾美樹
  1. Kawada-Matsuo M, Yoshida Y, Zendo T, Nagao J, Oogai Y, Nakamura Y, Sonomoto K, Nakamura N, Komatsuzawa H. Three distinct two-component systems are involved in resistance to the class I bacteriocins, Nukacin ISK-1 and nisin A, in Staphylococcus aureus. PLoS One. 2013; 22:8(7):e69455.
  2. Kawada-Matsuo M, Oogai Y, Zendo T, Nagao J, Shibata Y, Yamashita Y, Ogura Y, Hayashi T, Sonomoto K, Komatsuzawa H. Involvement of the novel two-component NsrRS and LcrRS systems in distinct resistance pathways against nisin A and nukacin ISK-1 in Streptococcus mutans., Appl Environ Microbiol. 2013 Aug;79(15):4751-5.
  3. K. Fujishima, M. Kawada-Matsuo, Y. Oogai, M. Tokuda, M. Torii, H. Komatsuzawa.; dpr and sod in Streptococcus mutans Are Involved in Coexistence with S. sanguinis, and PerR Is Associated with Resistance to H2O2., Appl Environ Microbiol., 2013; 79(5): pp1436-43
  4. Kawada-Matsuo M, Mazda Y,Oogai Y, Kajiya M, Kawai T, Yamada S, Miyawaki S, Oho T, Komatsuzawa H.GlmS and NagB regulate amino sugar metabolism in opposing directions and affect Streptococcus mutans virulence., PLoS One. 2012;7(3):e33382.

大貝悠一
  1. Expressions of virulence factors by Staphylococcus aureus grown in serum., Oogai Y, Matsuo M, Hashimoto M, Kato F, Sugai M and Komatsuzawa H., Applied and Environmental Microbiology, 査読有り, 77(22):8097-105, 2011
  2. The surface layer of Tannerella forsythia contributes to serum resistance and oral bacterial coaggregation., Shimotahira N, Oogai Y, Kawada-Matsuo M, Yamada S, Fukutsuji K, Nagano K, Yoshimura F, Noguchi K, Komatsuzawa H., Infection and Immunity, 査読有り, 81(4):1198-206, 2013

主な研究費取得状況

小松澤均
事業・種目 / 期間研究
科学研究費 基盤研究(C)
2013~2015年度
う蝕・歯周病原因菌の口腔内定着機構の解明
科学研究費 挑戦的萌芽研究
2010~2011年度
サイトカインは直接的に細菌に作用するか?
科学研究費 特定領域研究
2007~2008年度
黄色ブドウ球菌の病原性因子発現に影響を及ぼす外来性因子に関する研究
科学研究費 基盤研究(C)
2007~2008年度
歯周病原因菌とヒト抗菌ペプチドの相互作用に関する研究
科学研究費 基盤研究(C)
2005~2006年度
黄色ブドウ球菌の糖代謝系の薬剤感受性に及ぼす影響
松尾美樹
事業・種目 / 期間研究
科学研究費 基盤研究(C)
2015~2017年度
口腔由来多剤耐性黄色ブドウ球菌の感染症予防法開発に向けた基礎研究
科学研究費 若手研究(B)
2013~2014年度
黄色ブドウ球菌の口腔内定着を阻害する新規口腔由来抗菌因子の探索
科学研究費 若手研究(B)
2011~2012年度
黄色ブドウ球菌の口腔内定着機構の解明
大貝悠一
事業・種目 / 期間研究
科学研究費 若手研究(B)
2010~2011年度
歯周病原因菌表層タンパクの新規病原性因子の同定及び解析
科学研究費 若手研究(B)
2015~2016年度
A.actinomycetemcomitans表層タンパクの同定及び病原性解析

分野サイト