ライン

ライン

インテンシブコース

近年、国民のがんに対する関心・意識の高まりに伴い、医療機関に対して高度な専門的知識・技術に基づくがん医療の提供を求める声が大きくなっております。また一方では、がん専門医療人やがん研究者を指導する指導者不足も叫ばれております。 このような観点から、平成24年度より本学を含む九州内の大学が共同で「九州がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」を発足させました。 このプランにはがん治療に携わる医師や薬剤師等を対象としたいくつかのコースが含まれています。 本学では現在がん治療に携わっている医師(薬剤師、臨床工学技士、看護師の方も受講可能です)を対象とし、がん診療の専門的かつ最新の情報を提供するため下記のようなインテンシブコースを実施中です。 今年度は下記のとおり開講しています。多くの方が本講座を受講され、高度先進的な知識と技術を習得されることを願っています。

平成29年度 【2017.10〜2018.03】  NEW!
平成28年度 【2016.11〜2017.03】   
平成27年度 【2016.02〜2016.03】  
平成28年度 【2017.02〜2017.03】    
  

がん専門薬剤師養成コース

このコースはがん治療に特化した高度先進的知識と技術を修得し、日本病院薬剤師会の「がん薬物療法認定薬剤師」、日本医療薬学会の「がん専門薬剤師」・「がん指導薬剤師」、日本臨床腫瘍薬学会の「外来がん治療認定薬剤師」及び、日本緩和医療薬学会の「緩和薬物療法認定薬剤師」の資格取得を目指す薬剤師に、がん化学療法に必要な高度先進的な知識と技術を習得させるコースです。 また、離島・僻地に在住する患者に安全で質の高い化学療法を実施できる体制を構築するために、e-ラーニングによる受講に加え、離島・僻地での講義・実技指導を実施いたします。 がん化学療法に関心ある薬剤師が本講座を受講され、がん薬物療法認定薬剤師、がん専門薬剤師、がん指導薬剤師、外来がん治療認定薬剤師及び緩和薬物療法認定薬剤師の認定を受けられることを願っています。

● がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
がん専門薬剤師養成コース(インテンシブ)
主催
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 生体機能制御学講座薬物動態制御学
開催会場
鹿児島大学病院
開催期間

平成29年10月2日(月)〜平成30年3月30日(金) 予定
※講義・実習の詳細な日程は、受講決定通知の際にお知らせいたします。
詳細はこちらからダウンロードしてください。

受講対象者
@日本病院薬剤師会の「がん薬物療法認定薬剤師」、日本医療薬学会の「がん専門薬剤師」・「がん指導薬剤師」、日本臨床腫瘍薬学会の「外来がん治療認定薬剤師」及び日本緩和医療薬学会の「緩和薬物療法認定薬剤師」の資格取得希望の者、並びにがん化学療法に必要な高度先進的な知識と技術を習得したい薬剤師            
A離島・僻地の病院・薬局に勤務する薬剤師
募集人員
若干名(8名程度)
講習料
無料
内容&目的

【講義実習内容】
がんに関する薬物療法、緩和ケアなどの講義ならびに実技研修
【目的】
  近年、国民のがんに対する関心・意識の高まりに伴い、医療機関に対して高度な専門的知識・技術に基づくがん医療の提供を求める声が大きくなっております。また一方では、がん専門医療人やがん研究者を指導する指導者不足も叫ばれております。このような観点から、平成24年度より本学を含む九州内の大学が共同で「九州がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」を発足させました。このプランにはがん治療に携わる医師や薬剤師等を対象としたいくつかのコースが含まれています。その中で薬剤師を対象として、がん治療の専門的かつ最新の情報を提供するため下記のインテンシブコースを計画いたしました。   このコースはがん治療に特化した高度先進的知識と技術を修得し、日本病院薬剤師会の「がん薬物療法認定薬剤師」、日本医療薬学会の「がん専門薬剤師」・「がん指導薬剤師」、日本臨床腫瘍薬学会の「外来がん治療認定薬剤師」及び、日本緩和医療薬学会の「緩和薬物療法認定薬剤師」の資格取得を目指す薬剤師に、がん化学療法に必要な高度先進的な知識と技術を習得させるコースです。また、離島・僻地に在住する患者に安全で質の高い化学療法を実施できる体制を構築するために、eラーニングによる受講に加え、離島・僻地での講義・実技指導を実施いたします。  今年度は下記のとおり開講を予定しています。がん化学療法に関心ある薬剤師が本講座を受講され、がん薬物療法認定薬剤師、がん専門薬剤師、がん指導薬剤師、外来がん治療認定薬剤師及び緩和薬物療法認定薬剤師の認定を受けられることを願っています。

講義日程等
概要:
1)講義予定
   eラーニングによる受講(6科目から選択)並びに講義
      臨床研究と生物統計学
      生命倫理と法的規則
      基礎腫瘍学
      臨床腫瘍学概論
      精神・社会腫瘍学と患者教育
      医療ケアとチーム医療
2)実習予定
   抗悪性腫瘍薬の計数調剤、廃棄、薬剤管理指導
(eラーニングによる受講、並びに講義・実技指導を受講した者に修了証書を交付します)
申込要領
所定の受講願書をこちらからプリントアウトして記入の上、下記宛送付かFAX等で申し込んでください。受講願書に記載された個人情報は、受講者の登録、緊急連絡等の公開講座の運営に利用し、この目的以外には利用しません。
※申込期間:平成29年9月4日(月)〜平成29年9月25日(月)
(受講決定者等については、9月末までに本人に文書等で通知します。)

【申込先・問い合わせ先】
鹿児島大学医歯学総合研究科等学務課医歯学大学院係
〒890-8544 鹿児島市桜ヶ丘8-35-1
TEL:099-275-5120 / FAX:099-275-5136
E-mail: isggdi@kuas.kagoshima-u.ac.jp 
問い合わせ先

【内容に関する問い合わせ先】
鹿児島大学病院 薬剤部 副薬剤部長 有馬 純子
TEL:099-275-5543  FAX:099-265-5293
E-mail: junko@m3.kufm.kagoshima-u.ac.jp



成人T細胞白血病専門医療人養成コース

このコースは血液疾患従事医およびこれから専門医になろうとする医師を対象とし、ATL診療の高度先進的知識と技術の修得やブラッシュアップにより、ATL専門医療人を養成し、同時に日本血液学会専門医ならびに日本がん治療学会認定等の資格取得を目指すものです。

  
● がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
成人T細胞白血病専門医療人養成コース(インテンシブ)
主催
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科
難治ウイルス病態制御研究センター 血液・免疫疾患研究分野
開催会場
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 難治ウイルス病態制御研究センター            血液・免疫疾患研究分野 および 鹿児島大学病院血液・膠原病内科病棟
開催期間

平成28年11月1日(火)〜平成29年3月31日(金) 予定
※期日詳細については、受講者決定後に、直接連絡いたします。
詳細はこちらからダウンロードしてください。

受講対象者
医歯学総合研究科博士課程大学院生及び血液疾患の治療に従事している若手医師
(所属は問わない)
募集人員
2名
講習料
無料
内容&目的

【講義実習内容】
専門的講義、e-learning (九州がんプロ)、病棟での実習(化学療法や移植療法の実際)
宮崎大学医学部内科学講座消化器血液学分野との連携教育も予定しています

【目的】
 近年、国民のがんに対する関心・意識の高まりに伴い、医療機関に対して高度な専門的知識・技術に基づくがん医療の提供を求める声が大きくなっております。また一方では、がん専門医療人やがん研究者を指導する指導者不足も叫ばれております。このような観点から、平成24年度より本学を含む九州内の大学が共同で「九州がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」を発足させました。このプランにはがん治療に携わる医師や薬剤師等を対象としたいくつかのコースが含まれています。
 一方、鹿児島県は血液領域のがんのひとつである成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)が最も多発している地域です。本白血病は他の血液がんと比べて、極めて難治性であり、診断、治療など課題が山積していることから、それらを解決するために、治療や管理を適切に行う専門医療人の養成が求められています。
 そこで今回、現在ATLの治療に携わっている人、および関心をもっておられる方を対象とし、ATL診療の専門的かつ最新の情報を提供するため下記のようなインテンシブコースを計画いたしました。
 このコースは血液疾患従事医およびこれから専門医になろうとする医師を対象とし、ATL診療の高度先進的知識と技術の修得やブラッシュアップにより、ATL専門医療人を養成し、同時に日本血液学会専門医ならびに日本がん治療学会認定等の資格取得を目指すものです。
 今年度は下記のとおり開講を予定しています。

講義日程等
講義予定*:別個指定された期間内における木曜日       18:00〜19:30
実習予定*:別個指定された期間内における月曜日−金曜日の14:00〜18:00

概要:1)講義
    (1)ATLの基礎と疫学
    (2)ATLの化学療法の理論と実際
    (3)ATLの移植療法
    (4)ATLの治療における今後の展望
    (5)e-learning
    (6)e-learning
    (7)e-learning

   2)実習
    (1)悪性リンパ腫の化学療法の実際
    (2)悪性リンパ腫の自己幹細胞移植の実際
    (3)ATLの化学療法の実際
    (4)ATLの同種移植療法の実際

   3)南九州2大学連携血液研究会参加 

(7回の講義の8割以上に出席し、さらに4回の実習すべてに参加した者に修了証書を交付します。)
申込要領
所定の受講願書をこちらからプリントアウトして記入の上、下記宛送付かFAX等で申し込んでください。受講願書に記載された個人情報は、受講者の登録、緊急連絡等の公開講座の運営に利用し、この目的以外には利用しません。
※申込期限:平成28年10月21日(金)
(受講決定者等については、10月31日頃に本人に文書等で通知します。)

【申込先・問い合わせ先】
鹿児島大学医歯学総合研究科等学務課医歯学大学院係
〒890-8544 鹿児島市桜ヶ丘8-35-1
TEL:099-275-5120 / FAX:099-275-5136
E-mail: isggdi@kuas.kagoshima-u.ac.jp
問い合わせ先
【内容に関する問い合わせ先】
鹿児島大学医学部・歯学部附属病院 血液・膠原病内科(医歯学総合研究科難治ウイルス病態制御研究センター、血液・免疫疾患研究教室)
〒890-8544 鹿児島市桜ヶ丘8-35-1
TEL:099-275-5934  FAX:099-275-5947
E-mail: kenji-i@m.kufm.kagoshima-u.ac.jp


緩和ケア専門医療人養成コース

このコースは緩和ケアを志す医療従事者を対象に、鹿児島大学で3月5,6日に開講されます緩和ケア研修会を聴講し、さらにより専門的な知識を要求されるカンファレンス、鹿児島緩和ケアチーム研究会などの実習を通してすぐに実際の診療に有用な知識、技能を獲得していただくことを目標に設定しております。緩和ケアを行っている医療従事者、今後行う予定の医療従事者のご参加をお待ちしております。

  
● がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
緩和ケア専門医療人養成コース(インテンシブ)
主催
鹿児島大学医学部・歯学部附属病院緩和ケアチーム
開催会場
鹿児島大学医学部・歯学部附属病院
開催期間
平成28年2月2日(火)〜平成28年3月6日(日)
※講義・実習の詳細な日程は、受講決定通知の際にお知らせいたします。
詳細はこちらからダウンロードしてください。
受講対象者
がん医療に従事する医師、看護師、薬剤師、リハビリ担当者
募集人員
5名
講習料
無料
内容&目的

【講義実習内容】
緩和ケアに関する講義ならびに実技研修
【目的】
 近年、国民のがんに対する関心・意識の高まりに伴い、医療機関に対して高度な専門的知識・技術に基づくがん医療の提供を求める声が大きくなっております。また一方では、がん専門医療人やがん研究者を指導する指導者不足も叫ばれております。このような観点から、平成24年度より本学を含む九州内の大学が共同で「九州がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」を発足させました。このプランにはがん治療に携わる医師、看護師、薬剤師等を対象としたいくつかのコースが含まれています。がん治療の推進の目的で2007年にがん対策推進計画が推進され、その中ですべてのがん診療に携わる医師が研修等により、緩和ケアについての基本的な知識を習得することが目標として掲げられたことをきっかけにがん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会などを通じて緩和ケアは急速に普及しつつあります。さらに多くの医療機関に緩和ケアを普及すること、そのレベルアップに役立てていただくためにこのコースを開設いたしました。
  このコースは緩和ケアを志す医療従事者を対象に、鹿児島大学で3月5,6日に開講されます緩和ケア研修会を聴講し、さらにより専門的な知識を要求されるカンファレンス、鹿児島緩和ケアチーム研究会などの実習を通してすぐに実際の診療に有用な知識、技能を獲得していただくことを目標に設定しております。
 今年度は下記のとおり開講を予定しています。緩和ケアを行っている医療従事者、今後行う予定の医療従事者のご参加をお待ちしております。

講義日程等
概要:1)講義予定(2月2日、12日、19日、26日、3月5日、6日)
      (1) 緩和ケア概論 
      (2) がん疼痛治療 
      (3) 疼痛事例検討 
      (4) コミュニケーション 
      (5) 呼吸器症状の治療と評価
      (6) 消化器症状の治療と評価 
      (7) 精神症状の評価と治療
      (8) オピオイドを開始するとき
      (9) 地域連携
      (10) 緩和ケアにおける薬物療法
      (11) 緩和ケアにおけるリハビリテーション
      (12) 緩和ケアにおける口腔ケア
    注)1) 緩和ケア概論              松下格司               2月 2日
      2) 気持ちのつらさ             長谷純子               2月12日
      3) 不眠・せん妄              長谷純子               2月19日
      4) コミュニケーション(ロールプレイ) 落合美智子、長瀧恵、岩坪笑  2月26日
   2)実習予定(2月2日、9日、16日、23日、3月5日、6日)
      (1) 緩和ケアチームカンファレンスおよび回診(4回)
         2月2日、2月9日、2月16日、2月23日
      (2) 多施設合同事例検討会
         2月23日
(開講時間の3分の2以上受講した者に修了証書を交付します。)
申込要領
所定の受講願書をこちらからプリントアウトして記入の上、下記宛送付かFAX等で申し込んでください。受講願書に記載された個人情報は、受講者の登録、緊急連絡等の公開講座の運営に利用し、この目的以外には利用しません。
※申込期間:平成27年11月17日(火)〜 平成27年12月18日(金)
(受講決定者等については、1月11日頃に本人に文書等で通知します。)

【申込先・問い合わせ先】
鹿児島大学医歯学総合研究科等学務課医歯学大学院係
〒890-8544 鹿児島市桜ヶ丘8-35-1
TEL:099-275-5120 / FAX:099-275-5136
E-mai: isggdi@kuas.kagoshima-u.ac.jp 
問い合わせ先
【内容に関する問い合わせ先】
鹿児島大学医学部・歯学部附属病院
緩和ケアセンター 特例准教授 松 下 格 司
〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘8-35-1
TEL: 099-275-5978 FAX: 099-275-5279
E-mail: kaku@m2.kufm.kagoshima-u.ac.jp

消化器がん集学的治療専門医療人養成コース

このコースは、現在消化器がん治療に携わっている医師(ただし、薬剤師、臨床工学技士、看護師の方も受講可能です)を対象とし、消化器がん集学的治療の全人的医療かつチーム医療に関する専門的かつ最新の情報を提供するためのコースです。また日本がん治療認定医機構主宰の「がん治療認定医」の資格取得を目指す医師ならびに消化器がん診断・治療・研究に必要な高度先進的な知識・技術を習得したい医師の方を対象として開催されるものです。

  
● がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
消化器がん集学的治療専門医療人養成コース(インテンシブ)
主催
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 臨床腫瘍学講座臨床腫瘍学
開催会場
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科棟2(基礎医学系)2階 大学院講義室
開催期間
平成29年2月6日(月)〜平成29年3月27日(月)
※講義・実習の詳細な日程は、受講決定通知の際にお知らせいたします。
詳細はこちらからダウンロードしてください。
受講対象者 消化器がん集学的治療に関する診断・治療・研究またチーム医療に必要な高度先進的な知識・技術を習得したい医師、(薬剤師、臨床工学技士、看護師他の方も受講可能) 並びに、日本がん治療認定医機構主宰の「がん治療認定医」の資格取得を目指す医師
募集人員
5名
講習料
無料
内容&目的

【講義実習内容】
消化器がん集学的治療に必要な最新知識やチーム医療の概念を習得する。
【目的】
近年、国民のがんに対する関心・意識の高まりに伴い、医療機関に対して高度な専門的知識・技術に基づくがん医療の提供を求める声が大きくなっております。このような観点に基づき、平成19年度より本学を含む九州内の大学共同による「九州がんプロフェッショナル養成プラン」が開設され、また引き続き、平成24年度より「九州がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」が発足しました。このプランにはがん治療に携わる医師や薬剤師等を対象としたいくつかのコースが含まれています。そこで今回、がん治療に携わっている人を対象とし、がん診療の専門的かつ最新の情報を提供するため下記のようなインテンシブコースを計画いたしました。
  「消化器がん集学的治療専門医療人養成コース」は、現在消化器がん治療に携わっている医師(ただし、薬剤師、臨床工学技士、看護師の方も受講可能です)を対象とし、消化器がん集学的治療の全人的医療かつチーム医療に関する専門的かつ最新の情報を提供するためのコースです。また日本がん治療認定医機構主宰の「がん治療認定医」の資格取得を目指す医師ならびに消化器がん診断・治療・研究に必要な高度先進的な知識・技術を習得したい医師の方を対象として開催されるものです。今年度は下記のとおり開講を予定しています。

講義日程等
毎週月曜日19:00 〜 20:30

概要:1)講義予定 (都合により変更する場合があります)
2/6  癌集学的治療におけるチーム医療ならびに地域連携  上野・鈴木(臨床腫瘍学)/
                                      大瀬 (鹿児島市医師会病院)
2/13  消化器癌集学的治療における薬物療法と支持療法
                                    藤島(有馬・藤島内科クリニック)
2/20 消化器癌集学的治療における放射線科的治療      中村(放射線科)
2/27 消化器癌集学的治療における治療の実際T(食道・胃)  内門/上之園(消化器外科)
3/6  消化器癌集学的治療における治療の実際U(大腸)    盛/飯野(消化器外科)
3/13 消化器癌集学的治療における治療の実際V(肝・胆・膵) 小森園(南風病院)/
                                        藏原(消化器外科)
3/27 消化器癌集学的治療における緩和ケア導入と精神腫瘍
                                       松下/長谷(緩和ケアチーム)

【内容】
@ 消化器癌集学的治療の概念、適応、実際の治療法を学ぶ。特に薬物療法ならびに
  支持療法、放射線科的治療、また外科的治療の実際について、各疾患の具体例を
  通して学習する。必要なOncological emergencyとその対処(特に外科)についても
  学習する。
A 標準治療(ガイドライン)の考え方、ならびに臨床試験の考え方を学習する。
B 集学的治療に必要なチーム医療や地域との連携を学ぶ。
C 進行癌患者さんとのコミュニケーション、精神腫瘍学的考え方、また初期からの緩和
  医療導入を学ぶ。
(開講時間の3分の2以上受講した者に修了証書を交付します。)
申込要領
所定の受講願書をこちらからプリントアウトして記入の上、下記宛送付かFAX等で申し込んでください。受講願書に記載された個人情報は、受講者の登録、緊急連絡等の公開講座の運営に利用し、この目的以外には利用しません。
※申込期限:平成29年1月27日(金)

【申込先・問い合わせ先】
鹿児島大学医歯学総合研究科等学務課医歯学大学院係
〒890-8544 鹿児島市桜ヶ丘8-35-1
TEL:099-275-5120 / FAX:099-275-5136
E-mail: isggdi@kuas.kagoshima-u.ac.jp
問い合わせ先
【内容に関する問い合わせ先】
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 
臨床腫瘍学講座 上野 真一
〒890-8544 鹿児島市桜ヶ丘8-35-1
TEL:099-275-6871 / Fax:099-275-5382  
E-mail: ueno1@m.kufm.kagoshima-u.ac.jp

Copyright (C) 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科. All Rights Reserved. css by pondt