講座イメージ画像

歯科保存学分野ではこれまで、抗菌性レジンの開発、新規漂白剤の検討、S mutans.や P gingivalis.などのう触・歯周病原因菌による歯髄炎、歯周炎に対する炎症性サイトカインの影響やメディエーターの発現、歯の痛みに対する受容体の役割等の研究を報告している。また形状記憶ポリマーを用いた新規根充材の研究も行っている。
本年度新たに西谷教授をお迎えし、抗MMPs活性を有する接着システムの開発や新規覆髄剤の開発、歯髄組織の再生、天然産物由来の抗菌効果、傾斜機能による新規歯冠修復材料、MTAの臨床応用など積極的に研究活動を行っていく。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Developmental Therapeutis Course
大講座 顎顔面機能再建学 Oral and Maxillofacial Rehabilitation
分野 歯科保存学 Restorative Dentistry and Endodontology
分野サイト http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/dental/hozon1/index.htm

分野ページ

連絡先

TEL.099-275-6192 / FAX.099-275-6192

主要研究テーマ

歯質と修復用レジンの接着 A study on the dental adhesives
象牙質再生療法の開発 Development of dentin regeneration and reconstruction therapy
歯髄再生 Dentin-pulp regeneration
形状記憶ポリマーを用いた根管充填法の開発 Development of new root canal filling method using a shape memory polymer
う蝕と歯周病に対する抗菌材の開発 Anti-bacterial reagent for caries and periodontitis
ジルコニア / 陶材傾斜機能材料の歯冠修復材料への応用 Application of zirconia/porcelain functionally graded material to crown restorative material.
MTAを用いた歯牙保存の臨床応用 The clinical application of dental preservation using MTA

スタッフ

staff dummy

教授
氏名 西谷佳浩 Yoshihiro NISHITANI
専門分野 保存修復学、歯内治療学、再生歯科医学、
歯科審美学、歯科理工学
研究テーマ ・象牙質歯髄複合体の再生メカニズムの解明と象牙質再生療法の開発
・歯科高分子材料の歯質との接着機構の解明

研究者総覧


staff dummy

准教授
氏名 徳田雅行 Masayuki TOKUDA
専門分野 保存修復学、歯内治療学
研究テーマ ・う蝕と歯周病に愛する抗菌材(チモールキノン)の開発
・歯髄炎症と歯髄壊死

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 達山祥子 Shoko Tatsuyama
専門分野 保存修復学、歯内治療学
研究テーマ ・歯内療法分野における分子生物学的研究

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 梶原武弘 Takehiro KaJIHARA
専門分野 保存修復学、歯内治療学、口腔生化学
研究テーマ ・MTAの基礎的研究と臨床応用

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 川上克子 Yoshiko KAWAKAMI
専門分野 保存修復学、歯内治療学
研究テーマ ・コンポジットレジンの着色性
・MTAの臨床応用

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 森元陽子 Yoko MORIIMOTO
専門分野 保存修復学、歯内治療学、歯周病学
研究テーマ ・梅抽出成分MK615の歯科医学への応用:抗う蝕・抗歯周病作用
・HMGB1の抗炎症作用の解析

研究者総覧 リポジトリ


staff dummy

助教
氏名 星加知宏 Tomohiro HOSHIKA
専門分野 保存修復学、歯内治療学
研究テーマ ハイドロキシアパタイト等を用いた接着界面耐久性向上の研究

staff dummy

助教
氏名 尾形晴香 Haruka OGATA
専門分野 保存修復学、歯内治療学
研究テーマ レジン・象牙質接着界面の研究

主な研究実績

西谷佳浩
  • Hoshika T, Nishitani Y, Yoshiyama M, Key WO 3rd, Brantley W, Agee KA, Breschi L, Cadenaro M, Tay FR, Rueggeberg F, Pashley DH.Effects of quaternary ammonium-methacrylates on the mechanical properties of unfilled resins.:Dent Mater. 2014 Nov;30(11):1213-23
  • Nishitani Y, Hosaka K, Hoshika T, Yoshiyama M, Pashley DH. Effects of chlorhexidine in self-etching adhesive: 24 hours results.: Dent Mater J. 2013;32(3):420-4.

徳田雅行
  • Tokuda M*, Tatsuyama S, Fujisawa M, Morimoto-Yamashita Y, Kawakami Y, Shibukawa Y, Torii M: Dentin and pulp sense cold stimulus. Medical Hypotheses, 84: 442-444, 2015.
  • Tokuda M*, Fujisawa M, Kawakami Y, Morimoto-Yamashita Y, Torii M: Involvement of TRPV1 and AQP2 in hypertonic stress by xylitol in odontoblast cells. Connect Tissue Res., 56: 44-49, 2015.

達山祥子
  • Tokuda M*, Tatsuyama S, Fujisawa M, Morimoto-Yamashita Y, Kawakami Y, Shibukawa Y, Torii M: Dentin and pulp sense cold stimulus. Medical Hypotheses, 84: 442-444, 2015.

梶原武弘
  • 梶原武弘、徳田雅行、小山徹、川上克子、鳥居光男*:嚢胞摘出後に穿孔部をMTAで封鎖した1症例。日歯内療誌。33: 180-185, 2012.

川上克子
  • Tokuda M*, Kawakami Y, Morimoto-Yamashita Y, Torii M: Subcutaneous emphysema caused by sodium hypoclorite plus RC-Prep. Open J Stomatol., 4: 527-532, 2014.

森元陽子
  • Yoko Morimoto-Yamashita, Yoshiko Kawakami, Syoko Tatsuyama, Keiko Miyashita, Makiko Emoto, Kiyoshi Kikuchi, Ko-ichi Kawahara, Masayuki Tokuda. A natural therapeutic approach for the treatment of periodontitisby MK615. Medical Hypotheses. 85(5):618-621.2015.

星加知宏
  • Hoshika T, Nishitani Y, Takahashi K, Ogata H, Ohara N, Kajihara T, Yoshiyama M. Mineralization of resin using experimental adhesives. Journal of Oral Tissue Engineering 2015;13(2) :85-95

尾形晴香
  • Hoshika T, Nishitani Y, Takahashi K, Ogata H, Ohara N, Kajihara T, Yoshiyama M. Mineralization of resin using experimental adhesives. Journal of Oral Tissue Engineering 2015;13(2) :85-95

産学連携

徳田 雅行
  • 稲畑香料(株)、ホクト(株)

主な研究費取得状況

西谷佳浩
事業・種目 / 期間研究
科学研究費
基盤研究(C)
平成25~27年
象牙質内因性マトリックスメタロプロテアーゼ活性を抑制する接着修復法の開発
科学研究費
基盤研究(A)
平成25~27年
歯質表面損失症候群の診断法の確立と接着技法を応用した治療法の開発
森元陽子
事業・種目 / 期間研究
科学研究費
基盤研究(C)
平成24~28年
途中育休にて中断
MK615 の歯科医学への応用に向けて:抗う蝕・抗歯周病特性の解析

分野ページ