研究テーマ(研究室紹介)

分子病理病態研究分野

南九州ではHTLV-1というウイルスで起こるHTLV-1関連脊髄症(HAM)と成人T細胞白血病(ATL)が多発しています。HAMは1986年に鹿児島大学で発見された脊髄の炎症性疾患であり、患者さんは歩行障害や排尿障害で苦しんでおられます。現在まで種々の治療法が試みられていますが、未だ根治療法がない状態です。
私たちの研究分野は、主にHAMの病態解明とそれを通した新規治療法の開発を目的に研究を行っています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
  附属研究施設 Institute of Research
  難治ウイルス病態制御研究センター Center for Chronic Viral Diseases
分野 分子病理病態研究分野 Division of Molecular Pathology
分野サイト

http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~bunshi/
(センター http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ccvd/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5941 / FAX.099-275-5942

主要研究テーマ

HAMの病態解析と治療法の開発 Analysis of pathogenesis and development of therapy for HAM
HAM患者及びHTLV-1抗体陽性者の長期追跡 Long-term follow up of HAM patients and HTLV-1 carriers
神経変性疾患の神経病理学的研究 Neuropathology of degenerative neurological diseases
HIV脳症の病態解析 Analysis of pathogenesis in HIV encephalitis

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 久保田龍二 Ryuji  KUBOTA
専門分野 神経内科学、神経免疫学
研究テーマ ・HTLV-1と宿主免疫細胞の相互作用の研究
・HAMの病態解明と治療法開発

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

准教授
氏名 選考中
専門分野  
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

特任研究員
氏名 兒玉大介 Daisuke KODAMA
専門分野 神経内科学、糖鎖化学
研究テーマ ・HAMの新規治療法開発
・HTLV-1感染細胞の糖鎖修飾の解析

staff dummy

特任研究員
氏名 有島志保 Siho ARISIMA
専門分野 神経病理学
研究テーマ ・HIV脳症の病態解明
・HAMの病態解明

主な研究実績

出雲周二
  1. Xing HQ, Mori K, Sugimoto C, Ono F, Izumo K, Kuboda R, Izumo S. Impaired astrocytes and diffuse activation of microglia in the cerebral cortex in simian immunodeficiency virus-infected Macaques without simian immunodeficiency virus encephalitis. J Neuropathol Exp Neurol. 2008 Jun;67(6):600-11.
  2. Xing HQ, Hayakawa H, Gelpi E, Kubota R, Budka H, Izumo S. Reduced expression of excitatory amino acid transporter 2 and diffuse microglial activation in the cerebral cortex in AIDS cases with or without HIV encephalitis. J Neuropathol Exp Neurol. 2009 Feb;68(2):199-209.
  3. Aye MM, Kasai T, Tashiro Y, Xing HQ, Shirahama H, Mitsuda M, Suetsugu T, Tanaka K, Osame M, Izumo S. CD8 positive T-cell infiltration in the dentate nucleus of paraneoplasticcerebellar degeneration. J Neuroimmunol. 2009 Mar 31;208(1-2):136-40.
  4. Izumo S. Neuropathology of HTLV-1-associated myelopathy (HAM/TSP): The 50thAnniversary of Japanese Society of Neuropathology. Neuropathology. 2010 Oct;30(5):480-5.
  5. Fujimura M, Usuki F, Kawamura M, Izumo S. Inhibition of the Rho/ROCK pathway prevents neuronal degeneration in vitro and in vivo following methylmercury exposure. Toxicol Appl Pharmacol. 2011 Jan 1;250(1):1-9.
  6. Matsuura E, Kubota R, Tanaka Y, Takashima H, Izumo S. Visualization of HTLV-1-specific cytotoxic T lymphocytes in the spinal cords of patients with HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. J Neuropathol Exp Neurol. 2015 Jan;74(1):2-14.
  7. Sakiyama Y, Kanda N, Higuchi Y, Yoshimura M, Wakaguri H, Takata Y, Watanabe O,Yuan J, TashiroY, Saigo R, Nozuma S, Yoshimura A, Arishima S, Ikeda K, Shinohara K, Arata H, Michizono K, Higashi K, Hashiguchi A, Okamoto Y, Hirano R, Shiraishi T, Matsuura E, Okubo R, Higuchi I, Goto M, Hirano H, Sano A, Iwasaki T, Matsuda F, Izumo S, Takashima H. New type of encephalomyelitis responsive to imethoprim/sulfamethoxazole treatment in Japan. Neurol Neuroimmunol Neuroinflamm. 2015 Aug 13;2(5):e143.
久保田龍二
  1. Matsuura E, Kubota R, Tanaka Y, Takashima H, Izumo S. Visualization of HTLV-1-specific cytotoxic T lymphocytes in the spinal cords of patients with HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. J Neuropathol Exp Neurol. 2015 74(1):2-14
  2. Nozuma S, Matsuura E, Matsuzaki T, Watanabe O, Kubota R, Izumo S, Takashima H. Familial clusters of HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. PLoS One. 2014 9(5):e86144.
  3. Kawabata T, Higashimoto I, Takashima H, Izumo S, Kubota R: Human T-lymphotropic virus type I (HTLV-I)-specific CD8+ cells accumulate in the lungs of patients infected with HTLV-I with pulmonary involvement. J Med Virol. 84(7): 1120-1127, 2012..
  4.  Abdelbary NH, Abdullah HM, Matsuzaki T, Hayashi D, Tanaka Y, Takashima H, Izumo S, Kubota R: Reduced Tim-3 expression on HTLV-I Tax-specific cytotoxic T lymphocytes in HTLV-I infection. J Infect Dis. 203(7): 948-959, 2011.
  5. Xing HQ, Mori K, Sugimoto C, Ono F, Izumo K, Kubota R, Izumo S: Impaired astrocytes and diffuse activation of microglia in the cerebral cortex in simian immunodeficiency virus-infected macaque without simian immunodeficiency virus encephalitis. J Neuropath Exp Neurol. 67(6): 600-611, 2008.

兒玉大介
  1. Kodama D, Saito M, Matsumoto W, Sabouri AH, Izumo S, Arimura K, Usuku K, Bangham CR, Osame M. Longer dinucleotide repeat polymorphism in matrix metalloproteinase-9 (MMP-9) gene promoter which correlates with higher HTLV-I Tax mediated transcriptional activity influences the risk of HTLV-I associated myelopathy/tropical spastic paraparesis (HAM/TSP). J Neuroimmunol. 156(1-2):188-94, 2004.
  2. Umehara F, Yamaguchi N, Kodama D, Takenaga S, Kiwaki T, Sonoda Y, Arimura Y, Yamada H, Arimura K, Osame M. Polyneuropathy with minifascicle formation in a patient with 46XY mixed gonadal dysgenesis. Acta Neuropathol. 98(3):309-12, 1999.
  3. Analysis of HTLV-I proviral load in 202 HAM/TSP patients and 243 asymptomatic HTLV-I carriers: high proviral load strongly predisposes to HAM/TSP.
  4. Nagai M, Usuku K, Matsumoto W, Kodama D, Takenouchi N, Moritoyo T, Hashiguchi S, Ichinose M, Bangham CR, Izumo S, Osame M. J Neurovirol. 4(6):586-93, 1998.

有島志保
  1. Saito M, Tanaka R, Arishima S, Matsuzaki T, Ishihara S, Tokashiki T, Ohya Y, Takashima H, Umehara F, Izumo S, Tanaka Y.Increased expression of OX40 is associated with progressive disease in patients with HTLV-1-associated myelopathy/tropical spastic paraparesis. Retrovirology. 10:51, 2013.
  2. Sakiyama Y, Kanda N, Higuchi Y, Yoshimura M, Wakaguri H, Takata Y, Watanabe O, Yuan J, Tashiro Y, Saigo R, Nozuma S,Yoshimura A, Arishima S, Ikeda K, Shinohara K, Arata H, Michizono K, Higashi K, Hashiguchi A, Okamoto Y, Hirano R, Shiraishi T,Matsuura E, Okubo R, Higuchi I, Goto M, Hirano H, Sano A, Iwasaki T, Matsuda F, Izumo S, Takashima H. New type of encephalomyelitis responsive to trimethoprim/sulfamethoxazole treatment in Japan. Neurol Neuroimmunol Neuroinflamm. 2(5):e143, 2015

主な研究費取得状況

出雲周二(代表)
事業・種目 / 期間研究
厚生労働科学研究費
難治性疾患政策研究事業
平成26-27年度
HAM及びHTLV-1関連希少難治性炎症性疾患の実態調査に基づく診療指針作成と診療基盤の構築を目指した政策研究
科学研究費 基盤(B)
海外学術研究
平成25-27年度
中国福建省沿岸地域と西南日本におけるHTLV-1関連疾患の比較研究
科学研究費 基盤(C)
平成25-27年度
HIV関連神経認知障害(HANDs)発症機序に関する分子病理学的研究
久保田龍二(代表)
事業・種目 / 期間研究 

科学研究費 基盤(B)海外学術研究平成28-30年度

科学研究費 基盤(C)一般 平成24-26年度

 

中国福建省ならびに台湾と西南日本におけるHTLV-1関連疾患の比較研究

HAM動物モデルの作製と新規治療法開発

久保田龍二(分担)
事業・種目 / 期間研究
科学研究費基盤(C)平成28-32年度 HTLV-1関連眼疾患の診断法確立のための臨床的研究
厚生労働省科学研究費 難治性疾患政策研究事業 平成28-30年度 HAMならびにHTLV-1陽性難治性疾患に関する国際的な総意形成を踏まえた診療ガイドラインの作成
日本医療研究開発機構 難治性疾患実用化研究事業 平成26-28年度 HAMの革新的な医薬品等の開発促進に関する研究
日本医療研究開発機構
難治性疾患実用化研究事業
平成26-28年度

神経疾患の原因究明および革新的治療法開発に関する研究

日本医療研究開発機構
新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業
平成26-28年度
HTLV-1疫学研究及び検査法の標準化に関する研究
厚生労働科学研究費
難治性疾患政策研究事業
平成26-28年度
エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立
厚生労働科学研究費
難治性疾患政策研究事業
平成26-27年度
HAM及びHTLV-1関連希少難治性炎症性疾患の実態調査に基づく診療指針作成と診療基盤の構築を目指した政策研究
科学研究費 基盤(B)
海外学術研究
平成25-27年度
中国福建省沿岸地域と西南日本におけるHTLV-1関連疾患の比較研究
科学研究費 基盤(C)
平成25-27年度
HIV関連神経認知障害(HANDs)発症機序に関する分子病理学的研究

分野サイト

がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内