講座イメージ画像

歯科材料や歯科機器は、今日の歯科医療に不可欠であり、それらの進歩が歯科医療の進歩を支えていると言っても過言ではありません。
当分野は、歯科医療で用いられる様々な材料や機器に関する基礎研究と教育を通して歯科医療へ貢献することを目指しています。特に、歯科用CAD/CAMシステムやインプラント材料、審美材料など、先進歯科治療に資する先端機材に関する研究に力を入れています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutic Course
大講座 顎顔面機能再建学 Oral and Maxillofacial Rehabilitation
分野 歯科生体材料学 Biomaterials Science
分野サイト http://w3.hal.kagoshima-u.ac.jp/admission/overview/about/organization/biomate.html

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-6172 / FAX.099-275-6178

主要研究テーマ

次世代歯科用CAD/CAMシステムの開発 Development of the next-generation dental CAD/CAM systems
CAD/CAM用歯科材料の開発と評価 Development and evaluation of dental materials for dental CAD/CAM systems
バイオセラミックスの開発と評価 Development and evaluation of bioceramics
インプラント材料の開発と評価 Development and evaluation of implant materials
修復用材料の光学的性質と審美性 Optical properties and sensuousness of restorative materials

スタッフ

菊地聖史 Masafumi KIKUCHI

教授
氏名 菊地聖史 Masafumi KIKUCHI
専門分野 歯科生体材料学、歯科理工学
研究テーマ ・歯科用CAD/CAMシステム
・CAD/CAM用材料

研究者総覧 リポジトリ


河野博史 Hiroshi KONO

講師
氏名 河野博史 Hiroshi KONO
専門分野 歯科生体材料学、歯科理工学
研究テーマ ・歯科用ジルコニア
・リン酸カルシウム質生体材料

研究者総覧 リポジトリ


有川裕之 Hiroyuki ARIKAWA

助教
氏名 有川裕之 Hiroyuki ARIKAWA
専門分野 歯科生体材料学、歯科理工学
研究テーマ ・生体と材料のレオロジー
・材料の光学的性質と審美性

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

菊地聖史
  • Kikuchi M. The use of cutting temperature to evaluate the machinability of titanium alloys. Acta Biomater. 2009; 5(2):770-5.
  • Kikuchi M. Geometric design method for class I inlay cavity. Dent Mater J. 2010; 29(6):637-41.
  • Kikuchi M et al. Geometric design method for occlusal outlines of complex class I and class II inlay cavities. Dent Mater J. 2011; 30(5):648-54.

河野博史
  • Kono H et al. Bioactive apatite coating on titanium using an alternate soaking process. Dent Mater J. 2007; 26(2):186-93.
  • Kono H et al. Relationship between firing temperature and mechanical properties of zirconia. Archives of BioCeramics Res. 2010; 10: 98-101.
  • Kono H et al. An Analysis of Background Factors Influencing Selection of Residency Facility for Dental Students in Universities Located in Rural Areas in Japan. Open Dent J. 2015; 9:159-67.

有川裕之
  • Arikawa H et al. Effect of various visible light photoinitiators on the polymerization and color of light-activated resins. Dent Mater J. 2009; 28(4):454-60.
  • Arikawa H et al. Light transmittance characteristics and refractive indices of light-activated pit and fissure sealants. Dent Mater J. 2010; 29(1):89-96.
  • Arikawa H et al. A method for improving the light intensity distribution in dental light-curing units. Dent Mater J 2011; 30(2):151-7.

主な研究費取得状況

菊地聖史
事業・種目 / 期間研究
基盤研究(C)研究代表者
2007年度~2009年度
カスタムインプラントに適した歯科CAD/CAM用チタン合金の開発
基盤研究(C)研究代表者
2011年度~2013年度
歯科治療ロボットの開発
基盤研究(C)研究代表者
2015年度~2017年度(予定)
歯科CAD/CAMシステムのフルデジタル化
―特に形成の自動化について―

河野博史
事業・種目 / 期間研究
基盤研究(C)研究代表者
2009年度~2010年度
メタルフリーレストレーションの核となるジルコニア複合体の開発
基盤研究(C)研究代表者
2012年度~2014年度
骨再生誘導能を付与したジルコニアインプラント体の創出
基盤研究(C)研究分担者
2013年度~2015年度(予定)
地域基盤型医療プロフェッショナリズム教育の構築

有川裕之
事業・種目 / 期間研究
基盤研究(C)研究代表者
2007年度~2009年度
高効率・無黄変性光重合開始剤を応用した高機能光重合型修復用レジンの開発
基盤研究(C)研究代表者
2010年度~2013年度
歯質との自己審美整合機能を有する高審美性修復用コンポジットレジンの開発
基盤研究(C)研究代表者
2015年度~2017年度(予定)
修復用硬質レジンのサーモクロミズムが審美性に及ぼす影響評価とその制御

分野サイト