在学生の方|博士課程

医歯学奨励賞

受賞者一覧

最終更新29.9.7

No受賞年月日受賞者研究分野論文題目要旨
107 平成29年
9月6日
田辺 寛
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
Filamin C promotes lymphatic invasion and lymphatic metastasis and increases cell motility by regulating Rho GTPase in esophageal squamous cell carcinoma
(食道扁平上皮癌においてFilaminCはRho GTPaseを調節して細胞運動を増加させリンパ管侵襲とリンパ節転移を促進させる。)
pdf 
106 平成29年
9月6日
貴島 孝
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
Combined Fibrinogen and Neutrophil-Lymphocyte Ratio as a Prognostic Marker of Advanced Esophageal Squamous Cell Carcinoma
(進行食道扁平上皮癌において、FibrinogenとNeutrophil-Lymphocyte Ratioを組み合わせたF-NLR scoreは予後予測のマーカーとなる)
pdf
105 平成29年
4月5日
村上 寿理
(口腔顎顔面外科学)
Vascular Endothelial Growth Factor-C induces Osteogenic Differentiation of Human Mesenchymal Stem Cells through the ERK and RUNX2 Pathway
(VEGF-CはERK,RUNX2経路を介してヒト間葉系幹細胞の骨分化を促進する)
pdf
104 平成29年
3月1日
スシル パンタ
(血管代謝病態解析学)
Low grade inflammation inhibits VEGF induced HUVECs migration in p53 dependent manner
(小規模の炎症反応は、VEGFで誘導されるヒト血管内皮細胞の遊走能をp53分子依存性に抑制する)
pdf
103 平成29年
3月1日
古江 きらら
(歯周病学)
Involvement of PI3K/Akt signaling pathway in BMP9-stimulated osteogenic differentiation and SDF-1 production in human periodontal ligament fibroblasts
(Bone morphogenetic protein 9刺激によるヒト歯根膜線維芽細胞の骨分化およびSDF-1産生におけるPI3K/Akt経路の関与)
pdf
102 平成29年
3月1日
川添 晋
(心臓血管・高血圧内科学)
Uric Acid Level and Prevalence of Atrial Fibrillation in a Japanese General Population of 285,882
(日本人一般住民285,882名における尿酸値と心房細動有病率に関する検討)
pdf
101 平成29年
3月1日
井手 佳菜子
(遺伝子治療・再生医学)
Novel technologies to directly eliminating tumorigenic cells in pluripotent stem cells
(多能性幹細胞における腫瘍化細胞を直接除去する新技術の開発)
pdf
100 平成29年
3月1日
宮元 一隆
(泌尿器科学)
Tumour-suppressive miRNA-26a-5p and miR-26b-5p inhibit cell aggressiveness by regulating PLOD2 in bladder cancer
(膀胱癌において癌抑制型miRNA-26a-5pとmiRNA-26b-5pは、PLOD2を制御し癌細胞の活動性を抑制する)
pdf
99 平成29年
3月1日
米森 雅也
(泌尿器科学)
Dual tumor-suppressors miR-139-5p and miR-139-3p targeting matrix metalloprotease 11 in bladder cancer
(膀胱癌において癌抑制型miR-139-5p、miR-139-3pは共にmatrix metalloprotease 11を標的とする)
pdf
98 平成28年
10月5日
芳原 直也
(眼科学)
Wider Retinal Artery Trajectories in Eyes with Macular Hole Than in Fellow Eyes of Patients with Unilateral Idiopathic Macular Hole.
(片眼性の特発性黄斑円孔において、僚眼よりも黄斑円孔眼で網膜動脈の湾曲度は広い)
pdf
97 平成28年
9月7日
新田 吉陽
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
Rapid intraoperative visualization of breast lesions with γ-glutamyl hydroxymethyl rhodamine green
(gGlu-HMRGを用いた、術中における乳腺腫瘍の可視化に関する研究)
pdf
96 平成28年
7月6日
F.M.Moinuddin
(脳神経外科学)
ATP7B expression confers multidrug resistance through drug sequestration.
(ATP7Bの発現は薬剤の小胞への隔離を介して抗がん剤多剤耐性をもたらす)
pdf
95 平成28年
4月6日
塚原 飛央
(歯科応用薬理学)
Repeated stress-induced expression pattern alterations of the hippocampal chloride transporters KCC2 and NKCC1 associated with behavioral abnormalities in female mice
(反復ストレスは雌性マウスの海馬の Cl- トランスポーター、KCC2 と NKCC1 の発現パターンを変化させ、行動異常を伴う)
pdf
94 平成28年
3月2日
渕上 佐和子
(歯周病学)
Recombinant human bone morphogenetic protein-9 potently induces osteogenic differentiation of human periodontal ligament fibroblasts
(Bone morphogenetic protein-9によるヒト歯根膜由来線維芽細胞の骨芽細胞様分化)
pdf
93 平成28年
3月2日
篠原 敬哉
(歯周病学)
Bone healing capabilities of recombinant human bone morphogenetic protein-9 (rhBMP-9) with a chitosan or collagen carrier in rat calvarial defects.
(ラット頭蓋骨欠損におけるrecombinant human bone morphogenetic protein-9 (rhBMP-9)とキトサンもしくはコラーゲン担体を用いた骨治癒能)
pdf
92 平成28年
3月2日
俣木 浩子
(呼吸器内科学)
Tumor-suppressive microRNA-206 as a dual inhibitor of MET and EGFR oncogenic signaling in lung squamous cell carcinoma.
(腫瘍抑制性microRNA-206は肺扁平上皮癌においてMET、EGFRによる腫瘍促進性シグナルを抑制する)
pdf
91 平成28年
3月2日
森園 健
(小児歯科学)
Simultaneous evaluation of three-dimensional lip kinetics and tongue pressure during swallowing
(嚥下時における口唇の三次元動態と舌圧の同時評価に関する研究)
pdf
90 平成28年
2月3日
松下 良介
(泌尿器科学)
Tumour-suppressive microRNA-144-5p directly targets CCNE1/2 as potential prognostic markers in bladder cancer.
(膀胱癌において癌抑制型microRNA-144-5pは、予後マーカーとなるCyclin E1/E2を直接的に制御する)
pdf
89 平成27年
9月2日
手塚 征宏
(口腔顎顔面外科学)
Perceptual and videofluoroscopic analyses of relation between backed articulation and velopharyngeal closure following cleft palate repair
(口蓋裂術後の口蓋化構音の構音動態と鼻咽腔閉鎖機能に関する聴覚的およびX線ビデオによる解析)
pdf
88 平成27年
9月2日
浦田 正和
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
Computed tomography Hounsfield units can predict breast cancer metastasis to axillary lymph nodes
(CT-HU値を用いた乳癌の腋窩リンパ節転移診断)
pdf
87 平成27年
4月1日
渕上 貴央
(口腔顎顔面外科学)
Regulation of IL-6 and IL-8 production by reciprocal cell-to-cell interactions between tumor cells and stromal fibroblasts through IL-1α in ameloblastoma.
(エナメル上皮腫におけるIL-1αを介した腫瘍細胞と間質線維芽細胞の相互作用によるIL-6およびIL-8産生制御)
pdf
86 平成27年
3月4日
村上 大輔
(小児歯科学)
Morphological differences of facial soft tissue contours from child to adult of Japanese males: a three-dimensional cross-sectional study
(日本人男児と成人男性における顔面軟組織の三次元的形態差に関する研究)
pdf
85 平成27年
2月4日
米満 亨
(侵襲制御学)
TRPA1 detects environmental chemicals and induces avoidance behavior and arousal from sleep
(TRPA1は環境化学物質を検知し忌避行動を誘発し、睡眠から覚醒させる)
pdf
84 平成26年
12月3日
羽生 未佳
(脳神経外科学)
Ryk is essential for Wnt-5a-dependent invasiveness in human glioma
(RykはヒトグリオーマでのWnt-5a依存性の細胞浸潤に必須の受容体である)
pdf
83 平成26年
10月1日
川野 浩輝
(眼科学)
Toxic effects of extracellular histones and their neutralization by vitreous in retinal detachment
(網膜剥離における細胞外ヒストン毒性と硝子体による中和作用)
pdf
82 平成26年
8月6日
チブエゼチオマエジンネ
(血液免疫疾患研究)
HTLV-1 Specific CD8+ T Cell Function Augmented by Blockade of 2B4/CD48 Interaction in HTLV-1 Infection
(HTLV-1 感染における2B4/CD48阻害によるHTLV-1 特異的CD8+ T 細胞機能の増幅)
pdf
81 平成26年
4月2日
指宿 敦子
(皮膚科学)
NKG2D Triggers Cytotoxicity in Murine Epidermal γδT Cells via PI3K-Dependent, Syk/ZAP70-Independent Signaling Pathway
(マウス表皮内γδT細胞においてNKG2DはPI3K依存性、Syk/ZAP70非依存性シグナル伝達経路を介して細胞傷害活性を誘導する)
pdf
80 平成26年
4月2日
橋口 真征
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
Clinical implication of ZEB-1 and E-cadherin expression in hepatocellular carcinoma (HCC)
(肝細胞癌におけるZEB-1とE-cadherin発現の臨床的意義)
pdf
79 平成26年
4月2日
黒木 千晴
(侵襲制御学)
The Impact of Hypothermia on Emergence from Isoflurane Anesthesia in Orexin Neuron-Ablated Mice
(オレキシンニューロン破壊マウスにおけるイソフルラン麻酔からの覚醒に対する低体温の影響)
pdf
78 平成26年
3月5日
宮原 恵弥子
(衛生学・健康増進医学)
Effect of myeloperoxidase inhibition on gene expression profiles in HL-60 cells exposed to 1, 2, 4,
-benzenetriol
(ベンゼントリオール暴露HL-60細胞における遺伝子プロファイルへのミエロペルオキシダーゼ阻害の影響)
pdf
77 平成26年
3月5日
神野 真幸
(医化学)
The Role of Wnt-5a and MMP-2 in Human Glioma
(ヒトグリオーマにおけるWnt-5aとMMP-2の役割の検討)
pdf
76 平成26年
3月5日
玉井 真理子
(皮膚科学)
Antimicrobial Effect of an Ultrasonic Levitation Washer Disinfector with Silver Electrolysis and Ozone Oxidation on Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus (MRSA)
(銀イオンとオゾンを併用した超音波レビテーション洗浄消毒装置のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に
対する効果)
pdf
75 平成26年
2月5日
袁 軍輝
(神経内科・老年病学)
Hereditary Sensory and Autonomic Neuropathy Type IID Caused by an SCN9A Mutation
(SCN9A遺伝子変異による新疾患遺伝性感覚・自律神経性ニューロパチーType IIDの確立)
pdf
74 平成26年
2月5日
ボハラ マノズ
(脳神経外科学)
C-type natriuretic peptide modulates permeability of the blood-brain barrier
(血液脳関門の透過性に対するC型ナトリウム利尿ペプチドの関与)
pdf
73 平成26年
2月5日
髙木 恭仁子
(心身内科学)
Anti-ghrelin immunoglobulins modulate ghrelin stability and its orexigenic effect in obese mice and
humans.
(肥満者及び肥満マウスにおいて、抗グレリンイムノグロブリンはグレリン安定性とその摂食促進作用を調節する)
pdf
72 平成25年
12月4日
寺﨑 寛人
(眼科学)
TNF-α decreases VEGF secretion in highly polarized RPE cells but increases it in non-polarized RPE cells related to crosstalk between JNK and NF-κB pathways
(TNF-αはJNK-NF-κBクロストークを介して極性網膜色素上皮細胞のVEGFを減少させるが非極性網膜色素上皮細胞
のVEGFは増加させる)
pdf
71 平成25年
9月4日
楊 磊
(神経筋生理学)
Mechanisms underlying the modulation of L-type Ca2+ channel by hydrogen peroxide in guinea-pig
ventricular myocytes
(モルモット心筋細胞におけるL型Ca2+チャネルの過酸化水素による活性調節機構 )
pdf
70 平成25年
4月3日
久木田 賢司
(咬合機能補綴学)
Staphylococcus aureus SasA is responsible for binding to salivary agglutinin, gp340, derived from human saliva
(黄色ブドウ球菌表層タンパクSasAは 唾液由来凝集素gp340との結合に関与する )
pdf
69 平成25年
4月3日
下田平 直大
(歯周病学)
The Surface layer of Tannerella forsythia contributes to serum resistance nad oral bacterial co-aggregation
(Tannerella forsythia S-layerの血清抵抗性と 他の口腔内細菌との共凝集への関与について )
pdf
68 平成25年
3月6日
久米 健一
(口腔顎顔面外科学)
The transcription factor Snail enhanced the degradation of E-cadherin and desmoglein 2 in oral squamous cell carcinoma cells
(転写因子Snailは口腔扁平上皮癌細胞において E-カドヘリンとDesmoglein 2の分解を亢進する )
pdf
67 平成25年
3月6日
藤島 慶
(歯科保存学)
Involvement of Dpr, Sod and AhpCF in resistance to hydrogen peroxide produced by Streptococcus sanguinis, and PerR association with their factors in Streptococcus mutans
(Streptococcus sanguinis の産生する過酸化水素に対するStreptococcus mutans 酸化ストレス耐性因子Dpr、 Sod、AhpCFの関与および耐性因子へのPerRを介したStreptococcus mutans の酸化ストレス耐性機構の解析 )
pdf
66 平成25年
3月6日
伊藤 千晶
(小児歯科学)
Smoothness of Molar Movement during Gum Chewing in Children with Primary Dentition
(乳歯列期小児のガム咀嚼における臼歯部運動の円滑性に関する研究 )
pdf
65 平成25年
3月6日
Do Thi Thu Hien
(疫学・予防医学)
The etiologic role of human papillomavirus in penile cancer in Vietnam
(ベトナム陰茎がんにおけるヒトパピローマウイルス感染とその役割に関する検討 )
pdf
64 平成25年
3月6日
三月田 葉子
(精神機能病学)
Heteroplasmic m.1624C>T mutation of the mitochondrial tRNAVal gene in a proband and his
mother with repeated consciousness disturbances
(意識障害を繰り返す母子例におけるミトコンドリアtRNAVal 遺伝子上のheteroplasmic m.1624C>T変異 )
pdf
63 平成25年
2月6日
日高 英雄
(泌尿器科学)
Tumor suppressive microRNA-1285 regulates novel molecular targets:Aberrant expression and functional significance in renal cell carcinoma
(癌抑制型miR-1285による新しい標的遺伝子の制御:腎細胞癌における発現変化とその機能的重要性)
pdf
62 平成25年
2月6日
上原 沢子
(歯科矯正学)
Relationships between the root-crown ratio and the loss of occlusal contact and high mandibular plane angle in patients with open bite
(開咬患者における歯冠歯根比と咬合接触および下顎下縁平面角との関連性について)
pdf
61 平成24年
12月5日
有村 恵美
(環境医学)
Low-protein diet improves blood and urinary glucose levels and renal manifestations of diabetes in C57BLKS-db/db mice
(低たんぱく食はレプチン受容体欠損dbマウスの血中や尿中のグルコースレベルと糖尿病腎所見を軽減する)
pdf
60 平成24年
9月5日
宮下 桂子
(歯科保存学)
Anandamide Induces Matrix Metalloproteinase-2 Production Through Cannabinoid-1 Receptor and Transient Receptor Potential Vanilloid-1 in Human Dental Pulp Cells in Culture
(ヒト歯髄細胞培養系においてアナンダマイドはCannabinoid-1 Receptor, Transient Receptor Potential
 Vanilloid-1を介してMMP-2を産生する)
pdf
59 平成24年
8月1日
永尾 宗子
(整形外科学)
Role of GLI2 in the growth of human osteosarcoma.
(GLI2は骨肉腫の増殖能に関与している)
pdf
58 平成24年
7月4日
野村 昌弘
(顎顔面疾患制御学)
DF3 Epitope Expression on MUC1 Mucin is Associated with Tumor Aggressiveness, Subsequent Lymph Node Metastasis, and Poor Prognosis in Patients With Oral Squamous Cell Carcinoma
(口腔扁平上皮癌においてDF3をエピトープとするMUC1発現は 組織悪性度、後発リンパ節転移および予後不良と
関連する )
pdf
57 平成24年
6月6日
惠 浩一
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
Clinicopathological significance of BMP7 expression in esophageal squamous cell carcinoma
(食道扁平上皮癌におけるBMP7発現の臨床病理学的意義)
pdf
56 平成24年
5月2日
北本 祥
(人体がん病理学)
DNA methylation and histone H3-K9 modifications contribute to MUC17 expression
(癌細胞においてMUC17遺伝子はDNAメチル化とヒストンH3リジン9の修飾により制御されている )
pdf
55 平成24年
3月21日
大野 幸
(歯科麻酔全身管理学)
A Morphological Analysis of Thalamocortical Axon
Fibers of Rat Posterior Thalamic Nuclei: A Single Neuron Tracing Study with Viral Vectors
(視床後核群ニューロンの皮質投射:ウイルスベクターを
用いた単一ニューロンの形態学的解析)
pdf
54 平成24年
3月7日
立石 ふみ
(歯周病学)
Detection of Fusobacterium nucleatum in chorionic
tissues of high-risk pregnant women
(ハイリスク妊婦の卵膜におけるFusobacterium nucleatumの検出)
pdf
53 平成24年
3月7日
岐部 俊郎
(口腔顎顔面外科学)
Analysis of the Wnt signaling pathway in ameloblastoma local invasiveness using novel established ameloblastoma- and normal oral epithelium-derived cell lines.
(新規に樹立したエナメル上皮腫由来および正常口腔粘膜
由来細胞株を用いたエナメル上皮腫の局所浸潤におけるWntシグナル経路の解析 )
pdf
52 平成24年
3月7日
Mohammed Taha
Ahmed Salim
(抗ウイルス化学療法研究分野)
Studies on novel antiviral agents against bovine viral
diarrhea virus (BVDV) and hepatitis C virus (HCV)
(新規抗ウシウイルス性下痢症ウイルス(BVDV)薬および抗C型肝炎ウイルス(HCV)薬に関する研究)
pdf
51 平成24年
3月7日
深水 篤
(小児歯科学)
A Reproducibility Method to Test Lip-closing Strength
in Preschool Children
(未就学児における口唇閉鎖力計測法の再現性に関する
研究)
pdf
50 平成24年
3月7日
Yuriz Bakhtiar
ユーリズ バクティアル
(脳神経外科学)
Relationship between cytokeratin staining patterns
and clinico-pathological features in somatotropinomae.
(成長ホルモン産生下垂体腺腫におけるサイトケラチン
染色パターンと臨床病理学的所見との相関に関する研究)
pdf
49 平成24年
2月1日
大貝 悠一
(口腔微生物学)
Expression of virulence factors in Staphylococcus
aureus grown in serum
(血清中における黄色ブドウ球菌の病原性因子 発現性解析)
pdf
48 平成23年
12月7日
北村 尚子
(循環器・呼吸器・代謝内科学)
Different flow patterns between left and right internal
thoracic artery grafts influence the evaluation of
severe graft stenosis by transthoracic Doppler
echocardiography
(経胸壁ドプラ心エコー法による冠動脈バイパス術後の内胸動脈グラフトの 高度狭窄の評価では、左右の血流速波形の違いを考慮する必要がある)
pdf
47 平成23年
10月5日
竹内 尚士
(歯周病学)
Cellular compatibility of a gamma-irradiated modified
siloxane-poly(lactic acid)-calcium carbonatehybrid
membrane for guided bone regeneration
(ガンマ線照射した改良型シロキサン含有炭酸カルシウム-ポリ乳酸ハイブリッド骨再生誘導膜の細胞適合性評価)
pdf
46 平成23年
9月7日
青木 雅也
(消化器・乳腺甲状腺外科学)
Expression of BMP-7 in human gastric cancer and its
clinical significance
(胃癌におけるBMP-7の発現とその臨床病理学的重要性の検討 )
pdf
45 平成23年
9月7日
吉野 裕史
(泌尿器科学)
The tumour-suppressive function of miR-1 and
miR-133a targeting TAGLN2 in bladder cancer
(膀胱癌におけるTAGLN2を介したmiR-1とmiR-133aの癌抑制的作用)
pdf
44 平成23年
4月6日
大塚 寛樹
(眼科学)
Stromal cell-derived factor-1 is essential for
photoreceptor cell protection in retinal detachment
(Stromal cell-derived factor-1は網膜剥離における視細胞保護に重要である )
pdf
43 平成23年
3月2日
ナシュワ 
ハゼイン
アブデルバリー リスク
(分子病理病態研究)
Reduced Tim-3 expression on human T-lymphotropic
virus type I (HTLV-I)  Tax-specific cytotoxic T lymphocytesin HTLV-Iinfection
(HTLV-Ⅰ感染におけるHTLV-Ⅰ特異的細胞障害性リンパ球でのTim-3発現の低下 )
pdf
42 平成23年
2月2日
河野 美穂子
(循環器・呼吸器・代謝内科学)
Left ventricular global systolic dysfunction has a
significant role in the development of diastolic heart
failure in patients with systemic hypertension
(高血圧患者における拡張心不全の進展に左室全体の収縮能障害が有意な役割を果たしている )
pdf
41 平成23年
2月2日
及川 紀佳子
(歯科矯正学)
Influence of Experimental Esophageal Acidification on
Sleep Bruxism
(食道内への酸注入が睡眠時ブラキシズムに及ぼす影響 )
pdf
40 平成22年
12月1日
武元 嘉彦
(小児歯科学)
Pharyngeal airway in children with prognathism and
normal occlusion
(反対咬合児と正常咬合児の咽頭気道の研究)
pdf
39 平成22年
8月4日
小薗 清香
(歯周病学)
Involvement of the endocannabinoid system in
periodontal healing
(歯周組織治癒におけるエンドカンナビノイドシステムの関与)
pdf
38 平成22年
3月17日
富永 愛子
(生体情報薬理学)
Characterization of the testis-specific promoter region
in the human Pituitary Adenylate Cyclase-Activating
Polypeptide (PACAP) gene.
(ヒト Pituitary Adenylate Cyclase-Activating Polypeptide (PACAP) 遺伝子の精巣特異的プロモーター
領域の解析)
pdf
37 平成22年
3月3日
上山 記代
(循環器・呼吸器・代謝内科学)
Noninvasive Indices of Arterial Stiffness in
Hemodialysis Patients
(透析患者における非侵襲的動脈硬化の指標)
pdf
36 平成22年
3月3日
廣津 匡隆
(整形外科学)
Tumour formation by single fibroblast growth factor
receptor 3-positive rhabdomyosarcoma-initiating cells
(横紋筋肉腫におけるFGFR3がん幹細胞の機能解析)
pdf
35 平成22年
3月3日
岩下 健一
(薬物動態制御学)
Major vault protein forms complexes with hypoxia-
inducible factor (HIF)-1α and reduces HIF-1α level in
ACHN human renal adenocarcinoma cells
(ヒト腎癌由来細胞株ACHN細胞において、major vault
proteinは hypoxia inducible factor (HIF)-1αと複合体を
形成し、そのレベルを減少させる)
pdf
34 平成22年
3月3日
阿座上 和子
(皮膚科学)
Severe loss of invariant NKT cells exhibiting anti
HTLV-1 activity in patients with HTLV-1 associated
disorders
(HTLV-1関連疾患におけるinvariant NKT 細胞の抗HTLV-1作用と重度な量的機能的不全)
pdf
33 平成22年
3月3日
西田 知夏
(消化器疾患・生活習慣病学)
Clinical significance of alanine aminotransferase levels
and the effect of ursodeoxycholic acid in hemodialysis
patients with chronic hepatitis C.
(C型慢性肝炎合併透析患者におけるALT値の臨床的意義とウルソデオキシコール酸の効果)
pdf
32 平成22年
3月3日
圓 純一郎
(人体がん病理学)
Mycolactone is responsible for the painlessness of
Mycobacterium ulcerans infection (Buruli ulcer) - a murine study
(Mycobacterium ulcerans による神経障害-mycolactone
の役割について)
pdf
31 平成22年
2月3日
永山 邦宏
(歯科矯正学)
Clinical Significance of Magnetization Transfer Contrast Imaging for Edematous Changes in Masticatory Muscle
(Magnetization Transfer Contrast法による咀嚼筋内浮腫性変化に対する非侵襲的定量評価法)
pdf
30 平成22年
2月3日
上野 健太郎
(小児科学)
Platelet vascular endothelial growth factor is a useful
predictor for prognosis in Kawasaki syndrome.
(血小板血管内皮細胞増殖因子は川崎病血管炎の重要な予測因子である)
pdf
29 平成21年
11月4日
早田 正和
(腫瘍病態学)
Gene Expression Profiling during Rat Mammary
Carcinogenesis induced by 7,12-Dimethylbenz[a]
anthracene
(7,12-Dimethylbenz[a]anthraceneによって誘発された
ラット乳癌の発癌過程における遺伝子発現プロファイリング)
pdf
28 平成21年
11月4日
稲田 絵美
(小児歯科学)
Relationship of Nasal and Skeletal Landmarks in
Lateral Cephalograms of Preschool Children
( 小児の鼻の形態と骨格の関連性に関する研究 )
pdf
27 平成21年
9月2日
名和 由布子
(血管代謝病態解析学)
Nucleophosmin may act as an alarmin: implications
for severe sepsis
(アラーミンとしてのヌクレオフォスミンとその敗血症病態への関与の可能性)
pdf
26 平成21年
9月2日
Noureen Afsar Khan
(疫学・予防医学)
THE PREVALENCE OF THE HUMAN PAPILLOMAVIRUS
AND ITS COFACTORS IN BREAST CARCINOMAS TO
EVALUATE ITS ROLE IN BREAST CARCINOGENESIS
(乳がんにおけるヒトパピローマウイルスの分布および発がん過程におけるその役割と関連要因に関する検討)
pdf
25 平成21年
8月5日
有村 昇
(眼科学)
Intraocular expression and release of high-mobility
group box 1 protein in retinal detachment
(網膜剥離眼におけるhigh-mobility group box 1 protein
の発現と放出)
pdf
24 平成21年
4月1日
山下 大輔
(歯周病学)
Effect of surface roughness on initial responses of
osteoblast-like cells on two types of zirconia
(2種類のジルコニアにおける骨芽細胞様細胞の初期細胞応答への表面粗さの影響
pdf
23 平成21年
3月19日
岡本 敦子
(歯科矯正学)
Reduction of orthodontic tooth movement by
experimentally induce periodontal inflammation in mice
(歯周炎モデルマウスにおける矯正的歯の移動速度の減弱)
pdf
22 平成21年
3月19日
橋口 真紀子
(口腔顎顔面補綴学)
Bactericidal efficacy of glycine-type amphoteric
surfactant as denture cleaner and its influence on
properties of denture base resins
(グリシン型両性界面活性剤の義歯洗浄剤としての微生物学的効果と義歯床用レジンに対する影響)
pdf
21 平成21年
3月4日
戸川 玲奈
(歯科矯正学)
Gastro-esophageal reflux symptoms in adult patients
with skeletal Class III malocclusion as examined by
questionnaire
(質問紙調査による骨格性下顎前突症成人患者の胃食道酸逆流症状)
pdf
20 平成21年
3月4日
平良 幸治
(歯科矯正学)
Effects of Mandibular Advancement plus Prohibition of
Lower Incisor Movement on Mandibular Growth in Rats
(下顎前方誘導時における歯性変化の抑制が下顎骨の成長促進効果に及ぼす影響)
pdf
19 平成21年
3月4日
原田 敏郎
(心身内科学)
Obestatin,Acyl Ghrelin,and Des-acyl Ghrelin Responses to an Oral Glucose Tolerance Test in the Restricting Type of Anorexia Nervosa
(神経性無食欲症(制限型)の患者におけるオベスタチン、アシルグレリン、デスアシルグレリンの経口糖負荷試験に対する反応)
pdf
18 平成21年
3月4日
山田 宗茂
(人体がん病理学)
MUC1 expression is regulated by DNA methylation and
histone H3 lysine 9 modification in cancer cells
(癌細胞においてMUC1遺伝子はDNAメチル化とヒストンH3リジン9の修飾により制御されている)
pdf
17 平成21年
1月7日
内匠 拓朗
(循環器・呼吸器・代謝内科学)
Limitation of Angiography to Identify the Culprit Plaque in Acute Myocardial Infarction With Coronary Total Occlusion:Utility of Coronary Plaque Temperature Measurement to Identify the Culprit Plaque
(冠動脈完全閉塞の急性心筋梗塞における、冠動脈造影検査
による責任プラーク同定の限界:プラーク温度測定の有用性)
pdf
16 平成21年
1月7日
内匠 正太
(環境医学)
Oxygen induces mutation in a strict anaerobe,
Prevotella melaninogenica
(酸素による遺伝子変異の誘発)
pdf
15 平成20年
7月2日
中山 歩
(口腔常態解析学)
Expression of the basal cell markers of taste buds in
the anterior tongue and soft palate of the mouse
embryo
(マウス胎仔の舌前方部と軟口蓋における味蕾基底細胞マーカーの発現)
pdf
14 平成20年
7月2日
西田 健太朗
(薬物動態制御学)
Up-regulation of matrix metalloproteinase-3 in the
dorsal root ganglion of rats with paclitaxel-induced
neuropathy
(パクリタキセルによる末梢神経障害ラットの脊髄後根神経節におけるマトリックスメタロプロテアーゼ3の発現増加)
pdf
13 平成20年
3月18日
岩谷 由香梨
(歯周病態制御学)
Surface Properties and Biocompatibility of Acid-etched
Titanium
(酸エッチング処理を行ったチタンの表面特性および生体親和性)
pdf
12 平成20年
3月18日
喜多 芳昭
(腫瘍制御学・消化器外科学)
Expression of Osteopontin in Esophageal Squamous
Cell Carcinoma
(食道扁平上皮癌におけるOsteopontin蛋白発現の意義)
pdf
11 平成20年
3月18日
佐藤 秀夫
(歯科生体材料学)
Mechanical Properties Changing with Sandblasting and
Heat treatment of Dental Zirconia Ceramics
(歯科用ジルコニアセラミックスのサンドブラストおよび
熱処理による物性変化)
pdf
10 平成20年
3月5日
宮下 矢誉衣
(分子機能生物学)
Studies on intracellular trafficking of E-cadherin:dual
roles of a dileucine motif in E-cadherin transport
(E-カドヘリンの細胞内輸送機構の研究-E-カドヘリン
輸送におけるダイロイシンモチーフの2つの役割-)
pdf
9 平成20年
3月5日
春日井 基文
(精神機能病学)
Differences in two mice strains on kainic acid-induced amygdalar seizures
(2つのマウスストレインにおけるカイニン酸誘発縁系発作の相違)
pdf
8 平成19年
9月5日
Thida Aung
(人体がん病理学)
Mycobacterium leprae in neurons of the medulla oblongata and spinal cord in leprosy
(ハンセン病患者の延髄と脊髄の神経細胞内におけるらい菌の証明)
pdf
7 平成19年
6月6日
水野 恵三子
(精神機能病学)
Brain-specific transcript variants of 5′and 3′ends of mouse VPS13A and VPS13C
(マウスVPS13AとVPS13C遺伝子の5′および 3′末端には脳特異的な転写バリアントが存在する)
pdf
6 平成19年
6月6日
倉野 裕
(精神機能病学)
Chorein deficiency leads to upregulation of gephyrin and GABAA receptor
(chorein 機能喪失は、gephyrinとGABAA受容体のupregulationをもたらす)
pdf
5 平成19年
6月6日
齋藤 幸
(人体がん病理学)
MUC4 Expression is a Novel Prognostic Factor in Patients with Invasive Ductal Carcinoma of the
Pancreas
(MUC4は浸潤性膵管癌患者における新しい予後因子である)
pdf
4 平成19年
3月23日
河野 博史
(歯科生体材料学)
Bioactive Apatite Coating on Titanium Using an Alternate Soaking Process.
(交互浸漬法を用いたチタンへの生体活性アパタイトコーティング)
pdf
3 平成19年
3月23日
Francia Ivonne
Campos Chinchilla
(疫学・予防医学)
Risk of gastric cancer specific for tumor location and histology in Cali,Colombia.
(南米コロンビア・カリ市における胃がんのリスク要因発生部位および組織型別による検討)
pdf
2 平成18年
4月17日
中島 結実子
(歯周病態制御学)
Endocannabinoid, anandamaide in gingival tissue regulates the periodontal inflammation through NF-kB pathway inhibition.
(エンドカンナビノイドであるアナンダマイドは、歯肉組織中でNF-kB経路の抑制を介して歯周炎を制御する)
pdf
1 平成18年
4月17日
車 暁芳
(分子腫瘍学)
Overexpression of survivin in primary ATL cells and sodium arsenite induces apoptosis by down-regulating survivin expression in ATL cell lines.
(成人T細胞白血病におけるsurvivinの過剰発現とヒ素はsurvivinの発現レベルを低下させ、ATL細胞アポトーシスを誘導する)
pdf
がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン
GPなど(医歯学)
鹿児島大学
鹿児島大学病院
附属施設等
公開講座のご案内