脳神経外科学

神経の中枢である脳と脊髄を、手術や血管内治療で外科的な治療、研究、教育を行っています。
対象になる病気は、脳腫瘍、脳出血・くも膜下出血や脳梗塞などの脳血管障害、脳や脊髄の先天性疾患や三叉神経痛・顔面けいれん・てんかんなどの機能的疾患、さらに脊髄腫瘍や脊髄の血管異常などで、神経に関する幅広い領域を対象としています。

研究室概要

部局 大学院医歯学総合研究科 Graduate School of Medical and Dental Sciences
専攻 先進治療科学専攻 Advanced Therapeutics Course
大講座 神経病学 Neurology
分野 脳神経外科学 Neurosurgery
分野サイト http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~ns/

分野サイト

連絡先

TEL.099-275-5375 / FAX.099-265-4041

主要研究テーマ

マウスにおける遊離脂肪酸受容体GPR40の活性化を通じた炎症性ならびに神経因性疼痛の低減 Attenuation of inflammatory and neuropathic pain behaviors in mice through activation of free fatty acid receptor GPR40
血液脳関門の透過性に対するC型ナトリウム利尿ペプチドの関与 C-type natriuretic peptide modulates permeability of the blood-brain barrier
リジン脱メチル化酵素LSD1は肝癌細胞において解糖系とミトコンドリア代謝とを調整する Lysine demethylase LSD1 coordinates glycolytic and mitochondrial metabolism in hepatocellular carcinoma cells
松果体部腫瘍の画像診断 -胚腫に特異的な所見の探求- Neuroimaging diagnosis of pineal region tumors-quest for pathognomonic finding of germinoma
最近30年における神経膠芽腫の治療成績の改善と有益因子についての検討 Improvement in treatment results of glioblastoma over the last three decades and beneficial factors
Rykはヒトグリオーマでの Wnt-5a 依存性の細胞浸潤に必須の受容体である。 Ryk is essential for Wnt-5a dependent invasiveness in human glioma.

スタッフ

教授・副病院長:有田 和徳

教授
氏名 有田和徳 Kazunori ARITA
専門分野 脳神経外科全般
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


准教授:時村 洋

准教授
氏名 時村洋 Hiroshi TOKIMURA
専門分野 脳血管障害、聴神経腫瘍
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


講師・診療准教授:平野 宏文

診療准教授・講師
氏名 平野宏文 Hirofumi HIRANO
専門分野 脳腫瘍
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


講師・診療准教授:花谷 亮典

診療准教授・講師
氏名 花谷亮典 Ryosuke HANAYA
専門分野 機能的脳神経外科、てんかん
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


講師・診療准教授:大吉 達樹

診療准教授・講師
氏名 大吉達樹 Tatsuki OOYOSHI
専門分野 脳血管障害、小児脳神経外科
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


助教・診療講師:山畑 仁志 

診療講師・助教
氏名 山畑仁志 Hitoshi YAMAHATA
専門分野 脊椎脊髄外科
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


特任助教:西牟田 洋介 

特任助教
氏名 西牟田洋介 Yosuke NISHIMUTA
専門分野 脳血管障害、血管内治療
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


助教:菅田 真生 

助教
氏名 菅田真生 Sei SUGATA
専門分野 脳血管障害
研究テーマ  

リポジトリ


内田裕之 Hiroyuki UCHIDA

特任助教
氏名 内田裕之 Hiroyuki UCHIDA
専門分野 脳腫瘍
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


藤尾信吾 Shingo FUJIO

助教
氏名 藤尾信吾 Shingo FUJIO
専門分野 下垂体腺腫
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


羽生未佳 Mika HABU

助教
氏名 羽生未佳 Mika HABU
専門分野 下垂体腺腫
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ


米澤大 Hajime YONEZAWA

助教
氏名 米澤大 Hajime YONEZAWA
専門分野  
研究テーマ  

研究者総覧 リポジトリ

主な研究実績

有田和徳

2014年

【原著論文】

  • Awa R, Campos F, Arita K, (Sugiyama K), (Tominaga A), (Kurisu K), (Yamasaki F), Karki P, Tokimura H, (Fukukura Y), (Hujii Y), Hanaya R, Oyoshi T, Hirano H.
    Neuroimaging diagnosis of pineal region tumorsquest for pathognomonic finding of germinoma.
    Neuroradiol 56 : 525-534, 2014
  • Bakhtiar Y, Hanaya R, Tokimura H, Hirano H, Oyoshi T, Fujio S, Bohara M, Arita K.
    Geometric survey on magnetic resonance imaging of growth hormone producing pituitary adenoma.
    Pituitary 17 : 142-149, 2014
  • Bohara M, (Kambe Y), Nagayama T, Tokimura H, Arita K, (Miyata A)
    C-type natriuretic peptide modulates permeability of the blood-brain barrier.
    J Cereb Blood Flow Metab 34 : 589-596, 2014
  • Habu M, (Koyama H), (Kishida M), (Kamino M), (Iijima M), (Fuchigami T), Tokimura H, (Ueda M), (Tokudome M), (Koriyama C), Hirano H, Arita K, (Kishida S)
    Ryk is essential for Wnt-5a-dependent invasiveness in human glioma.
    J Biochem 156 : 29-38, 2014
  • Hanada T, (Kurihara T), (Tokudome M), Tokimura H, Arita K, (Miyata A)
    Development and pharmacological verification of a new mouse model of central post-stroke pain.
    Neurosci Res 78 : 72-80, 2014
  • Hirano H, Yokoyama S, Yunoue S, Yonezawa H, Yatsushiro K, (Yoshioka T), Hanaya R, Tokimura H, Arita K.
    MRI T2 hypointensity of metastatic brain tumors from gastric and colonic cancers.
    Int J Clin Oncol 19 : 643-648, 2014
  • (Kinoshita Y), (Tominaga A), (Saitoh T), (Usui S), (Takayasu T), Arita K, (Sakoguchi T), (Sugiyama K), (Kurisu K)
    Postoperative fever specific to neuroendoscopic procedures.
    Neurosurg rev 37 : 99-104, 2014
  • Tokimura H, Sugata S, Yamahata H, Yunoue S, Hanaya R, Arita K.
    Intraoperative continuous monitoring of facial motor evoked potentials in acoustic neuroma surgery.
    Neurosurg Rev 37 : 669-676, 2014
  • Tokimura H, Hirabaru M, (Miyajima S), Tajitsu K, Yamahata H, Sugata S, Arita K.
    Electrophysiological mapping of the temporal branch of the facial nerve.
    J Neurol Surg A 75 : 116-119, 2014
  • Yamahata H, Tokimura H, Hirahara K, (Ishii T), Mori M, Hanaya R, Arita K.
    Lateral suboccipital retrosigmoid approach with tentorial incision for petroclival meningiomas: Technical note.
    J Neurol Surg B 75 : 221-224, 2014
  • Yamahata H, Tokimura H, Tajitsu K, Tsuchiya M, Taniguchi A, Hirabaru M, Takayama K, Shinsato T, Hirayama T, Arita K.
    Efficacy and safety of the pterional keyhole approach for the treatment of anterior circulation aneurysms.
    Neurosurg Rev 37 : 629-636, 2014
  • Yamahata H, (Yasuda M), (Aoyama T), (Osuka K), Arita K, (Takayasu M)
    Cervical radiculopathy due to disc herniation with facet hypertrophy: Case report.
    Neurol Med Chir 54 : 757-760, 2014
  • Yunoue S, Tokimura H, (Tominaga A), Fujio S, Karki P, (Usui S), (Kinoshita Y), Habu M, FM Moinuddin, HiranoH, Arita K.
    Transsphenoidal surgical treatment of pituitary adenomas.
    Neurosurg Rev 37 : 269-277, 2014

【症例報告】

  • Bohara M, Karki P, Arita K.
    Pituitary hyperplasia due to primary hypothyroidism mimicking adenoma.
    Nepal Journal of Neuroscience 10 : 79-80, 2014
  • Fujio S, Ashari, Habu M,  Yamahata H,  Moinuddin FM, Bohara M, (Arimura H), (Nishijima Y), Arita K.
    Thyroid storm induced by TSH-secreting pituitary adenoma: a case report.
    Endocr J 61 : 1131-1136, 2014
  • Karki P, Yonezawa H, Bohara M, Oyoshi T, Hirano H,  Moinuddin FM, (Hiraki T), (Yoshioka T), Arita K.
    Third ventricular atypical meningioma which recurred with further malignant progression.
    Brain Tumor Pathol 32 : 56-60, 2014
  • Kawai H, (Hamasaki T), (Imamura J), (Tomonori N), (Odashiro T), Yamahata H, Tokimura H, (Nomoto M), Arita K.
    Three cases of spontaneous superficial temporal artery aneurysm with literature review.
    Neurol Med Chir 54 : 854-860, 2014
  • Sugata S, Kubo F, Tanaka S, Kashida Y, Fujio S, Bohara M, Hanaya R, Tokimura H, Arita K.
    Mechanical thrombectomy for acute ischemic stroke in a patient treated with dabigatran.
    Journal of Neurological Disorders & Stroke 2 : 1050, 2014

【著書】

  • 有田和徳,時村 洋,藤尾信吾
    電解質異常
    674-683, 2014
  • 羽生未佳,有田和徳
    下垂体-視交叉部腫瘍
    水野英洋 : 別冊日本臨床 新領域別症候群シリーズNo.26 神経症候群(第2版)Ⅰ-その他の神経疾患を含めて-
    日本臨床社,東京,79-80,2013
  • 藤尾信吾,米澤 大,有田和徳,(高野幸路)
    下垂体腫瘍発生機構
    竹内靖博,久具宏司,柴田洋孝,寺内康夫,長谷川奉延,肥塚直美,山田正信 : ホルモンと臨床 Vol.60 No.10 下垂体疾患最前線
    医学の世界社,東京,765-770,2014

【Technical Note

  • Kawahara T, Tokimura H, Higa N, Hirano H, Bohara M, Hanaya R, Takasaki K, (Atsuchi M), Yamahata H, Arita K.
    Use of blunt scalp hooks for abdominal procedure in lumboperitoneal shunt placement: Technical note.
    Neurologia medico-chirurgica 54 : 552-553, 2014

【図説】

  • 山畑仁志,花谷亮典,菅田真生,花田朋子,時村 洋,有田和徳
    椎骨動脈圧迫による三叉神経痛
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第92回 平成26年 1月号88-89,2014
  • 羽生未佳,花田朋子,花谷亮典,有田和徳
    パーキンソン病に対する脳深部刺激療法
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第93回 平成26年 2月号82-83,2014
  • 貞村祐子,藤尾信吾,花谷亮典,有田和徳
    線維性骨違異形成症
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第94回 平成26年 3月号96-97,2014
  • 比嘉那優大,堀田和子,田中俊一,川原 隆,(石井 毅),(林 多聞),平原一穂,花谷亮典,有田和徳
    脳硬膜下膿瘍
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第95回 平成26年 4月号88-89,2014
  • 細山浩史,花谷亮典,菅田真生,川原 隆,樫田祐美,有田和徳
    結節性硬化症に伴う難治性てんかん
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第96回 平成26年 5月号72-73,2014
  • 西牟田洋介,友杉哲三,平原一穂,米澤 大,時村 洋,有田和徳
    超急性期脳梗塞に対する治療-「守り」から「攻め」へ-
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第97回 平成26年 6月号72-73,2014
  • 西牟田洋介,伊東夏子,川原 隆,友杉哲三,平原一穂,米澤 大,時村 洋,有田和徳
    脳梗塞急性期における頸動脈ステント留置術
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第98回 平成26年 7月号52-53,2014
  • 羽生未佳,藤尾信吾,内田裕之,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    巨大下垂体腺腫に対する開頭・経蝶形骨洞複合手術
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第99回 平成26年 8月号86-88,2014
  • 有田和徳
    図説脳神経外科100回に寄せて
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第100回 平成26年 9月号40-43,2014
  • 笠毛友揮,藤尾信吾,大吉達樹,花谷亮典,有田和徳
    頭血腫
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第101回 平成26年 10月号78-79,2014
  • 永野祐志,藤尾信吾,米澤 大,花谷亮典,有田和徳
    頭蓋骨多発性骨髄腫
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第102回 平成26年 11月号108-109,2014
  • 木部明理,花田朋子,花谷亮典,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    三叉神経鞘腫
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第103回 平成26年 12月号62-63,2014

【パンフレット】

  • 藤尾信吾,有田和徳
    GH系に影響するものを中心に: 先端巨大症とGHD 間脳下垂体疾患診察におけるPitfall, 12
    JCR,2014

【報告書】

  • 有田和徳,湯之上俊二,藤尾信吾,羽生未佳,(富永 篤)
    下垂体腺腫におけるSOX2陽性細胞に関する研究
    厚生労働省科研間脳下垂体障害に関する調査研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 144-150,2013
  • (高野幸路),(田原重志),有田和徳,(永江玄太),(油谷弘幸)
    機能性下垂体腺腫の腫瘍発生原因と増殖因子に関与する因子の検討-2
    厚生労働省科研間脳下垂体障害に関する調査研究 平成24年度 総括・分担研究報告書 173-180, 2013
  • 有田和徳,藤尾信吾,平野宏文,羽生未佳,湯之上俊二,(有村 洋),(富永 篤),(木下康之)
    先端巨大症の世代別特性に関する研究
    厚生労働省科研間脳下垂体障害に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 93-99, 2014
  • (高野幸路),(田原重志),有田和徳,(永江玄太),(油谷弘幸)
    機能性下垂体腺腫の腫瘍発生原因と増殖因子に関与する因子の検討-3
    厚生労働省科研間脳下垂体障害に関する調査研究 平成25年度 総括・分担研究報告書 164-173, 2014

【特別講演など】

第18回日本口腔顔面神経機能学会 (3/1 鹿児島)

  • 有田和徳
    神経血管圧迫症候群の病態と外科治療

特定共同指導に対する病院職員全体研修 (5/13 鹿児島)

  • 有田和徳
    「厚労省特定共同指導」の意義と教訓

第7回てんかん包括医療東北研究会 (6/14 仙台)

  • 有田和徳
    てんかん外科を立ち上げる –広島-ジャワ-カトマンヅ-鹿児島

脳神経外科手術夜話 (10/31 東京)

  • 有田和徳
    松果体部腫瘍に対する後頭経天幕手術

特定共同指導に対する病院職員研修会 (12/9 鹿児島)

  • 有田和徳
    特定共同指導直前講演

【国際学会・セミナー】

Sceientific Seminar in Neurosurgery (3/24 Dhaka)

  • Arita K.
    Occipital transtentorial approach for pineal region tumor.
  • Arita K.
    Pituitary surgery, its current development.

7th International Conference and Scientific Seminar (3/26 Dhaka)

  • Arita K.
    Basic and advanced techniques for pituitary surgery.
  • Arita K.
    Evidence and current concept for epilepsy surgery.

82nd AANS Annual Scientific Meeting(4/5-9 San Francisco)

  • Hirano H, Yonezawa H, Habu M, (Kishida S), Fujio S, Arita K.
    Collagen deposition makes MRI T2 hypointensity of metastatic brain tumors from gastric and colonic cancers.
  • Hirano H, Yonezawa H, Habu M, (Kishida S), Fujio S, Arita K.
    Wnt5a, Fzd2, Fzd6, and Ryk expression in glioblastoma.

16th International Endocrine Society/The Endocrine Society's 96th Annual Meeting & Expo (6/21-24 Chicago)

  • Fujio S, Kasamo Y, Habu M, Yunoue S, Hirano H, Tokimura H, (Arimura H), (Nishio Y), Arita K.
    Characteristics of acromegalic patients by generation.
  • Kasamo Y, Fujio S, Habu M, Yunoue S, Hirano H, Tokimura H, Arita K.
    The effect of growth hormone replacement therapy in adults with severe growth hormone deficiency.
  • Kasamo Y, Fujio S, Habu M, Yunoue S, Hirano H, Tokimura H, Arita K, (Arimura H), (Nishio Y)
    Therapeutic effects in acromegalics according to the latest criteria.
  • Habu M, Arita K, Fujio S, Tokimura H, (Tominaga A), (Kinoshita Y)
    Endocrinological function in nonfunctioning pituitary adenomas with predominantly exophytic growth.
  • Habu M, Oyoshi T, Hirano H, Arita K, Fujio S, Tokimura H.
    Outcome of craniopharyngioma surgery in children.

10th Asian & Oceanian Epilepsy Congress (AOEC)2014(8/7-10 Singapore)

  • Hanaya R, (Otsubo T), Kashida Y, Hosoyama H, Sugata S, (Maruyama S), (Iida K), Nakamura K, (Fujimoto T), Arita K.
    The role of 11C-Methionine positron emission tomography to detect epileptogenic tuber in the epileptic patient with tuberous sclerosis.
  • Kashida Y, (Otsubo T), Hanaya R, (Kodabashi A), (Tsumagari N), Sugata S, Hosoyama H, (Iida K), Nakamura K, (Fujimoto T), Arita K.
    Determination of language dominance using Shiritori (last and first) loaded f-MRI: comparison with propofol Wada test.
  • Nagano Y, Hanaya R, (Otsubo T), Kashida Y, Hosoyama H, Sugata S, (Tsumagari N), (Iida K), Nakamura K,  (Fujimoto T), Arita K.
    Difference outcome of neuropsychological factors depending on the surgical outcome in temporal lobe epilepsy.

3rd Pituitary Expert Meeting in Asia (PEMA) (10/3 Kyoto)

  • Arita K.
    How to manage residual pituitary adenoma after surgery.

15th European Congress of Neurosurgery (10/12-17 Prague)

  • Ito N, Yonenaga M, Tajitsu K, Tokimura H, Kawano H, Arita K.
    Long-term outcome of keyhole craniotomy for spontaneous cerebellar hemorrhage.
  • Tokimura H, Sugata S, Yamahata H, Yunoue S, Arita K.
    Intraoperative continuous monitoring of facial motor evoked potentials in acoustic neuroma surgery.
  • Tokimura H, Sugata S, Yamahata H, Yonezawa H, Yunoue S, Uchida H, Fujio S, Arita K.
    Intratumoral distribution of proliferation index in acoustic neuroma.
  • Yamashita M, Tanaka S, Hanaya R, Sugata S, (Okazaki T), (Sumida M), Nishizawa T, Niiro M, (Kurisu K), Tokimura H, Arita K.
    Follow-up survey of patients who underwent microvascular decompression for trigeminal neuralgia and hemifacial spasm.

Seminar“meet the expert”(10/19 Surabaya)

  • Arita K.
    How to make comprehensive pituitary team.

Seminar “Expert Lecture  -Pituitary and Pineal region tumors”(10/20 Surabaya)

  • Arita K.
    Surgical approach to the pineal region tumors.

WFNS neuroendocrine seminar in ICS in Bali (10/22 Bali)

  • Arita K.
    Pre- and postoperative pituitary dysfunctions in patients with hypothalamo-pituitary tumors and its management.
  • Arita K.
    Update of surgical treatment for hypothalamo-pituitary tumors.

American Epilepsy Society (12/5-9 Seattle)

  • Hanaya R, Kashida Y, Hosoyama H, (Iida K), (Otsubo T), Arita T.
    Quality of life and mood status of new patients in outpatient clinic for epilepsy.

【全国学会】

第23回臨床内分泌 Update (1/25 名古屋)

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    非機能性下垂体腺腫患者の術後IGF-1の推移

第15回日本正常圧水頭症学会(2/1 大阪)

  • 川原 隆,東拓一郎,森山一洋,永山哲也,牧内恒生,高崎孝二,権藤昌澄,山神雅之,(厚地正道),時村 洋,有田和徳
    NLA変法および局所麻酔下における腰椎腹腔短絡術(LPシャント)手術経験

第16回日本脳神経減圧術学会(2/6 大阪)

  • 田中俊一,花谷亮典,菅田真生,(岡崎貴仁),(江口国輝),(隅田昌之),西澤輝彦,新納正毅,時村 洋,(栗栖 薫),有田和徳
    三叉神経痛および顔面痙攣に対する神経血管減圧術後患者の追跡調査

第37回日本てんかん外科学会(2/6-7 大阪)

  • 大坪俊昭,花谷亮典,菅田真生,細山浩史,樫田祐美,有田和徳,(高田橋篤史),(神宮寺明美),中村克巳,八代一孝,山崎一朗,(藤元登四郎)
    駒井式MRI誘導定位手術装置を用いたBilateral combined implantation of subdural and orthogonal depth electrodes
  • 樫田祐美,(高田橋篤史),(津曲倫子),大坪俊昭,花谷亮典,菅田真生,細山浩史,中村克巳,(藤元登四郎),有田和徳
    内側側頭葉てんかん患者の言語機能局在-fMRIおよびWada testによる検討-
  • 菅田真生,花谷亮典,大坪俊昭,樫田祐美,細山浩史,(飯田幸治),中村克巳,(藤元登四郎),有田和徳
    てんかん外科術後患者に対する新規抗てんかん薬の役割
  • 花谷亮典,大坪俊昭,樫田祐美,細山浩史,菅田真生,(丸山慎介),(飯田幸治),中村克巳,(藤元登四郎),有田和徳
    結節性硬化症に伴うてんかんにおける11C-Methionine PETによるてんかん原性結節の同定
  • 細山浩史,松田一己,馬場好一,鳥取高安,(臼井直敬),三原忠紘,(井上有史),有田和徳
    術後10年以上が経過した小児てんかん外科の長期予後

第24回間脳下垂体腫瘍学会(2/22 福岡)

  • 笠毛友揮,藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    重症成長ホルモン分泌不全患者に対するGH補充療法の効果
  • 羽生未佳,平野宏文,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    当科における視神経膠腫の治療経験
  • 藤尾信吾,笠毛友揮,羽生未佳,湯之上俊二,大吉達樹,平野宏文,時村 洋,(有村 洋),(西尾善彦),有田和徳
    GH産生下垂体腺腫における手術非寛解例の臨床的特徴

第43回日本脳卒中学会学術集会(3/15 大阪)

  • 樫田祐美,山崎一朗,八代一孝,(宮田篤郎),有田和徳
    頚部内頸動脈狭窄及び同側中大脳動脈狭窄合併症例に対する治療戦略の検討
  • 菅田真生,時村 洋,有田和徳
    小児もやもや病患者の頭痛に関する検討
  • 時村 洋,菅田真生,永山哲也,新納正毅,有田和徳,(松本康史)
    当科における脳動静脈奇形治療の変遷
  • 花田朋子,(栗原 崇),時村 洋,(宮田篤郎),有田和徳
    新規中枢性疼痛(脳卒中後疼痛)モデルマウスの確立とその薬理学的特性
  • 花谷亮典,粟 隆志,菅田真生,山畑仁志,永山哲也,八代一孝,時村 洋,有田和徳
    海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻治療転帰

第23回脳神経外科手術と機器学会(4/18-19 福岡)

  • 伊東夏子,時村 洋,菅田真生,山畑仁志,有田和徳
    外側後頭下開頭術後の後頭神経痛

第87回日本内分泌学会学術総会(4/24-26 福岡)

  • (高野幸路),(田原重志),有田和徳
    GH産生の全ゲノムメチル化解析で明らかになったこと
  • (富永 篤),(木下康之),(碓井 智),有田和徳,(迫口哲彦),(栗栖 薫)
    カベルゴリンによる女性プロラクチノーマの治療における問題点
  • (木下康之),(富永 篤),(碓井 智),有田和徳,(杉山一彦),(栗栖 薫)
    下垂体腺腫内の無症候性出血が下垂体機能へ及ぼす影響
  • 羽生未佳,藤尾信吾,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    食欲低下 倦怠感 多飲多尿で発症した60歳女性
  • 羽生未佳,藤尾信吾,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,(碓井 智),(木下康之),(富永 篤),有田和徳
    特徴的な形態をしめす非機能性下垂体腺腫の内分泌学的機能の検討
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    非機能性下垂体腺腫患者におけるGH分泌能の変化

第32回日本脳腫瘍病理学会(5/23-24 徳島)

  • 平野宏文,米澤 大,羽生未佳,内田裕之,花田朋子,菅田真生,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    シンポジウム3 神経膠腫治療における新規薬剤使用時の画像所見:病理像との対比から
  • 米澤 大,花谷亮典,羽生未佳,(義丘孝子),(平木 翼),平野宏文,時村 洋,有田和徳
    悪性転化を来した、神経線維腫症Ⅰ型合併subependymal giant cell astrocytomaの一例

第42回日本小児神経外科学会(5/29-30 仙台)

  • 大吉達樹,藤尾信吾,羽生未佳,山下麻美,米澤 大,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    小児頭蓋咽頭腫の術後長期経過観察における知能発達評価の検討
  • 細山浩史,松田一己,馬場好一,鳥取高安,(臼井直敬),三原忠紘,(井上有史),大吉達樹,花谷亮典,有田和徳
    小児てんかん外科の長期予後
  • 山下麻美,大吉達樹,樫田祐美,藤尾信吾,羽生未佳,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    古典的髄液検査のAdenosine deaminaseが診断に有用であった乳幼児結核性髄膜炎の1例
  • 米澤 大,大吉達樹,平野宏文,藤尾信吾,羽生未佳,時村 洋,(岡本康裕),(河野嘉文),有田和徳
    Down syndrome に合併したpilomyxoid astrocytoma の一例

第56回日本小児神経学会学術大会(5/29-31 浜松)

  • (米衛ちひろ),(佐野のぞみ),友杉哲三,(坂本博昭),花田朋子,山畑仁志,有田和徳
    意識消失を繰り返したVon Hippel Lindau病の女児例

第29回日本脊椎外科学会(6/12-13 東京)

  • 山畑仁志,(大須賀浩二),(安田宗義),(青山達郎),(青山正寛),(丹羽愛知),有田和徳,(高安正和)
    腰部脊柱管狭窄症におけるJAK-STAT伝達系の関与について

第19回日本脳腫瘍の外科学会(9/12-13 東京)

  • 内田裕之,細山浩史,米澤 大,山畑仁志,大吉達樹,花谷亮典,平野宏文,時村 洋,有田和徳,八代一孝
    単一施設におけるcentral neurocytomaの治療成績
  • 大吉達樹,菅田真生,時村 洋,花田朋子,羽生未佳,西牟田洋介,山畑仁志,花谷亮典,平野宏文,有田和徳
    小脳血管芽腫摘出術後の再燃例における外科的摘出術の検討
  • 時村 洋,菅田真生,山畑仁志,田實謙一郎,花谷亮典,平野宏文,有田和徳
    聴神経腫瘍手術における持続facial motor evoked potential(fMEP)
  • 花谷亮典,(山崎文之),藤尾信吾,米澤 大,(富永 篤),平野宏文,(杉山一彦),(栗栖 薫),有田和徳
    松果体実質腫瘍の手術と治療転帰
  • 平野宏文,山畑仁志,花田朋子,羽生未佳,藤尾信吾,大吉達樹,花谷亮典,時村 洋,八代一孝,有田和徳
    シンポジウム Grade2, 3の髄膜腫の治療と経過
  • 藤尾信吾,羽生未佳,山畑仁志,大吉達樹,花谷亮典,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    脊索腫・軟骨肉腫に対する治療戦略
  • 米永理法,藤尾信吾,羽生未佳,山畑仁志,時村 洋,有田和徳
    機能温存を目指した鞍結節部髄膜腫の治療成績

第48回日本てんかん学会学術集会(10/2-3 東京)

  • 樫田祐美,松田一己,(臼井直敬),鳥取高安,馬場好一,三原忠紘,(井上有史),花谷亮典,有田和徳
    頭蓋内海綿状血管腫関連てんかんに対する内科及び外科治療の成績;単一施設における後ろ向き研究
  • 永野祐志,花谷亮典,大坪俊昭,樫田祐美,細山浩史,菅田真生,(山田康一郎),(米沢倫彦),(飯田幸治),中村克巳,(藤元登四郎),有田和徳
    術後精神科的加療を要した側頭葉てんかん患者の検討
  • (香川幸太),(飯田幸治),(橋詰 顕),(片桐匤弥),(岐浦禎展),花谷亮典,有田和徳,(栗栖 薫)
    脳磁図-頭蓋内脳波同時記録に基づく傾斜磁場トポグラフィー(GMFT)解析の皮質焦点診断能についての検証
  • 花谷亮典,樫田祐美,細山浩史,菅田真生,(丸山慎介),大坪俊昭,(飯田幸治),有田和徳
    てんかん外来初診患者における生活の質(QOL)・不安・抑うつ尺度評価
  • 細山浩史,花谷亮典,大坪俊昭,菅田真生,樫田祐美,(丸山慎介),中村克巳,(藤元登四郎),(飯田幸治),有田和徳
    小児に対する迷走神経刺激療法

日本脳神経外科学会第73回学術総会(10/9-11 東京)

  • 粟 隆志,西牟田洋介,永山哲也,東拓一郎,木部明理,菅田真生,牧内恒生,友杉哲三,平野宏文,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    海面静脈洞部硬膜動静脈瘻に対する治療後の症状増悪症例の検討
  • 伊東夏子,時村 洋,菅田真生,山畑仁志,東拓一郎,有田和徳
    術中MEPモニタリングに関する再考察
  • 内田裕之,細山浩史,米澤 大,山畑仁志,大吉達樹,花谷亮典,八代一孝,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    単一施設におけるcentral neurocytomaの治療成績
  • 大吉達樹,藤尾信吾,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    長期観察より見えた矢状縫合早期癒合症に対する骨延長術の骨きりの問題点
  • 笠毛友揮,藤尾信吾,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    受傷が軽微あるいは不明であったが緊急手術を要した急性・亜急性硬膜下血腫例の特徴と治療成績
    樫田祐美,松田一巳,(臼井直敬),(馬場好一),鳥取孝安,花谷亮典,有田和徳,三原忠紘,(井上有史)
    海綿状血管腫関連症候性部分てんかんの外科治療成績
  • 木部明理, (山神雅之),花田朋子,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    三叉神経鞘腫11例における治療と予後
  • 貞村祐子,羽生未佳,米澤 大,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    当科における視神経膠腫の治療経験
  • 菅田 淳,山崎一朗,八代一孝,大坪俊昭,中村克巳,花田朋子,羽生未佳,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    中枢性神経原発悪性リンパ腫の効果判定におけるmethionine PETの有用性
  • 時村 洋,伊東夏子,菅田真生,山畑仁志,米澤 大,湯之上俊二,内田裕之,藤尾信吾,有田和徳
    聴神経腫瘍における細胞増殖能の腫瘍内分布に関する検討
  • 永野祐志,田實謙一郎,時村 洋,川野弘人,有田和徳
    動脈瘤クリッピング術におけるarachnoid plastyの有用性
  • 西牟田洋介,永山哲也,粟 隆志,東拓一郎,木部明理,菅田真生,牧内恒生,友杉哲三,平野宏文,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    海面静脈洞部硬膜動静脈瘻に対する長期治療成績
  • 花田朋子,平野宏文,羽生未佳,藤尾信吾,米澤 大,菅田真生,時村 洋,有田和徳
    中枢神経原悪性発リンパ腫に対するMTX大量療法 -放射線治療追加のタイミング-
  • 花谷亮典,(山崎文之),藤尾信吾,米澤 大,内田裕之,平野宏文,(富永 篤),(杉山一彦),(栗栖 薫),有田和徳
    松果体実質腫瘍の治療転帰
  • 羽生未佳,藤尾信吾,時村 洋,(碓井 智),(木下康之),(富永 篤),有田和徳
    特徴的な形態をしめす非機能性下垂体腺腫の内分泌学的機能の検討
  • 平野宏文,花田朋子,羽生未佳,米澤 大,内田裕之,菅田 淳,貞村祐子,藤尾信吾,細山浩史,笠毛友揮,西牟田洋介,大吉達樹,山畑仁志,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    脳神経外科領域の悪性リンパ腫-PCNSLと全身性リンパ腫の観点から-
  • 樋渡貴昭,新納忠明,笠毛友揮,粟 隆志,中野真一,有田和徳
    一側性頸椎症性神経根症に対する術中CT navigationを使用した頸椎前方手術
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳,(有村 洋),(西尾善彦)
    難治性下垂体腺腫に対する治療戦略
  • 細山浩史,松田一己,馬場好一,鳥取高安,(臼井直敬),三原忠紘,樫田祐美,(井上有史),有田和徳
    小児難治性てんかんに対する外科治療の長期予後
  • 米永理法,藤尾信吾,羽生未佳,山畑仁志,時村 洋,有田和徳
    機能温存を目指した鞍結節部髄膜腫の治療成績

第44回日本臨床神経生理学会学術大会(11/20 福岡)

  • 時村 洋,菅田真生,山畑仁志,東拓一郎,樫田祐美,有田和徳
    術中MEPモニタリングに関する再考察

第37回日本分子生物学会年会(11/25-26 横浜)

  • (小山浩史),羽生未佳,(岸田想子),(神野真幸),(飯島幹雄),(渕上貴央),(上田雅博),平野宏文,有田和徳,(岸田昭世)
    Rykを介したWnt5aによるグリオーマの浸潤制御

第24回臨床内分泌代謝Update(11/28 大宮)

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,(有村 洋),(西尾善彦),有田和徳
    先端巨大症患者におけるQOL調査
  • 羽生未佳,藤尾信吾,山畑仁志,有田和徳
    術後3週間目に突然尿崩症を発症した鞍結節部髄膜腫の一例

第21回日本神経内視鏡学会(11/29 東京)

  • 平野宏文,大吉達樹,藤尾信吾,羽生未佳,米澤 大,内田裕之,有田和徳
    神経内視鏡による生検術の結果
  • 藤尾信吾,貞村祐子,大吉達樹,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    両側側脳室前角経由による神経内視鏡下開窓術を行った鞍上部クモ膜嚢胞の1例

第32回日本脳腫瘍学会(12/1 浦安)

  • 平野宏文,花田朋子,羽生未佳,米澤 大,内田裕之,藤尾信吾,西牟田洋介,大吉達樹,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    悪性リンパ腫治療の問題点

第30回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会(12/4 横浜)

  • 西牟田洋介,伊東夏子,久保文克,貞村祐子,菅田真生,時村 洋,有田和徳
    治療に難渋したoccipital sinusの硬膜動静脈瘻

【厚生労働省研究班

  • 間脳下垂体機能障害に関する調査研究班(1/10 東京)
    藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,(有村 洋),(西尾善彦),有田和徳
    先端巨大症患者の世代別特性について

【地方会】

第116回日本脳神経外科学会九州支部会(2/1 長崎)

  • 花田朋子,山畑仁志,(山口 智),友杉哲三,時村 洋,有田和徳
    呼吸抑制で発症した頚髄Von Hippel Lindau病患者の一例
  • 笠毛友揮,山畑仁志,粟 隆志,花谷亮典,羽生未佳,平野宏文,時村 洋,有田和徳,新納正毅,
    石神 崇
    腫瘍内出血で発症した小脳テントrhabdoid meningiomaの一例

第21回九州山口てんかん外科研究会(3/8 福岡)

  • 細山浩史,松田一己,(臼井直敬),馬場好一,鳥取孝安,(井上有史),花谷亮典,有田和徳
    側頭葉てんかん患者における術前後の中枢性ベンゾジアゼピン受容体結合能の変化

第117回日本脳神経外科学会九州支部会(6/28 宮崎)

  • 河井浩志,時村 洋,菅田真生,有田和徳
    頸部内動脈起始閉塞にもやもや病様側副血行路を認めた脳出血の2例
  • 貞村祐子,藤尾信吾,平野宏文,大吉達樹,時村 洋,有田和徳
    両側脳室前角経由による神経内視鏡下開窓術を行った鞍上部クモ膜嚢胞の1例
  • 花田朋子,羽生未佳,時村 洋,有田和徳
    ガンマナイフ治療の既往を有する聴神経腫瘍摘出術後髄液漏に内視鏡支援下の修復術が有用であったNF2患者の一例

第14回日本内分泌学会九州地方会(8/23 佐賀)

  • 羽生未佳,藤尾信吾,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    下垂体卒中の治療経験
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,(有村 洋),(西尾善彦),有田和徳
    難治性下垂体腺腫に対する治療戦略

【県内学会】

第10回鹿児島ストローク研究会(1/17 鹿児島)

  • 菅田真生,時村 洋,貞村祐子,有田和徳
    もやもや病に対する血行再建術後のIvy signの変化

第65回鹿児島脳神経外科学会(2/15 鹿児島)

  • 山畑仁志,粟 隆志,森 正如,時村 洋,有田和徳,山口 智,厚地正道,轟木耕司
    環椎低形成が関与した脊柱管狭窄症による脊髄障害の1例

鹿児島脳神経外科フォーラム (5/9 鹿児島)

  • 藤尾信吾,山畑仁志,平野宏文,有田和徳
    VPシャント後、気脳症を認めた一例

第13回鹿児島めまい研究会(7/17 鹿児島)

  • 花田朋子,羽生未佳,時村 洋,有田和徳
    ガンマナイフ治療の既往を有する聴神経腫瘍摘出術後髄液漏に内視鏡支援下の修復術が有用であったNF2患者の一例

第39回鹿児島てんかん研究会(7/18 鹿児島)

  • (馬場悠生),(丸山慎介),花谷亮典,細山浩史,大坪俊昭,(四俣一幸), (田中主美),有田和徳,(河野嘉文)
    出生後早期にてんかんを発症した皮質形成異常を伴う乳児の1例
  • 花谷亮典,樫田祐美,細山浩史,菅田真生,丸山慎介,大坪俊昭,有田和徳
    鹿児島大学におけるてんかん外科治療の展開

第66回鹿児島脳神経外科学会(7/26 鹿児島)

  • 島 晃大,伊東夏子,羽生未佳,内田裕之,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    腫瘍摘出にorbitozygomatic approachが有用であった海綿静脈洞部軟骨肉腫の1例

【座長】

有田和徳

  • 間脳下垂体機能障害に関する調査研究班平成25年度班会議班研究報告会(1/10 東京)
  • 鹿児島大学大学院脳神経外科学同門会特別講演会(1/11 鹿児島)
  • 第23回臨床内分泌Update(1/25 名古屋)
  • 第16回日本脳神経減圧術学会(2/6 大阪)
  • 鹿児島てんかんセミナー(2/8 鹿児島)
  • 第65回鹿児島脳神経外科学会(2/15 鹿児島)
  • 第24回間脳下垂体腫瘍学会(2/21-22 福岡)
  • ソマチュリン発売1周年記念講演会(3/1 大阪)
  • 第21回九州山口てんかん外科研究会(3/8 福岡)
  • 第25回間脳・下垂体・副腎系研究会(3/15 東京)
  • ブレイントーク研究会・学術講演会(3/28 鹿児島)
  • 第7回日本整容脳神経外科研究会(4/19 福岡)
  • 第87回日本内分泌学会学術総会(4/19 福岡)
  • 鹿児島脳神経外科フォーラム(5/9 鹿児島)
  • 第34回日本脳神経外科コングレス総会(5/18 大阪)
  • 第32回日本脳腫瘍病理学会(5/23-24 徳島)
  • 第13回鹿児島めまい研究会(6/17 鹿児島)
  • 第26回日本頭蓋底外科学会(6/20 千葉)
  • 第2回下垂体スキルアップカンファレンス(7/19 鹿児島)
  • 第66回鹿児島脳神経外科学会(7/26 鹿児島)
  • 第 14 回霧島脳神経外科セミナー(9/6 霧島)
  • 第19回日本脳腫瘍の外科学会(9/12-13 東京)
  • 第3回広島てんかん・脳波セミナー(HEES)(9/13 広島)
  • 日本脳神経外科学会第73回学術総会(10/9-11 東京)
  • Update of Surgical Treatment for Hypothalamo-Pituitary Tumors(10/22 Indonesia)
  • 第8回鹿児島脳腫瘍セミナー(11/7 鹿児島)
  • 第24回臨床内分泌代謝アップデート(11/28 大宮)

【研究費】

  • 平成26年度科学研究費補助金 基盤研究(C)
    代表:有田和徳 10万円
    題目:視床痛モデルマウスの確立と視床痛発症メカニズムの基礎的検討
  • 平成26年度厚生労働省科学研究費補助金
    分担:有田和徳 40万円
    題目:間脳下垂体機能障害に関する調査研究(大磯班)

2013年

【原著論文】

  • Bakhtiar Y, Hanaya R, Tokimura H, Hirano H, Oyoshi T, Fujio S, Bohara M, Arita K.
    Geometric survey on magnetic resonance imaging of growth hormone producing pituitary adenoma
    Pituitary 17 : 172-149, 2013
  • Campos F, Fujio S, Sugata S, Tokimura H, Hanaya R, Bohara M, Arita K.
    Thrombin Dilution Effect on the Adhesion Strength of Fibrin Glue Soaked Sponge and its Clinical Application
    Neurol Med Chir (Tokyo) 53 : 17-20, 2013
  • Fujio S, Tokimura H, Hirano H, Hanaya R, Kubo F, Yunoue S, Bohara M, Kinoshita Y, Tominaga A, Arimura H, Arita K.
    Severe growth hormone deficiency is rare in surgically-cured acromegalics
    Pituitary 16 : 326-332, 2013
  • Hanada T, Kurihara T, Tokudome M, Tokimura H, Arita K, Miyata A.
    Development and pharmacological verification of a new mouse model of central post-stroke pain
    Neurosci Res 78 : 72-80, 2013
  • Hirano H, Yokoyama S, Yunoue S, Yonezawa H, Yatsushiro K, Yoshioka T, Hanaya R, Tokimura H, Arita K.
    MRI T2 hypointensity of metastatic brain tumors from gastric and colonic cancers
    Int J Clin Oncol : [Epub ahead of print], 2013
  • Hirano H, Yonezawa H, Yunoue S, Habu M, Uchida H, Yoshioka T, Kishida S, Kishida M, Oyoshi T, Fujio S, Sugata S, Yamahata H, Hanaya R, Arita K.
    Immunoreactivity of Wnt5a, Fzd2, Fzd6, and Ryk in glioblastoma: evaluative methodology for DAB chromogenic immunostaining
    Brain Tumor Pathol 31 : 85-93, 2014
  • Kagawa K, Iida K, Kakita A, Katagiri M, Nishimoto T, Hashizume A, Kiura Y, Hanaya R, Sugiyama K, Arihiro K, Arita K, Kurisu K.
    Eletrocorticographic-histopathologic correlations implying epileptogenicity of dysembryoplastic neuroepithelial tumor
    Neurol Med Chir (Tokyo) 53 : 676-687, 2013
  • Kinoshita Y, Tominaga A, Saitoh T, Usui S, Takayasu T, Arita K, Sakoguchi T, Sugiyama K, Kurisu K.
    Postoperative fever specific to neuroendoscopic procedures
    Neurosurg Rev : [Epub ahead of print], 2013
  • Kinoshita Y, Tominaga A, Usui S, Arita K, Sakoguchi T, Sugiyama K, Kurisu K.
    Pituitary adenomas in childhood and adolescence with a focus on intratumoral hemorrhage
    Pituitary 17 : 1-6, 2014
  • Kinoshita Y, Tominaga A, Usui S, Arita K, Sakoguchi T, Sugiyama K, Kurisu K.
    The arginine and GHRP-2 tests as alternatives to the insulin tolerance test for the diagnosis of adult GH deficiency in Japanese patients: A comparison
    Endocr J 60 : 97-105, 2013
  • Kinoshita Y, Tominaga A, Usui S, Arita K, Sugiyama K, Kurisu K.
    Impact of subclinical hemorrhage on the pituitary gland in patients with pituitary adenoma
    Clin Endocrinol (Oxf) 80 : 720-725, 2014
  • Oyoshi T, Fujio S, Bohara M, Hanaya R, Tokimura H, Arita K.
    The assessment of relationship between the skull base development and the severity of frontal plagiocephaly after bilateral fronto-orbital advancement in the early life
    Childs Nerv Syst 30 : 155-159, 2014
  • Shinsato Y,  Furukawa T, Yunoue S, Yonezawa H Minami K, Nishizawa Y, Ikeda R, Kawahara K, Yamamoto M,  Hirano H, Tokimur,  Arita K.
    Reduction of MLH1 and PMS2 confers temozolomide resistance and is associated with recurrence of glioblastoma
    Oncotarget 4 : 2261-2270, 2014
  • Tokimura H, Hirabaru M, Miyajima S, Tajitsu K, Yamahata H, Sugata S, Arita K.
    Electrophysiological mapping of the temporal branch of the facial nerve
    J Neurol Surg A Cent Eur Neurosurg 75 : 116-119, 2014
  • Yamahata H, Tokimura H, Hirahara K, Ishii T, Hanada T, Hirano H, Hanaya R, Sugata S, Mamitsuka K, Arita K.
    Entry point to the sylvian fissure for the pterional transsylvian approach
    J Neurol Surg A Cent Eur Neurosurg 74 : 228-233, 2013
  • Yamahata H, Yunoue S, Tokimura H, Hanaya R, Hirano H, Tokudome M, Karki P, Yonezawa H, Sugata S, Kawahara K, Maruyama I, Arita K.
    Immunohistochemical expression of thrombomodulin in vestibular schwannoma
    Brain Tumor Pathol 30 : 28-33, 2013
  • Yan H, Ishihara K, Seki T, Hanaya R, Kurisu K, Arita K, Serikawa T, Sasa M.
    Inhibitory effects of levetiracetam on the high-voltage-activated L-type Ca2+channels in hippocampal CA3 neurons of spontaneously epileptic rat (SER)
    Brain Res Bull 90 : 142-148, 2013

【総説】

  • 羽生未佳,有田和徳
    転移性下垂体腫瘍
    ホルモンと臨床 60 : 59-62, 2013
  • 有田和徳
    下垂体腺腫(治療や合併症のポイントがわかる!看護につながる! 事例で学ぶ脳腫瘍)
    Brain Nurs 29 : 903-906, 2013

【症例報告】

  • Aoki T, Nishikawa R, Sugiyama K, Nonoguchi N, Kawabata N, Mishima K, Adachi JI, Kurisu K, Yamasaki F, Tominaga T, Kumabe T, Ueki K, Higuchi F, Yamamoto T, Ishikawa E, Takeshima H, Yamashita S, Arita K, Hirano H, Yamada S, Matsutani M.
    A multicenter phase I/II study of the BCNU implant (Gliadel® Wafer) for Japanese patients with malignant gliomas
    Neurol Med Chir (Tokyo) 54 : 290-301, 2014
  • Bohara M, Yonezawa H, Karki P, Bakhtiar Y,  Hirano H, Kitazono I, Matsuyama N, Arita K.
    Mature posterior fossa teratoma mimicking dermoid cyst
    Brain Tumor Pathol 30 : 262-265, 2013
  • Hanada T, Yamahata H, Hanaya R, Kurono Y, Nagano H, Kitajima S, Hiraki T, Arita K.
    A patient with sinonasal leiomyoma presenting with exophthalmos: Case report and review of the literature
    Neurology Asia 18 : 327-330, 2013
  • Kawai H, Hamasaki T, Imamura J, Tomonori N, Odashiro T, Yamahata H, Tokimura H, Nomoto M, Arita K.
    Three cases of spontaneous superficial temporal artery aneurysm with literature review
    Neurol Med Chir (Tokyo) : [Epub ahead of print], 2013
  • Yamahata H, Yamaguchi S, Mori M, Kubo F, Tokimura H, Arita K.
    Ventarl schwannoma of the thoracolumbar spine
    Asian Spine J 7 : 339-344, 2013

【著書】

  • Arita K, Hanaya R.
    Occipital transtentorial approach for pineal region tumors
    Berta S, Levy ML : Neurosurgery: Tricks of trade
    Thieme, New York, 219-222, 2013
  • 藤尾信吾,有田和徳,有村洋
    頭蓋咽頭腫術後に生じたソフトドリンクケトーシス
    下澤達雄,有馬秀二 : 認定医・専門医のための輸液・電解質・酸塩基平衡
    中山書店,東京,202-203,2013
  • 藤尾信吾,有田和徳
    2. 手術療法 2) 顕微鏡・内視鏡併用経蝶形骨手術
    千原和夫,寺本 明,島津 章 : アクロメガリーハンドブック改訂版
    メディカルビュー社,東京,98-104,2013
  • 藤尾信吾,有田和徳
    2. 手術療法 4)手術成績と合併症
    千原和夫,寺本 明,島津 章 : アクロメガリーハンドブック改訂版
    メディカルビュー社,東京,112-114,2013
  • 藤尾信吾,有田和徳
    頭蓋咽頭腫・ラトケ嚢胞
    水澤英洋,鈴木則宏,梶 龍兒,吉良潤一,神田 隆,斉藤延人 : 今日の神経疾患治療指針 第2版
    医学書院,東京,371-375,2013
  • 藤尾信吾,有田和徳
    機能性下垂体腺腫に対する治療法の選択
    斉藤延人,片山容一,富永悌二 : ビジュアル脳神経外科6 間脳・下垂体・傍鞍部
    メディカルビュー社,120-131,2013

【講演集・講演録】

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有村 洋,西尾善彦,有田和徳
    先端巨大症と睡眠時無呼吸症候群との関連について
    第8回アクロメガリーフォーラム記録集 分冊Ⅱ 診断・治療編 : 12,2013
  • 菅田真生,時村 洋,田中俊一,有田和徳
    前頭開頭における整容の工夫
    日本整容脳神経外科研究会 講演集 6 : 75-76,2013
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    第1回下垂体スキルアップカンファレンス 難治性先端巨大症の一例
    Progress in medicine 33 : 2538-2539,2013
  • 有田和徳
    第1回下垂体スキルアップカンファレンス 特別講演: 下垂体腺腫の手術 -私の工夫-
    Progress in medicine 33 : 2544-2545,2013

【Technical Note】

  • Kawahara T, Tokimura H, Higa N, Hirano H, Bohara M, Hanaya R, Takasaki K, Atsuchi M, Yamahata H, Arita K.
    Surgical technique for preventing subcutaneous migration of distal lumboperitoneal shunt catheters
    Innovative Neurosurgery 1 : 169-172, 2013

【図説】

  • 河井浩志,菅田真生,時村 洋,有田和徳
    症候性頚部内頚動脈狭窄症に対する頸動脈内膜剥離術
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第80回 平成25年 1月号58-59,2013
  • 樫田祐美,町田明理,米永理法,細山浩史,花谷亮典,平野宏文,有田和徳
    悪性髄膜腫
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第81回 平成25年 2月号82-83,2013
  • 米永理法,菅田真生,笠毛友揮,時村 洋,有田和徳
    急性期脳梗塞に対する機械的血栓回収療法
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第82回 平成25年 3月号78-79,2013
  • 田中俊一,木部明理,大吉達樹,花谷亮典,有田和徳
    頭蓋骨骨芽細胞腫
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第83回 平成25年 4月号72-73,2013
  • 東拓一郎,藤尾信吾,湯之上俊二,花谷亮典,平野宏文,有田和徳
    原発性甲状腺機能低下症による下垂体過形成
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第84回 平成25年 5月号72-73,2013
  • 粟 隆志,米澤 大,時村 洋,菅田真生,有田和徳,川添一正
    成人もやもや病
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第85回 平成25年 6月号60-61,2013
  • 大吉達樹,藤尾信吾,米永理法,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    一側冠状縫合早期癒合症(前頭斜頭蓋)
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第86回 平成25年 7月号44-45,2013
  • 田中俊一,花谷亮典,菅田真生,西澤輝彦,新納正毅,時村 洋,有田和徳
    三叉神経痛に対する神経血管減圧術の長期予後
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第87回 平成25年 8月号90-91,2013
  • 笠毛友揮,菅田真生,大吉達樹,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    視床下部過誤腫
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第88回 平成25年 9月号74-75,2013
  • 田中俊一,花谷亮典,菅田真生,西澤輝彦,新納正毅,時村 洋,有田和徳
    顔面けいれんに対する神経血管減圧術の長期予後
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第89回 平成25年 10月号52-53,2013
  • 山畑仁志,森 正如,花田朋子,永山哲也,時村 洋,山口 智,有田和徳
    頚椎歯突起後方偽腫瘍の治療
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第90回 平成25年 11月号106-107,2013
  • 岡田朋久,菅田真生,藤尾信吾,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    大型血栓化脳動脈瘤に対する瘤内塞栓術
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第91回 平成25年 12月号88-89,2013

【パンフレット】

  • 藤尾信吾,有田和徳
    GH系に影響するものを中心に: 胚細胞性腫瘍 間脳下垂体疾患におけるPitfall, 1
    JCR,2013

【特別講演など】

いちき串木野市医師会立脳神経外科センター開設25周年市民公開講座(2/2 いちき串木野)

  • 有田和徳
    脳外科センター ここまでできる これもできる

医療法人 青雲会 症例研究会(2/16 姶良)

  • 有田和徳
    脳神経外科の手術-最近の進歩

第86回日本内分泌学会学術総会 (4/24-26 仙台)

  • 有田和徳
    先端巨大症の外科治療 ~自験とレビュー~
  • 湯之上俊二
    転移性下垂体腫瘍の病態と治療

第1回下垂体スキルアップカンファランス(7/20 大阪)

  • 有田和徳
    垂体腺腫の手術 –私の工夫-

第1回東海エンドクリンフォーラム –Meet the Professor-(8/24 名古屋)

  • 有田和徳
    下垂体部incidentalomaの自然史と手術適応

第3回山口県脳腫瘍研究会 (8/29 宇部)

  • 有田和徳
    松果体部腫瘍に対する後頭経天幕手術-私の工夫-

日本てんかん協会 中国地区大会 (12/8 広島)

  • 有田和徳
    包括医療の中のてんかん外科

第4回兵庫間脳下垂体腫瘍学会下垂体疾患フォーラム(12/13 神戸)

  • 有田和徳
    下垂体腺腫の手術 -私の工夫-

【国際学会・セミナー】

Joint Neurosurgical Convention 2013 (The 6th Mt. Bandai Symposium for Neuroscience and the 7th Pan-Pacific Neurosurgery Congress) (1/30-2/2 Hawaii)

  • Tokimura H, Sugata S, Yamahata H, Arita K.
    Intraoperative continuous monitoring of facial motor evoked potentials in acoustic neuroma surgery
  • Higa N, Arita K, Nagayama T, Hanaya R, Sugata S, Eguchi K, Yamagami M.
    Microvascular decompression for glossopharyngeal neuralgia
  • Hiwatari T, Tokimura H, Higa N, Sugata S, Yamahata H, Hirahara K, Uetsuhara K, Takasaki K), Atsuchi M,  Arita K.
    Hemodynamic stress on the development of distal intracranial aneurysms
  • Okada T, Sugata S, Tokimura H, Nagayama T, Hirahara K, Tajitsu K, Fujikawa K, Arita K.
    Surgical treatment of posterior cerebral artery aneurysms
  • Nagano Y, Uchida H, Yunoue S, Habu M, Fujio S, Tokimura H, (Shimazu A), Arita K, (Teramoto A).
    Japan National Survey of Metastatic Pituitary Tumor –preliminary report on 200 cases-
  • Kashida Y, Hanada T, Hirano H, Habu M, Uchida H, Yonezawa H, Yunoue S, Fujio S, Kubo F, Arita K.
    Changes in incidence of primary central nervous system lymphoma (PCNSL) treated in a single institute during the last two decades
  • Tokimura H, Sugata S, Tanaka S, Tajitsu K, Arita K.
    Clinical presentation of intracranial artery stenosis with Graves' disease
  • Uchida H, Yonenaga M, Hirano H, Hosoyama H, Kubo F, Hanada T, Yonezawa H, Fujio S, Sugata S,  Arita K.
    Concomitant bevacizumab therapy for recurrent malignant glioma: a single-institution experience
  • Sugata S, Tokimura H, Nagayama T, Nishimuta Y, Arita K.
    Long-term results of carotid artery stenting
  • Hosoyama H, Yamahata H, Hirahara K, (Sakamoto K), (Ishii T), (Yamada M), Tomosugi T, Uetsuhara K, Tokimura H, Arita K.
    Managements and strategies of intracranial hemorrhage during pregnancy

13th International Pituitary Congress (6/12-14 San Francisco)

  • Habu M, Fujio S, Yunoue S, Tokimura H, Usui S, Kinoshita Y, Tominaga A, Arita K.
    Endocrinologic function in nonfunctioning pituitary adenomas with predominantly exophytic growth
  • Habu M, Yunoue S, Fujio S, Tokimura H, Teramoto A, Shimatsu A, Arita K.
    Japan National Survey of Metastatic Pituitary Tumor –preliminary report on 200 cases-
  • Sugata S, Hanaya R, (Serikawa T), (Kurisu K), Arita K, (Sasa M)
    Neuroprotective effect of levetiracetam on hippocampal sclerosis-like change in spontaneously epileptic rats
  • Hosoyama H, Otsubo T, Hanaya R, Sugata S, (Tsumagari N), Nakamura K, (Fujimoto T), (Iida K), Arita K.
    The relationship between nuclear medicine examinations and the results of pre- and postoperative evaluation of neuropsychological tests in patients with medial temporal epilepsy on non-dominant hemisphere for memory
  • Kashida Y, Hanaya R, Otubo T, Hosoyama H, Sugata S, Yuriz B, Nakamura K, (Fujimoto T), (Iida K), Arita K.
    The experience of image guided operation oriented by using intraoperative MRI in epilepsy surgery
  • Hanaya R, Otsubo T, Kashida Y, Hosoyama H, Sugata S, Nakamura K, (Fujimoto T), (Iida K), Arita K.
    The role of 11C-Methionine positron emission tomography in evaluation for epileptogenic region
  • Otsubo T, (Tsumagari N), Hanaya R, Kashida Y, Hosoyama H, Sugata S, Nakamura K, (Fujimoto T), (Iida K), Arita K.
    Postoperative neuropsychological changes in patients with non-dominant posterior cortex epilepsy
  • Hosoyama H, Otsubo T, Hanaya R, Sugata S, (Tsumagari N), Nakamura K, (Fujimoto T), (Iida K), Arita K.
    The relationship between nuclear medicine examinations and the results of pre- and postoperative evaluation of neuropsychological tests in patients with medial temporal epilepsy on non-dominant hemisphere for memory

3rd International Moyamoya Meeting (7/12 Hokkaido)

  • Sugata S, Tokimura H, Tanaka S, Tajitsu K, Arita K.
    Clinical presentation of intracranial artey stenosis with Graves' disease

Society of NeuroInterventional Surgery Meeting (8/2 Miami)

  • Nagayama T, Uchida H, Nishimuta Y, Arita K.
    Multi-staged Embolization of Neonatal Vein of Galen Aneurysmal Malformation through a 3-French Sheath.

15th WFNS World Congress of Neurosurgery (WFNS 2013) (9/11Seoul)

  • Habu M, Yunoue S, Fujio S, (Teramoto A), (Shimatsu A), Arita K.
    Japan National Survey of Metastatic Pituitary Tumor –preliminary report on 200 cases-
  • Habu M, Fujio S, Tokimura H, Hirano H, Hanaya R, Kubo F, Yunoue S, Bohara M, (Kinoshita Y), (Tominaga A), (Arimura H), Arita K.
    Severe Growth hormone deficiency is rare in surgically-cured acromegalics
  • Arita K, Fujio S, Habu M, Hirano H, Hanaya R, Tokimura H, (Tominaga A).
    How to Manage Giant Pituitary Adenoma

International Society for Pediatric Neurosurgery (41th Annual Meeting) (9/29-10/3Mainz)

  • Oyoshi T, Fujio S, Habu M, Bohara M, F.M.Moinuddin, Hanaya R, Hirano H, Tokimura H, Arita K.
    Microsurgical management of pediatric craniopharyngioma
  • Oyoshi T, Hirano H, Fujio S, Uchida H, Bohara M, Tokimura H, Arita K.
    Treatment results and outcomes of obstructive hydrocephalus associated with unidentified bright object in neurofibromatosis type 1

43rd Annual Meeting of the Society for Neuroscience (11/9-13San Diego)

  • Bohara M, (Kambe Y), Nagayama T, (Kurihara T),Tokimura H, Arita K, (Miyata A).
    C-type natriuretic peptide modulates permeability of the blood-brain barrier
  • Karki P, (Kurihara T), (Asada T), (Yoshimura M), Oyoshi T, Arita K, (Miyata A).
    Involvement of G-protein-coupled receptor 40 in the regulation of spinal nociceptive transmission
  • Hanada T, (Kurihara T), Tokudome M, Tokimura H, Arita K, (Miyata A).
    Development and pharmacological verification of a new mouse model of central post-stroke pain caused by thalamic hemorrhage.

【全国学会】

第15回日本脳神経減圧術学会(1/17 岡山)

  • 花谷亮典,田中俊一,菅田真生,時村 洋,有田和徳
    顔面けいれんroot exit zone同定における顔面神経刺激の有用性

第36回日本てんかん外科学会 (1/17-18 岡山)

  • 菅田真生,花谷亮典,大坪俊昭,細山浩史,(高田橋篤史),中村克巳,(藤元登四郎),(飯田幸治),有田和徳
    内側側頭葉てんかん患者に於ける術後早期MEG評価の意義
  • (飯田幸治),(香川幸太),(片桐匡弥),(橋詰 顕),(岐浦禎展),花谷亮典,有田和徳,(栗栖 薫)
    MEG を用いた新皮質てんかん焦点術前評価 - 傾斜磁場トポグラフィーおよび発作時周波数解析の相補的利用-
  • 花谷亮典,大坪俊昭,細山浩史,菅田真生,中村克己,(藤元登四郎),(飯田幸治),有田和徳
    てんかん外科術前評価における11C-Methionine PET の役割
  • 細山浩史,大坪俊昭,花谷亮典,菅田真生,(津曲倫子),中村克己,(藤元登四郎),(飯田幸治),有田和徳
    記憶非優位側の内側側頭葉てんかん患者における核医学検査所見と術前後の神経心理検査結果
  • 大坪俊昭,(津曲倫子),花谷亮典,菅田真生,細山浩史,有田和徳,中村克己,山﨑一朗,(藤元登四朗),(飯田幸治)
    非優位後部皮質てんかんをもつ患者の術後神経心理学的変化
  • 米永理法,花谷亮典,大坪俊昭,細山浩史,菅田真生,中村克己,(藤元登四郎),(飯田幸治),有田和徳
    小児てんかん外科術前評価における鎮静薬の影響
  • 樫田祐美,花谷亮典,大坪俊昭,細山浩史,菅田真生,Yuriz Bakhtiar,中村克己,(藤元登四郎),(飯田幸治),有田和徳
    てんかん外科手術におけるイメージガイド手術システムの経験
  • (片桐匡弥),(飯田幸治),(香川幸太),(橋詰 顕),(西本武史),花谷亮典,(杉山一彦),有田和徳,(栗栖 薫)
    Lennox-Gastaut 症候群の各発作型に対する迷走神経刺激術の効果

第22回臨床内分泌代謝Update (1/18-19 大宮)

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,(有村 洋),(西尾善彦),有田和徳
    急速に進行し、術後甲状腺クリーゼを起こしたTSH産生腺腫の一例
  • 羽生未佳,藤尾信吾,湯之上俊二,菅田真生,時村 洋,(竹下綾子),(西尾善彦),有田和徳
    30年間の加療後に診断に至った黄色肉芽腫性下垂体炎の一例
  • (富永 篤),(木下康之),(碓井 智),有田和徳,(杉山一彦),(江口国輝),(山崎文之),(栗栖薫)
    CTにて石灰化を伴わない鞍上部第三脳室内充実性腫瘍の診断

第14回日本正常圧水頭症学会(2/9 東京)

  • 川原 隆,比嘉那優大,森山一洋,永山哲也,牧内恒生,高崎孝二,権藤昌澄,山神雅之,(厚地正道),(厚地政幸),有田和徳
    腰椎腹腔短絡術(LPシャント)における腹腔側チューブ逸脱防止の工夫

第36回日本脳神経CI学会総会(2/22 広島)

  • 有田和徳,平野宏文,花谷亮典,(山崎文之),(栗栖 薫),(杉山一彦)
    シンポジウム4 脳腫瘍の病態解析に迫る画像診断 松果体腫瘍の画像所見 −自験88例より−
  • 平野宏文,花谷亮典,米澤 大,内田裕之,花田朋子,有田和徳
    シンポジウム3 術中画像診断の進歩と応用-制限がある中での質の確保- 術中MRIの利用と問題点

第23回日本間脳下垂体腫瘍学会(3/15-16 鹿児島)

  • 湯之上俊二,藤尾信吾,羽生未佳,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    下垂体腺腫に存在するSOX2陽性細胞の存在意義についての研究
  • 羽生未佳,湯之上俊二,藤尾信吾,時村 洋,(島津 章),有田和徳,(寺本 明)
    シンポジウム3 間脳下垂体部悪性腫瘍の集学的治療と予後 転移性下垂体腫瘍―多施設共同研究―
  • 藤尾信吾, 羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,(有村 洋),(西尾善彦),有田和徳
    インスリン低血糖試験の安全性と有用性

第38回日本脳卒中学会総会(3/21 東京)

  • 山畑仁志,時村 洋,田實 謙一郎,土屋 政寛,谷口 歩,平原 正志,平山 貴久,菅田真生,有田和徳
    Pterion keyhole approachによる前方循環脳動脈瘤の治療成績
  • 樫田祐美,菅田真生,田中俊一,時村 洋,有田和徳
    ダビガトラン内服患者の急性期血行再建
  • 西牟田洋介,友杉哲三,内田裕之,貞村祐子,谷口 歩,大吉達樹,(石井 毅),山田正彦,平原一穂,有田和徳
    症状が増悪する内頸動脈狭窄症に対して急性期血行再建を行った3例の検討
  • 田中俊一,菅田真生,田實謙一郎,時村 洋,有田和徳
    甲状腺機能亢進症を合併した頭蓋内動脈狭窄症

Stroke 2013 第42回日本脳卒中の外科学会(3/21 -22東京)

  • 菅田真生,時村 洋,山畑仁志,永山哲也,高崎孝二,平原一穂,川野弘人,田實謙一郎,富士川浩祥,有田和徳
    後大脳動脈瘤に対する破裂予防治療

第24回間脳・下垂体・副腎系研究会(3/23 東京)

  • 有田和徳,藤尾信吾,(富永 篤)
    シンポジウム2屈伸具症候群の診断と治療の進歩 クッシング病の手術療法 -current concept-

第22回日本脳神経外科手術と機器学会(4/12 松本)

  • 時村 洋,菅田真生,花田朋子,山畑仁志,有田和徳
    顕微鏡セッティングの工夫-脳神経外科女医の時代を迎えて-
  • 山畑仁志,(安田宗義),(島 浩史),(青山達郎),有田和徳,(高安正和)
    シンポジウム8 手術トレーニング 愛知医科大学における関図医外科手術教育システムと手術技術習得の実際

第6回日本整容脳神経外科研究会(4/13 松本)

  • 菅田真生,時村 洋,田中俊一,有田和徳
    前頭開頭における整容の工夫

第86回日本内分泌学会学術総会(4/24-26 仙台)

  • 羽生未佳,藤尾信吾,湯之上俊二,時村 洋,(有村 洋),(西尾善彦),有田和徳
    先端巨大症患者における治療成績の検討-QOLの評価
  • 藤尾信吾,樫田祐美,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,(有村 洋),(西尾善彦),有田和徳
    成長ホルモンと糸球体濾過量との関係についての検討

第31回日本脳腫瘍病理学会(5/24-25 東京)

  • 平野宏文,花谷亮典,大吉達樹,米澤 大,内田裕之,湯之上俊二,羽生未佳,花田朋子,時村 洋,有田和徳
    シンポジウム3 迅速 悪性リンパ腫,悪性グリオーマの術中迅速診断における問題点
  • 米澤 大,永野祐志,細山浩志,大吉達樹,花谷亮典,平野宏文,時村 洋,(北島信一),(義岡孝子),有田和徳
    診療に苦慮したGranular Cell Astrocytomaの一例

第28回日本脊髄外科学会(6/6 名古屋)

  • 山畑仁志,(安田宗義),(青山達郎),(島 浩史),有田和徳,(高安正和)
    頸椎後縦靱帯骨化症に対する前方手術後の放射線学的検討
  • 森 正如,(山口 智),山畑仁志,有田和徳
    円錐部に発生したlow grade gliomaの1例

第41回日本小児神経外科学会 (6/7-8 大阪)

  • 大吉達樹,藤尾信吾,羽生未佳,花田朋子,菅田真生,花谷亮典,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    幼児期における頭蓋咽頭腫の治療成績

第114回日本脳神経外科学会九州支部会 (6/22 大分)

  • 樋渡貴昭,粟 隆志,山畑仁志,(山口 智),森 正如,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    ヘモジデリン沈着を伴ったspinal pilocytic astrocytomaの1成人例
  • 花田朋子,堀田和子,米永理法,河井浩志,平野宏文,有田和徳
    半年の経過でglioblastomaに悪性転化した妊婦の一例

第25回日本頭蓋底外科学会 (6/27 名古屋)

  • 山畑仁志,(安田宗義),(青山達郎),(大須賀浩二),時村 洋,有田和徳,(高安正和)
    頭蓋頸椎移行部髄外腫瘍に対する手術

第13回日本術中画像情報学会(7/13 山形)

  • 平野宏文,花谷亮典,米澤 大,羽生未佳,藤尾信吾,大吉達樹,山畑仁志,菅田真生,時村 洋,有田和徳
    術中MRI使用グリオーマ手術の効果

第1回下垂体スキルアップカンファランス (7/20 大阪)

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    難治性先端巨大症の1例

第18回日本脳腫瘍の外科学会(9/19-20 大津)

  • 山畑仁志,時村 洋,八代一孝,菅田真生,藤尾信吾,平野宏文,花谷亮典,(荻田幹夫),有田和徳
    頭蓋底髄膜腫に対する手術・放射線治療の治療成績
  • (青木友和),(西川 亮),(杉山一彦),(三島一彦),(安達淳一),(野々口直助),(河鰭憲幸),(栗栖 薫),(山崎文之),(冨永悌二),(隈部俊宏),(植木敬介),(樋口芙美),(山本哲哉),(石川栄一),(竹島秀雄),(山下真治),有田和徳,平野宏文,(山田 忍),(松谷雅生)
    悪性神経膠腫におけるBCNU Implant (Gliadel® Wafer) 多施設共同臨床試験
  • 花谷亮典,花田朋子,藤尾信吾,米澤 大,大吉達樹,平野宏文,時村 洋,(杉山一彦),有田和徳
    松果体近傍腫瘍における視機能障害の検討
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,大吉達樹,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    頭蓋咽頭腫の治療戦略と長期予後-内分泌機能も含めて-
  • 菅田真生,時村洋,山畑仁志,大吉達樹,花谷亮典,平野宏文,有田和徳
    血管芽腫に対する摘出術
  • 平野宏文,花谷亮典,米澤 大,羽生未佳,藤尾信吾,大吉達樹,山畑仁志,菅田真生,時村 洋,有田和徳
    悪性グリオーマ手術における術中支援装置の有用性と限界
  • 時村 洋,菅田真生,山畑仁志,田実謙一郎,花谷亮典,平野宏文,有田和徳
    聴神経腫瘍手術における 持続facial motor evoked potential(fMEP)

第18回日本脳神経血管内治療学会九州地方会 (9/21 福岡)

  • 菅田真生,久保文克,粟 隆志,時村 洋,有田和徳
    Mass effectを有する部分血栓化大型脳動脈瘤に対し瘤内塞栓術を実施した2例

第115回日本脳神経外科学会九州支部会 (9/28 鹿児島)

  • 米永理法,菅田真生,時村 洋,有田和徳
    穿通枝温存に苦慮した部分血栓化巨大脳動脈瘤の2例 

第47回日本てんかん学会学術集会 (10/10-12 北九州)

  • 細山浩史,松田一己,(臼井直敬),馬場好一,鳥取孝安,(荒木保清),(荒木邦彦),(臼井桂子),(寺田清人),(井上有史),花谷亮典,大坪俊昭,有田和徳
    扁桃体病変ならびに海馬硬化に起因する内側側頭葉てんかん患者のFDG-PET所見の相違
  • 菅田真生,花谷亮典,大坪俊昭,細山浩史,(高田橋篤史),中村克巳,(藤元登四郎),(飯田幸治),有田和徳
    内側側頭葉てんかん患者に於けるMEG所見と発作予後との関連
  • 大坪俊昭,中村克巳,(藤元登四郎),樫田祐美,八代一孝,山崎一朗,有田和徳,花谷亮典,菅田真生,細山浩史
    高齢者てんかん重積状態の臨床特徴
  • 花谷亮典,大坪俊昭,樫田祐美,細山浩史,菅田真生,(津曲倫子), (飯田幸治),中村克巳,(藤元登四郎),有田和徳
    自動症を主訴に外科治療を行った難治性てんかん患者における神経心理検査結果の検討
  • 樫田祐美,大坪俊昭,(高田橋篤史),花谷亮典,(津曲倫子),有田和徳,菅田真生,細山浩史,(藤元登四郎),八代一孝,山崎一朗
    統計学的手法を用いたfMRIによる言語優位半球の同定
  • (片桐匡弥),(飯田幸治),(香川幸太),(橋詰 顕),花谷亮典,(杉山一彦),有田和徳,(栗栖 薫)
    Lennox-Gastaut症候群における脳梁離断術後残存発作に対する迷走神経刺激療法の効果
  • (香川幸太),(飯田幸治),(橋詰 顕),(片桐匡弥),(岐浦禎展),花谷亮典,(杉山一彦),有田和徳,(栗栖 薫)
    転倒発作に対する脳梁前方離断術前後の脳磁図所見変化と治療効果についての検討
  • (飯田幸治),(香川幸太),(片桐匡弥),(橋詰 顕),花谷亮典,有田和徳
    てんかん診療ネットワーク構築に関連する問題点の提議~一次診療からの適切な橋渡しができているか?~

日本脳神経外科学会第72回学術総会 (10/16-18 横浜)

  • 大坪俊昭,(高田橋篤史),(東 祐二),(藤元登四郎),樫田祐美,(津曲倫子),中村克己,有田和徳,花谷亮典,菅田真生,細山浩史,八代一孝,山崎一朗
    図形発現Trail-Making TestにおけるfMRI賦活部位
  • 大吉達樹,藤尾信吾,羽生未佳,花田朋子,菅田真生,花谷亮典,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    小児頭蓋咽頭腫の治療成績と免疫組織学的検討
  • 八代一孝,中村克巳,大坪俊昭,樫田祐美,(藤元登四郎),有田和徳
    Methionine & FDG PET,及びT1/T2 mismatchiによる遅発放射線壊死の鑑別
  • 東拓一郎,時村 洋,菅田真生,山畑仁志,田実謙一郎,花谷亮典,平野宏文,有田和徳
    聴神経腫瘍摘出術における持続性facial motor evoked potentialの有用性
  • 米永理法,田實謙一郎,時村 洋,川野弘人,有田和徳
    小脳出血に対する外側後頭下小開頭による血腫除去術の長期成績
  • 粟 隆志,菅田真生,樋渡貴昭,米澤 大,内田裕之,山畑仁志,大吉達樹,永山哲也,八代一孝,時村 洋,有田和徳
    海綿静脈洞部硬膜動静脈瘻の治療経過と予後
  • 木部明理,菅田真生,時村 洋,山畑仁志,大吉達樹,花谷亮典,平野宏文,有田和徳
    血管芽腫に対する摘出術
  • 菅田 淳,菅田真生,時村 洋,田中俊一,田実謙一郎,有田和徳
    甲状腺機能亢進症を合併した頭蓋内動脈狭窄症
  • 樋渡貴昭,大吉達樹,平野宏文,藤尾信吾,内田裕之,マノズ・ボハラ,時村 洋,有田和徳
    神経線維腫症1型における UBOを伴った閉塞性水頭症の治療経験
  • 平野宏文,米澤 大,羽生未佳,花谷亮典,内田裕之,花田朋子,大吉達樹,有田和徳
    再発悪性グリオーマに対するベバシズマブの効果
  • 山下麻美,花谷亮典,花田朋子,藤尾信吾,米澤 大,大吉達樹,平野宏文,(杉山一彦),時村 洋,有田和徳
    松果体部近傍腫瘍に伴うの視機能障害と治療経過
  • 河井浩志,時村 洋,田實謙一郎,(浜崎 禎),(今村純一),有田和徳
    特発性浅側頭動脈動脈瘤-5例の報告および文献的考察
  • 笠毛友揮,藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,時村 洋,有田和徳
    重症型成人GH分泌不全症患者に対するGH補充療法の効果
  • 岡田朋久,藤尾信吾,羽生未佳,大吉達樹,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    頭蓋咽頭腫の治療経過と予後
  • 山畑仁志,(安田宗義),(青山達郎),(島 浩史),時村 洋,有田和徳,(高安正和)
    頸椎後縦靭帯骨化症に対する前方手術後の放射線学的検討
    羽生未佳,湯之上俊二,藤尾信吾,時村 洋,(臼井 聡),(木下康之),(冨永 篤),有田和徳
    特異的画像所見を呈する非機能性下垂体腫瘍の内分泌学的機能評価
  • 時村 洋,菅田真生,米澤 大,山畑仁志,湯之上俊二,田實謙一郎,花谷亮典,平野宏文,有田和徳
    聴神経腫瘍における細胞増殖能の腫瘍内分布に関する検討
  • 米澤 大,平野宏文,花谷亮典,大吉達樹,内田裕之,藤尾信吾,羽生未佳,花田朋子,時村 洋, 有田和徳
    当施設における初発Low-Grade Oligodendrogliomaに対する後療法
  • 樫田祐美,大坪俊昭,花谷亮典,菅田真生,細山浩史,(高田橋篤史),(津曲倫子),中村克巳, (藤元登四郎),有田和徳
    Statistical parametric Mappingを用いたfMRI解析による言語機能局在の同定
  • 永野祐志,花谷亮典,八代一孝,時村 洋,有田和徳
    当地域における眼窩腫瘍の傾向
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,(有村 洋),(西尾善彦),(有田和徳)
    非機能性下垂体腺腫患者の内分泌学的長期予後
  • 田中俊一,花谷亮典,菅田真生,(岡崎貴仁),(江口国輝),(隅田昌之),(西澤輝彦),新納正毅,時村 洋,(栗栖 薫),有田和徳
    三叉神経痛および顔面痙攣に対する 神経血管減圧術の追跡調査
  • 比嘉那優大,有田和徳,永山哲也,花谷亮典,菅田真生,(江口国輝),山神雅之
    舌咽神経痛に対する神経血管減圧術
  • 花田朋子,平野宏文,羽生未佳,藤尾信吾,米澤 大,菅田真生,時村 洋,有田和徳
    中枢神経原発悪性リンパ腫に対する画像評価 -臨床的寛解と画像上寛解のジレンマ-
  • 花谷亮典,大坪俊昭,樫田祐美,細山浩史,菅田真生,(津曲倫子),(飯田幸治),時村 洋,中村克巳,(藤元登四郎),有田和徳
    手術侵襲に伴う神経心理学的機能障害の予測-複雑部分発作を呈する難治性てんかんにおける検討-
  • 菅田真生,花谷亮典,大坪俊昭,細山浩史,(高田橋篤史),中村克巳,(藤元登四郎),(飯田幸治),有田和徳
    てんかん外科術前後のMEG所見変化と発作予後との関連
  • 川原 隆,比嘉那優大,森山一洋,永山哲也,牧内恒生,高崎孝二,権藤昌澄,山神雅之,(厚地正道),(厚地政幸),有田和徳
    腰椎腹腔短絡術(LPシャント)における腹腔側チューブ逸脱防止の工夫

第9回アクロメガリーフォーラム (11/2 東京)

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,(有村 洋),(西尾善彦),有田和徳
    先端巨大症患者の世代別特性について

20回日本神経内視鏡学会 (11/7-11 甲府)

  • 平野宏文,藤尾信吾,大吉達樹,有田和徳
    神経内視鏡による第3脳室底開窓のサイズについての検討
  • 大吉達樹,平野宏文,藤尾信吾,内田裕之,時村 洋,有田和徳
    UBOを伴ったNeurofibromatosis type 1症例における閉塞性水頭症の治療経験
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,大吉達樹,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    内視鏡単独経蝶形骨洞手術への挑戦

第48回日本脊髄障害医学会(11/14-15 福岡)

  • 森 正如,(山口 智),山畑仁志,有田和徳
    円錐部に発生したlow grade gliomaの2例
  • 山畑仁志,(山口 智),森 正如,有田和徳
    ヘモジデリン沈着を伴ったspinal pilocytic strocytomaの1成人例

第29回日本脳神経血管内治療学会学術総会 (11/21-23 新潟)

  • 菅田真生,時村 洋,西牟田洋介,友杉哲三,平原一穂,永山哲也,高崎孝二,有田和徳
    脳動静脈奇形に対する塞栓術適応の変化

第36回日本分子生物学会年会(12/5 神戸)

  • 坂元顕久,(日野信次朗),(長岡克弥),(阿南浩太郎),(高瀬隆太),(中尾光善)
    ヒストン脱メチル化酵素LSD1の癌代謝における機能解析

第31回日本脳腫瘍学会学術集会 (12/8 宮崎)

  • 平野宏文,川野弘人,米澤 大,内田裕之,羽生未佳,花田朋子,花谷亮典,有田和徳
    膠芽腫治療成績の進歩,一施設30年を振り返って

【厚生労働省研究班

間脳下垂体機能障害に関する調査研究班(1/11 東京)

  • 湯之上俊二,藤尾信吾,羽生未佳,有田和徳,(富永 篤)
    下垂体腺腫におけるSOX2陽性細胞の意義について
  • (高野幸路),(寺本 明),(田原重志),有田和徳
    機能性下垂体腺腫の腫瘍発生原因と腫瘍増殖に関与する因子の解析

【地方会】

第113回日本脳神経外科学会九州支部会(1/26 福岡)

  • 永野祐志,大吉達樹,米永理法,細山浩史,花谷亮典,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    診断に苦慮したGranular Cell Astrocytomaの一例
  • 町田明理,田中俊一,大吉達樹,花谷亮典,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    増大傾向を示した後頭骨発生のosteoblastomaの一例

第5回南九州脳神経血管内治療研究会(4/12 鹿児島)

  • 西牟田洋介,友杉哲三,(川原 団),内田裕之,貞村祐子,谷ロ 歩,大吉遠樹,(石井 毅),(山田正彦),平原一穂,有田和徳
    症状の進行する内頸動脈狭窄症に対する急性期血管内治療は有効か
  • 東拓一郎,永山哲也,牧内恒生,(粕谷潤二),森山一洋,山神雅之,高崎孝二,(厚地正道),(厚地政幸)
    頚部頚動脈ステント留置術後、超短期間でステントの短縮を認めた1例

筑紫脳血管内治療カンファレンス (5/25 福岡)

  • 菅田真生,時村 洋,有田和徳
    Mass effectを呈する未破裂解離性脳動脈瘤の2例

第9回てんかん学会九州地方会 (7/13 福岡)

  • 樫田祐美,大坪俊昭,花谷亮典,菅田真生,細山浩史,(高田橋篤史),(津曲倫子),中村克己,(藤元登四郎),有田和徳
    しりとり負荷fMRIのSPM解析による言語優位半球の同定法

九州・山口機能神経外科セミナー (8/17 福岡)

  • 菅田真生,花谷亮典,大坪俊昭,細山浩史,(高田橋篤史),有田和徳
    てんかん外科手術前後のMEG所見と発作予後

第13回日本内分泌学会九州地方会(8/24 那覇)

  • 羽生未佳,大吉達樹,藤尾信吾,花谷亮典,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    幼児期発症 頭蓋咽頭腫の治療成績
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有村 洋,(西尾善彦),有田和徳
    非機能性下垂体腺腫患者の内分泌学的長期予後

第2回筑紫脳血管内治療カンファレンス(11/30 福岡)

  • 菅田真生,河井浩志,時村 洋,有田和徳
    瘤内血栓により自然閉塞を呈していた破裂小型脳動脈瘤の一例

【県内学会】

第6回桜ヶ丘地区基礎系研究発表会(1/24 鹿児島)

  • 花田朋子,(栗原 崇),徳留 舞,有田和徳,(宮田篤郎)
    新規中枢性疼痛(脳卒中後疼痛)モデルマウスの確立とその薬理学的特性
  • Bohara M, (Kambe Y), (Kurihara T), Tokimura H, Arita K, Miyata A.
    C-type natriuretic peptide modulates the permeability of blood-brain barrier

63回鹿児島脳神経外科学会 (2/9 鹿児島)

  • 永野祐志,大吉達樹,米永理法,細山浩史,花谷亮典,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    診断に苦慮したGranular Cell Astrocytomaの一例

ブレイントーク研究会・学術講演会 (3/29 鹿児島)

  • 菅田真生,田中俊一,時村 洋,有田和徳
    バイパス併用脳動脈瘤手術の経験

鹿児島脳神経外科フォーラム (4/19 鹿児島)

  • 菅田真生,時村 洋,有田和徳
    頭蓋内巨大占拠性病変の一例

第30回鹿児島高次脳機能研究会(4/26 鹿児島)

  • 永野祐志,花谷亮典,細山浩史,菅田真生,時村 洋,(津曲倫子),大坪俊昭,(藤元登四郎),有田和徳
    記憶非優位半球内側側頭葉てんかん患者におけるPET/SPECT所見と術前後IQ/記憶力との関連

第7回鹿児島内分泌腫瘍と疾患研究会 (6/21 鹿児島)

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,有田和徳
    外科的寛解が得られた先端巨大症患者群における成長ホルモン分泌能

第38回鹿児島てんかん研究会 (7/12 鹿児島)

  • 樋渡貴昭,花谷亮典,大坪俊昭,樫田祐美,細山浩史,菅田真生,中村克己,(藤元登四郎),有田和徳
    難治性てんかんに対する 迷走神経刺激術の経験

第12回鹿児島めまい研究会 (7/25 鹿児島)

  • 岡田朋久,永野祐志,菅田真生,時村 洋,有田和徳
    ふらふら感にて発症した椎骨脳底動脈解離の1例

第64回鹿児島脳神経外科学会(7/27 鹿児島)

  • 平野宏文,米澤 大,有田和徳
    最近のlow grade gliomaの治療

第4回鹿児島頭痛フォーラム (9/7 鹿児島)

  • 菅田真生,時村 洋,有田和徳
    小児もやもや病患者の頭痛に対する血行再建術の効果

第26回鹿児島ブレインサイエンスカンファランス (10/22 鹿児島)

  • Bohara M, Kambe Y, Nagayama T, Tokimura H, Arita K, (Miyata A)
    C-type natriuretic peptide modulates permeability of the blood-brain barrier.

【学会会長挨拶】

有田和徳

  • 第23回間脳下垂体腫瘍学会 (3-15-16 鹿児島)

【研究費】

  • 平成25年度科学研究費補助金 基盤研究(C)
    代表:有田和徳 110万円
    題目:視床痛モデルマウスの確立と視床痛発症メカニズムの基礎的検討
  • 平成25年度厚生労働省科学研究費補助金
    分担:有田和徳 240万円
    題目:間脳下垂体機能障害に関する調査研究(大磯班)

2012年

【原著論文】

  • Niiro T, Tokimura H, Hanaya R, Hirano H, (Fukukura Y), (Sugiyama K), (Eguchi K), (Kurisu K), ( Yoshioka H), Arita K.
    MRI findings in patients with central neurocytomas with special reference to differential diagnosis from other ventricular tumours near the foramen of Monro
    Journal of Clinical Neuroscience 19 : 681-686, 2012
  • Hirano H, (Yoshioka T), Yunoue S, Fujio S, Yonezawa H, Niiro T, Habu M, Oyoshi T, Sugata S, Kamezawa T, (Arimura H), Hanaya R, Tokimura H, Tokudome M, Arita K.
    TLR4, IL-6, IL-18, MyD88 and HMGB1 are highly expressed in intracranial inflammatory lesions and the IgG4/IgG ratio correlates with TLR4 and IL-6
    Neuropathology 32 : 628-637, 2012
  • Hanaya R, Hosoyama H, Sugata S, Tokudome M, Hirano H, Tokimura H, (Kurisu K), (Serikawa T), (Sasa M), Arita K.
    Low distribution of synaptic vesicle protein 2A and synaptotagimin-1 in the cerebral cortex and hippocampus of spontaneously epileptic rats exhibiting both tonic convulsion and absence seizure
    Neuroscience 221 : 12-20, 2012
  • Tokimura H, Imamura S, Arita K.
    Noninvasive determination of speech dominance by single magnetic stimulation of the bilateral hand motor cortex
    Neurologia Medico-Chirurgica 52 : 142-147, 2012
  • Tokimura H, Tokimura Y, Arita K.
    Are the excitability changes in the hand motor cortex during speech in left-hand subjects?
    Neurologia Medico-Chirurgica 52 : 148-153, 2012
  • Yamahata H, Ishigami T, Hirahara K, Tomosugi T, (Yamada M), (Ishii T), Uetsuhara K, (Sueyoshi K), Tokimura H, Arita K.
    T-cell/histiocyte-rich B cell lymphoma arising in the trigeminal ganglion in a patient with rheumatoid arthritis: Case report
    Brain Tumor Pathology 29 : 54-57,              2012
  • Tanaka S, Tokimura H, Makiuchi T, Nagayama T, Takasaki K, Tomosugi T, Hirahara K, Yamahata H, Campos F, Nishizawa T, Arita K.
    Clinical presentation and treatment of aneurysms associated with fenestrated basilar artery
    Journal of Clinical Neuroscience 19 : 394-401, 2012
  • (Kinoshita Y), (Hama S), (Tominaga A), Arita K, (Sugiyama K), (Sakoguchi T), (Usui S), (Kurisu K).
    Supra-diaphragmatic ptuitary adenoma removed through the trans-tuberculum sellae approach
    Neurologia Medico-Chirurgica 52 : 91-95, 2012
  • (Sakoguchi T), (Hama S), (Tominaga A), (Kinoshita Y), (Sugiyama K), Arita K, (Kurisu K).
    Growth hormone receptor expression in brain tumors
    Hiroshima Jounal of Medical Science 61 : 1-6, 2012
  • Bakhtiar Y, Yonezawa H, Bohara M, Hanaya R, (Okamoto Y), (Sugiyama K), (Yoshioka T), Arita K.
    Posterior fossa immature teratoma in an infant with trisomy 21: A case report and review of the literature
    Surgical Neurology International 3 : 100, 2012
  • Fujio S, Tokimura H, Hirano H, Hanaya R, Kubo F, Yunoue S, Bohara M, (Kinoshita Y), (Tominaga A), (Arimura H), Arita K.
    Severe growth hormone deficiency is rare in surgically-cured acromegalics
    Pituitary 15, 2012
  • Tokimura H, Ishigami T, Yamahata H, Yonezawa H, Yokoyama S, Haruzono A, Obara S, Nishimuta Y, Nagayama T, Hirahara K, Kamezawa T, Sugata S, Arita K.
    Clinical presentation and treatment of distal anterior inferior cerebellar artery aneurysms
    Neurosurgical Review 34 : 497-504, 2012
  • Oyoshi T, Fujio S, Bohara M, Tokimura H, Arita K.
    The assessment of relationship between the skull base development and the severity of frontal plagiocephaly after bilateral fronto-orbital advancement in the early life
    Child's Nervous System 28 : 1632-1633, 2012

【総説】

  • 有田和徳,平野宏文,Yuriz Baktiar
    手術支援システムを用いた脳神経外科手術の進歩
    手術医学 33 : 338-344,2012

【症例報告】

  • Awa R, Hanaya R, Hirano H, Tokimura H, Francia C, Yunoue S, (Kitajima S), Arita K.
    Gangliocytoma of the medulla oblongata demonstrating high tracer uptake on positron emission tomography
    Journal of Neuro-Oncology 106 : 201-202, 2012
  • (Kagawa K), (Iida K), (Katagiri M), (Nishimoto T), (Hashizume A), (Kiura Y), Hanaya R, Arita K, (Kurisu K).
    Successful treatment of mesial temporal lobe epilepsy with bilateral hippocampal atrophy and false temporal scalp ictal onset: a case report
    Hiroshima Journal of Medical Sciences 61 : 37-41, 2012
  • (Shinsato Y), Hanada T, Kisanuki T, Yonezawa H, Yunoue S, (Yoshioka T), Hanaya R, Tokimura H, Hirano H, Arita K.
    Primary malignant melanoma in the pineal region treated without chemotherapy
    Surgical Neurology International 3 : 123, 2012

【著書】

  • (Iida K), (Kagawa K), Arita K, (Kurisu K).
    Epilepsy surgery and cerebral vascular malformations
    Tahara A, Antunes ACM, Isolan GP, Pires de Aguiar PH : Tratamento Neurocirúrgico das Doen?as Vasculares do SNC
    Dilivros, Brazil, 151-159, 2012
  • 藤尾信吾,有田和徳
    内視鏡補助下の経蝶形骨手術-顕微鏡・内視鏡併用経蝶形骨手術-
    寺本 明,新井 一,塩川芳昭,大畑建治編集:NS Now下垂体外科Update    
    メディカルビュー社,東京,130-141,2012
  • 藤尾信吾,有田和徳
    転移性下垂体腫瘍
    平田結喜緒,山田正三,成瀬光栄編集:内分泌シリーズ, 下垂体疾患診療マニュアル
    診断と治療社,東京,219-220,2012
  • 藤尾信吾,有田和徳
    非機能性下垂体腺腫(ゴナドトロピン産生下垂体腺腫)
    平田結喜緒,山田正三,成瀬光栄編集:内分泌シリーズ, 下垂体疾患診療マニュアル
    診断と治療社,東京,160-162,2012

【Proceeding】

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,有田和徳,時村 洋,(有村 洋),(西尾善彦)
    機能性下垂体腺腫摘出術における腫瘍被膜外摘出の有効性と安全性
    日本内分泌学会雑誌 88(Suppl. August 2012):5-7,2012
  • (廣畑倫生),(松野 彰),(山田正三),有田和徳,(高野幸路),(富永 篤),(肥塚直美),(池田秀敏),(佐野壽昭),(長村義之),(田原重志),(川俣貴一),(石井雄道),(寺本 明)
    日本間脳下垂体腫瘍学会下垂体腫瘍学会全国調査における下垂体癌・異型下垂体腺腫の病理学的解析
    日本内分泌学会雑誌 88(Suppl. August 2012):64-67,2012

【報告書】

  • 有田和徳,藤尾信吾,平野宏文,羽生未佳,湯之上俊二,(有村 洋),(富永 篤),(木下康之)
    手術後治癒と判定された成長ホルモン産生腺腫患者における成長ホルモン分泌能と,精神・身体機能への影響についての検討
    厚生労働省科研間脳下垂体障害に関する調査研究 平成23年度総括・分担研究報告書 76-83,2012
  • (高野幸路),(寺本 明),有田和徳,(永江玄太),(油谷弘幸)
    機能性下垂体腺腫の腫瘍発生原因と増殖因子に関与する因子の検討
    厚生労働省科研間脳下垂体障害に関する調査研究 平成23年度総括・分担研究報告書 147-154,2012

【図説】

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,有田和徳
    手術によって妊娠が達成されたプロラクチノーマ症例
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第68回 平成24年 1月号62-63,2012
  • 東拓一郎,菅田真生,花谷亮典,大坪俊昭,有田和徳
    難治性てんかんに対する迷走神経刺激療法
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第69回 平成24年 2月号64-65,2012
  • 比嘉那優大,米澤 大,有田和徳
    齲歯を原因とする多発性脳膿瘍
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第70回 平成24年 3月号79-80,2012
  • 花田朋子,羽生未佳,米澤 大,内田裕之,平野宏文,有田和徳
    中枢神経系原発悪性リンパ腫とその鑑別疾患
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第71回 平成24年 4月号98-99,2012
  • 細山浩史,菅田真生,花谷亮典,大坪俊昭,有田和徳
    てんかんに対する長時間ビデオ脳波モニタリング
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第72回 平成24年 5月号76-77,2012
  • 田中俊一,藤尾信吾,内田裕之,大吉達樹,(松下茂人),有田和徳
    脊髄髄膜瘤
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第73回 平成24年 6月号56-57,2012
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,有田和徳
    若年女性プロラクチノーマ患者に対する手術療法の効果
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第74回 平成24年 7月号60-61,2012
  • 樫田祐美,田中俊一,(山切啓太),花谷亮典,有田和徳
    経頭蓋到達法による眼窩内異物摘出
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第75回 平成24年 8月号64-65,2012
  • 笠毛友揮,(徳重宏二),藤尾信吾,花谷亮典,有田和徳
    再発鞍結節部髄膜腫
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第76回 平成24年 9月号90-91,2012
  • 米永理法,藤尾信吾,花谷亮典,有田和徳
    中脳海綿状血管腫
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第77回 平成24年 10月号54-55,2012
  • 菅田 淳,田中俊一,菅田真生,花谷亮典,有田和徳
    再発片側顔面痙攣に対する微小血管減手術
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第78回 平成24年 11月号120-121,2012
  • Yuriz Baktiar,花谷亮典,平野宏文,有田和徳
    言語領域の腫瘍摘出におけるMRI拡散テンソル画像トラクトグラフィの有用性
    鹿児島県医師会報 図説脳神経外科 第79回 平成24年 12月号98-99,2012

【パンフレット】

  • 藤尾信吾,有田和徳
    間脳下垂体疾患におけるPitfall 3:GH系に影響するものを中心に 概論3:治療・予後
    JCR,2012
  • 藤尾信吾,有田和徳
    間脳下垂体疾患におけるPitfall 6:GH系に影響するものを中心に  各論3:症候性ラトケ嚢胞
    JCR,2012

【特別講演など】

第21回内分泌代謝Update (1/27 浜松)

  • 有田和徳
    先端巨大症の治療 自験とレビュー

第10回熊本内分泌代謝フォーラム(2/3 熊本)

  • 有田和徳
    間脳下垂体腫瘍の手術療法と内分泌

平成23年度鹿児島市医師会女性医師部会(2/7 鹿児島)

  • 有田和徳
    脳神経外科医-彼女たちの選択

第71回鹿児島救急医学会(3/10 鹿児島)

  • 有田和徳
    脳の死と人の死 ―一脳外科医の考察

第15回宮崎代謝内分泌研究会(4/11 宮崎)

  • 有田和徳
    間脳下垂体腫瘍の手術療法と内分泌

第85回日本内分泌学会総会(4/19 名古屋)

  • 有田和徳
    クリニカルアワー 「成人における成長ホルモン治療」GH補充療法 ―脳神経外科での実践―

第32回日本脳神経外科コングレス(5/13 横浜)

  • 有田和徳
    ランチョンセミナー「機能性下垂体腺腫の治療」機能性下垂体腺腫の手術と内分泌

第5回九州GH・IGF-1フォーラム(6/16 福岡)

  • 有田和徳
    GH産生腺腫に対する手術療法と下垂体機能

第20回広島内分泌代謝研究会(7/7 広島)

  • 有田和徳
    間脳下垂体腫瘍と内分泌―最近の話題―

第5回ハルビン国際脳神経外科学会(7/15 Harbin)

  • Arita K.
    Peroperative management of patients with hypothalamic pituitary tumors

第17回日本脳腫瘍の外科学会(9/7 横浜)

  • 有田和徳
    ランチョンセミナーⅠ「下垂体腺腫に対するminimum invasive pituitary surgeryと内分泌機能」

第5回Pacific Pituitary Forum(9/8 浜松)

  • 有田和徳
    特別講演「間脳下垂体腫瘍の手術療法と内分泌」

第71回日本脳神経外科学会総会(10/19 大阪)

  • 有田和徳
    シンポジウム:非症候性髄膜腫の自然史と治療方針指定講演「非症候性下垂体腺腫の自然史と治療方針

医師会生涯教育協力講座「てんかんをめぐる日常診療における諸問題」(11/17 鹿児島)

  • 有田和徳
    南九州におけるてんかん診療地域ネットワークの形成にむけて

鹿児島県保険医協会 第90回医科研究会(11/21 鹿児島)

  • 有田和徳
    脳神経外科の手術 ―最近の進歩―

第26回日本脳神経看護研究会(11/25 鹿児島)

  • 有田和徳
    脳神経外科手術の進歩

第17回関西脳神経外科手術研究会(12/15 大阪)

  • 有田和徳
    松果体部腫瘍に対する後頭経天幕手術(OTA)―tips and pitfalls―

 【国際学会・セミナー】

1st International congress of minimally invasive f101-04 (3/21-22 Firenze)

  • Tokimura H, Tajitsu K, Hirayama T, Sadamura Y, Hirabaru M, Arita K.
    Hemorrhagic complications in patients with chronic subdural hematoma treated by twist drill
    craniostomy
  • Tokimura H, Hirabaru M, Tajitsu K, Hirano H, Hanaya R, Yamahata H, Arita K.
    Pterion keyhole approach for anterior circulation aneurysms

9th Asian & Oceanian Epilepsy Congress (3/23 Manila)

  • Otsubo T, Arita K, Hanaya R, Sugata S, Hosoyama H, Yamasaki I, (Nakamura K),Yatsushiro K,
    (Tsumagari N), Fujimoto T.
    Wada test results of patients with temporal lobe epilepsy(TLE) and their 3-month postoperative
    memory indices

16th International Leksell Gamma Knife Society meeting(3/25 Sydney)

  • Yatsushiro K, (Ogita M), (Nakamura K), Arita K.
    11C-Methionine positron emission tomography for differential diagnosis of radiation injury and tumor
    recurrence in the patients after stereotactic radiosurgery

15th International Congress of Endocrinology and 14th European Congress of Endocrinology(5/7 Firenze)

  • Arita K.
    Growth hormone secretory function is well preserved in surgically cured acromegalics
  • Arita K.
    Relationship between gsp mutations and clinico-pathological features in growth hormone producing
    pituitary adenomas

15th International Congress of Endocrinology(5/8 Firenze)

  • Fujio S, Habu M, Yunoue S, Hirano H, Tokimura H, Arita K, (Arimura H).
    Changes in body composition in patients with acromegaly

40th Annual Meeting of the International Society for Pediatric Neurosurgery(9/10 Sydney)

  • Oyoshi T, Fujio S, Bohara M, Tokimura H, Arita K.
    The assessment of relationship between the skull base development and the severity of frontal
    plagiocephaly after bilateral fronto-orbital advancement in the early life

WFNS Education course(11/9 Bhubaneswar)

  • Arita K.
    Basic surgical anatomy & technique for safe & efficient transsphenoidal surgery
  • Arita K.
    Occipital Transtentorial approach for pineal region tumor

WFNS Education course(11/11 Dhaka)

  • Arita K.
    Basic surgical anatomy & technique for  functioning pituitary adenoma
  • Arita K.
    Occipital transtentorial approach for pineal region tumor

全国学会】

第14回日本脳神経減圧術学会(1/19 東京)

  • 花谷亮典,花田朋子,時村 洋,(西郷輝彦),有田和徳
    責任血管が上錐体静脈上面をまわりこみ走行した三叉神経痛の2症例

第35回日本てんかん外科学会(1/19-20 東京)

  • 細山浩史,花谷亮典,菅田真生,大坪俊昭,藤元登四郎,(飯田幸治),有田和徳
    結節性硬化症を伴う小児難治性てんかんに対する手術経験
  • 花谷亮典,細山浩史,菅田真生,大坪俊昭,藤元登四郎,(飯田幸治),(笹 征史),有田和徳
    新皮質てんかんにおけるシナプス小胞放出機構障害:外科切除組織による検討
  • 大坪俊昭,有田和徳,花谷亮典,菅田真生,細山浩史,山崎一朗,中村克己,八代一孝,
    (津曲倫子),藤元登四郎
    側頭葉てんかん患者におけるWada Testと術後3ヶ月記憶との関連
  • 菅田真生,花谷亮典,大坪俊昭,細山浩史,(飯田幸治),有田和徳
    てんかん外科における早期再発例の検討

第17回日本脳神経外科救急学会(1/27 東京)

  • 山畑仁志,米澤 大,花谷亮典,坂元顕久,東拓一郎,粟 隆志,時村 洋,有田和徳
    頭蓋形成術後に発生した遅発性脳ヘルニアの2症例

第21回臨床内分泌Update(1/28 浜松)

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,有田和徳,(有村 洋),(木村 崇),(鄭 忠和)
    当初非機能性腺腫と診断されたsilent corticotroph adenoma

第13回日本正常圧水頭症学会(2/11 大阪)

  • 山畑仁志,時村 洋,平原一穂,友杉哲三,久保文克,花田朋子,花谷亮典,菅田真生,
    (江口国輝),馬見塚勝郎,有田和徳
    シャント手術における腹部切開の工夫

第5回日本整容脳神経外科研究会(2/10 大阪)

  • 菅田真生,時村 洋,山畑仁志,有田和徳
    浅側頭動脈解離操作に於ける止血手技の検討

第22回日本間脳下垂体腫瘍学会(2/24 東京)

  • 湯之上俊二,藤尾信吾,羽生未佳,ユーリズ・バクティアル,時村 洋,有田和徳
    下垂体腺腫におけるSOX2陽性細胞の免疫組織学的検討
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳,(有村 洋),(木村 崇)
    機能性下垂体腺腫摘出後における腫瘍被膜外摘出の有効性と安全性
  • 八代一孝,中村克己,(萩田幹夫),有田和徳
    頭蓋咽頭腫に対するガンマナイフ治療の有効性と問題点,さらにその克服
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳,(有村 洋),(木村 崇)
    先端巨大症術後患者におけるITTとGHRP2負荷試験の反応性の比較

第16回日本脳腫瘍の外科学会(3/31 大阪)

  • 山畑仁志,時村 洋,平原一穂,菅田真生,馬見塚勝郎,(江口国輝),有田和徳
    脳動脈瘤手術におけるシルビウス裂開放部位についての検討

第85回日本内分泌学会学術総会(4/19-20 名古屋)

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,有田和徳,(有村 洋),(富永 篤),(木下康之)
    機能性下垂体腺腫に対する経蝶形骨洞手術の安全性
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,有田和徳,(有村 洋)
    先端巨大症術後患者におけるITTとGHRP2負荷試験の反応性の比較

第37回日本脳卒中学会総会(4/26-28 福岡)

  • 時村 洋,比嘉那優大,菅田真生,山畑仁志,平原一穂,上津原甲一,高崎孝二,厚地政幸,
    有田和徳
    末梢大脳動脈瘤の解剖学的特徴に関する考察

第7回日独合同脳神経外科会議(4/27 Leipzig)

  • Tokimura H, Sugata S, Yamahata H, Hirahara K, Uetsuhara K, Takasaki K, Atuji M, Arita K.
    Hemodynamic stress on the development of distal intracranial aneurysms
  • Tokimura H, Sugata S, Yamahata H, Hanaya R, Hirano H,Arita K.
    Intraoperative continuous monitoring of facial motor evoked potentials in acoustic neuroma surgery

第41回日本脳卒中の外科学会(4/28 福岡)

  • 菅田真生,時村 洋,永山哲也,比嘉那優大,田實謙一郎,西牟田洋介,山畑仁志,高崎孝二,
    平原一穂,有田和徳
    後頭蓋末梢部脳動脈瘤に対する塞栓術の有効性と問題点

第6回日本エピジェネティクス研究会年会(5/14-15 東京)

  • 坂元顕久,(日野信次朗),(長岡克弥),(阿南浩太郎),有田和徳,(中尾光善)
    ヒストン脱メチル化酵素LSD1による肝臓のエネルギー代謝制御

第30回日本脳腫瘍病理学会(5/24-26 名古屋)

  • 平野宏文,米澤 大,湯之上俊二,内田裕之,羽生未佳,(義岡孝子),花谷亮典,時村 洋,
    有田和徳
    RGB3原色分析を用いたDAB発色免疫染色評価
  • 米澤 大,内田裕之,久保文克,平野宏文,時村 洋,有田和徳,(北薗育美),(東美智代),
    (清水 健)
    がん性髄膜症で発症し、術前診断に苦慮したrhabdoid papillary meningiomaの一例
  • 米澤 大,東拓一郎,平原正志,平野宏文,時村 洋,(後藤正道),有田和徳
    テント上発生悪性giant cell ependymomaの一例

第21回日本定位放射線治療学会(6/1 前橋)

  • 八代一孝,中村克己,(萩田幹夫),有田和徳
    頭蓋咽頭腫に対するガンマナイフ治療,サイバーナイフ治療,さらに通常照射の併用

第40回日本小児神経外科学会(6/7 岡山)

  • 大吉達樹,米澤 大,(山口 智),藤尾信吾,有田和徳
    脊髄脂肪腫摘出後の脊髄係留に対し、♂解除術直後に膀胱直腸障害が改善した1例

第27回日本脊髄外科学会(6/21-22 浦安)

  • 森 正如,(山口 智),山畑仁志,湯之上俊二,粟 隆志,有田和徳
    胸椎dumbbell型神経鞘腫2例の経験
  • 山畑仁志,森 正如,(山口 智),久保文克,(光原崇文),米澤 大,平野宏文,時村 洋,
    (栗栖 薫),有田和徳
    脊髄腹側に発生したschwannomaの2症例

第12回日本術中画像情報学会 (7/7 筑波)

  • 平野宏文,花谷亮典,内田裕之,菅田真生,湯之上俊二,米澤 大,藤尾信吾,花田朋子,
    久保文克,時村 洋,有田和徳
    術中MRIの有用性,新たな展開(1) グリオーマ手術における手術支援の使用状況と役割

第27回日本脳神経外科国際学会フォーラム (7/27 金沢)

  • Yamahata H, Tokimura H, Tajitsu K, (Eguchi K), Arita K.
    paraumbilical peritoneal incision using the little finger inshunt operations for hydrocephalus: Technical note

第17回脳腫瘍の外科学会(9/7-8 横浜)

  • 平野宏文,ユーリズ・バクティアル,湯之上俊二,花谷亮典,米澤 大,藤尾信吾,菅田真生,
    時村 洋,有田和徳
    Low grade glioma手術のためのneuroimaging
  • 藤尾信吾,羽生未佳,ユーリズ・バクティアル,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    機能性腺腫摘出における、腫瘍被膜外摘出の有効性
  • 花谷亮典,久保文克,米澤 大,ユーリズ・バクティアル,内田裕之,山畑仁志,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    側脳室・第3脳室近傍腫瘍手術における術中MRIの有用性
  • 時村 洋,菅田真生,山畑仁志,田實謙一郎,花谷亮典,平野宏文,有田和徳
    聴神経腫瘍手術における持続facial motor evoked potentialの有用性

第8回アクロメガリーフォーラム(10/6 大阪)

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳,有村 洋,(西尾善彦)
    先端巨大症と睡眠時無呼吸症候群との関連について

第46回日本てんかん学会(10/11 東京)

  • 菅田真生,花谷亮典,細山浩史,米澤 大,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    悪性脳腫瘍に伴う局在関連性てんかんに対する抗てんかん薬の使用状況
  • 細山浩史,花谷亮典,菅田真生,大坪俊昭,藤元登四郎,(飯田幸治),有田和徳
    結節性硬化症を伴う難治性てんかん患児に対する外科治療
  • 花谷亮典,細山浩史,菅田真生,大坪俊昭,藤元登四郎,(飯田幸治),有田和徳
    難治性新皮質てんかんにおける発作間歇期

第71回日本脳神経外科学会学術総会(10/17-19 大阪)

  • 久保文克,山畑仁志,米澤 大,大吉達樹,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    Ganglioneurocytomaの病理像と臨床像:2症例の報告と文献的考察
  • Higa N, Tokimura H, Sugata S, Yamahata H, Hirahara K, Uetsuhara K, Takasaki K, 
    Atsuchi M, Arita K.
    Hemodynamic stress on the development of distal intracranial aneurysms
  • 細山浩史,菅田真生,花谷亮典,米澤 大,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    悪性神経膠腫に伴う局在関連性てんかんに対するレベチラセタム・ラモトリギンの使用経験
  • 時村 洋,菅田真生,山畑仁志,田實謙一郎,花谷亮典,平野宏文,有田和徳
    大型聴神経腫瘍に対する手術戦略
  • 藤尾信吾,湯之上俊二,羽生未佳,ユーリズ・バクティアル,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    下垂体腺腫に存在するSOX2陽性細胞の同定と免疫組織学的解析
  • 平野宏文,湯之上俊二,内田裕之,米澤 大,羽生未佳,菅田真生,藤尾信吾,花田朋子,
    久保文克,花谷亮典,時村 洋,有田和徳
    膠芽腫に対するサイバーナイフ治療の局所再発抑制効果
  • 菅田真生,時村 洋,山畑仁志,永山哲也,高崎孝二,西牟田洋介,平原一穂,川野弘人,
    田實謙一郎,有田和徳
    後大脳動脈末梢部脳動脈瘤に対する治療方針の検討
  • 大吉達樹,藤尾信吾,マノズ・ボハラ,時村 洋,有田和徳
    頭蓋形成術を乳児期に施行した前頭斜頭蓋の頭蓋底の骨発育と斜頭蓋の重症度分類との関係
  • 樫田祐美,藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳,有村 洋,
    (西尾善彦)
    先端巨大症患者における術前後での糸球体濾過量の変化
  • 花谷亮典,大坪俊昭,細山浩史,菅田真生,新里能成,湯之上俊二,中村克己,(飯田幸治),
    藤元登四郎,有田和徳
    てんかん原性領域を超えるFDG-PET低集積部位の評価
  • 田實謙一郎,時村 洋,河野弘人,有田和徳
    脳神経外科手術におけるもの・ポーラーメスの使用経験
  • 米澤 大,湯之上俊二,新里能成,羽生未佳,内田裕之,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    ヒトgliomaにおけるRCAN 1の発現と機能の評価
  • 湯之上俊二,羽生未佳,藤尾信吾,時村 洋,(島津 章),有田和徳,(寺本 明)
    本邦における転移性下垂体腺腫―多施設共同研究―

第47回日本脊髄障害医学会(10/25-26 静岡)

  • 森 正如,(山口 智),山畑仁志,有田和徳
    胸椎dumbbell型神経鞘腫2例の経験

第19回日本神経内視鏡学会(11/2 東京)

  • 平野宏文,藤尾信吾,大吉達樹,米澤 大,湯之上俊二,笠毛友揮,有田和徳
    軟性神経内視鏡手術における出血についての検討
  • 藤尾信吾,笠毛友揮,湯之上俊二,大吉達樹,平野宏文,有田和徳
    脳神経外科手術における神経内視鏡の役割

第42回日本臨床神経生理学会学術大会(11/10 東京)

  • 時村 洋,菅田真生,山畑仁志,有田和徳
    聴神経腫瘍摘出術における持続MEPモニタリング

第28回日本脳神経血管内治療学会(11/15 仙台)

  • 菅田真生,永山哲也,久保文克,(富士川浩祥),時村 洋,有田和徳
    経静脈的塞栓術を施行した蝶形頭頂静脈洞部硬膜動静脈瘻の2例

第30回日本脳腫瘍学会学術集会(11/26 広島)

  • 菅田真生,永山哲也,久保文克,(富士川浩祥),時村 洋,有田和徳
    経静脈的塞栓術を施行した蝶形頭頂静脈洞部硬膜動静脈瘻の2例
  • 平野宏文,羽生未佳,米澤 大,湯之上俊二,内田裕之,(岸田昭世),花谷亮典,時村 洋,
    有田和徳
    膠芽腫におけるWnt5a, Fzd2, Fzd6, Ryk の発現と生存期間への影

【厚生労働省研究班

間脳下垂体機能障害に関する調査研究班(1/6 東京)

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,有田和徳,有村 洋,(木村 崇),(鄭 忠和),
    (富永 篤),(木下康之),(栗栖 薫)
    手術後治癒と判定された成長ホルモン産生腺腫患者における成長ホルモン分泌能と精神・身体機能への影響についての検討

【地方会】

第19回九州山口てんかん外科研究会(2/4 福岡)

  • 菅田真生,花谷亮典,大坪俊昭,細山浩史,有田和徳
    てんかん外科における早期再発例の要因と予後

第110回日本脳神経外科学会九州地方会(2/4 福岡)

  • 米澤 大,花谷亮典,東拓一郎,田中俊一,菅田真生,山畑仁志,時村 洋,有田和徳
    3D-SSP解析を用いた123I-IMP SPECT♂にて病態を評価し得た♂sinking bone flap syndromeの一例
  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳,有村 洋,(鄭 忠和)
    急速に進行し、術後甲状腺クリーゼを起こしたTSH産生下垂体選手の一例

第7回日本てんかん学会九州地方会(6/9 大分)

  • 花谷亮典,大坪俊昭,細山浩史,菅田真生,高田橋篤史,藤元登四郎,有田和徳
    難治性てんかん患児の脳磁図検査におけるチアミラールの影響

第111回日本脳神経外科学会九州支部会(6/23 久留米)

  • 花田朋子,山畑仁志,花谷亮典,(黒野祐一),(永野広海),(北島信一),(平木 翼),有田和徳
    眼球突出で発症した前頭洞平滑筋腫の一例
  • 樫田祐美,菅田真生,時村 洋,田實謙一郎,川野弘人,有田和徳
    後大脳動脈末梢部分血栓化大型動脈瘤に対し母血管閉塞術を施行した一例

第20回九州・山口機能脳神経外科セミナー(8/18-19 福岡)

  • 菅田真生,花谷亮典,花田朋子,平野宏文,時村 洋,(西澤輝彦),有田和徳
    責任血管が上錐体静脈上面をまわりこみ走行した三叉神経痛の2症例

第12回日本内分泌学会九州地方会(8/25 久留米)

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳,(有村 洋),(西尾善彦)
    初回手術で寛解に至らず、当院紹介となった先端巨大症患者に対する治療戦略

第16回日本脳神経血管内治療学会・九州山口地方会(9/22 福岡)

  • 菅田真生,久保文克,田中俊一,樫田祐美,時村 洋,有田和徳
    ダビガトラン内服中に発症した急性期脳梗塞に対しPenumbra systemによる脳動脈再開通療法を選択した1例

第112回九州脳神経外科学会九州支部会(9/29 福岡)

  • 米永理法,細山浩史,町田明理,花谷亮典,菅田真生,平野宏文,時村 洋,有田和徳
    硬膜付着面のない深部シルビウス裂から発生したと考えられるanaplastic meningiomaの一例

第200回日本神経学会九州地方会(12/22 熊本)

  • (梅原藤雄),(池上眞裕美),横山俊一,花田朋子,有田和徳,(吉岡孝子),(田邊 肇)
    もの忘れを主訴とし視索病変を伴ったリンパ性視床下部漏斗下垂体炎

【県内学会】

第61回鹿児島脳神経外科学会(1/28 鹿児島)

  • 菅田真生,時村 洋,(富士川浩祥),有田和徳
    高度石灰化病変によりステント留置が困難であった症候性頸動脈狭窄症の2例

第9回鹿児島ストローク研究会(2/10 鹿児島)

  • 菅田真生,永山哲也,(富士川浩祥),時村 洋,有田和徳
    縦列病変を有する頸動脈狭窄症に対するステント留置術施例の検討

第4回南九州脳神経血管内治療研究会(3/9 鹿児島)

  • 久保文克,菅田真生,時村 洋,有田和徳
    大動脈炎症候群に伴う主幹動脈閉塞病変に対し経皮的血行再建術を行った1例

第6回鹿児島間脳下垂体疾患研究会(6/15 鹿児島)

  • 藤尾信吾,羽生未佳,湯之上俊二,平野宏文,時村 洋,有田和徳,(有村 洋),(西尾善彦)
    初回手術で寛解に至らず、当院紹介となった難治性先端巨大症患者に対する治療戦略

第3回宮崎てんかん懇話会(6/22 宮崎)

  • 大坪俊昭,ユーリズ・バクティアル,有田和徳,花谷亮典,菅田真生,細山浩史,(高田橋篤史),
    中村克巳、藤元登四郎,八代一孝,山崎一朗
    f-MRIが外科戦略に資した部分てんかん患者の症例報告

第37回鹿児島てんかん研究会(7/6 鹿児島)

  • 大坪俊昭,有田和徳,花谷亮典,菅田真生,細山浩史,山崎一朗,中村克巳,八代一孝,(津曲倫子),藤元登四郎
    f-MRIが外科戦略に資した部分てんかん患者の症例報告
  • 花谷亮典,大坪俊昭,細山浩史,菅田真生,(高田橋篤史),藤元登四郎,有田和徳
    小児てんかん外科術前評価における鎮静薬の影響

第11回鹿児島めまい研究会(7/19 鹿児島)

  • 樫田祐美,田中俊一,菅田真生,森 正如,時村 洋,有田和徳
    動揺性めまいにて発症した脊髄腫瘍の一例

【座長】

有田和徳

  • 第6回鹿児島間脳下垂体腫瘍学会疾患研究会(6/15 鹿児島)
  • 第24回日本頭蓋底外科学会(7/12 東京)
  • 第62回鹿児島脳神経外科学会(7/28 鹿児島)
  • 第71回日本脳神経外科学会総会(10/19 大阪)
  • 第7回鹿児島脳腫瘍セミナー(11/15 鹿児島)
  • 医師会生涯教育協力講座「てんかんをめぐる日常診療における諸問題」 (11/17 鹿児島)

【研究費】

  • 平成24年度科学研究費補助金 基盤研究(C)
    代表:有田和徳 110万円
    題目:視床痛モデルマウスの確立と視床痛発症メカニズムの基礎的検討
  • 平成24年度厚生労働省科学研究費補助金
    分担:有田和徳 240万円
    題目:間脳下垂体機能障害に関する調査研究 (大磯班)

主な研究費取得状況

有田和徳
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興会
学術研究助成基金助成金
基盤研究(C)
平成27~29年度
脳卒中後疼痛・情動異常発症メカニズムの検討-「ミクログリア活性化仮説」の評価-(研究代表者)
日本学術振興会
学術研究助成基金助成金
基盤研究(C)
平成24~26年度
視床痛モデルマウスの確立と視床痛発症メカニズムの基礎的検討(研究代表者)
厚生労働科学研究費補助金
疾病・障害対策研究分野
難治性疾患等克服研究
平成26~28年度
間脳下垂体機能障害における診療ガイドライン作成に関する研究
厚生労働科学研究費補助金
疾病・障害対策研究分野
難治性疾患等克服研究
平成23~25年度
間脳下垂体機能障害に関する調査研究
時村洋
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興会
学術研究助成基金助成金
基盤研究(C)
平成24~26年度
ヒトの言語-運動連関のメカニズムの磁気刺激を用いた解明および機能回復への応用
平野宏文
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興会
学術研究助成基金助成金
基盤研究(C)
平成27~29年度
悪性グリオーマの腫瘍内免疫におけるWntの役割解明と治療への応用
日本学術振興会
学術研究助成基金助成金
基盤研究(C)
平成23~25年度
Wnt/Frizzled系主要メッセージ経路探索による新しい抗グリオーマ戦略
花谷亮典
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興会
学術研究助成基金助成金
基盤研究(C)
平成24~26年度
難治性てんかんにおけるSV2Aおよびシナプス小胞放出機構障害の検討
大吉達樹
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興会
学術研究助成基金助成金
基盤研究(C)
平成25~27年度
新規脂肪酸受容体GPR40を介する疼痛抑制メカニズムの研究
内田裕之
事業・種目 / 期間研究
日本学術振興会
学術研究助成基金助成金
基盤研究(C)
平成24~26年度
グリオーマにおけるSHHと遊走能の関係

分野サイト