医歯学研究講義

 2007.12.10から学位論文公開審査に出席し、審査委員(主査)に出席証明書にサインをもらい、学務課 医歯学大学院係へ提出すると医歯学研究講義の
出席回数にカウントされます。
※但し、休学者は除く。
なお、出席証明書は各自ダウンロードし、持参するようお願いいたします。

2017.3.22 更新 

No開催日
時間
論文題目主査申請者
研究分野
開催場所
53 3.27(月)
16:00~
『Abdominal wall regenerative medicine for a large defect using tissue engineering: An experimental study』
(組織工学的手法を用いた巨大腹壁欠損再生の試み)
河野 嘉文
教授
鈴東 昌也
(小児外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
52 3.16(木)
13:00~
『Comparison of the peripheral doses from different IMRT techniques for pediatric head and neck radiation therapy』
(小児頭頸部領域を対象とした異なるIMRT技術による照射野外線量の比較検討)
家入 里志
教授
豊田 雅彦
(疫学・予防医学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
51 3.13(月)
11:30~
『Potential predictors of susceptibility to occupational stress in Japanese novice nurses - A pilot study』
(日本人新入職看護師の職業性ストレス感受性を予測する因子―予備的検討)
嶽﨑 俊郎
教授
沖田 信夫
(衛生学・健康増進医学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
50 3.9(木)
17:30~
『Vascular endothelial growth factor-C induces osteogenic differentiation of human mesenchymal stem cells through the ERK and RUNX2 pathway』
(VEGF-CはERK,RUNX2経路を介してヒト間葉系幹細胞の骨分化を促進する)
松口 徹也
教授
村上 寿理
(口腔顎顔面外科学)
第4セミナー室
(歯学部研究棟4階)
49 3.8(水)
17:00~
『Impact of a 7-day field training on oral health condition in Japan Ground Self-Defense Force personnel』
(陸上自衛隊員の口腔健康状態に及ぼす7日間の野外訓練の影響)
田松  裕一
教授
山下 浩司
(予防歯科学)
第3示説室
(歯学部研究棟9階)
48 2.17(金)
15:00~
『Long-term outcomes of epilepsy surgery in 85 pediatric patients followed for over 10 years - A retrospective survey-』
(小児難治てんかん患者に対する外科治療の長期予後
-10年以上追跡し得た85例の後方視的検討-)
河野  嘉文
教授
細山 浩史
(脳神経外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
47 2.17(金)
10:00~
『Regulation of TPD52 by antitumor microRNA-218 suppresses cancer cell migration and invasion in lung squamous cell carcinoma』
(肺扁平上皮癌において癌抑制型microRNA-218は
TPD52を制御して癌細胞の遊走能、浸潤能を抑制する)
橋口 照人
教授
隈元 朋洋
(呼吸器内科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
46 2.15(水)
17:30~
『Involvement of the phosphoinositide 3-kinase/Akt signaling pathway in bone morphogenetic protein 9-stimulated osteogenic differentiation and stromal cell-derived factor 1 production in human periodontal ligament fibroblasts』
(Bone morphogenetic protein 9刺激によるヒト歯根膜線維芽細胞の骨分化およびSDF-1産生におけるPI3K/Akt経路の関与)
松口 徹也
教授
古江 きらら
(歯周病学)
9階会議室
(医歯学総合研究科棟1)
45 2.15(水)
15:00~
『Regulation of LOXL2 and SERPINH1 by antitumor microRNA-29a in lung cancer with idiopathic pulmonary fibrosis.』
(肺癌合併特発性肺線維症においてLOXL2とSERPINH1は癌抑制型microRNA-29aの制御を受ける)
古川 龍彦
教授
上川路 和人
(呼吸器内科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
44 2.13(月)
13:00~
『Low grade inflammation inhibits VEGF induced HUVECs migration in p53 dependent manner』
(小規模の炎症反応は、VEGFで誘導されるヒト血管内皮細胞の遊走能をp53分子依存性に抑制する)
武田  泰生
教授
Panta Sushil
(血管代謝病態解析学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
43 2.10(金)
14:00~
『Development of a miniature pig animal model to elucidate the effects of acupuncture intervention and living environment on locomotor activity and body temperature』
(代替医療や生活環境の活動量や体温に及ぼす影響を評価するミニブタ動物モデルの開発)
宮田 篤郎
教授
武石 嘉一朗
(衛生学・健康増進医学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
42 2.9(木)
18:00~
『Recombinant Sox enzymes from Paracoccus pantotrophus degrade hydrogen sulfide, a major component of oral malodor』
(Paracoccus pantotrophus由来の組換えSox酵素は
口臭の主成分である硫化水素を分解する)
佐藤 友昭
教授
Atik Ramadhani
(予防歯科学)
第3示説室
(歯学部研究棟9階)
41 2.9(木)
16:00~
『Efficacy of bevacizumab therapy for unresectable malignant glioma: A retrospective analysis』
(切除不能悪性グリオーマにおけるベバシズマブ療法の
有用性:後方視的解析)
夏越 祥次
教授
米澤 大
(脳神経外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
40 2.8(水)
10:00~
『The effects of olanzapine treatment on brain regional glucose metabolism in neuroleptic-naive first-episode schizophrenic patients』
(未治療初発統合失調症患者における脳糖代謝のオランザピン治療効果)
吉浦 敬
教授
吉牟田 泰史
(精神機能病学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
39 1.30(月)
17:00~
『Prevalence and association of visual functional deficits with lesion characteristics and functional neurological deficits in patients with stroke.』
(脳卒中患者における視機能障害の発生率と病巣特性、
機能的な神経障害との関係)
髙嶋 博
教授
丹羽 さよ子
(リハビリテーション医学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
38 1.26(木)
15:00~
『Low concentrations of human neutrophil peptide
ameliorate experimental murine colitis』
(低濃度のHuman Neutrophil Peptideはマウス実験腸炎を軽減する)
橋口 照人
教授
前田 拓郎
(消化器疾患・生活習慣病学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
37 1.24(火)
17:00~
『Uric Acid Level and Prevalence of Atrial Fibrillation in a Japanese General population of 285,882』
(日本人一般住民285,882名における尿酸値と心房細動有病率に関する検討)
西尾 善彦
教授
川添 晋
(心臓血管・高血圧内科学)
カンファレンスルーム
(医系基礎棟2階)
36 1.24(火)
15:00~
『The protective and anti-inflammatory effects of
glucagon-like peptide-2 in an experimental rat model of necrotizing enterocolitis.』
(新生児壊死性腸炎ラットモデルに対するグルカゴンーライク ペプチド2を用いた予防・抗炎症効果)
河野 嘉文
教授
中目 和彦
(小児外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
35 1.23(月)
16:00~
『Novel technologies to directly eliminating tumorigenic cells in pluripotent stem cells.』
(多能性幹細胞における腫瘍化細胞を直接除去する新技術の開発)
宮田 篤郎
教授
井手 佳菜子
(遺伝子治療・再生医学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
34 1.19(木)
14:00~
『Pancreatic neuroendocrine tumors : Correlation between the contrast-enhanced computed tomography features and the pathological tumor grade.』
(膵神経内分泌腫瘍の病理組織学的特徴と造影CT所見に関する研究)
夏越 祥次
教授
内匠 浩二
(放射線診断治療学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
33 1.18(水)
15:00~
『CD133 Modulate HIF-1α Expression under Hypoxia in EMT Phenotype Pancreatic Cancer Stem-Like Cells』
(低酸素環境下におけるEMT形質を有する膵癌幹細胞様性質を持つ細胞においてCD133はHIF-1αの発現に関与する)
佐藤 雅美
教授
前田 光喜
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
32 1.13(金)
16:00~
『An inhaled phosphodiesterase 4 inhibitor E6005 suppresses pulmonary inflammation in mice』
(吸入Phosphodiesterase 4阻害薬E6005はマウス肺の炎症を抑制する)
橋口  照人
教授
久保田 真吾
(呼吸器内科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
31 1.11(水)
9:00~
『Phenotypic abnormalities in a chorea-acanthocytosis mouse model are modulated by strain background』
(有棘赤血球舞踏病モデルマウスの症状修飾因子解析)
乾 明夫
教授
﨑元 仁志
(精神機能病学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
30 1.10(火)
16:00~
『A case-control study on waterpipe tobacco smoking and gastric cancer risk in Vietnam』
(ベトナムにおける水タバコと胃がんリスクに関する症例対照研究)
嶽﨑 俊郎
教授
Lai Thi Minh Hang
(疫学・予防医学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
29 12.26(月)
17:00~
『Tumour-suppressive miRNA-26a-5p and miR-26b-5p inhibit cell aggressiveness by regulating PLOD2 in bladder cancer』
(膀胱癌において癌抑制型miRNA-26a-5pとmiRNA-26b-5pは、PLOD2を制御し癌細胞の活動性を抑制する)
古川 龍彦
教授
宮元 一隆
(泌尿器科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
28 12.26(月)
16:00~
『Dual tumor-suppressors miR-139-5p and miR-139-3p targeting matrix metalloprotease 11 in bladder cancer』
(膀胱癌において癌抑制型miR-139-5p、miR-139-3pは
共にmatrix metalloprotease 11を標的とする)
小澤 政之
教授
米森 雅也
(泌尿器科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
27 12.21(水)
11:00~
『Chorein interacts with α-tubulin and histone deacetylase 6,and overexpression preserves cell viability during nutrient deprivation in human embryonic kidney 293 cells』
(Choreinはα-tubulinやHDAC6と相互作用し、choreinの過剰発現はHEK293細胞において飢餓状態下の細胞生存率を上昇させる)
武田 泰生
教授
佐々木 なつき (精神機能病学) 大学院講義室
(医系基礎棟2階)
26 12.15(木)
17:00~
『Antibacterial effect of glycyrrhetinic acid and its derivatives on Staphylococcus aureus』
(グリチルレチン酸並びにその誘導物質の黄色ブドウ球菌に対する抗菌活性の検討)
於保 孝彦
教授
大山 健太郎
(口腔顎顔面外科学)
第3示説室
(歯学部研究棟9階)
25 12.8(木)
17:00~
『Vagal afferent activation induces salivation and swallowing-like events in anesthetized rats』
(迷走神経の活性化は、麻酔下のラットにおいて唾液分泌と嚥下様運動を促進する)
山﨑 要一
教授
菅 真有
(歯科矯正学)
第4セミナー室
(歯学部研究棟4階)
24 12.5(月)
10:00~
『Validity of a Novel Method for Estimation of Low-Density Lipoprotein Cholesterol Levels in Diabetic Patients』
(糖尿病患者におけるLDLコレステロールの新規算出法の臨床的有用性)
橋口 照人
教授
茶圓 秀人
(心臓血管・高血圧内科学)
カンファレンスルーム
(医系基礎棟2階)
23 11.21(月)
15:00~
『Validation of a COPD screening questionnaire and establishment of diagnostic cut-points in a Japanese general population: the Hisayama study.』
(一般住民におけるCOPD質問票の妥当性の検証とカットポイントの設定:久山研究)
※10/19開催場所が変更になりました。
堀内 正久
教授
佃屋 剛
(呼吸器内科学)
カンファレンスルーム
(医系基礎棟2階)
22 11.10(木)
16:00~
『Snail1 expression in human colon cancer DLD-1 cells confers invasive properties without N-cadherin expression.』
(ヒト大腸癌細胞DLD-1におけるSnail1強制発現は,
N-cadherinの発現上昇なく浸潤能を増強させる)
古川 龍彦
教授
田中 荘子
(口腔顎顔面外科学)
第3示説室
(歯学部研究棟9階)
21 10.31(月)
16:00~
『Predictive validity of the Japanese version of Postpartum Depression Predictors Inventory-Revised (PDPI-R) during pregnancy and the postpartum period』
(Postpartum Depression Predictors Inventory-Revised (PDPI-R) 日本語版による産後うつ病発生の予測に関する検討)
乾  明夫
教授
若松 美貴代
(生殖病態生理学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
20 10.24(月)
11:00~
『Interactions between Inflammatory Gene Polymorphisms and HTLV-I Infection for Total Death, Incidence of Cancer, and Atherosclerosis-Related Diseases among the Japanese Population』
(日本人集団における総死亡、がん及び動脈硬化関連疾患罹患リスクに対する炎症性遺伝子多型とHTLV-I感染の相互作用に関する研究)
堀内 正久
教授
タラ セファニャ カイルパン
(国際離島医療学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
19 10.11(火)
17:00~
『Rosmarinic Acid Ameliorates Hyperglycemia and Insulin Sensitivity in Diabetic Rats, Potentially by Modulating the Expression of PEPCK and GLUT4』
(ロスマリン酸はPEPCKおよびGLUT4の発現を調節することによって、糖尿病モデルラットにおける高血糖およびインスリン感受性を改善する)
西尾 善彦
教授
ジョシュア ルントゥウェネ
(心身内科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
18 8.25(木)
13:00~
『Wider Retinal Artery Trajectories in Eyes with Macular Hole Than in Fellow Eyes of Patients with Unilateral Idiopathic Macular Hole.』
(片眼性の特発性黄斑円孔において、僚眼よりも黄斑円孔眼で網膜動脈の湾曲度は広い)
中川 昌之
教授
芳原 直也
(眼科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
17 8.23(火)
16:00~
『miR-30 family promotes migratory and invasive abilities in CD133+ pancreatic cancer stem-like cells.』
(CD133+膵癌幹細胞様細胞においてmiR-30 familyは
遊走と浸潤を促進する)
小戝 健一郎
教授
政 幸一郎
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
16 8.18(木)
10:00~
『Evaluation of a Proton Pump Inhibitor for Sleep Bruxism: A Randomized Clinical Trial』
(睡眠時ブラキシズムに対するプロトンポンプ阻害剤の
効果 ―ランダム化臨床試験―)
山﨑 要一
教授
橋本 恭子
(歯科矯正学)
第3示説室
 (歯学部研究棟9階)
15 8.8(月)
17:00~
『Newly identified poor prognostic factors for adult T-cell leukemia-lymphoma treated with allogeneic hematopoietic stem cell transplantation』
(成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)に対する同種造血幹細胞移植において新たに見出された予後不良因子)
石塚 賢治
教授
徳永 雅仁
(消化器疾患・生活習慣病学)
カンファレンスルーム
(医系基礎棟2階)
14 7.25(月)
17:00~
『Positive Association of Plasma Homocysteine Levels with Cardio-Ankle Vascular Index in a Prospective Study of Japanese Men from the General Population』
(日本人一般集団の前向き研究において、血漿ホモシステインはcardio-ankle vascular indexと男性で正の関連を示した)
堀内 正久
教授
マンチョロ エバ マリア 
(国際離島医療学)
カンファレンスルーム
(医系基礎棟2階)
13 7.12(火)
15:00~
『Mutations in MME Cause an Autosomal-Recessive Charcot–Marie–Tooth Disease Type 2.』
(MME遺伝子変異は常染色体劣性遺伝型シャルコー・マリー・トゥース病タイプ2の原因である)
武田 泰生
教授
樋口 雄二郎
(神経内科・老年病学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
12 6.30(木)
13:30~
『Incidence and Outcome of Non-cardiac Surgical Procedures After Coronary Artery Bypass Grafting Compared With Those After Percutaneous Coronary Intervention And Influence of Initial Acute Myocardial Infarction Presentation on the Outcome of Surgical Procedures after Coronary Artery Bypass Grafting: CREDO-Kyoto PCI/CABG registry cohort-2』
(CREDO-Kyoto PCI/CABG Registry Cohort-2における経皮的冠動脈形成術後と冠動脈バイパス術(CABG)後の非心臓手術の発生と転帰、初期急性心筋梗塞(AMI)発症でCABGを行った患者の外科手術後の転帰に対するAMIの影響)
垣花 泰之
教授
徳重 明央
(心臓血管・高血圧内科学)
カンファレンスルーム
(医系基礎棟2階)
11 6.28(火)
17:00~
『Investigation of the clinical significance of the growth
hormone-releasing peptide-2 test for the diagnosis of
secondary adrenal failure』
(Growth hormone releasing peptide (GHRP-2)負荷試験の視床下部障害の診断に対する臨床的有用性の検討)
乾 明夫
教授
有村 洋
(糖尿病内分泌内科学)
504講義室
(共通教育棟5階)
10 6.28(火)
15:00~
『Serum B cell-activating factor (BAFF) level in connective tissue disease associated interstitial lung disease.』
(膠原病関連間質性肺炎における血清BAFF値の検討)
井戸 章雄
教授
濵田 努
(呼吸器内科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
9 6.14(火)
16:00~
『A Switch In The Dynamics Of Intra-platelet VEGF-A From Cancer To The Later Phase of Liver Regeneration After Partial Hepatectomy in Humans』
(肝細胞癌に対する肝部分切除後の再生過程における血小板VEGF-Aの役割の2面性)
井戸 章雄
教授
アリアル ビベック
(心臓血管・消化器外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
8 6.8(水)
17:00~
『Rapid intraoperative visualization of breast lesions with γ-glutamyl hydroxymethyl rhodamine green』
(gGlu-HMRGを用いた、術中における乳腺腫瘍の可視化に関する研究)
※5/17開催時間・場所が変更になりました。
橋口 照人
教授
新田 吉陽
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
502講義室
(共通教育棟5階)
7 6.6(月)
13:45~
『HMGB1 is secreted by 3T3-L1 adipocytes through JNK signaling and the secretion is partially inhibited by adiponectin』
(HMGB1は3T3-L1脂肪細胞からJNKを介して分泌され、その分泌はアディポネクチンにより抑制される)
西尾 善彦
教授
清水 利昭
(血管代謝病態解析学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
6 5.31(火)
17:00~
『Preliminary analysis of the three-dimensional morphology of the upper lip configuration at the completion of facial expressions in healthy Japanese young adults and patients with cleft lip』
(日本人若年健常者ならびに口唇裂患者における表情形成時の上唇形態の3次元形態に関する予備的分析)
杉浦 剛
教授
松本 幸三
(口腔顎顔面外科学)
第3示説室
(歯学部研究棟9階)
5 5.23(月)
14:00~
『Senescence of chondrocytes in aging articular cartilage: GADD45β mediates p21 expression in association with C/EBPβ in senescence-accelerated mice』
(加齢関節軟骨における軟骨細胞老化の研究-老化促進マウスにおいてGADD45βはC/EPPβと協調してp21発現を調節する-)
谷本 昭英
教授
嶋田 博文
(整形外科学)
カンファレンスルーム
(医系基礎棟2階)
4 5.6(金)
13:00~
『Outcome of infants with hypoxic ischemic encephalopathy treated with brain hypothermia』
(脳低温療法を施行した分娩時低酸素性虚血性脳症の新生児の予後に関する検討)
河野 嘉文
教授
徳久 琢也
(生殖病態生理学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
3 4.21(木)
11:00~
『Involvement of PACAP-PAC1 receptor signaling system in spinal pain transmission』
(脊髄疼痛伝達におけるPACAP-PAC1 受容体シグナル伝達系の関与)
武田 泰生
教授
用皆 正文
(生体情報薬理学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
2 4.20(水)
16:00~
『ATP7B expression confers multidrug resistance through drug sequestration.』
(ATP7Bの発現は薬剤の小胞への隔離を介して抗がん剤多剤耐性をもたらす)
夏越 祥次
教授
F.M.Moinuddin
(脳神経外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)
1 4.20(水)
13:30~
 『Survivin-responsive conditionally replicating adenovirus kills rhabdomyosarcoma stem cells more efficiently than their progeny』
(サバイビン依存性増殖型アデノウイルスは横紋筋肉腫幹細胞を子孫肉腫細胞より効果的に殺傷する)
橋口 照人
教授
 田上 聖徳
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
大学院講義室
(医系基礎棟2階)

 

 

新ニーズに対応する九州がんプロ養成プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内