FIELD

Research outline

皮膚科学講座スタッフ

Graduate School Graduate School of Medical and Dental Sciences
Course Advanced Therapeutics Course
Field Sensory Organology
Department Dermatology
Homepage http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~derma/

Homepage

Contact

TEL.+81-99-275-5388 / FAX.+81-99-275-1134

Research interests

  • Research on management of ATL and CTCL
  • Research on granulocyte and monocyte adsorption apheresis for neutrophilic dermatoses
  • Research on management of atopic dermatitis
  • Research on sensitivity factor of HDAC inhibitor for treatment of CTCL
  • Research on CD147/Basigin and malignant tumor
  • Research on the immunesystem mediated by intraepidermal γδT cells
  • Research on psoriasis in association with metabolilic syndrome
  • Research on oxidative stress in cutaneous SCC
  • Research on lysosomal storage disease: pathogenesis and development of gene therapy

Staff

staff dummy

Professor
Name Takuro KANEKURA
Specialized field Dermatology
Research interests
  • 好中球性皮膚疾患に対する新規治療法の確立
  • molecular and cellular biology of the skin

Researche Repository


staff dummy

Assistant Professor
Name Rie NISHIBABA
Specialized field Dermatology
Research interests Research on management of atopic dermatitis

Researche Repository


staff dummy

Assistant Professor
Name Mitsuyoshi SHIMOKAWA
Specialized field Dermatology
Research interests  

Researche Repository

Research results

Takuro KANEKURA
  • Research on granulocyte and monocyte adsorption apheresis for neutrophilic dermatoses
    当分野では世界に先駆けて難治性皮膚疾患の治療に顆粒球・単球吸着除去療法を導入し目覚ましい成果を上げ報告してきました。2012年には難病に指定されている膿疱性乾癬に対する保険適応が承認され、現在も適応症の拡大を目指して全国多施設共同試験を主導しています。奏効機序についても基礎医学的に解明を進めています。
  • D147/Basiginと皮膚悪性腫瘍に関する研究
    CD147/basiginは悪性黒色腫細胞においてモノカルボン酸トランスポーターの発現調節を介して解糖系代謝経路を制御し癌の増殖と浸潤を制御していること、focal adhesion kinaseのリン酸化を介して黒色腫細胞と基質の接着さらには局所浸潤を制御していること、および薬剤多剤耐性に関与していることを明らかにし、CD147/basiginを介した悪性黒色腫細胞の分子治療の可能性を示しました。

藤井一恭
  • Research on sensitivity factor of HDAC inhibitor for treatment of CTCL
    皮膚T細胞リンパ腫の新規分子標的薬としてhistone deacetylase (HDAC) 阻害剤が注目されています。当分野ではプロテオームの手法を用いてHDAC阻害剤の感受性を増強する分子を同定しました。HDAC阻害剤を利用した皮膚T細胞リンパ腫の新たな治療法の開発につながる成果です。

指宿敦子
  • Research on the immunesystem mediated by intraepidermal γδT cells
    皮膚に常在するγδT細胞が表皮ケラチノサイトと相互作用し、創傷治癒、腫瘍監視、免疫制御において重要な役割を担っていることを明らかにしました。

Rie NISHIBABA
  • Research on management of atopic dermatitis
    アトピー性皮膚炎は皮膚の病気ですが、環境、栄養、心理的側面等多くの因子が絡んでいて治療に難渋する例が少なくありません。そのような症例を対象に病気と治療について理解を深めていたいただくことを目的として教育入院プログラムを提供しています。このプログラムで得られたデータを基に適切な治療管理方法の確立を目指します。

Patents and copy Rights

titleinventor / application number / application date
シクロオキシゲナーゼ.2選択的阻害剤 Takuro KANEKURA
2005-308686
2005年10月24日
加水分解フィブロインを含む軟膏及びその製造法 Takuro KANEKURA
2014-121441
2014年6月12日

Collaborations

  1. 口腔生化学分野:肝細胞増殖因子が表皮ケラチノサイトに及ぼす効果に関する研究
  2. 中南大学第一湘雅医院(中国長沙市):CD147/Basigin と皮膚癌および乾癬に関する研究
  3. 中南大学第二湘雅医院:膠原病特に強皮症とSLEの発症に係るエピジェネティクスに関する研究
  4. 明治薬科大学分析科学教室:Research on lysosomal storage disease: pathogenesis and development of gene therapy
  5. 東京農工大学:シルクフィブロインと創傷治癒に関する研究
  6. 国立長寿医療センター口腔疾患研究所:グルコース含有軟膏の皮膚の炎症と創傷に及ぼす効果に関する研究

For production study

Takuro KANEKURA
  1. 株式会社アーダン:シルク含有外用剤の創傷治癒に対する効果に関する研究
  2. 株式会社カクイ:卵殻膜タンパク含有創傷被覆材の開発
  3. 株式会社JIMRO:顆粒球・単球吸着除去療法に関する基礎的、臨床的研究

Research Grant List

Takuro KANEKURA
Project・Event / SpanResearch
日本学術振興会
基盤研究(C)代表
2013年4月~2016年3月
腫瘍細胞の生存調節因子としての CD147/basigin の機能解析
日本学術振興会
基盤研究(B)分担
2013年4月~2017年3月
中国東北地方の悪性腫瘍と関連疾患の発症要因の学術調査
河井一浩
Project・Event / SpanResearch
日本学術振興会
基盤研究(C)代表
2015年4月~2018年3月
皮膚におけるIL-13産生T細胞の分化機構

Homepage