FIELD

Research outline

講座イメージ画像

Graduate School Graduate School of Medical and Dental Sciences
Course Advanced Therapeutics Course
Field Clinical Oncology (Project course)
Department Clinical Oncology
Department http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~r-syuyo/index.html

Homepage

Contact

TEL.+81-99-275-6871 / FAX.+81-99-264-5282

Research interests

  • Education and Training of the Medical Oncologist
  • Human Resource Development for the Standardization of care in rural areas and isolated islands

Staff

上野真一 Shinichi UENO

Professor
Name Shinichi UENO
Specialized field Digestive System Tumor
Research interests
  • 難治癌の新規集学的治療開発
  • 地域がん医療ネットワークの展開

Researche Repository


鈴木紳介 Shinsuke SUZUKI

Professor
Name Shinsuke SUZUKI
Specialized field Hematopoietic Organ Tumor
Research interests 発がんウィルスであるHTLV-1を標的にした遺伝子組み替えウィルス療法

Researche Repository

Research results

講座研究紹介

  • Education and Training of the Medical Oncologist:全世界的に求められているがん専門医教育は、“全人的医療”、すなわち、がん治療の全相の標準的な医療内容の説明責任や適正医療を成しうる人材の育成です。これらの習得を如何に行うかを、九州大学・長崎大学とともにカリキュラム作成からその教育方法に関して検討しています。
  • Human Resource Development for the Standardization of care in rural areas and isolated islands:現在、がん患者の全人的医療のためには、診断・治療・緩和に関わる医師のみではなく、精神科や皮膚科医師、在宅医、歯科医師、化学療法や緩和を専門とする薬剤師・看護師、栄養士、理学・作業療法士、MSWなどの多職種の連携が重要です。また。鹿児島県の場合、へき地・離島においては、そのような人材の限られた中でがんチーム医療を推進する必要があります。さらに、座学的教育としてe-learningの導入も必要になります。全国がんプロや九州がんプロの中で、がんチーム医療のリーダー育成に必要なカリキュラムとe-learningのコンテンツ作成等に参加しています。
  • 消化器癌の悪性化機序を促進する炎症性因子の同定と制御:ヒト肝癌を中心に、消化器癌の悪性化に関するがん微小環境ならびにそこに存在する細胞(マクロファージ等)の働きについて研究しています。
  • 成人T細胞白血病(adult T-cell leukemia:ATL)の幹細胞を標的にした新しい抗ウィルス療法:C型肝炎ウィルスと肝臓がんに代表されるように、慢性感染症は、日本では最大の癌リスク要因となっています。ヒトT細胞白血病ウィルスI型(Human T cell leukemia virus type I:HTLV-1)はATLの原因ウィルスです。我々は幹細胞を含むすべてのATL細胞で転写されているウィルス遺伝子を標的にして、新しい抗ウィルス療法の開発に取り組んでいます。

Collaborations

共同研究中の分野

消化器・乳腺甲状腺外科学分野、血液・免疫疾患研究分野、血液代謝病態解析学分野、遺伝子治療・再生医学分野、医療システム

Research Grant List

Shinichi UENO
研究名・財団名など / 期間 文科省科研費 基盤研究(C) / (H24,25年度2,800千円、研究代表者)
詳細 消化器癌の悪性化機序を促進する炎症性因子の同定と制御に関する基礎的・臨床的研究
課題番号23591992
研究名・財団名など / 期間 文科省科研費 挑戦的萌芽研究 / (H24年度2,000千円、研究分担者) 
詳細 N型糖鎖を用いた臓器特異的癌腫瘍マーカーの開発
課題番号23659657
研究名・財団名など / 期間 文科省科研費 挑戦的萌芽研究 / (H25,26年度3,640千円、研究分担者) 
詳細 N型糖鎖を用いた臓器特異的癌腫瘍マーカーの開発
課題番号24659618
研究名・財団名など / 期間 文科省科研費 基盤研究(C) / (H24年度1,000千円、研究分担者)
詳細 消化器癌のリンパ行性転移を促進する腫瘍微小環境解明とその制御
課題番号22591526
研究名・財団名など / 期間 文科省平成26年度橋渡し研究加速ネットワークプログラム シーズC /(2014年度80,000千円、研究分担者)
詳細 独自開発の増殖制御型ウイルス医薬の難治癌への医師主導治験
研究名・財団名など / 期間 鹿児島県がん医療地域連携推進事業 がん診療連携クリティカルパス(平成25~27年度34,000千円、事業代表者)
詳細 「私の手帳」委託事業
研究名・財団名など / 期間 文科省科研費 基盤研究(C) / (H27年度~H30年度 4,810千円 研究分担者)
詳細 難治癌の新規集学的治療開発:遺伝子治療応答性への癌微小環境・悪液質の関わりと制御
課題番号15k10031
Shinsuke SUZUKI
研究名・財団名など / 期間 文科省科研費 基盤研究(C) /(H27~H30年度 研究代表者)
詳細 消化器癌の悪性化機序を促進する炎症性因子の同定と制御に関する基礎的・臨床的研究
課題番号23591992
研究名・財団名など / 期間 文科省科研費 基盤研究(C) /(H27~H30年度 研究代表者)
詳細 発がんウィルスであるHTLV-1を標的にした遺伝子組み替えウィルス療法
課題番号15k06911
研究名・財団名など / 期間 文科省科研費 基盤研究(C) /(H24,25年度2,860千円、研究代表者)
詳細 成人T細胞白血病幹細胞の遺伝子治療
課題番号23591319
研究名・財団名など / 期間 文科省科研費 基盤研究(C) /(H24,25年度1,300千円、研究分担者)
詳細 白血病幹細胞を標的とした成人T細胞白血病の新規化学療法の開発
課題番号22501049

Homepage